晩"秋"葉原

相変わらずの「またかよ」ネタ、アキハバラの定期巡回報告です。

今回の最重要目的は「萌え~ろ祭」の原型師による模型作業実演を見て勉強すること。どーでもいいことですが、「萌え~ろ祭」というのは相当なネーミングだと思います。

現地に到着したのはおおよそ正午。まずは街を通過して荷物のコインロッカーへ。手ブラになってから昼食を取ることにしました。今回の昼ごはんは、「炒飯」というのれんを掲げているお店「KIICHI」。

20101129a.jpg

こちらのお店、看板(というか、のれん)に偽りなく、大盛りの炒飯と小さめの麺がセットになったメニューのお店です。炒飯・麺共にいくつかの種類があるので、そこから選択。何を選ぶかによって値段が変わると考えてください。とりあえず、美味しそうな名前という理由だけで「焼き豚炒飯」と「坦々麺」を選択。麺も炒飯も美味しかったのですが、このお店の店内がスゴイ(w

美少女ゲームかアニメのキャラのスティックポスターがズラリと貼られた壁面。アイドルマスターのミニフィギュアがぎっしりと並べられた棚(プラスして「アイドルに触らないでください」の注意書き)。イラスト入りの色紙の山。日曜日と祝日は17:30からメイドさんが登場するシステム。どこに炒飯で勝負している店らしさがあるというのでしょうか(www

と思って店の横に回ったらこんな暖簾が出ていました。流石、秋葉原

20101129b.jpg

食後に「萌え~ろ祭」会場へ移動。こちらのイベントでは、キットや完成品の販売も行われていました。目玉の一つとして萌寺了法寺の萌え仏像「とろ弁天」のご本尊の展示が予定されていました。結局、都合が合わなくなって流れてしまったのですが、萌え仏像のキット販売は行われることに…。

そして、会場横の道で

20101129c.jpg

20101129ad.jpg

20101129e.jpg

了法寺の車、キターーーーーーーー!!

そして、これが恐るべき実演見学の幕開けでした。

今回の原型師による実演公開は「マスキングと塗装実例」と「瞳の塗装実例」。マスキング実演は、よりにもよって市販品の白パンツを縞パンツに改造するという、実用的なのか煩悩満載なのか分からない事例でした。マジメにお話しすると、当ブログで何度かチャレンジしているチェック柄のプリーツスカートと、縞パンツのマスキング技術には通じるものがあります。その意味では、たとえパンツでも馬鹿にできません。

T:「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!
S:「どう見てもパンツです」

この実演デモが始まる脇では、先ほどの了法寺のバンで運び込まれたと思しき段ボールから、了法寺テーマソングCD「愛の了法寺」をはじめとした了法寺グッズを並べ始めます。そして、準備が整ったところで、了法寺のメインキャラクター「とろ弁天」のコスプレをした女の子(実際に歌っているとろ美さん)がプロモーションを開始。CDに合わせて見事な生歌を披露してくれます。

結果的に「愛の了法寺」の生歌を聞きながら、原型師による縞パンツ塗装のテクニック紹介&実演を見学。

何、このテラカオス状態(www

そして、この"とろ弁天さま"が歌がうまくて、可愛らしい女性だったりするものだから微妙に気が散って見学に集中できません。実演中の原型師さんも「精神攻撃が激しい(w」とコメントするなど、見る側も実演側も「寺ズッギュ~ン」状態に。

とろ弁天さまの美声が落ち着いたところで「瞳の塗装実演」へバトンタッチ。基本的に大阪の実演と同じものでした。それでも、コート剤とシンナーの混合比率、エアブラシの吹き方とのバランス調整、はみ出した時のリタッチによるリカバーの戦術、細やかな筆使いはとても勉強になりました。うまい人の実演を見て刺激を受ける大切さが身に染みて分かりました。もっと修行せにゃあなりません。

そんなこんなで会場に入り浸ること3時間半。気がつけば夕闇に包まれた街が広がっていました。お店を探検する時間は少なめでしたが、収穫の多い週末でした。

20101129ac.jpg


<補足>
前回のアキハバラエントリで触れた、窓辺ななみのエプロンの色違いバージョンを補足してきました。紫と赤はこんな感じ。紫はレアだと思いますよ。

20101129g.jpg 20101129ax.jpg
2010-11-29(Mon)
 

