Lancia STRATO'S Gr4 Pirelli [4]

迷いマイマイ@ランチア

20100729.jpg

予定していたコンパウンドでの磨きを始めて、気がついたことがあります。それは「塗装表面の凸凹はクリアコート時の仕上がりにかなりダイレクトに響く」ということ。何事にも"やってみて初めて学べる"ことがあります。これはまさにその実例というところでしょう。「クリアを吹き付ける前にコンパウンドで磨いておくべきだったかも…」と、ちょっと反省。

そんなことを思いながら作業を進めたところ、指紋の跡がキットについてしまいました。それなりにつやがある表面なので、気になります。そこで、アルコール(スピリタス)でふき取り。で、ゴシゴシやっていたら、こすりすぎてコート剤まで削り取ってしまいました。

あれ?じゃあ、コンパウンドで表面処理できるじゃん!……ということになり、もう一度コンパウンドによる磨きを開始。今度はヘリの部分を削りすぎて、塗装面を超えて下地が露出。慌ててリタッチで対応。

……とまぁ、だんだん収拾がつかなくなってきています。

ここまで迷走すると完成度にかなり疑問符がつきます。つきますが、途中で投げ出さず最後まで仕上げるつもりです。最初から上手くいくわけはありません。挑戦して、失敗もする。でも完成させる。それこそ、このブログの基本コンセプトだし(w
2010-07-31(Sat)
 

Lancia STRATO'S Gr4 Pirelli [3]

ワンフェスが終わったところですが、ガレキ組み立ての手は緩めません。

20100721.jpg

ボディを大雑把に塗り分けして、クリアでコートしました。それなりに光沢感はありますが、もともとデコボコした表面の上にクリアを塗ったので仕上がり具合もボコボコです。続いてコンパウンドで削りだしをする予定。

クリアを塗る前にコンパウンドで磨き上げてもよかったのかも…と思います。でも、コンパウンドで磨きすぎる→下地が露出するのが怖くて、最初に厚めに塗料を塗った状態から磨き上げを開始したかったのです。何せ、光沢感を追及するキットは初めて。経験則がない分、石橋をたたくイメージでやっています。

同時並行で、ホイールの塗装とかライトの塗装とかもしたいんだけど、手が回るかな~
2010-07-29(Thu)
 

ワンダーフェスティバル2010 のこぼれ話

今回はワンフェスでの小ネタ集です~


●2年ぶりに再会したでござる の巻
2008年夏のワンフェス(エスカレーターが逆走した回)で、待機列の中でお話した人がいました。その場限りの友人といった感じで、メールアドレスや携帯番号も交換せずにお別れ。その後、2009年冬のワンフェスは中止となり、2009年夏・2010年冬と時間が過ぎていました。

そして今回のワンフェスに至ったわけですが、偶然にもトイレの待機列で同じ人と再会しました。これだけの人がいる中で気付くのも奇跡ですが、二人ともガレキにかかわり続けているというのも嬉しい偶然。

S:「これって素敵な奇…」
T:「はいっ!恥ずかしいセリフ禁止っ!」

待機列脇で色々とお話して待ち時間を潰しました。ガレキ組み立てはきちんと続けているそうです。素晴らしい!
今回は忘れずにアドレス交換などもしました。ガレキ好きは皆ナカマ!


●ディーラー名が分からなくなったでござる の巻
いつものごとく、完成させたガレキの写真をディーラーさんに持って行って報告しています。で、完成したばかりの春日野穹を報告しようと思ったわけですが…

「ディーラー名が思い出せねぇや」 orz

テンションが無駄に上がっているし、暑いしのメッセ内。頭がうまく回らず"エポキシ・パフェ"さんと"パラダイス・カフェ"さんのどっちかが分からない状態に。峰竜太竜雷太の区別とか、ヨドバシカメラとビックカメラの区別もいまいちとか(ポイントカードを間違って出したこともある)、そんな程度の把握能力も元凶の一つ。

