ダークソウル3 ボス戦のメモ[2]

カテゴリー: 雑記

ダークソウル3のボス攻略のメモです。2週目をやっていますが、かなり楽ですね~

深淵の監視者
・最初に登場する『薪の王(Load of Cinder)』。ライフゲージが2つある。倒したと思っても続きがある

・リーチが長く、広範囲に攻撃をしてくる
・2つ目のライフゲージでは、炎属性をまとった剣を振り回してくる
  どちらの形態でも、まともに殴り合ってはいけない
  敵の攻撃を逃げ続ける。『相手が大技を出した後に1~2回殴る→逃げる』を繰り返す

・バトルロイヤル形式で戦闘が行われる
  ボス戦開始時は、深淵の監視者 vs. プレーヤー
  しばらくすると、剣士がもう一人現れる。2人ともプレーヤーを狙ってくる(1対2になる)
  さらに時間が経過すると、『赤目の剣士』が現れる。プレーヤーと共にボスと戦う(2対2に)
  追加される剣士は、倒されても復活してくる
  『赤目の剣士』はプレーヤーの味方ではない
   間違って攻撃すると、敵対する
   赤目の剣士の攻撃に巻き込まれることもある


プレーヤーの状態に依存して、攻略方法が大きく変わる。

白霊を呼び出している場合:
  白霊と共闘する。ボスを交互に殴っていくのがおススメ
  (交代で襲い掛かるように意識することが重要)
  ボスは「最後に攻撃された相手」を敵とみなす(交互に殴られると、どっちつかずになる)

プレーヤー単体の場合:
  ボスと一対一(または2対2)の時に戦う
  数で負けているときは、バトルフィールド内を大きく使って逃げ回る
  『赤目の剣士』に任せるのも手

ダークソウル3 ボス戦のメモ

カテゴリー: 雑記

現在、2週目を始めました。ここまで撃破したボスの攻略のメモです

灰の審判者グンダ
・敵の攻撃には予備動作がある。これを見切るのがポイント
・繰り返し挑戦して、敵の動きをじっくり観察する

・初期形態と第二形態がある
・初期形態では中距離を取る。敵の攻撃をかわしつつ接近(ローリングで飛び込む)→攻撃→後退 を繰り返す
・第二形態では接近戦を挑む。敵に張り付いて、"敵を中心に"反時計回りしながら戦う


冷たい谷のボルド
・あちこち走り回るボス
・ダッシュして追いかけるとスタミナ不足になりがち。ダッシュを使うタイミングを限定する

・敵の股下に潜り込む(正面からローリングで潜る)。結果的に、接近戦での勝負となる
・とにかく敵の股下へ移動。敵の尻に攻撃するくらいでよい
・敵の体力が下がると、突進攻撃をするようになる。この攻撃を横ローリングで避ける
(股下に潜るのとは違う動きになる。難しいので頑張ろう)


呪腹の大樹
・ボスの周辺に雑魚敵がいるので、一掃しておく。それからボス戦へ
・ボスにダメージを与える方法が限定されている
 ・体についている卵を破壊する
  ・卵の位置を把握するのが先決
  ・手が届かない位置の卵を狙うには工夫が必要(敵が倒れたときに狙うなど)
 ・剣で殴ってもよいし、弓矢で狙ってもよい
  ・剣だと高いところにある卵に当たらない
  ・弓の操作はやや難しい
・ヒット&アウェイで戦うことになる。ボスと中距離を維持するとよい


結晶の古老
・魔法を使った遠距離攻撃を得意とするボス
・第一形態では一匹
・第二形態では4匹に増える

・第一形態では、接近戦を挑む。中距離・長距離は危険
・第二形態では、本体とダミー3体の複合攻撃
 ・本体は紫色の攻撃をする
 ・ダミーは青色の攻撃をする
 ・ダミーに一度攻撃を当てると消える
 ・4匹に囲まれると即死する
 ・接近戦での短期決戦にするか、ヒット&アウェイで戦う
  ・ダミーから倒し、敵の数を減らしていく
  ・ボスエリアには障害物がある。魔法は障害物で止まるので、盾替わりに使える
  ・ヒット&アウェイの場合、「接近→攻撃→囲まれる前に障害物の影に退避」を繰り返す


