アキハバラ探訪記

定期のアキバハラ巡回。今回は人と会って話をすることが多くなりました。

まずは土曜日の夜に鳥陣というお店で、友人と食事。前回のアキバ散策の時に見つけたお店で「美味しそうだから行ってみよう!」という話になっていました。なんだかんだで造形関係の人なので、お酒を飲みつつ造形に使う道具の話とか造形関連の雑誌の話を…。こちらのお店は名前の通り、鳥料理がメイン。雰囲気は純和風といったところで、おなかがはち切れるんじゃないかと思うほど食べて飲んで4000円というお得なお店でした。

※週末営業はしていないお店ですが、この日は大人数の予約があったようで、その中に混ぜてもらいました。なかなかラッキー。

そして夜のアキハバラを散策していると、ソフマップアミューズメント館の看板を差し替えている場面に遭遇。
20100531a.jpg
クレーン車二台を使って、新しい広告のポスターを上から張り付けていました。古いものと新しいものを差し替えるのだとばかり思ってました。実際は地層のように上に積み重なっていくものなのですね。


翌日の日曜日は、知り合いのディーラーさんと会合。行きつけのカレー屋さんで食事をしてから、裏通りを中心にアキバを散策。定番のおでん缶の自動販売機に始まり、テレビで紹介されることの多いガシャポン会館、なぜか元気なマジコン通りなど、普通のセンスではまず出歩かない領域を中心にフラフラ。

秋葉原には久しぶりに足を運んだというディーラーさんでしたが、これが原因でしばらくアキバには寄りつかなくなるんじゃないかと思います(w

主だったところを巡回した後は、お茶でも飲みながらお話。会社の人とは決して話さないようなコアな話ができるチャンスでしたが、いざそういう場面になると話題が出てこないのはどうしたものか…。ま、それはさておいて、限られた時間の中で色々な意味でありがたいお話をもらったので、前向きに考えていこうと思いました。というか、ちょっとモチベーションが上がったのは秘密です。アレですよ、胸像とかそういう手もあるわけですよ。うんうん。

夕方にディーラーさんとお別れして、献血をして今回の里帰りは終了。珍しく人と接する時間の長い週末でしたが、不思議とエネルギーが充填できたような気がします。

ちなみに、前夜の看板は一夜明けるとこんな感じでした。
20100531b.jpg
2010-05-31(Mon)
 

春日野 穹 [2]

アホ毛の作成から入りました。

前作のアリス・キャロルでもアホ毛を作成しました。その時はやや太めの出来となりました。それはそれでよいのですが、穹というキャラクターを考えるとアホ毛は細ければ細いほどよかろう…、と思案。

0.3mmの真鍮線を軸にして、周囲に光硬化パテを塗りつけて成型する方法をとってみました。仮完成したのが写真。大きさ、太さの比較対象としてつまようじを入れました。
20100527.jpg

あまりの細さに表面に傷があるのかないのかもうまく判別できません。サフを吹いて様子を見ようと思います。

ちなみにこちらのパーツの強度ですが、落下に対しては極めて頑強です。ここまでパーツが小さいと落下時の衝撃がほぼゼロなので。蟻が高いところから落下しても死なないと同じ原理ですね。
2010-05-29(Sat)
 

春日野 穹 [1]

ネタ系のガレージキットの次は割合マジメなものを…。
ゲーム「ヨスガノソラ」から春日野穹。可愛らしいキットです。原型はパラダイスカフェさん。

このキットを買ったときは原作を知りませんでした。ワンフェス会場で見かけたときに、カワイかったのでなんとなく購入(w。で、組み立てる前にいったい何なのか調べた結果、ゲームが原作だと分かった次第。まぁ、そのなんというかレーティングがかかったゲーム、平たく言えば18歳以下は「やっちゃダメ、絶対!」なゲームです。でも、アニメ化しちゃうみたいです。

T:「麻薬みたいに言うな(w」

下調べをした以上、原作のゲームはキット制作の前に買ってきてプレーしました。本編の「ヨスガノソラ」に加えて、ファンディスクの「ハルカナソラ」もプレー完了。おおおそキャラの性格と特徴は把握したと言えるでしょう。っつーか、何のバックグランドもなしに組み立てるのは無理。

