アリス・キャロル 制服バージョン [9]

S:「この制服の腕パーツ、上半身に比べてしわがちょっと多すぎると思うんだ」
T:「ちょっ(www。アンタまた改造するのかいっ」
S:「さて、今度はパテを盛り付ける方か…」
T:「もうやめて!このブログのライフはとっくにゼロよっ!!

20090331.jpg

とまぁ、そんなわけでまたもやパーツの一部改造をしてしまいました。変更箇所は小さいので、プチ改造といったところです。

本当に表面処理してるのか、好き勝手にパーツをいじってるだけなのか判別不明のまま、このキットの製作記も「その9」に到達。なのに、完成はおろか仮組すらしていません。いや~~、これは当ブログ史上、最長の製作記になりそうです。




T:「進行が遅くて、本当にすいませんっ!!!」
20090331a.jpg
2009-03-31(Tue)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [8]

表面処理をすると宣言したのですが、またもや形成をしてしまいました。今回は足です。足首の造形がのっぺりとしていたのが気になって調整。

20090329.jpg

1) アキレス腱の形をルーターで削り出し
2) ふくらはぎの膨らみと足首のくびれを強調するように足首の上、左右を削っていく
3) そのあと、足の甲の形をイメージしつつさらに削り込む

くるぶしは作る意識をしていないのですが、上の作業をした結果で自動的に出来上がりました(www。そんなもんなんでしょうか??その後、もっさりとしていた靴も平たくなるように加工。ついでに靴のデザインまで変えてしまいました。


T:「原型師の方、すいませんっ!!!」


ちなみにパテは一切盛り付けていません。すべてキットから削り出した結果が上の写真です。純粋な削り込みのみですが、なかなか様になってくれたと思います。元々のパーツがいい感じで脚のラインを出してくれていたのが助けになりました。もし原型を作るなら、大きく盛り付けて削り出していくのが自分のタイプじゃないのかと思ったり。

T:「よし!なら原型…」
S:「自分でやりなさいっ!自分でっ!!!」

作業は遅々として進んでいませんが、今回は原型師さんと自分の力を融合させているようでとても楽しかったです。この楽しさこそ、ガレージキット組立の原点ではないかと思います。
2009-03-29(Sun)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [7]

超スローペースで進めているアリス・キャロルですが、スカートの大まかな形が出来上がってきました。それを受けて、ここ数日は周辺部分の調整。パテを盛りつけた分だけスカートが巨大化しているので、制服上着の裾の内側を削り込んでスペースを確保。どうしても困ったところについてのみ、若干の造形も行いました。

20090327.jpg

パーツのかみ合わせは完全ではありませんが、状況的には写真の通り。なんとかなっていると思います(←多分……)。

概ねの改造は終了しているので、そろそろ表面処理→仮組と進めていきたいと思います!


T:「ちなみに、パーツ改造しているうちに、スカートの前面がどっちなのか分からなくなったっていう
S:「写真の向きで合ってると思うんだが、自信がないっていう」
2009-03-27(Fri)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [6]

一向に表面処理が始まらない、仮組はしていないアリス・キャロルです。

ようやっとリボンと手の簡単な整形を終えました。というか、どうやったらそれっぽい形になるのか全く分からなくなった(方向性を見失っている)ので、取り返しがつかなくなる前に撤退です。

20090325.jpg

スカートのパテ盛りつけは、なんだかんだでそれっぽい形になっているのですが、リボンは全然……。この辺り、自分の中にある引き出しが少ないことを示していると思います。形のイメージがしっかりしてないから、目の前の形に引きずられる→迷走してしまうんですね…

やっぱり、原型師さんってすごいな~と思います。
2009-03-25(Wed)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [5]

スカートの加工は一旦休止して、リボンと手の加工をしました。

20090321.jpg

非常に分かりにくいのですが、指を強調するように削り込みを軽く行いました。リボンは薄くして、リボンっぽくしてみました。……もっとも、パテを盛って埋めないといけない穴があるので、不格好なことこの上ありません。

正直なところ、仕上がり具合としては全く納得できていないレベル。次の加工でそれなりの形にしたいと思っています。あ、スカートも忘れないようにしなくちゃ。


T:「デザインナイフで流血事件を起こした割には、頑張ったんじゃないか?」
S:「ええ、改造作業を始めて以来、無事なのは小指くらいですよ」
T:「…ということで、今回のエントリはTが代筆してます」
2009-03-23(Mon)
 

地層を読む(第三回)