アリス・キャロル Dual Mode [45]

マスキング作業をちまちま進めています。

20101129.jpg

上に写っているパーツは前回のブログエントリでマスク途中だったもの。見た目は最悪にみすぼらしいですが、マスキングは終わっています。マスクゾルはエアブラシ塗装直前に行うので、とりあえずは作業終了。そしてスカートの片割れのパーツもマスキング中になりました。二つのパーツを組み合わせた時に模様が一致するようにマスクしています。そんなに拘る必要はないと思いますが、折角なので細かいネタを仕込んでみました。

な~んか作業が停滞気味ですが、これは『スカートの生地が折り返した箇所で、どうマスクするべきか苦悩した』から。考えているうちにこんがらがってきて、作業が一時中断しました。落ち着いて模様をつけたつもりですが、ひょっとしたら間違ってるかも…。

まぁ、多少おかしくても気にしないタイプだから問題なしなんですけどね(w
2010-11-27(Sat)
 

アリス・キャロル Dual Mode [44]

予告通り、縦方向のマスキングを開始しました。横よりは気持ち作業が速く進んでいるようです。

20101127.jpg

マスキングそのものはさておくとして、パーツとにらめっこする作業をしていると、色々な粗が見えてきます。

例えば、表面処理で見落とした小さな気泡。
例えば、横の縞でのマスク漏れやリタッチ不足。
例えば、スカートの裏地の塗装を考えていないということ。

どれもパッと見た限りでは気になりません。こう、ガレキを食い入るように見るとか、ペロペロ舐めるとかしない限りは大丈夫。放っておいても害にはなりませんが、マスク漏れについては次回のリタッチ時にもう一度見直してみようと思います。スカートの裏地は……う~ん、マスキングしてホワイトサフで誤魔化しましょうかね(w
2010-11-25(Thu)
 

アリス・キャロル Dual Mode [43]

なんとか塗装まで持って行ったよ…

20101125.jpg

とはいえ、数か所でマスク漏れやズレ発生。小さなマスク漏れは髪ヤスリを当てて、こそぎ落としました。ある程度のクリーニングが終わったのが写真の状態。もうちょっと修正しなくちゃいけない部分があるので、ここから筆によるリタッチを行います。

それが終わったらコート剤で保護。それから縦のラインのマスキングです。

まだまだ製作作業は続きます。
2010-11-23(Tue)
 

アリス・キャロル Dual Mode [42]

いや~、マスキングが進まないこと山の如し。御覧の有様だよ。

20101121.jpg

焦る理由なんてないし、ゆっくりでいいから進めりゃいいんですよ…。多分。というものの、ちょっとばかし焦っています。スピードがそこそこないと完成度に響くんですよね。ある程度スピードがあることで、作業の質が変化するよりも早く完成に持っていけるわけです。

思うに塗装とマスキング手順の組み合わせを間違ったんじゃないかと思います。もっと効率的に、かつ美しい仕上がりは確保できたのかもしれません。後の祭りですが(www

次回の更新までにはマスキングは終わらせたいです。いや、本当にね。
2010-11-21(Sun)
 

アリス・キャロル Dual Mode [41]

マスキングをしています。地獄だ……これは地獄です。

20101119.jpg

とりあえず半分終わっているのですが、スカートの裏側は白で塗りなおさなければなりません。見えないところですが、手は抜けません(正確に言うと、若干見える場所があるのですが…)。おそらく筆塗りで対応すると思います。筆の不均一さでもって、スカートの裏側らしさが出せるのではないかと推察。

と言う前にマスキングを終えないことには話になりません。ついでに、今のが終わったら今度は縦方向にマスクです。ホントいつ終わるんでしょうか。
2010-11-19(Fri)
 

アリス・キャロル Dual Mode [40]

塗装に取りかかりました。制服の色はコミックス11巻の表紙と完成見本写真を参考に決定。イエローを基本にして若干の白とレドームを加えて調整してあります。

エアブラシで吹き付け始めた直後に、「単色のグラデーション塗装をしたらいいかも…」と感じたので即座に実行。塗料を吹き付ける量が多いところがシャドウ部分、薄く塗料を吹き付けたところが明るい部分というイメージでやってみました。