んなわけでガレキ組み立ては、作業の為のエネルギー充填から始まるのでした。


T:「おいっ!今回はキット触らずに終わるのかよっ!」
S:「いいぜ。キット組み立てブログが必ずキットを触るってんなら、まずはそのふざけた幻想をぶち壊してやる!」
T:「なんという厨二発言(www」


(追記)
上記の2本のゲームそのものはなかなかおもしろかったです。で、面白かったついでに「ハルカナソラ」の春日野穹ルートの最後で登場する外国語について調べてみました。

指輪に刻まれた文字「Siunaus」はフィンランド語で「祝福」を意味する言葉。直前でヘルシンキ行き(ヘルシンキはフィンランドの首都)の航空機チケットを手に入れているので、そことも繋がります。

そして、穹が市場のおばさんと話しているのはエストニア語。エストニアはフィンランドと海を挟んで向かいにある国です。

 「Palun andke mulle seda.」は、「これ下さい」(Please give it to me)
 「Kui palju maksab?」は「お幾らですか?」(How much is this?)

Palun が please にあたり、mulle=me, seda=it, andke=give といったところでしょうか。andkeには別の意味もあるのですが、この流れだと"下さい" の意味が適当なはず。Kui は What とか How といった意味。これも文脈において意味が変化します。続く言葉 pluju = much なので、How much(お幾ら)ということになります。最後の maksab は pay(支払い)に相当する言葉で、全体をつなげれば値段を聞いていることになります。

国の位置関係は地図参照↓
yosuga.jpg
2010-05-27(Thu)
 

東京都の青少年健全育成条例の件

一度は継続審議となった東京都の青少年健全育成条例の審議の時期が迫っています。

数多くの漫画家やイラストレーターが反対の声を上げていますが、当ブログもこれに同調し東京都の青少年健全育成条例の改正案に反対です。当の改正案については、いろいろなサイトで解説が行われていますが、東京都のホームページで行政の言い分を確認してみました。

http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/08_jyoureikaisei.html

第七条
図書類の発行、販売又は貸付けを業とする者並びに映画等を主催する者及び興行場を経営する者は、図書類又は映画等の内容が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、青少年に販売し、頒布し、若しくは貸し付け、又は観覧させないように努めなければならない。

一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

二 年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交又は性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの


青少年に売ったり見せたりするのにふさわしくないものは、売っちゃダメですよ~…というコトなのですが、気になる点もいくつかあります。

・基準が恐ろしく曖昧である
例えば「18歳未満として表現されていると認識されるもの」。表現は発信者と受信者、双方の働きかけの結果として理解されるものです。判断する人の感性によりますから、判定する仕組みがしっかりしていないとただの独裁的な表現弾圧になりかねません。「青少年の健全な成長を阻害するおそれがある」というのも同様。

青少年の健全な成長には少しの"毒"も必要であると考えます。その意味では、クリーンなものだけにしましょうというこの条例そのものが青少年を育成する環境にとって邪魔者であるかもしれません。


・第二項は、非実在青少年に関する規定だが、なぜそれだけ独立した項立てになるのか?
正直、第一項の枠内で漫画も映画も小説も動画も入るでしょう。ここで「いやいや、18歳未満というのが児童ポルノの問題を踏まえて~」という話が登場するかと思います。そうなると話は別の方向へと飛び火します。ここでは割愛しますが、児童ポルノ禁止の方向を踏まえたとしても、この項目は行き過ぎていると考えます。


・相互に協力し、緊密な連絡の下に~
協力=ゾーニングなら分かりますが、発行もしないし、印刷もしないし、売り場の提供もしない…という形での協力もあり得ます。『緊密な連絡』という文言も通報合戦を推奨していると捉えられると大変窮屈になります。条例という形を取ると影響力が大きくなりすぎでしょう。過剰反応の結果、表現の幅が委縮する危険性があります。


