骨組みからやり直そう [1]

一つも完成させていないのに、また作り始めました。今回の目標は、スムーズに作業を進めること。前回の反省点を活かして、一つ先を見据えた作業を目指します。理想的には、作業工程のやり方をいくつも知っていて、作りたい造形に合わせて手法を選択していきたいところ。まぁ、そんな理想には程遠いのが現実なわけで…

 知っている手順に慣れ親しむこと
 理解していない部分を明らかにすること
 分からない部分を試行錯誤すること

こういった地道な積み重ねをするしかありません。


そんなわけで、骨組みを作ってみました。
20110331.jpg

前回のように針金だけの骨組みだと、肩・腰・腕の位置が把握しづらいので、適当な大きさのブロックを組み合わせることにしました。不思議なもので、こんなバカらしい工夫一つでグッと作業イメージが湧いてきます(自分の場合は…ですよ)。腕や足の配置は時間をおいて調整予定。

次は頭部をどうするか…です。ざっくり作っておいて、作業しやすいように分割かな~なんて思っています。とりあえずやってみよう!ここはアイデアがない部分なので、思考錯誤の領域ですね。
2011-03-31(Thu)
 

みんなでがんばろう

setsuden.jpg

(通常更新は下へ)
2011-03-30(Wed)
 

ちゅるやさん [2]

久しぶりにキット組み立ての記事です。ただいま製作中(というか放置気味ですが…)の「ちゅるやさん」です。

20110329.jpg

軽くサフを吹いて傷を確認。パテを盛り付けて表面処理を行い、パーツを洗浄。今は乾燥待ちの状態です。パテ盛り、穴埋めが上手くいっており、次のサフ吹きで「表面処理OK」のパーツが出てきそうです。ホワイトニングまで進めば「塗装・組み立て待ち」として一時取り置くのもありだと思っています。

原型製作に手を出したり、キット組み立てに手を出したりとお店を広げ過ぎている感があります。こうやって、こまめにキット組み立ても進め、将来的な店舗縮小の布石を敷いておくのもマネジメントの一つということで…
2011-03-29(Tue)
 

花なんて飾りです

東北太平洋地震で大変なことになっていますが、季節は巡るもの。日本の四季には、それ相応の文化があります。
と、いうことでお花見をしてきました。

20110328.jpg

S:「見よ、この桜の状態を!!見事な0分咲き!!」
T:「花一つも咲いてNEEEEEEEEEE!!」

「花も咲いてないのにお花見かい?キミ達はいつもそうだ。ワケが分からないよ」と言われること間違いなし。まったく桜は咲いていませんでした。単に桜の木の下でお弁当を食べただけです。道行く人たちの視線が冷たかった…。

とある見習い原型師の日常は、こんなんだったりします(w
2011-03-28(Mon)
 

到達と未到達 原型製作[11]

細かいところも含め、作業を終了しました。スジ掘りをしていないので、完了とはいきませんが…

20110327.jpg

ここまでやってきて感じることがあります。

・思ったほどヒドい出来ではない。そこそこやれている
・しかし、なんか違うんだよね
・左腕が若干長いなぁ…

「なんか違う」原因は、細かい加工に入る前の段階で既に決まっていたことだと思います。原型製作ってのは、最初に形を作った時にある程度の出来が決定する。そして、細かいところを頑張っても、その出来具合はほとんど変化しない……そんな気がします。つまり、素体の段階で完成イメージを具現化できるか、もしくは完成イメージから素体をいかにイメージして、その形に近づけていくかが、上手な造形と下手な造形の分水嶺なのでしょう。

この原型は初めて手掛けたものだけに、素体の段階でバランスを見極めることはできませんでした。全体を見据えた時の「素体が持つ意味」を見出せた(もちろん、これが正解かどうかわからないけれど)のが、今回の成果でしょう。次は、素体の段階が持つ意味を踏まえて、『どうやったら素体をうまく作れるか』を考えることができそうです。

 素体から完成形がイメージできるか?
 素体の延長線上にある完成図は、イメージに近いか?