それだけではシャドウ入れとして不十分だったので、追加でサンディブラウンを細吹きしてシャドウを強調。なんだかんだでシャドウ入れ作業が板についてきたようです。

20101115.jpg

結果は写真の通り。完全な思いつきでやった割にはいい感じになりました。『明るい色&シャドウ色の組み合わせ』以外に単色のグラデーション塗装が加わったことで、シャドウの表現が豊かになったのでしょうか。塗料の粒子が十分に細やかだったこと、薄く塗ってもそれなりの発色が得られたことで、単色のグラデーション塗装ができたのだと思います。別の色で単色のグラデーション塗装を再現するまでには、まだまだ修行が必要ですね。


この次はスカートの塗装です。マスキングがあるのでなかなか大変そう。
2010-11-17(Wed)
 

秋 葉原のじゅんかい!

仕事関連の会議に参加するために秋葉原……ではなく都内に出向くことになりました。当然、一泊して秋葉原を散策です。

20101115a.jpg
会議終了後に、一花(ラーメン屋)にて夜食。上の写真は翌日の昼に撮影したものです。このビルの一階は色々ありまして、赤鳥居が入口にあります。中は普通のラーメン屋になっているんですけどね~。肝心のラーメンですが、あっさり目のスープに、やや太い麺を合わせ、野菜をどかんと載せたていました。先日、足を踏み入れた「つけ麺専門店 一歩」と似た感じです。おいしいんだけど…太麺は好みじゃないからなぁ~。

翌日はホテルで昼ごろまでくつろいでから街を回りました。秋の陽光が心地よい週末。人の出はそこそこでした。不思議なもので店に入ると人が少ないという……。この週末の目玉は『3Tバイトのハードディスク』と『西尾維新シリーズの1番くじ』。
20101115b.jpg

ハードディスクは、3Tバイトの登場のあおりを受けて、2Tバイトが8000円を切る値段になりました。ちなみに3Tバイトは2万円以上します。まぁ、世の中はそんなものです。

「1番くじ」は色々なコンテンツで行われている景品当てのコト。化物語と刀語の完成品フィギュアが当たるくじということで、コトブキヤ・ボークスには行列ができていました。裏通りでも「くじ」をプッシュしていて、中にはカエルの着ぐるみを被って呼び込みをしているお店もありました。

カメラを向けたら、律義にポーズを取ってくれたりして(www
20101115c.jpg

買い物も忘れず、サフ・ホワイトサフ・紙やすり・俺の妹がこんなに可愛いわけがない[2]を入荷。夕方からは、友人と合流。最終的には4人で集まってワイワイお話。このメンバーは同じ会社で働いていた仲間で(リストラという名目で会社から追い出されバラバラになった)、久しぶりの再会でした。残念ながら、自分も含めてあまりいい境遇にはなく、苦労している話ばかりでした。
20101115d.jpg

もっとも、喫茶店で隣になったグループがコスプレをする集団のようで(自分たちで衣装を用意して、写真を撮って、鑑賞していたみたい)、そっちが気になっていました(w


本日の発見:
窓辺ななみの等身大ポップには種類があるということ。お店のイメージカラーに合わせてエプロンの色が違うバージョンが存在している。この写真はドスパラの前。エプロンは「青」です。これがクレバリーやArkに行くと「赤」になります。ちなみに「紫」もあるんですよね~
20101115f.jpg
2010-11-15(Mon)
 

地層を読む(第七回)

第七回を迎えました、在庫確認DAY!

先日のトレジャーフェスタ神戸が終わったところでの、家にたまっている組み立てていないガレージキット(一部プラモデル)の状況は次の通りです。

2010年WF夏 → 残り2体(+2)
2010年WF冬 → 完全消化(-1)
2010年贈呈 → 残り1台(総合計にはカウントせず)