一言でまとめると「この手の問題に法律で介入するとメリットよりデメリットが大きいからやめておきなさい。更に、条文のバランスも取れていないし妥当性もない点も問題である」というコンテキストにおいて反対です。


(補足)
過激な性表現や暴力表現(これは漫画・映画だけでなく、小説でも)に対して慎重なスタンスを取る必要があると考えます。事実、行き過ぎではないか?と思われるものもありますので。ですが、規制と表現の自由を秤にかけた時、ベストな解決策は、売り手側の配慮、買い手側の対応を促進する活動でしょう。売り手側の配慮…というのはゾーニングを意識しています。明らかに子供と分かる場合に売らない…というのもそうでしょう。買い手側の対応は、例えば、自分のお子さんに対する親御さんの指導というところです。
2010-05-26(Wed)
 

黒シア [10]

完成しました。

20100525b.jpg

台座がちょっとねじれてますが、これは本体の起き方が悪かったため。本体と台座は接着していません。撮影中にちょっと位置が歪んだみたいです。でも、まぁこんな感じということで…。ポイントは手のひらに書かれた『あらあら』でしょうか(w


ちなみに、元ネタになったアニメのシーンというのは、こんな感じでした。ピッカピカでございまする。
20100525a.jpg
『あらあら~。悪い子にはおしおきよ~』


さて、簡単な息抜きキットでリフレッシュしたところで、次なる作品に取り掛かりたいと思います。
アリアからちょっと離れ、かわいらしいものに挑戦する予定です。

2010-05-25(Tue)
 

黒シア [9]

筆塗りで塗装しました~。

20100523.jpg

エアブラシを使うと光沢感が出しにくいため、今回は筆を使ってみました。もちろん、下地はグレーサフ。まったく下地の影響がない色合いになりました。さすがは金属系の塗料。隠ぺい力は十分です。

さて、コート剤を軽く吹き付けて組み立てといきましょう。次回で完成かな?
2010-05-23(Sun)
 

黒シア [8]

S:「オニオンサラダ美味い!!」

何をするにもカラダが資本。野菜もキチンと食べてバランスを取りましょう~…ということで、家の近くのスーパーで野菜サラダを毎日買っては食べています。総菜コーナーの野菜サラダセットを一通り試しているのですが、そこで食べたオニオンサラダが美味いのなんの。

ドレッシングはシンプルにマヨネーズを少量のみ。いくら食べても飽きない感じで、ここ一週間はオニオンサラダばかり続いています。この際、玉ねぎ丸かじりした方がいいかもしれません。


ま、それはさておき、表面処理完了しました。

20100521.jpg

こちらのキット、組み立てると仏像になります。一番ややこしかったのは光背(こうはい)のパーツでした。光背というのは、仏像の後ろにある飾りのようなものの名称です。神様の後ろから光が射す…という図があります。この光の部分を立体造形として表したのが光背。「後光が射す」なんて言葉がありますが、その後光を表したものと考えてもよいでしょう。

今回の光背は唐草模様をあしらった宝珠光…かと思います。まぁ、ギャグ感覚の作品なので、そこまで深い設定はないと思いますが…(www

さて、この次はホワイトニングを経て塗装になるのが通例。しかし、今回はいきなり色を塗ってしまおうと思います。金の仏像という設定。金属色は隠ぺい力が強いのでホワイトニングなど不要!というお話。それがどれほど本当か実際に試してみたいと思います。
2010-05-21(Fri)
 

黒シア [7]

サフを吹いたところ、なんだかんだで傷が残っていました。仕方なし。

20100519.jpg

ということで、もう一回パテ盛りと研磨作業へ。2回目ともなればあっさりと終わるもの。次のサフ吹き&チェック作業へと入りました。サフを吹いたところで乾燥待ち。持て余した時間は散策に使いました。こーゆー時に秋葉原に行けたらすごく幸せなんですけどね…。大阪の日本橋って全体的にグレー階調だし。