最後は両方のディーラーさんに行って、作品を見て区別しました。きちんとご報告できたので、まぁOKということで。


●後の祭り……もとい、祭りの後でござる の巻
ワンダーフェスティバル当日は幕張のホテルで一泊。25日の夕方、すっかり人の気配がなくなった幕張メッセを眺めてから、食事を済ませてホテルへ。夜にはかなり強い雨の音を聞きつつ、ゴロゴロしていた…のですが気が付いたら気を失っていました(w

翌朝はホテルのチェックアウト時間ぎりぎりまで身体を休めてから出発。興味半分で幕張メッセに足を運んでみましたが、ワンフェスの跡は綺麗になくなっていました。そこから電車に気持ち良く揺られながら都内へ移動。到着するころがお昼ちょっと手前になるとみて、都内で昼食をとることにしました。

秋葉原のおいしいカレー店の一つ。ジャイヒンド。
20100728a.jpg
兼ねてから何度か足を運んでいるお店ですが、昼間に来るのは初めて。セットコースになっていて一通りのものが食べられました。ごはん・ナン・サラダ・カレーなどがついたプレート形式。夜は好きなカレーやサラダを自由に注文します。個人的には夜にがっつり食べるカレーが好きですね。

昼食後にちょろっとだけアキバを散策してワンフェスの旅は終了。とにかく長丁場の外出でしたが、最後まで事故なしに無事に終えることができました。
20100728b.jpg

…ということで仕事に戻るわけですが、いきなり海外との会議で深夜3時からの勤務です。きっつ~~~!
2010-07-28(Wed)
 

ワンフェス2010夏 の行動はこんな感じ

真夏の夢の祭典ワンダーフェスティバル。
20100725b.jpg

次回は別サイドでの参加を目論んでいたので、一般参加としてやれることは全てやるつもりで特攻を仕掛けました。…といっても、始発グループの後方に入っただけですが(w。そういえば、始発グループの列に割り込みをかけようとして「割り込みすんなぁ、ゴルァ!」と引きずり出されていた人がいました。そういうお行儀の悪いことはやめましょう。後ろに並べば済む話です。

10:03
無事に会場入り。お祭り気分で早く来ただけなので買い物に躍起になる必要はなし。とはいえ、手土産がないのはやはり寂しいので、「ガレキのキ」さんと「建速プロジェクト」さんのキットを一つずつ購入して終了。後は移動制限の10分が解除されるまで、ひたすらディーラーさんと楽しくおしゃべり。

続いて「はるきこーぽれーしょん」さんにお邪魔して、直前に入院してしまった原型師さんの様子を確認。大きな病気ではなさそうなので一安心。というか、筆者も同じ病気になったことあります。元気になったらまた会いましょう!

10:20
移動制限解除の列がはけたところで隣へ移動開始。会場内では走らないのが常識ですが、買い物客で走っている人がいてゲンナリ。欲しいものがあるのはわかるけれど、危ないからやめれ。

10:30
とあるディーラーさんのお手伝いを勝手に実施。

20100725c.jpg

13:00
忘れずに昼食。以前はここでメシを抜いて夕方にバッテリーが上がりました。そのあたりの反省はバッチリ生かしております。

14:30
お手伝いを一時抜けて、知り合いのディーラーさんにごあいさつ回り。前回のワンフェスで華麗にスルーしてしまった「らーめんどんぶり」さんを表敬訪問。最近は女性原型師の方がよい作品を作っているのですが、こちらの中の方もなかなかのものでした。

続いて「鶴の館」さんのところへ。顔を覚えてもらっているか不安でしたが、すんなりとお話できてでっかい感激でした。最近はとてもお忙しそうだったので遠慮していた部分もあったのですよ。相変わらず気持ちのいい方でした。これからもよろしくお願いします!

15:30
またもやお手伝いを一時抜けて、完成品の報告回り。「ブラッドサッカー」さんと「パラダイス カフェ」さんへ。ともにある程度喜んでいただけたようです。よかった、よかった。更に「KMPG-Z」さんに立ち寄ってアリス・キャロルのキットについてあれやこれやとお話。次のワンフェスには是非とも完成報告を差し上げたいと思っております。

16:45
撤収作業のお手伝い。コミケと違ってサンプル提出が最後に集中するのがワンフェスの特徴です(コミケだと新刊にシールを張って開始前に提出することがほとんど)。何が大変かというと、サンプル提出の行列がものすごい状態になります。見慣れていない光景に、人気ディーラーにできる行列とどっちが長いか考え込む。

17:00
ワンフェス終了の合図とともに拍手。終了まで会場にいたのは久しぶりでした。というか、体力最後まで持ったよ~!