そんなことを意識してやってみたいですね。


残念ですが、頭の中のイメージを素体に落とし込むコツは全く見えていません。それに原型を作るという作業そのものにも不慣れ。まだまだ勉強しなければならないことは沢山あります。
2011-03-27(Sun)
 

とりあえず作ってみた 反省はしていない [2]

もう勢いだけで作ってしまいました。そこそこ形になってきた「キュウべぇ」です。
出典は「魔法少女 まどか☆マギカ」

fgなどでも大人気(というか、その胡散臭さと強烈な存在感で話題になっているのですが)。沢山のキュウべぇが存在しています。とりあえず流れに乗って作ってしまえ~というのと、形がシンプルで練習にはもってこいの題材だったので、やってみました。

20110325.jpg

キュウべぇが乗っているのは塗料皿をさかさまにしたもの。どれくらいの大きさか、参考になると思います。後は顔を確定させて、目と口のラインをけがき針で入れたいところ。が、けがき針の先をへし折るという珍しいイベントが発生したのでお預けとなりました。けがき針も長いこと使っていると破損するんですね~~


T:「だからモザイクのヤツはどうなってるんだよ!」
S:「はうぁっ!!!」
2011-03-25(Fri)
 

キミもボクと契約して原型師になってよ [1]

原型を触り続けると、自分の実力のなさに嫌というほど気付かされます。

ならば、どうすればよいか!答えは一つ。数をこなす以外にはありません。色々なモノを作ってみる。途中で投げ出さずに最後まで作ってみる。それを繰り返すのが近道でしょう。

ということで、紙粘土の盛り付け~乾燥待ちの間に手を動かしてみました。

20110323.jpg

頭から尻尾まで組み合わせるとネコ?イヌ?のようなキャラクターになります。フォルムも単純で、何もないところからここまで割合あっさりと進みました。ちょっとポーズを変えてみようかな~などと思案中。

T:「もともとやってる原型はどうなってるの!?」
S:「はっ!!」

モザイクが入っている方も進めます。ハイ
2011-03-23(Wed)
 

そんな未来はウソである

今回は珍しくマンガの話です。先日、アキバで仕入れてきた「そんな未来はウソである」。作者は「みなみけ」の桜場コハル。

20110322.jpg

"人と目が合うと未来が見えてしまう女の子"と"人が嘘をついているのが分かってしまう女の子"のお話です。導入部はともかく、その後は恋のお話になっています。これはこれで面白い。ホンワカ日常系の漫画が好きな人にお勧めですかね。

…ちなみに、立体造形のネタにはしにくい感じです。
2011-03-22(Tue)
 

静かなる秋葉原

3連休! ということで、アキバに散策に出かけました。そしていきなり大歓迎ですよ。

20110321c.jpg

「こんなときに遊びに来るな!」

気持ちはよくわかります。とても大変なことになっているわけですから。

「だが、断る」

アキハバラに来るのはもはや日常の一部。遊びだと糾弾されようが、足を運びたい場所。ましてや関西にいて震災も停電も免れている私たちが委縮しては経済が回らない。いつも以上に消費するくらいで丁度いいかもしれません。できれば東北地方により近い東京から盛り上げたい。


今回は日曜日にアキバへ行きました。日曜日は歩行者天国が予定されていますが、電力不足と警察官動員を伴う歩行者天国は一時休止中。これは妥当な判断だと思います。停電している今は、信号機の代わりに頑張ってもらったり、夜間照明が落ちている隙を埋めるべくパトロールに力を注いでもらわなければなりません。

20110321b.jpg

この日で目立ったのは営業を休止しているお店。例えば「ドネルケバブ」、「セガフレード」、「風龍」など。全部、食べ物屋ばかりですが、ショールームの停止もありました。食材の調達ができないということらしいです。大阪にいても流通ルートの混乱の話は聞こえてきます。

20110321a.jpg

次に目立ったのは「乾電池ありません」と「乾電池あります」の看板。表通りでは「乾電池切れ」のお店が多かったです。でも、一本裏通りに入れば電池祭り状態。電池が大量に存在していい場所かはなはだ疑問ですが、買いだめに走る愚かな人間がいるので仕方ないのでしょうかね。

ご飯なんてお店に入ればいくらでも食べられるし、そのお店も限られているわけじゃない。ましてや電気も水道もガスも、供給に問題はありません(※都心に近い場所でも断水している地域はあります)。物資は限られているわけですから、落ち着いて行動したいものです。

20110321f.jpg

地震直後に居合わせたアキバレポートにもあった通り、節電は街中で行われていました。「地獄のミサワ」風の節電看板も。こういう遊び心は大切だと思います。アキバらしくてよい(w