T:「いや、アンタ、つい先日行って来たばっか…」

そういえば冷静に考えるとリストラされてからというもの、世界が色を失ったように思います。

 「今が幸せだと感じられる人は、どんな場所でも幸せになれる」なんていいますが、リストラ以降、苦悩することはあっても幸せだと感じたことは数えるほどしかありません。精神的に余裕がないから、プラス方面に思考が向かない。考えが回らないからますます余裕がなくなる。人間の精神というのは得てしてスパイラルにハマるものなのでしょう。

んじゃ、何かを変えてみるのも一興。具体的に何をどうすればいいのか見当もつきませんが、適当にやっていくしかないのかな~。とか考えて転職サイトをフラフラしてみたり。とにかく今のままではイカンのだよ、きっと。
2010-05-19(Wed)
 

The Center of this universe

Windows7に乗り換えたのですが、OSのデフォルト設定で気に入らないところを随時修正しています。今回の修正箇所はMSNメッセンジャーの削除。パソコンの起動の度に立ちあがってきたので、それだけでムカつきました。反感を買った設定は粛清するに限ります。

…で、このモジュールの削除がちょいとややこしかったのでメモ。

プログラムを削除する場合、コントロールパネル→プログラム→プログラムと機能 を選択。そこで削除したいアプリケーションを選択することになります。ここで、MSNメッセンジャーが見当たらないので困りました。

正解は、
 コントロールパネル → プログラム → プログラムと機能
 ここから Windows Liveおすすめパック を選択
 アンインストールしたいコンポーネントをチェックして実行
という手順。

20100515a.jpg

Windows7になってから、かなり細かい部分まで入らないと目的のメニューが見つけられないみたいです。これも慣れないといけないのかな…。さて、そんな調教中(?)のパソコンの出身地(というか購入した場所)へ行ってきました。



あまりに早く到着してしまったので、まずは公園を散歩して時間を潰し…
20100517a.jpg

そしてやって来ました。ここが世界の中心、ア キ ハ バ ラ !
20100517c.jpg

写真を見ての通り、この日の東京はとてもいい天気でした。もう日が当るところにいると暑くてたまりません。日陰に入るとちょうどいいくらいの陽気。暑さに耐えかねて、半袖シャツでウロウロ。お昼頃に友人と駅前で待ち合わせてカレー屋で昼食。そのあとに街の中を散策です。

この日のアキバでも「歩行者天国内でのパフォーマンスは禁止です」といった看板と職務質問の警官が相変わらず目立ちました。連休中の物々しい警備体制程ではありませんでしたが、3月ごろから始まった"警戒態勢"が続いています。新しく気付いたのですが、路線バスのバス停でも歩行者天国を臭わせているのですね…(下の写真)


こりゃ、少しずつ歩行者天国の復活へ近づいているのかな…なんて思っていると、きな臭いイベントに遭遇。ガード下にあるTRADERに、立ち入り禁止のテープと警官の姿。「何事?」と思っている所に、消防車まで登場…。周囲の話では、事件性が考えられる火災ではないかということ。個人的には6月の頭(奇しくも通り魔事件から2年目の節目)くらいに歩行者天国の再開かな~と読んでいますが、こーゆー事がある手前、まだ先送りにすべきでしょうか?

全体的には連休の商戦が終わっての売れ残り処分の週末といった感じでした。人の数も少なくて、小休止の雰囲気。季節が暑くなるのを見越して冷却系パーツやUSB扇風機が目立ち始めているけれど、盛り上がりには至らず。そうそう、一部でヒット商品化していたUSB接続フットパネルがソフマップで大量に積まれていました。机の上でパソコンを触る方にはオススメ商品です。ウィンドウを閉じるキーを割り当ててキックでアプリケーションを終了とか、カット&ペーストが左右の足でできるようになりますよ(ww
2010-05-17(Mon)
 

黒シア [6]

パソコンのデータ移植が着々と進行しています。ほぼ移動が完了したので、ここから一週間は移行テスト期間。新しいPCのみで各種作業を行って、抜けがないかを確認していきます。大抵は必要なアプリケーションがインストールされていない…というエラーなので問題はないはずです。