18:00
搬出作業終了。最後は気を使ってくれたバイト先のディーラーさんが送ってくださいました。ありがたや、ありがたや~

20100725a.jpg
2010-07-27(Tue)
 

Thank you all for everything !!

ワンダーフェスティバル2010夏が閉幕しました。

今回は買い物面はともかくとして、素敵なことがたくさんありました。

S:「こんなに世界って美しかったっけ?」
T:「恥ずかしいセリフ禁止っ!

色々と書きたいことがありますが、とりあえず一つ感じたことを。

先に進まなくちゃいけない

25周年のワンダーショーケースでは「頂きを目指す気持ち」を打ち出していました。ブログ設立のコンセプトと初心者の自分の気持ちを考えると、前進することを目的とした前進は避けてきました。とはいえ、周囲の人たちの成長や挑戦を見る限り、その場には留まれないのではないかと…

意識のあるうちにもう少し考えたことをまとめたいところですが、体力がそろそろ限界(w
今日はとりあえず幸せな気持ちを抱えて寝ます。

ありがとう
また出会う、半年後まで
2010-07-25(Sun)
 

Here Comes A New Festival !!

さぁ、ワンダーフェスティバルの開幕です!

今年の夏で最大のイベント(その1)。存分に楽しんできたいと思います。
Here Comes A New Festival !!
2010-07-25(Sun)
 

おうちでのんびり

祝日の月曜日にアキバで散策したブログエントリをアップした水曜日から、アキバに再び滞在しています。写真は、猛暑が少し和らいだ夕方のアキバの様子。

20100724a.jpg

水曜日:ヨーロッパの友人(日本人ではない)と宴会
木曜日:講習会の後に、友人と鳥料理で宴会
金曜日:講習会の後に、一人で宴会

…とまぁ、楽しみながら過ごしています。

とはいえ、夜遅くまで騒いでいるうえに昼間の講習会で気が抜けないため、体力がガリガリ削られています。連日の猛暑はワンフェス当日も手を緩めてくれそうにありません。今夜は早めに寝ようと思います。

20100724b.jpg
2010-07-24(Sat)
 

春日野 穹 [22]

春日野穹、完成しました。2パターン、それぞれ撮影。

20100719a.jpg 20100719b.jpg

まぁ、ツッコミどころは色々あるのですが、完成したから良し…ということで。自分なりに頑張ってみたのは2本のアホ毛と、左胸のポケット。これはキットにはないけれど、設定にはあるものです。世の中にはもっとすごい人がいるもので、左ポケットの下に本来あるべき校章を追加した人もいます。

リンク先は「安酒喰らったアヒル」さん。同じキットを組み立てたのに、出来上がりの感じが違うのが面白いですね。当然、比べっこするつもりもないです。評価したところで、それは個人的嗜好に近いか遠いかだけの違い。それより、同じキットを組み立てた同志がいるので嬉しいですね~。

最後に上半身のアップ。
20100719c.jpg
それっぽく眉を入れたのですが、髪に隠れて見えなかったりして…

次回は肌色の作り方を調整したいなぁ~と思います。
2010-07-23(Fri)
 

海の日 と ワンフェス前 と 秋葉原 と

梅雨も明けた夏のソラ。連休を利用して秋葉原にお散歩です。

20100721a.jpg

ってゆーか、暑い

ワンフェスのため、気候のチェックも兼ねていましたが、歩かなくても歩いても体力をガリガリと削られていく感じ。これはワンフェス当日はきちんと暑さ対策をしていかなければなりませんね~。

20100721c.jpg

今回の仕入れた品は

別にアキバで買う必要はない 紙ヤスリ
別にアキバで買う必要はない サフ
別にアキバで買う必要はない ゲームパッド
別にアキバで買う必要はない パステル

と、アキバで買う価値があるものばかりです。

チョロQを探してお店まで見つけましたが、最適なサイズが分からず…。最近のはどんなものか、いくつか試しに買ってみました。昔ながらの形と思いきや、高速走行用バネ搭載とか、ガタガタしながら走るためのオプション装備とかついていて面白いです。すぐに飽きそうですが、これはこれで楽しめるでしょう。