2009年中古 → 残り1体
2009年譲渡 → 残り1体
2009年WF夏 → 残り2体(-1)
2009年HCGK01・HC有明 → 完全消化

2008年WF夏 → 残り1体(-1)
2008年中古・WHF有明 → 完全消化
2008年WF冬 → 残り1体

2007年WF冬・WHF有明・クリカニ・WF夏・WHF横浜・ホビコン・WHF有明 → 完全消化
2007年クリカニ → 残り1体

2006年WF夏・WHF有明 → 完全消化

3つ完成させて、仕入れたのは2つ。最近5か月くらいで在庫が一つ減りました。「ガレキは積み上げておくのが正しい状態」とおっしゃる方もいますが、ガレキは組み立ててナンボなわけで。微妙な変化ですが、今が健全な状態でしょう。というか、在庫が一桁台になったのが凄いことなんです

もともと20個を超える在庫があって、これが半減するのに約3年かかりました。ここまでで長い道のりなのです。

進行中のアリス・キャロルは製作期間3カ月を超える大作になっています。これも後半に入っているので、2010年中に終わるでしょう。年末のトレフェスで仕入れがなければ残り8個。次のワンフェスまでにこの8個ラインを目指して組み立ててきたいと思います。

2010-11-13(Sat)
 

アリス・キャロル Dual Mode [39]

予告通り、表面処理が完了しました。
ということで、ホワイトを吹き終わった写真をば。

20101113.jpg

この後は塗装に入ります。厄介なのはスカートのチェック柄。まずはどんな色で塗るかを決めて、塗装のためのマスキング作業も考慮にいれた作業手順を固めなければなりません。体を動かす前に頭の中でのハードワークが求められます。

色を決める方法は、『色のイメージを固める』『色見本表を使ってキッチリ指定する』かのいずれかを用いています。

イメージを固める方法は、例えば

 『明るすぎない青。サンゴ礁の海を彷彿とさせるが、落ち着きのある色合い』

といった漠然としたものです。イメージを言葉で表現するのがキツイ(色ではない用語を使うので結構むつかしい)です。実際に色を作る時はこのイメージに合うように調合していきます。身も蓋もないいい方をすると、勘でやる……でしょう。

色見本表は簡単で「●●系の色で、暗さはレベル○」といった具合に指定します。気に入った色が表中のどのあたりに存在するのか探す手間はあります。しかし、一度目的地を決めたら調色は理屈でなんとかなるのがよいところ。意外性がないのが難点です。

今回は後者の色見本表を使っていきます。
2010-11-11(Thu)
 

アリス・キャロル Dual Mode [38]

服の表面処理が終わりに近づいています。

20101111.jpg

写真状態で、4回目の液体サーフェーサーを塗りつけたところです。乾燥待ち状態。

見ての通り、スカートのパーツがとても立体的です。ということで、ある角度から見ると十分綺麗なのに、180度逆から眺めると傷がある……。そして修正する。パーツをチェックしている中で、更に別角度から眺めてみる。やっぱり傷がある……。

なんてことをしていたら4回目に入ってしまいました。これでも妥結している箇所が相当あります。決して、病的に表面処理を進めているわけではありません。なのに4回目の処理に突入。それだけこのキットのレベルが高いということですね。いや、決して私の作業がザルというわけではないですよ、念のため(w

次回の更新までにホワイト吹きまで進めたいと思います~!
2010-11-09(Tue)
 

アリス・キャロル Dual Mode [37]

表面処理。2周目に入りました。

20101107.jpg

前回の状態からサフを吹き付け、表面状態を確認。まだまだ傷が目立つ部分が多いので、液体サーフェーサーの塗りつけをしました。写真は乾燥させている様子。乾くまでの間は、積みあがっているゲームをやってみたり、部屋の掃除をしてみたり。

積みあがっているガレキもあるわけで、次の作品に手を出す……のもありですが、気分を変えて別の事をやって待ち時間を潰してみました。たまにはこんなのんびりしたペースもよいものです。

次は研磨作業の出番になります。
2010-11-07(Sun)
 

アリス・キャロル Dual Mode [36]

引き続きアリス・キャロルの製作です。

残されたのは服のパーツ。全部で8つあります。幸いにも、水着バージョンに必要だったパーツ群と一緒に、初回の表面処理を完了していました。ということで、作業はパーツ研磨の2回目から。初回の表面処理の結果が、多少難のある仕上がりでした。その分はパテ盛りを増やして埋めあわせです。

20101105.jpg

全部…とまでは行きませんでしたが、ここ数日の作業でほとんどのパーツの研磨が終了しました。出来上がったものから順次、洗浄をしています。サクサクとサフを吹いて状態を確認したいところです。
2010-11-05(Fri)
 

アリス・キャロル Dual Mode [35]

まずは水着バージョンのリリースです!!