深みの主教たち
・ボスは集団。大量の雑魚敵と同時に戦う
・ボス本体にはピンクのオーラがある
・大剣を使うと便利。一気になぎ倒せる
 ・大剣を振る(2回~3回)→ローリングで敵の群れから脱出→スタミナ回復 を繰り返す
・ボス前で、仲間(白霊)を召喚可能。戦力に自信がなければ呼んでおく

・第一形態
・雑魚の中にピンクのオーラを持つものがいる。これを狙って倒す
・ピンクのオーラは別の雑魚へと乗り移っていく

・第二形態
・呪い攻撃をする敵が厄介(ボスではない)
 ・敵が"呪い"を溜める間に殴る。これで、呪術を封殺する
 ・呪い=即死となる。結果的に、ゆっくりとボスを倒すことができない。常に殴り続ける必要がある
 ・スタミナ制限があるので、殴り続けることはできない
  ・呪術師とボスを殴る → 距離を取ってスタミナ回復 → 呪術師とボスを殴る …をテンポよく繰り返す
 ・理想的には、『ボス&呪い攻撃の敵』を同時に大剣で薙ぎ払う

子供用のおもちゃ

カテゴリー: 雑記

子供用(1年未満の乳児)の玩具は色々ありますが、身近なもので十分なこともあります。便利だなーと感じたのが紙パックの『野菜ジュース』です。

紙パックの野菜ジュースは…
(1) 子供のサイズとフィットする
(2) パッケージデザインがカラフルで、子供の目を引く
(3) ストローの包み袋を触ると、パリパリと音がする(なんか楽しいらしい)
(4) 子供が飽きたら飲める

と。最近の野菜ジュースには、季節限定バージョンもあります。毎日一本飲むつもりで、いろいろな味のを買っておくと、日替わりの玩具になります(基本機能は同じですけどね)

艦隊これくしょん 2018年1月実績

カテゴリー: 雑記

艦隊構成
1:多摩・武蔵・利根・長波・雲龍・龍驤
2:名取・天津風・白露・春雨・野分・松風
3:矢矧・Commandant Teste・荒潮・旗風・山風・朝霜
4:阿賀野・卯月・春風・風雲・早霜・文月

レベル80到達:舞風
改装:春日丸・多摩改・武蔵・矢矧・占守・大鷹・文月改

冬イベントを控えているのに全く成長していないではないですか!どうやら先月は、じっくりと我慢をする時期だったようです。とはいえ、なんとかイベント開始までに戦力増強しておきたいですね。

黙ってドキュメントを読め

カテゴリー: 雑記

昨年の1月にAnacondaをインストールしました(Anacondaとは、Pythonのプログラミング環境のこと)。ポツポツいじっています。で、改めて感じるのはドキュメントをきちんと読みなさいということです。

全ての問題がこれで解決するわけではありません。しかし、たいていの問題は解決しますし、解決せずとも問題解決のための手掛かりを得られます。ドキュメントはきちんと用意されていて、前から順番に読んでいけば分かるようになっています。脳みそがついている人間なら理解できる。

何でこんなことをメモするかというと、ついついドキュメントをすっ飛ばしてプログラミングをしてしまい、うまくいかない原因を探るのに時間をかけているんですね。最初からドキュメントを呼んだほうがよっぽど早く完成するし、関連知識もそれなりに蓄積されていきます。『急がば回れ』というか、ドキュメントを読むことが近道であって、回り道じゃあないんですよ~、と。

よくよく考えると、CDISCも同じですな