実質的に実家ともいえるアキバですが、この帰宅(来訪)から48時間後にはアキバに復帰。そのままワンフェス終了まで都内に居座り続けます。いっそのこと有給休暇でも取ればよかったのですが、そうはいかないのが世の中ですかね。
2010-07-21(Wed)
 

Lancia STRATO'S Gr4 Pirelli [2]

同時並行で2つのガレキを扱っています。今回は製作を始めたばかりのランチアの紹介。

20100717.jpg

表面状態に不安があったのでサフを吹いて確認。予想通りクサイ箇所があったので液体サフを塗りつけて埋めの作業に取り掛かりました。今まではチョロQ関係のキットは目で見るだけ。こうして実際に手にとって見ると、その面白さが分かります。

元の車のらしさを残しつつ、いかにしてチョロQというフォーマットの上に載せていくか。ディフォルメと言ってしまえば一言ですが、全体のバランスにしろ、細かなモールドの再現にしろ、センスが問われることは間違いありません。

売れ筋になるであろう商品は企業に取られるので、それを凌駕するだけのクオリティを出すか、採算ラインの下を行くけれど人気のある車種……すなわち隙間をうまく狙っていくか…という選択も大事でしょう。よほど車が好きでないと、こういう作品は世に出せないと思います。

今回はいい勉強をさせてもらっているかも。世界が広がったような気がしました。
2010-07-19(Mon)
 

夏が来た!

雨ばっかりだった週の終わりはすごくよい天気です。
ということでブログの模様替え。夏のイメージにしました。
もう梅雨明けするか、しないか…というところですし、ちょっとばかりフライングしてもいいでしょう。

さて、いよいよ目の前に迫ってきたワンダーフェスティバル2010夏。
今回は、ワンフェスを挟んで5泊6日という長丁場の戦いになります。

仕事をしてから、そのままワンフェスへなだれ込み、一日休養を取るプラン。今のところ、買いたいガレキは該当なしの状態(見たいガレキはあり)なので、のんびりペースで会場入りすることも考えています。のんびりって言っても、ほぼ始発レベルですけどね。

かなり古いですが、夏というとこのあたりの曲( )を思い出しました。
2010-07-18(Sun)
 

春日野 穹 [21]

瞳を入れました。

20100715.jpg

原型師さんの塗装実演を意識して、筆遣いに注意(より丁寧に)、鉛筆ではなく筆を使って下書き、見本資料と見比べる、の3点に注意しました。作業時間は2時間弱。出来具合は…普通程度でしょうか。何度か書き直しをした箇所もあります。時間をかけた分だけ納得感はありますね(w

実際にやってみると、実演を見て学んだことは多かったのだな~と実感できました。一つ一つの作業に気遣いができるし、それによって今やっている作業は何をするためのステップなのかを理解することができます。何となく…で作業を進めてもガレキは完成します。でも、何らかの目的意識や問題提起をしっかりと持つことで、経験を何倍にも増幅して実力を高める糧にできる…

身をもってそれを体験できたことが最大の収穫だったと思います。

さて、あとは組み立てのみ!
2010-07-17(Sat)
 

Lancia STRATO'S Gr4 Pirelli [1]

春日野穹の製作は完了していませんが、新しいキットに手を出すことにしました。今回はAutomatiaさんのチョロQ対応のカウル。

20100713.jpg

車が大好きな人には堪らないものかもしれません。残念ながら、車というとフォーミュラー1(F1)くらいしか関心がないため調べてみました。…と、よくよく調べると1950年代にランチアはF1に参戦していたのですね。もっともこのキットはF1マシンではなく、ラリーマシンだった模様。ついでに、本物の写真がないかと探してみたところ、あっさり見つかりました

資料を集めてみると、うまいことチョロQサイズにまとめているな…と感心します。それに実車のフォルムも見事で、ファンができるのも当然だろうな…とも。いや、だからって輸入しようとか、乗ってみたいとかは思いませんが。