20101103.jpg

製作開始から2ヶ月半くらいかかってしまいました。苦労した甲斐あって、肌の色は理想の仕上がりになりました。シャドウは控えめですが、これも計算通り。水着の色合いもうまくマッチしてくれました。

もう一段上を目指せるのは確かです。でも、この作品は挑戦したこととやれる技術がマッチして、うまいことまとまってくれた感じがします。原型そのもののレベルが高いのに助けられているってのはありますけれどね(w。ま、原因追究はともかくとして、今まで組み立てたガレキの中でも最高レベルの仕上がりと言っていいでしょう。

そして、ここが折り返し地点。次はアリスの制服バージョンに向けて作業を進めます!


T:「ところで、まぁ社長は?」
S:「やべぇ、置き忘れて写真取ってしまったぁ!」


2010-11-03(Wed)
 

トレフェス神戸!!

M:「アレですよね。ブログ見てると、いつもアリス・キャロルを作ってますよね」

と指摘された雨の神戸。本日のエントリは、先週末にあったトレフェス神戸のレポートです。


この日は友人のO君と一緒に三宮で待ち合わせ。ガレキの世界に引き込んだ張本人とガレキイベントに行くことになりました。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』で言うところの、『妹と一緒に、妹を攻略するゲームをやる』感じでしょうか………全然違いますね、ハイ。

会場到着は11時30分ごろ。既に会場前に行列はなく、のんびりムードが漂っていました。入場料を支払って中に入ると、そこそこ人がいて盛り上がっていましたが。久しぶりの関西でのガレキイベントということもあって人が集まったのかもしれません。

特に欲しいものもなかったので、O君と分かれてブラブラと散歩。
色々と素晴らしい作品があったのですが、特に気になったものを撮影してきました。

「とある科学の超電磁砲」より初春(O-mesallueさん)
20101102c.jpg
このキットのどこが凄いって、花飾りの部分。遠くから見ても「え?」と思わせる細やかさです。

「刀語り」より、とがめ(ジェットストリームさん)
20101102d.jpg
とがめはいくつかのディーラーさんで扱っていますが、ジェットストリームさんのがしっくりくるというか、それっぽい感じがします。この塗装も上手なんですよね~~


そして、今回のイベントで驚愕した作品はこれ
20101102b.jpg

作品名「お米」

『自分で作った米を持ってきてしまったが、大丈夫か?』
 ↓
大丈夫だ。問題ない』 ※リンク先では50秒くらいからご覧ください


なんだかんだで楽しいイベントでした。
新しいツールとして、曲面対応マスキングテープを仕入れました。これもいずれテストしたいと思います。
20101102a.jpg



ちなみに当ブログのアリス・キャロル率が気になったので大雑把に調べてみました。今年はすでに305日が経過していて、作品ごとに消費した期間をグラフにするとこんな感じ。

20101101.png

手掛けたアリス・キャロルは2個。意外と少ないことが分かります。もっともこの二つで50%近くを占めているので、アリスばっかり作っているという表現はかなり的確です。ちなみにARIA関係のガレキでカテゴライズすると、60%くらいになります(w
2010-11-02(Tue)
 

アリス・キャロル Dual Mode [34]

目を入れました。

前作の春日野穹から若干のレベルアップをしてきた目の書き込み。前回の作業から時間が空いてしまい、ぎくしゃくしました。出来上がり具合は、可もなく不可もなく収まった感じ。欲を言えば、眉毛などはモールドにピッチリ合わせてたいところ。でも、眉毛が太くなるとアリスじゃなくなってしまうので、こんなものかも。

20101031.jpg

ここ最近の2作品で目の入れ方の技術は確実に向上したと思います。安定感はないけれど、それでもレベルが一つ上がったような感覚です。技術がしっかりと根付くには時間がまだまだかかると思いますが、上昇のためのパーツは揃っているようです。

これからも精進して、ワクワクする作品につながる瞳入れができるようになりたいと思います。

そんな具合で、次回の更新でアリス・キャロル Dual Modeの「水着モード」が完成です。
2010-11-01(Mon)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