20110321e.jpg

節電、節電とメディアで報道されていますが、実際にどんなところで節電されているのでしょうか?アキバでは

 ・店頭のディスプレイを使ったデモの中止
 ・呼び込みスピーカーの使用中止(だから、街はとても静か)
 ・電飾を使った看板の使用回避
 ・店内の照明カット(店により50~70%カット)
 ・夜間のネオンを使わない

最後の一つは強烈なインパクトがあります。日の入りとともにアキハバラの街並みが暗闇に溶け込んでいく様子は印象的でした。

20110321j.jpg

20110321i.jpg

でも、これはアキハバラに限った事ではありません。東京ではあらゆる街でこういった節電対策が打たれています。駅でも照明を落としたり、エスカレーターを停止したり、と小さな工夫をコツコツと積み重ねています。大阪からできる援護射撃は限られていますが(義援金などはもちろん送っていますけどね)、やれることをやっていこうと思います。

ということで、この日はちょこちょこと買い物をしてお金を落としてきましたとさ。

2011年のアキバ滞空日数:19日(+1日)
2011-03-21(Mon)
 

High Jump 原型製作 [10]

見た目はあまり変わっていません。全体的に見て「?」ってところを見つけて、その場所を修正しています。

20110319.jpg

手足は全く手をつけていませんが、最終的にどうにかなればいいかな…レベルしか考えていません。というか、他の箇所があまりにヒドいものだから、ディティールとか言ってる場合ではないのです(w

細かい場所、表面処理などは慣れたもの。で、余裕のある作業になると、原型の粗さが目立ちます。もうちょっとバランスがなんとかならねーの?なんて、感じてしまうんですね。感じるけど、前段階ではそんなことができなかったので、仕方なし。

もっと経験を積めば、適時によいかじ取りができるようになるのでしょう。今はこれが精一杯のジャンプかな
2011-03-19(Sat)
 

全部揃いました 原型製作 [9]

トラブルはあったものの、小物も含めて全部のパーツが揃いました。大きさは写真の通り。手のひらに載るくらいの大きさです。

20110317.jpg

こうして全体をみると、「ここがおかしいかな~」とか「ここはいい感じかも…」というポイントが見えてきました。ガレキを組み立てるのと似た感覚です。とはいえ、おかしいポイントを修正することで全体の印象が変化し、良かったところがダメになったり、ダメだったところが馴染むということもあります。

個々の調整ではなく、あくまで統合状態としての完成度を追及しなければなりません。

言葉で書くのは簡単ですが、そんなんもんできるかいな~~~~~~っ!!

初めての原型製作ですし、難しく考えすぎずに思うままに加工を進める予定です。目安は一週間くらいで、細かい部分の仕上げにもう一週間というところでしょうか。
2011-03-17(Thu)
 

大丈夫だ 問題ない

ellogo.png

(通常更新は下へ)
2011-03-16(Wed)
 

小物を色々と… 原型製作 [8]

ガチャガチャといじっています。勢いでパーツを分割したのですが、失敗だったかも…。また、くっつければいいんですけど

20110315a.jpg

大きなパーツばかりではなく、細かいものも作り始めました。どういうわけか、小物は思い通りに作成できます

20110315b.jpg

パーツが小さいと全体像を把握しやすい → 最初から適切なバランスを作り出せる
ガレキ組み立てで小物を加工している → 単に慣れている

そんな理由ではないかと思います。何はともあれモノがうまく行くので、純粋に嬉しい限り(w
2011-03-15(Tue)
 

同じパーツを4回作ったでござる 原型製作 [7]

前回のエントリで、異なる2種類の方法で作った髪のサンプルですが、訳あって更に2回作り直しました。

作り直し その1
後髪と前髪のパーツの噛み合わせがどうにも調整がつかず。原因は頭部パーツの形が悪かったこと。髪のパーツが追加になることを踏まえて、がっつりと頭部パーツを変形。それに合わせて髪もやり直し。

作り直し その2
そこそこいい感じでできたけれど、全体としてのまとまり感が出そうにない。ついでに他のパーツとの干渉問題が出てきたので、この際やりなおす。

あーでもない、こーでもないと試行錯誤を繰り返しています。やり直しの原因は、髪のパーツではなくて、周囲の環境ばかりですが…。髪を作るときは"房"を作り、それを組み合わせています。4回もやっていれば慣れてくるもので、最初は1時間近くかかった作業が20分で済むようになりました。このやり方で、色々なタイプの髪を表現できるとは思えません。でも、手持ちのアイデアが一つあると安心というもの。大きな房を作って、ルーターで削りだす応用技もありそうです。