ミニサイズとはいえ、人工的な物体のキットは組み立てたことがありません。なんだかんだで人の形をしているものばかり作ってきました。なんとなくですが、今まで培ってきたノウハウが通用しない部分があるんじゃないかと思います(特に塗装面で)。

まぁ、実際はどうなのかはやってみて初めて分かることなので、恐れずに挑戦していきたいと思います!
2010-07-15(Thu)
 

春日野 穹 [20]

20100711.jpg

リボンやら口やら、細かいところの仕上げにかかっています。目のイメージを固めるために、落書きなんかしたのが後ろにあります。好きに描いていたら、フィギュアと違う角度の顔になってしまいました(w。

ここまでくれば、塗装として残された工程は瞳を入れること。先日、原型師の方による瞳の入れ方の実演を見てきました。色々と勉強になることが多かったことですし、それを踏まえた瞳入れをやってみたいと思います。……工程の晒しあげをするかは分かりませんけれど。
2010-07-13(Tue)
 

春日野 穹 [19]

マスキングの結果が御覧の有様だよ。

20100709.jpg

ラーメンどんぶりさんのアリスを作った時より一段複雑な模様になりました。やってみたかったことはできたのですが、仕上がりはいささかビジーな感じです。

ビジー:ごちゃごちゃしている…という意味です 

白のラインが思った以上に目立っているのが原因でしょう。これでも0.4mmまで削ったのですが…。もっと細いマスクにするか、色を暗めにしておけばよかったのかもしれません。もっとも、同じ模様と色合いで塗装した制服の襟元についてはとてもしっくりした仕上がりです。

パーツによりパターンを変えるのもありだったのでしょうか。でも、それはそれで変かもしれないし。う~~ん。『白』も、一応この色が設定に忠実ではないかと。部品は合っていても全体が合わないという結果を鑑みるに、指し示す答えは『実力不足』の一点に尽きると思います。

作品全体の流れ、全体の中におけるパーツ…というものの見方が不足しているんじゃないかな。巨視的な取り組みができるようになれば、もう一歩先の世界へ行けるんじゃないかと。

でも、これはこれで一所懸命にやった結果。チェック柄のマスクの経験を積めたことは間違いなくプラスでした。こんなところで落ち込まないで最後まで愛情たっぷりで仕上げていきたいと思います。

残るは瞳や小さな部分の調整。完成まであと少しです!
2010-07-11(Sun)
 

春日野 穹 [18]

地獄マスキング、ステップ2です。

20100707.jpg

隠したい部分を縁取るようにして細いマスキングテープを張り付けています。凸凹している面へのマスキング。更には形も気にしての作業です。間違いなくマスクが甘くなっている部分があるでしょう。それはもう織り込み済みというか、覚悟の上でやっています。

漏れた部分はリタッチで復旧…いや、むしろ製作でしょうかね…していく予定です。もう、こんな状態でマスキング漏れとか気にしてられないって話。


T:「このマスクを外す時は、最高に気持ちいいんだろうな…」
S:「え~っと、分かりにくいけど、それってAngel Beats!ネタ?」
2010-07-09(Fri)
 

春日野 穹 [17]

地獄マスキング、その1。

20100705.jpg

制服の柄を出すためのマスキングです。ここまで進めたら、基本色の塗装。あっさりマスキングしたのはいいものの、本当に漏れがないか心配になってきました(汗

心配性というのは慎重に作業を進める上ではプラスに働きますが、思い切ったことができない、ぐっと前に推し進められないのがマイナスですね。もう一回ゾルを塗っておこうかな…
2010-07-07(Wed)
 

七夕とアキハバラ

七夕の時期が近づいて参りました。そして、今日も今日とて秋葉原散策。
この時期はどこにいっても笹の葉+短冊の組み合わせが目に入ります。

20100705a.jpg
時間つぶしに散歩していた公園の中にも短冊をたわわに実らせた笹が…。もっとも、ここの笹は毎年枯れ具合が見事です。秋葉原のお願い短冊には「二次元への片道切符急募」(←戻ってこないつもりなのね…)とか「冬のワンフェスに出られますように…」とか「ここに書いてあるすべての願いが叶いませんように」とか書いてあるのが常套です。