前回の積みガレキのチェックから約4ヶ月。現状の確認をしてみました。前回と同じフォーマットでまとめてみると…(かっこの中は、前回の集計時との比較です)

2006年WF夏・WHF有明 → 完全消化

2007年WF冬 → 完全消化 (-2)
2007年WHF有明・クリカニ・WF夏・WHF横浜・ホビコン・WHF有明
 → 完全消化
2007年クリカニ → 残り1体

2008年WF冬 → 残り3体
2008年中古 → 残り1体
2008年WHF有明 → 完全消化 (-2)
2008年WF夏 → 残り4体

2009年HCGK01 → 残り1体 (+1)

「積んどけ!ガレージキット」の合計は10個。順調に来ています(何が?)。やっぱりワンフェスがないと数が減るみたいです。つまり、それだけワンフェスで買っているということ。お祭りの雰囲気で頭がイカれているのか、勢いで買っちゃうんでしょうか。そういや、屋台の焼きそばとかついつい食べてしまうし(www

次のお祭りは7月の末。今から楽しみです。


T:「……じゃあ、製作に戻ろうか?」
S:「へい」
2009-03-21(Sat)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [4]

え~~と、スカートの段々を作ってます。

20090319.jpg

T:「プリーツスカートっぽくしたいわけね」
S:「ぷ、プリッツ?何それ???」
T:「いや、もういい……」

レジンパーツの裾部分にパテを盛り付けて、シャープな形を大雑把に出したあと、エポキシパテを使って山部分を作っています。このエポキシパテがヘラにつっくくこと、この上ありません。どうしてキミはパーツにくっつかずに、こっちに戻ってくるんだ(涙

おまけに、どのくらいパテが必要なのかも分からない。「こんなもんかな?」と思って準備したら、大量に余りました。少しの量で、形って作り出せるんですね。トホホ…

でも、でもっ!エポキシパテは盛り付けた後のナイフの入り方が気持ちいいとか、硬化時間があるからヘラで形を整えたり、凹モールドを簡単につけられるとか、すごく勉強になってます。これで、出来上がりがソコソコ見られる形になってりゃいいんですが、はて、どうなることか。


T:「……ということで、SMZに原型製作丸投げできる日も近そうだな」
S:「自力でやりなさい、自力で」
2009-03-19(Thu)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [3]

髪のパーツの加工を妥結。…というか、どこまでどうやるのがいいのか皆目検討がつかないので、写真の時点でおしまいにしました。ついでに他の小さなパーツ(同じく髪)にも手を加えてあります。ルーター加工の結果、キットの表面にかなり傷ができました。これは表面処理でなんとか対応する予定。

オモテ面はこんな感じ
20090317a.jpg

ウラ面がこんな感じ
20090317b.jpg

髪が一段落したところで、次はスカートの変形に挑戦。今度は削るのではなくパーツに盛り付けての形成です。これが片付いたら、パーツ形成の結果で生じる噛み合わせを修正して、それからえーっと…

T:「本当に組み立て開始できるんだろーな、コレ」
S:「いや~~、だんだん改造そのものが楽しくなってきてるからね~、どうだろ?(www」

………きちんと作りますよ。ハイ。
2009-03-17(Tue)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [2]

髪のパーツをいじっています。そのコンセプトは…

1) 元々の形を意識しつつ、軽量化を計る
2) 前髪、頭頂部の髪の線はあるが、後ろ髪はラインが少ない。故にラインを加える

ガリガリとルーターで大雑把に削ったところで、#320の紙ヤスリを当てて落ち着かせたのがこの写真。あくまで仮置きで、ここからなんとか修正をしていきたいところです。それにしてもラインの入れ方のセンスが自分にないこと山の如し。物事には程度というものがあると思うのですが…。


納得できなくて、鉛筆で修正箇所を書いてみたでござる の図
20090315a.jpg

裏側はざっくりとえぐって軽量化しました の図
20090315b.jpg

軽量化に関しては、元の重量の70%くらいまで落ち込んだと思います。組み立て後のバランスはかなり不安ですが、パーツ接着時の負担は少なくなっているはず。


T:「エライ形が変わってるぞ、オイ」
S:「う、うん。つい、夢中になっちゃって…」
T:「SMZがルパン3世なら、いつ原型師に逮捕されてもおかしくないレベルだな」
S:「たとえがおかしいし、内容もないぞ。その発言は」
2009-03-15(Sun)
 

アリス・キャロル 制服バージョン [1]

