かんせい!

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

ということで完成しました。中野梓

20140221.jpg

相変わらず下手糞ですが、作る工程そのものはとても楽しめました。楽しいことはよいこと。物を完成させるのはよいこと。アマチュアの道楽はかくあるべきです。さて、次の製作に取り掛かりましょうかね~

仮完成

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

中野梓の本体が完成しました!

20140219.jpg

多くの場合、これが完成になります。このキットでは、ここから楽譜を作ります。プラ板を切り出して、張り合わせて、サフ吹いたら終わりですけどね。組み立てたキットの足元に収まる大きさにしたいので、本体先行で組み立てたわけです。

さて、最後の楽譜パーツを作りましょう!そして、次回で完結です

面相

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

ザクッと瞳を描き込み~

20140215.jpg

目を入れるのは初心者にとっては鬼門。慣れてくれば楽しい作業になります。場数を踏めば誰でも上手になるので、数をこなしてください。もしくは「描く→消す→描き直す」でも、確実に上手になります。一度でも経験があると、一気に進化します。ダメならやり直す…このくらいの軽い気持ちでよいと思います。

今回はパステルで目の上の窪みに色をつけてみました。単なる思い付きですが、自然な感じに仕上がったので満足しています。エアブラシでシャドウを入れにくい箇所にパステルを使う…というのは王道ですかね。

変則リタッチ

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

ワンフェスは終了しましたが、しばらく製作記が続きます。今回は服の模様を入れる工程。

20140211.jpg

この手の作業には「水性絵の具」を用います。アクリル絵の具と言うこともありますね。基本は筆塗りです。今回はシールを自作して、腕の帯をつけました。よ~~~く見るとシールなのが分かります。ある程度の距離から見る範囲なら分からないので、これでOKということで。実際、ワンフェスでも誰も気付かなかったみたいです。

このテクニックを利用すると、チェック柄のスカートも**比較的**簡単に実装できます。それでも、シールを貼るのは大変だし、シールが重なって厚みが出ることも…。自作デカールなどと組み合わせるとよいのかな…と思っています。思っているだけです。

……チェック柄だと作る気が起きないので、結局やらないんですよね(汗

塗装、2回目終了

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

パパッと2回目のエアブラシ吹きを終了させました。

20140207.jpg

配色がこれでよいのか、非常に悩ましいです。悩んでいても仕方がないので、とりあえず塗ってしまいました。何もしないより、やって失敗するほうがマシ。もしかしたら、失敗どころか大成功かも。悪くても平均的な仕上がりだろう…。などと適当に気持ちを誤魔化しています。

ワンフェス直前だと『やらないと終わる!!(色々な意味で)』の焦りが先行して、迷ったり、考えたりする余裕すらなくなります。それに比べれば、まだ前向きなもんですかね~