うん、こうやって原型作りの面白さに惹かれていくものなのかもな。

そうそう。胴体のパーツもちょこちょこ進めています。

20110313.jpg
2011-03-14(Mon)
 

秋葉原を歩く

週末に秋葉原を散策しました。しかし観光目的ではなく、そうせざるを得なかったのです…


3月11日
会議出席のために東京に移動。午後に強い地震に会う。但し『免震構造』の建物の内部にいたため、体感震度は3程度。会議後に都内(アキバ)のホテルに戻ろうとするも、交通機関が完全に麻痺しており移動不可能。バス・タクシー・レンタカーを利用した移動を検討しましたが、都内の道路が極度の渋滞ということで断念。ネットで情報を確認しつつ、駅近くで4時間ほど待機。携帯電話は全く使い物になりませんでした。

夜9時を過ぎたところで電車が徐々に動き始めたため都内に向かって移動。秋葉原に最も接近できる神保町駅から、徒歩にて秋葉原入りしました。ホテルの部屋は確保されていましたが、エレベーターが使えずに10フロアほどを階段を使って移動することに。


3月12日
翌朝からJR東日本が間引き運転を開始。前の晩に帰宅できなかった人が駅へと押し寄せたため、朝10時の時点で「ホームにすら上がれない」、「電車がやってきても乗れないくらいの混雑」という状態。ならば、混乱を避けるために秋葉原で時間を消費するに限ります。


さぁ、秋葉原散策の始まりです。

この日の秋葉原は極めて特殊な状態でした。ここ数年の間、秋葉原に通っていますが、これほど特殊なアキハバラを見たのは初めてでした。

(午前)
・朝からとんでもない数の人が街を歩いている
・そのくせ、店の中に人は少ない
・およそ半分の店が臨時休業か、開店時刻を遅らせた

キュアメイドカフェ(メイドカフェ:休業)
リバティ(フィギュアなど:一部営業)
まんだらけ(玩具:買い取りのみ)
ソフマップリユース館(PCパーツショップ:短縮営業)
クレバリー(PCパーツショップ:短縮営業)
Ark(PCパーツショップ:短縮営業)
トレーダー(ゲーム:短縮営業)
タイトーステーション(ゲームセンター:休業)
エンターブレインのイベント(イベント:中止)

20110312a.jpg  20110312b.jpg


(午後)
 ・人通りが少ない
 ・それでもメイドカフェの呼び込みは通常運転
 ・節電モードの店が登場

そんな中…

20110312c.jpg

「罪だって認めちゃってるんですけど!」

いや、まぁ、ネタには事欠かない街ですね。

この日は、けがき針・スカルピーの少量サンプルを仕入れました。すべては交通機関の回復を待つための時間つぶしだったかもしれません。それでも、この街で時間を潰すということが、自分らしいというか、「そーゆーふうにできている」と思わせる出来事でした。

2011年のアキバ滞空日数:18日(+2日)
2011-03-13(Sun)
 

緊急アップデート

ただいま、東京に出張中です。

都心内部は帰宅の足を求める人が多く歩いています。そのため人が多く、治安は安定しています。道路はひどい渋滞です。駅の構内などで夜を過ごす人も多いようです。明日には復旧するでしょう。

それよりも東北地方の復旧にできることをしよう。それが僕らにできること。それが僕らがやらなければならないこと。
2011-03-11(Fri)
 

ちゅるやさん [1]

原型製作の合間にできた隙間を使って、キット組立も行うことにしました。原型を作りながら触ることで、今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。

まずは#600の紙ヤスリによる表面処理から。夜間作業用にLEDライトを導入したところ、気泡を見つけやすくなりました(以前の環境と比べて明るくなったのです)。ついでに光硬化パテも固められるので、ガンガン気泡を埋めています。

原型優先で作業しているので、50%くらいしか処理完了していません。まぁ、休み休みやるという感じでしょう。

20110310.jpg
2011-03-11(Fri)
 

工夫するということ 学ぶということ 原型制作[6]

あいかわらず低空飛行を続けている原型制作。ダメオーラが濃厚に漂っていますが、諦めムード全開で手を動かしています。

20110311.jpg

とりあえず髪のパーツを(まったく同じもの)2つ作ってみました。といっても、作り方が違うのでどちらかを捨てることになります。「うどん」みたいな束を組み合わせ、適当に加工したら形になるみたいです。作業を始める前に、「フィギュアの作り方」といった本を買っていました。読み直すと、このやり方と似たコンセプトが参考書にもありました。ふむふむ。