そうそう。Windows7になってようやく気がついた便利な機能がありました。

 コントロールパネル右上の検索ボックスで、設定したい項目を検索できる

という機能です。Windowsのメジャーアップグレードに伴い、コントロールパネルは常に複雑化してきました。最初のころはおおよそすべてをいじりつくしていたものです。でも、最近は時間もないし、なんか項目増えてるし…。そんな時には、このコントロールパネルからの検索が非常に役に立ちます。ひとつ賢くなった感じです。

T:「もともとすげーバカだから、大してレベルアップしてないけどね」
S:「うははははははっ!」
T:「はははははははっ!」
S:「チェイサァッーーー!!(蹴)」
T:「グゲェッ!」

20100515.jpg

黒シアさんはとりあえず表面処理が終わりました。これからパーツを洗浄して、サフを吹いて様子見です。下地色がグレーな件で戸惑っているので、正直ドキドキしています。うまくきれいになってるといいけどなぁ~

2010-05-15(Sat)
 

黒シア [5]

先日パソコンを新調しました。VistaとおさらばしてWindows 7へ乗り換えたわけです。一日でネット環境の移動が終了してからはデーター移植にいそしむ毎日。そこで、はたと気がつきました。

 『Windowsって、Vistaからフォルダの表示方法を自動的に切り替えてくれるんだよな…』

たとえばフォルダの中に画像ファイルを突っ込んでおきます。すると暫くするうちに表示方法が画像に適したものに変更されます。音楽ファイルならアーティスト名やアルバム名を表示。この場合、ファイルの更新日時やらサイズやらは隠ぺいされてしまいます。

自分でフォルダの表示方法を設定しておいても強制的に変更してくれる素敵な仕様。っつーか、マジでウザい

嬉しいことにこの機能を切り殺す方法があります。Vistaでの方法として紹介されていますが、Windows 7でもまったく同じ操作が成立可。レジストリをいじるときには、スタートメニュー → 検索ボックスに RegEdit と入力すればOK。そんなわけで、無事に修正が完了しました。

パソコンを買い替えると、こーゆー細かい使い勝手のカスタマイズが大変ですよね~

20100513.jpg

さてさて、黒シアさんですが、順調に磨きの作業に入っています。サフを吹き付けるときに 下地の色=サフの色 で苦労しました。同じことが磨きの段階でも起きています。本当に穴や傷が埋まったか、さっぱりわかりゃしません!…ということで、勘を頼りにある程度まで処理したら、サフを吹いて様子見をしようと思います。ちょっと参った。
2010-05-13(Thu)
 

黒シア [4]

グレーのレジンキットに苦しんでいるこの頃ですが、サフ吹きでも苦戦しています。

20100511.jpg

元々の色がグレーなところにグレーサフを吹き付けたものだから、どこまでサフが吹けているのか全く視認できません。よ~~~く見ると、サフの色とレジンの色は違っています。注意すれば分かるのですが、白いレジンに吹きつけるのとはレベルが違います。

吹きつけ忘れがが怖くて慎重に作業を進めました。サフ吹きはできていると思いますが、厚塗りになってしまったかもしれません。でもまぁ、気にしてませんが(ww

なかなかのハイペースで進行しています。とてもよい感じですので、維持できるように頑張りま~~すっ!!
2010-05-11(Tue)
 

黒シア [3]

サフ吹きの準備中です。パーツを洗浄して、掘削のカスを除去しました。

20100509.jpg

キットのレジンの色がグレーなので、さぞかし表面の傷が分かるんだろうな~と期待していました。しかし、不慣れなせいか十分に傷が発見できずに苦戦。なら、とっととサフを吹いてしまえ!ということになりました。ま、最終的に綺麗な表面になればよくって、サフを吹く前に傷を探して埋めるか、サフを吹いた後に埋めるかは大した問題ではありません。

あるとすれば、どちらがより効率的かというスピード面だけです。
2010-05-09(Sun)
 