この公園にはそんなしょーもないお願い事はありませんでした。例えばこんな感じ。
20100705b.jpg
T:「……………………」
S:「……………………」
T:「君の願~~い は~~ ちゃ~んと叶~~うよ~~~♪

えと、れなちゃんのお願いはきっと叶うと思います。


さて、期待以上のものに出会うことを夢見ながら秋葉原へ。この日は昼間に見事に晴れました。もう夏です。夏ですよ。夏フェスですよ。この場合、ワンダーフェスティバルとコミックマーケットのことですけどね(ww

20100705c.jpg

もう、暑いのなんの。体が温まる前に店に入ってクールダウンを繰り返しながら散策しました。ボーナス前、かつ夏休み前ということで、人の数が少なかったのは助かりました。

まずは、春日野穹の次に作ろうと思っているチョロQの下見。子供のころはよく遊んだものですが、大きくなってからはとんと触っていません。

T:「まぁやってることは大きなお子様なんだけどな」
S:「でっかいお世話です

探してみると意外に簡単に見つかりました。10円玉でウィリー走行するのは変わっていませんでしたが、リモコンで動きが変わったり、カウルを交換できたりと確実に進歩している模様。あと、「けいおんチョロQ」も。なんでもキャラを張り付ければ売れるものなのですかね…

その後はトレーディングカードゲームをサンプルで購入。衝動買いというヤツです。続いてガレキに興味がある人に手持ちのキットを一つプレゼントして荷物を軽減。そして裏通りへ。

(クリックで大きくなります)
20100705d.jpg

とあるマジコン屋の張り紙。

「野球賭博で捕まらないのはおかしい」

what_the_hell.jpg
マジコンと全然関係ないです。気持ちは分かりますけど、色々とアレです。


その後は風通しのよい隠れスポット、AKIBA ICHIの裏側で夕涼み。
トレフェス@アキバの行われたアキバスクウェアの裏側です。ベンチがあって気持ちがよい場所です。
20100705e.jpg

一休みしてから駅前へと戻り、選挙運動にいそしむドクター中松に会って来ました。頭の良くなるお面と称して、自分の顔をベースにしたお面を配って大人気。選挙向けのビラとして認可されている旨のシールが貼られているのが印象的でした。もっとも、これくらいで大切な一票の行方が影響されることはありませんが。

次のアキバ散策は「海の日」前後でしょうかね~
2010-07-05(Mon)
 

春日野 穹 [16]

塗装3回目。

20100703.jpg

靴の本体はエアブラシで塗装。靴底は筆で塗っています。黒い色合いの靴にしてもよかったのですが、穹というキャラクターは黒いストッキングを履いています。足が黒くて、靴も黒いんじゃつまらないと考えて変化球をば。はっきりとしたコントラストを意識してみました。完成したときに足元にワンポイントできていれば成功ですかね~。

続いてエアブラシ塗装を実施しなければなりません。しかし、その前にまたまたマスキング作業が必須の局面に。締めくくりの段階に向けてラストスパートはまだまだ遠いようです。
2010-07-03(Sat)
 

春日野 穹 [15]

塗装2回目。チェック柄のスカートは一時凍結中です。

20100701.jpg

今回はシャドウを入れる時にいつもとは違う色を使ってみました。キャラクターフレッシュ1を基本色として、キャラクターフレッシュ2をそのままシャドウとして吹き付けています。キャラクターフレッシュ2は、かなりピンク色っぽい色です。塗装後は、シャドウの部分が肌より赤みがかるということになります。

奇妙な組み合わせに思えましたが、やってみるとしっくりきます。というか、PVC完成品でピンク色を肌色のシャドウに使っていた例があって、それを見よう見まねで再現してみただけ。最初からある程度の出来栄えは期待できたのですけれど。調子に乗って鼻の下と眉毛の下の部分にもキャラクターフレッシュ2を弱く吹き付けてみました。

これで肌色のシャドウの入れ方に新しい選択肢ができました(w

キャラクターフレッシュ2を使うシャドウ入れは、肌が白いキャラクターに合っていそう。使い分けの分岐点になるかな?
2010-07-01(Thu)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