「なら、本を読んでやったら速かったの?」ってことになるのだけれど、ちょっと違うと思うんですね。

本というのは読み手の力があり、理解できるだけの素養があってこそ価値が出ます(半分は書き手の力によるものだけれど)。何もやったことがない人間が、原型製作の本をいきなり読んでも、何も理解できないし伝わってこない。手を変え、品を変え、自分なりに消化した状態でこそ、「なるほどね~~」ってことになる。"読むための下地"があってこその参考書です。

どうやったらうまくいくか、2つの方法を思いつく。両方をやってみる。手法を思いついたロジックがとても大切です。これから(そして、これまでも)沢山の問題にぶち当たるでしょう。今回の試行錯誤術が、活きてくる場面は多いはず。

自分の着想が平凡だけれど教科書に載るようなアプローチだったのは、自信につながります。理解するということは結果ではなく過程に存在しているのでしょう。そして、もうひとつ大切なのは、参考書はあくまで参考であって、参照するべき模範解答じゃないってこと。参考にして、自分で答えを見つけなくちゃ。


――― 悩んだ末に出た答えなら、15点だとしても正しい  (Center of universe, Mr. Children)
2011-03-10(Thu)
 

光硬化パテを固める方法

WFのお手伝いに行ったとき、原型師さんの家にあったLEDライトがとても便利なことに気づきました。ということで、同じ型番のものを調達。それを利用して、光硬化パテの固め方について実験をしてみました。LEDライトを用いる事例はウェブの各所で報告されています。一方、筆者は専用のライトも持っています。そこで、両者にどのような違いがあるのか試してみました。

光硬化パテを固める方法
1. 太陽光
メリット:一瞬にして固まる。無料
デメリット:夜間、天候の悪い日は無理

2. 紫外線ライト
メリット:一瞬にして固まる。天候に左右されない
デメリット:特殊なデバイスがいる

3. LEDライト
メリット:作業用ライトと兼用できる。天候に左右されない
デメリット:ちょっと時間がかかる。少しベタつく


LEDライトに光硬化パテを近づけると数秒で硬化することが分かりました。しかし、太陽光や専用ライトと比べると、2~3秒長い時間が必要です。更に(気持ちの問題程度とはいえ)固まり方が少しぬるい気がします。太陽光や紫外線ライトだと、がっちり固まるのに対して、やや柔らかい印象。とはいえ作業上の問題はありません。


使用LEDライト
品名:GENTOS / ルミトロンクール
型番:DK-F1CW
会社:株式会社サンジェルマン
価格:6000円前後
2011-03-09(Wed)
 

カタチにしてみたはいいけれど… 原型製作[5]

「作るといっても手順が分からない!」と言ってから数日…。モザイクがかかった写真のような状態です。

20110309.jpg

適当に頭とカラダを作ってみて、こんなものかと思い。
髪をどう作ったものかと悩んでいるうちに、胴体が気に入らなくなり。
胴体をいじるうちに頭部が気に入らなくなり。
そういえば髪どうするんだっけ?

と迷走を続けています。


思いついたことは全てやってみようということで、全体的なバランスを意識しすぎないようにしました。基本は全体のバランスを取って、細部に取り掛かるべきなのでしょう。しかし、経験がない人にその説教は無駄というもの。

そもそも、全体像を掴む方法が判らないのですから!

「これで全体的に大丈夫かな?」という判断ポイントが不明。それこそ、針金の芯だけの状態で見るのか、適当に盛り付けたところで見るのか。もっとも、盛り付け方がへたくそってこともある。なら、少し形を整えてから確認してもいいのかな?どこまで荒削りすればいいのか分からないので、手を出してみる。結果的に細部を作りこんでいることになる……と。

T:「見事な迷走っぷりだな」
S:「何が分からないのか、それが分からない

初心者だからこそこういう悩みが出るのでしょう。作りなれていたらこんなことには頭を使わないはず。ま、しょうがねーや(笑
2011-03-07(Mon)
 

芯を作る 原型製作[4]