2007年に買い集めたガレージキットがあらかた組み立て完了となり、2008年に買ったガレキに取り掛かることになりました。今回やってみようと選んだのは、『ラーメンどんぶり』さんのアリス・キャロル。

T:「一体どんだけアリアが好きなんだよっ!!
S:「でっかい、でっかい、大好きです

通常であれば表面処理から入るのですが、今回は色々とやってみようと思います。なんというか新しいことに挑戦してみたくて…。まずは、髪のパーツの魔(?)改造から着手してみようと思います。果たしてうまくできる…かなぁ~~(汗


勝手に改造直後のパーツ写真A
20090313a.jpg

写真B(裏側)
20090313b.jpg
2009-03-13(Fri)
 

富樫は本気出してないけど…

T:「さてさて、このブログが始まって一年が過ぎたようですな」
S:「え~と、2008年の2月末ごろにスタートしたんだっけ?」
T:「正確には、2008年2月25日付けが最初の記事になるな。準備とかあったんで、『中の人』にとっての節目はそれより前になるわけだが…」
S:「というか、準備段階で既に…」

T:「そこでっ!一周年記念で、何か作ってみようと思うんだ」
S:「は?」
T:「ということで、粘土を仕入れてきた。あとこれ、資料ね」

20090311.jpg

S:「お い ち ょ っ と 待 て」
T:「ん?」
S:「それはこっちが作れという意味か?」
T:「いや、資料はキット組み立てで使えるって思ってね。他意はない」
S:「そうか……。じゃ、ありがたく本はもらっとくわ(←2つほど制服姿のアリスを持っている)」

T:「まー、何というか。たまにはブログ書くだけでなくて、手も動かさないとね~~、と思って」
S:「ちょっ(www、アンタ、ブログのテンプレートを選んだところですっかり飽きて、それから放置しとるやんけ!!」
T:「細かいこと言うなよ。姑みたいだぞ」
S:「事実を言ってるんだ、事実を!」

T:「とにかく、そっちが手を動かしている様子を見て刺激を受けたんだよ」
S:「そうか…。てっきりこっちにお鉢が回ってくる前フリか何かと思って悪かったね」
T:「気にせんでいいよ。Sはやればできる子。原型くらいできる
S:「投げる気マンマンじゃねーかっ!!
T:「っつーことで、残り少ないニート生活を一緒に満喫しようぜっ!!
S:「……なんかすんげ~~やな予感」


……本当に何かできるかはわからないので、正直期待しないでください。作っても、掲載できないような代物になっているかもしれません(www
2009-03-11(Wed)
 

サーヴァント アーチャー

久し振りに昔作ったキットを振り返ってみたいと思います。今回は、2007年末~2008年の年始にかけて組み立てしたサーヴァント アーチャー。『Fate/stay night』というゲームに登場するタロットカードに描かれているキャラクターです。

20090309.jpg

T:「どうよ?振り返ってみて?」
S:「……すごく、恥ずかしいです

一所懸命に作ったことは確かですが、色の作り方が甘い&シャドウ吹きをしていないからのっぺらぼうみたいに見える、など稚拙な部分がアリアリと伺えます。

とはいえ、こういう製作活動を積み上げていったからこそ、今のポジションに辿りつたわけです。最初からハッピーエンドの映画が5分で終わっちゃうように、いきなり上手く作れたら上手になる過程を楽しめなかったはず。

そう思えば完璧でないものの美しさが見えるし、不完全な自分を楽しめるんじゃないかな~~とか、言ってみたりして(www

T:「恥ずかしい台詞禁止っ!!!」
2009-03-09(Mon)
 

水無灯里 [10]

突然ですが、完成してしまいました

20090307.jpg

色を塗り終わって、いくつかのパーツを結合していたら、そのまま一気に組み立てたいという衝動に駆られてそのまま突っ走ってしまいました。

T:「アンタぁっ!!目の塗り方の写真、また忘れたわねっ!!
S:「す、すいません」

かなり難しいキットでしたが、なんとか完成までこぎつけられました。まだまだ至らない点は多々ありますが、終わってみれば充実感の溢れる体験だったと思います。こんなにワクワクしながら作ったのは久しぶりかも。でっかい素晴らしい原型でした。本当にありがとう。

さてコチラの作品ですが、フィギュアコミュニティサイト『fg』に投稿する予定です。組み立てる人、完成品を楽しむ人、原型を作る人。色々なスタンスの人たちが立体造形を楽しむサイトです。ご興味があれば是非!
2009-03-07(Sat)
 

水無灯里 [9]