トレフェスの後のお話

東京ビックサイトの屋上で5月の午後を楽しんだ後は聖地へと移動。この日は頑張ってアキバに宿泊してみました。

ホテルからの眺めはこんな感じ。トレフェスと前日の"ほぼ徹夜"が堪えたので、この日は早めに就寝。
20100508a.jpg

翌朝は荷物を部屋にぶち込んで、外を歩いてみました。まずは駅前。
20100508c.jpg

この時は朝の10時過ぎということで人もまばら。朝方のアキバは大体こんな感じです。早めに店を開けるヨドバシカメラとソフマップを物色しつつ散策。ふと、駅前のガンダムカフェがどんな具合か気になったのでチェックしてみました。

ごらんの有様だよ…
20100508b.jpg

もう凄い行列でした。駅前というロケーションもあるし、去年の等身大ガンダムからの影響もあるのでしょうか。夜遅くまで人が切れることはなし。ちょっと時期をずらしたら、余裕で入れそうな気がします。梅雨のころに突入してみようかと思います。


さて。連休のアキハバラで目立ったのは…

・マジコン屋が大増殖
マジカル上海が2店舗、裏通りに3件、メイン通りに1件、カレー屋の上に1件…は確実。10件近くは店を構えていたと思われます。全然取り締まりの効果なしです。

・ベルサール秋葉原でオンラインゲームの体験コーナー
こちらのイベントは11日間連続で開催している模様。オンラインゲームを試遊できるようになってました。面白いってのはわかるのですけど、ネトゲ廃人にはなりたくないので、触るだけにしておきました(w

・恋姫無双のラッピングバス
20100508d.jpg

・警察車両
荷物チェックをする警察関係者、警ら活動をしている人など、とにかく警察官の数が凄かったです。視界の中にパトカーが3台見えるのが普通というくらい。連休=人出が多いということで、特別に警戒していたのでしょうか。ま、治安はかなり良かったかと。

・文学少女カフェ
劇場版の文学少女が公開されたということで、『文学少女カフェ』が期間限定でできていました。せっかくだし、喉も渇いていたので入ってみることに。会場はキュアメイドカフェ。ここでは、この手のイベントをよくやるので、これもその一環というところでしょう。

店内では、劇場版「文学少女」の設定資料を展示&特別メニューの展開。基本通りのオーソドックスなイベントでした。とりあえず、"天野遠子"のイメージというドリンクと『ななせのレモンクッキー』を注文。

T:「で、味はどうよ?」
S:「意識しなければどうということはない」

…普通に食べられるものでした。ハイ。


(おまけ)
特別メニューを注文すると、こんなコースターが記念にもらえるみたいです。
20100508e.jpg
2010-05-08(Sat)
 

トレジャーフェスタ 有明[3]

連休の終わりごろにトレフェスに一般参加してきました。会場は、エスカレーターが逆走しちゃったり、ガンダムの行列なんで目じゃない行列ができちゃったりする東京ビックサイト。いつも通りですね(w

20100507a.jpg

この日のビッグサイトは、ドールズパーティーコミティア痛車の展示、トレジャーフェスタが同時開催。多様な人間が集まっていたように思います。


前日から東京に帰郷していたため、トレフェスには朝から参加。のんびり~、まったり~、ゆっくりしていってね!的なイベントですが、今回もその範疇でした。開場直後に会場入りしてからは、特に買い物に精を出すわけでもなく、丁寧に各ディーラーさんの作品を拝見。いろいろと刺激を受けてきました。

特に気になったのは次の三つの作品。

とにかく数が多かった「化物語」から2つ。千石撫子と戦場ヶ原ひたぎ。
20100507b.jpg 20100507d.jpg
撫子は複数のディーラーさんが作品を展示されていました。どれも良さがありますが、「はちみつ工房」さんのところの撫子が一番しっくりきました。今回は「見」に回りましたが、次回くらいに仕入れを考えてもよいかもしれません。ひたぎはワンフェスでも見た作品かと思います。なんというか、この雰囲気が凄くよい感じ。自分で組み立てるなら、「とにかく怖いガハラさん」を希望しますが、眺めるならこのキットがお気に入りです。

続いて、大人気の「けいおん」から梓のディフォルメバージョン。アイデアを可愛らしくまとめてあります。手ごろなキットで買ってみたかったのですが、こちらは売り切れでした。
20100507c.jpg

会場を一通りまわってから、早めの昼食。先日完成させたアリス・キャロルの完成報告をするためにディーラーさんにご挨拶してから離脱しました。ディーラーさんには喜んでいただけたようで何より。勇気を振り絞って挨拶した甲斐がありました(www


で、そのまま帰るのも何なので、フラフラと西館の屋上展示場まで散歩。
20100507e.jpg
予想通り誰もいません。コミケでは人で埋め尽くされる場所ですが、だだっ広い空間でした。
そして、海でもボーっと眺めようかと外へ目をやると…

20100507g.jpg
痛車がずらりと勢ぞろい。リトルバスターズのコスプレしている人もいました。痛車のことはさておき、屋上展示場から小一時間ほど海を眺めていました。ボートが来たり、水上バスが来たり、同じように景色を見るために人がやってきたり。のんびりした休日を満喫です。う~~ん、連休って素晴らしい。

ついでに、洗濯した靴下も干してました。よく乾きました(www
20100507f.jpg
2010-05-07(Fri)
 

黒シア [2]

まずは表面処理から。前回のアリス・キャロルと同様に#600の紙ヤスリを使っていきます。

20100505.jpg

厄介なのは写真左のパーツ。炎をイメージさせる形ですね。
このパーツが薄くて、紙ヤスリをかけているうちにへし折れるのです(;ω;)
その割に段差がなくならないし、パーティクルラインはやたらと多いし、パテを盛る=削る=折るだし(w

もう最後は笑うしかないです(w

…いや、笑ってる場合じゃないですね。

早いところ仮組みとサフ吹きに移りたいと思います。
2010-05-05(Wed)
 

黒シア [1]

前作が完了したので、次のキット製作に移ります。今回は「黒シア」さん。

20100503.jpg

…といっても、「黒シアって何?」ですね。

このブログでは「ARIA」という漫画のガレージキットをやたらに多く取り扱っています。それだけARIAという作品が好きなわけですが、こちらの「黒シア」もARIA関連のネタです。

ARIAという作品ではアリシア・フローレンスという名前の女性が登場します。このキャラクター、いつも笑顔を絶やさず、怒りもしません。理想的なお姉さんもしくは、先輩と言ったところでしょうか。

が、そういう人ほど「腹の中では何を考えているのか分からない」という幻想に駆られるのが人間です。世の中にそんな完璧な人などいるわけがない。たとえ漫画だとしても、そんな理想形を描きはしないだろう…と。そんわけでARIAファンの間では「アリシアさんは実は黒い」というネタがあります。(他にも重要なファクターがありますが、マニアックな話なので割愛)

こちらのキットは、そんな黒いアリシアさん(=黒シア)のネタと、アニメシリーズ内の驚愕のシーンを融合させた作品。ガレージキットが同好の士の間でやり取りされる性質があるので、いかにもらしい遊び心が詰まったキットです。パーツ数は6つ。黒シアの意味が分かる方はニヤニヤ(・∀・)しながら、知らない方は何がどうなるのかドキドキ(・∀・)しながら進行を見ていただければ…なんて思います。

ま、とにかくライトなキットです。ハイ。
2010-05-03(Mon)
 

アリス・キャロル (硫黄泉) [26]

アリス・キャロル、完成しました。

20100501.jpg

これまでに組み立てたアリス・キャロルと比べて"淡い色合い"で仕上げてみました。制服の黄色、髪の色、まぁ社長の色など、全体的に色調を変えています。まぁ、これは作り手側の勝手な言い分で、見る側にとってはどーでもよいことですが(w

今回の収穫は、アリスの髪の色が確定したこと。今まで散々アリスを組み立てておきながら、髪についてはどんな色かハッキリしていなかったのです。試行錯誤の末にたどり着いた配合レシピはビミョーなものですが、自分で見つけた答なのでよしとしましょう。

今回も心をこめて作りました。

T:「この気持ちが、優しい五月の風に乗ってあなたに届きますように…」
S:「キモい台詞、禁止っ!!」
T:「キモいっていうなっ!!!(w」



fgにも写真のせてます。
2010-05-01(Sat)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