彩色が順調に進んでいます。楽しくて仕方がありません。もっともっと色を塗っていきたい。でも、やればやるほど作業が減っていってしまう。

S:「もうっ!なんてもったいないのっ!(←おいしいお菓子を食べたいけど、減るのは切ない。そんな気分)」
T:「やらないと先に進まないだろ。常識的に考えて」

状況は写真でご覧の有様だよ

20090305.jpg

帽子のリボンに色がつき、制服のリボンにも、アリア社長のリボンにも色がついています。なかなか細かい作業に入ってきています。こういうときこそ、邪念を捨てて集中せねばなりません。

T:「…というかだな、ヒゲくらいは剃った方がいいじゃないかな」
S:「え?」

作業に夢中になりすぎて、一週間ほどヒゲをそり忘れていたのは気のせいです。ええ、気のせいですとも。
2009-03-05(Thu)
 

水無灯里 [8]

全体の配色バランスを考えて基本色を作り出す。

色を確認してから、シャドウ色を調色する。

完成時点のパーツの角度を妄想(←想像ではない)しながら影をつけていく。

非常にクリエイティブで楽しい作業。それがエアブラシ塗装。そもそも、エアブラシを使うと彩色が上手になったような気持ちになるし(www

T:「ハァハァ……」
S:「何を妄想してるんだ、オメーはっ!!
T:「うぉっ!鼻血がっ」
S:「ス、スマン。拳が顔面に入っちまった」

20090303.jpg

楽しい時間ほどあっという間に過ぎていくもの。写真の状況になったところでエアブラシ塗装は完了です。嬉しいのは、髪パーツの濃淡が写真でも認識できること。いよいよシャドウの付け方が身についてきた実感が…。

残りは筆による細かい部分の塗装です。筆部分とエアブラシ部分が不調和を生まないように、全体をうまくまとめていきたいと思います。
2009-03-03(Tue)
 

HCGK01 ホビコン ガレージキット01

ということで、二週連続でガレキ関連イベントに行ってきました。

今回の会場は浜松町。小雨の降る生憎の天候でしたが、会場前にはそこそこの行列ができていました。造形愛好家の数が多いのは嬉しい限り。

20090302a.jpg

会場が4階と5階に分かれている手前、待機列は4Fグループと5Fグループの二つに分裂。パンフレットを売っていたスタッフの人に聞けば、どっちがどの階のための列かは教えてもらえました。

20090302b.jpg


(会場内の様子は撮影禁止でしたので、以下は文字のみのレポートです)


開場はほぼ予定通り。混雑具合ですが、普通に並んで普通に入れば欲しいキットは手に入るレベルだったと思います。少なくとも早朝から並ばなくても大丈夫な感じ。とはいえ、人気のブースには開場直後から長蛇の列ができていて、"差"が激しいと表現しておくのが正しいのかな。

会場内は『お誕生日席』がない机配置でしたが、これがなかなかgoodでした。人の流れが良いし。4階と5階の行き来も非常にスムーズでした。一般参加側としては、本当に楽だったと思います。


そして、18歳以下が入れないアダルトエリア。仕切りを設けて外から見えないようにしてある辺り、キッチリとやってました。アダルトエリア入場時のチェックも手際よかったです。

ちなみに年齢的には全く問題ないので(www、もちろん入ったわけですが、全部が全部その手のガレキではなかったです。というか、普通のもあるし。「エッチなのはいけないと思います!」とか言わないで、入ってみるのが吉です(www。


とりあえずキットは一つ仕入れて、ちょこっとディーラーさんとお話して帰還。こじんまりとしているけれど、味のあるイベントでした。次はある……のかな?


T:「しかし、何故キミは水無灯里を作っている時に、水無灯里のキットを買ってくるんだ!?」
S:「それって素敵な奇跡だよね~」
T:「意味がわからんわっ!!」
2009-03-02(Mon)
 

水無灯里 [7]

塗装作業を進めるための第一歩。マスキングを行っています。

20090301.jpg

この作業の前に、

1) マスキングテープを試しに貼り付ける
2) いま一つなので、剥がすことになる
3) 爪で引っ掻いたところ
4) サフとホワイトの塗装が剥がれる(それはそれは見事に)

というトラブルがありました。サーヴァント ランサーの製作時に、パーツを落として下地塗装がダメになるアクシデントがあったけど、それと同じ。

あ、悪夢だ…

ヤスリで削って、サフを吹いて、ホワイトを吹いて、白の塗装までやり直しましたとさ。トホホ……
2009-03-01(Sun)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