どれくらいの大きさで作るのかイメージがなかったので、粘土をこねてみました。手軽に作れそうな大きさ、加工の際に苦しまなくていい大きさを目指しました。結果は…

笑えねぇ。全く笑えねぇよ。

この時点で撃沈しました。何をどうやったらいいのか分かりません。頭の大きさが決まれば、全体の大きさが決まるし、その逆も然りです。その理屈は分かっていても、自分が作りたい大きさにどうやったらなるのか感覚が掴めません。もうちっと突っ込むと、初期段階でどの程度まで作りこむのかも不明。「素体でいい」と言われても、「素体」ってどこまで素体なの?で詰まります。適当にバランスを取ればいいのかな?と思いつつも、その適当が分からないので話になりません。

ぶっちゃけ、原型師って神だと思った瞬間です。


それでもなんとなく分かったのは

 顔は自分が思うより小さいパーツである
 この段階で服は絶対に着せてはいけない(ような気がする)
 けど、服を着せない状態で作るのって、どうやるのさ??

ということ。3つ目でどん詰まりです。

笑えねぇ。全く笑えねぇよ。

まぁ、それでも先に進むしかないか…
2011-03-06(Sun)
 

イメージを書いてみる 原型製作[3]

材料を決めたところで、どんなカタチを作りたいのかをイメージ図にまとめました。普段から落書き程度のイラストを描いているので、その延長線上といったところです。まともにデッサンしたり、図面を引いたりはしていません。あくまで「イメージ」です。

20110305.jpg
(イメージなので、イメージ画像的に)

状況によって変わる部分(造型を追加/削除する)、未定な部分、製作時に注意したい設定など、思いついたことをメモ的に追記しました。造型のアイデアもあれば情報を盛り込みました。

このイメージを描くと、造型できない自信がつきます。完成イメージは大切だと思いますが、そのイメージに近づくための方法が分からないだけに不安が募るといったところでしょうか。

いつまでも絵をいじっていても仕方がないので、小一時間ほどでこの作業は切り上げ。一晩寝かせて見直して、問題がなさそうと思えたので、実作業に移ることにしました。結果から言えば、この時点の絵は完全無視することになります(笑

T:「それじゃあ、意味ないじゃん!」

こうやって、何が無駄な作業をやってみるのも初心者の特権なのです。っつーか、俺の不器用さ具合をナメんじゃねぇぞ(w
2011-03-05(Sat)
 

材料の話 原型製作[2]

原型制作に初挑戦ということで、色々なポイントで悩んでいます。

・何を作るのか
・難易度が適切なものをどう選ぶのか
・スケジュールはどうするか
・参考書は何がよいか
・材料はどうするか
・道具には何が必要か

前の二つは割合あっさり片付きました。「作ってみたい!」ものを選べばよいのです。候補をいくつか挙げて、一番楽そうなものをチョイスするだけです。難しかったのは「材料」です。

原型制作というと、いくつかの材料がリストアップできます。

 ・ファンドと呼ばれる紙粘土
 ・スカルピー(焼くことで硬化する粘土)
 ・ポリエステルパテ(硬化剤を加えることで固まる粘土)
 ・エポキシパテ

キット組み立てで使っているのは一番下のエポキシパテ。粘着力が非常に強く、硬化すればサクサクと削ることができます。弱点は、粘着力が強すぎることと価格。筆者は「エポパ」というパテを好んで使っています。材質はとても優れていますが、原型制作に用いるには単価が高すぎるでしょう。

経済性で言えばファンドが最も有利です。しかし、紙粘土は形を作ってから乾燥させるのが大変。どんどん作っていく、限られた時間の中で作業時間を最大化するには向いていません。…となると、スカルピーとポリパテという話になります。スカルピーは取り回しが最高。弱点があるならば、焼く設備が必要になることでしょう。

そんなわけで、理想はポリエステルパテ……なのですが、何ぶん全てが始めてで手探り状態。まずは練習として安価な紙粘土でプロトタイプを作成。慣れてきたら「ポリエステルパテ」に切り替えることにしました。

20110303.jpg

次は実作業に入る予定です。
2011-03-03(Thu)
 

ほ こ て ん !!

歩行者天国が復活して約一カ月。気分転換も兼ねて、日曜日の秋葉原を散策してきました。

20110301d.jpg

かなりショックなことがあって、体が重たく感じた週末でした。でも、そこは無理やりに自分に鞭を入れて聖地巡礼。気分が沈んでいた要素はあったにしろ、行ったのは正解じゃないかと思います。やらない後悔より、やった後悔の方がいいじゃない?

この日の東京はすっかり春の陽気が漂う心地よさ。日向を歩く時はコートがなくても大丈夫。日陰でちょうど良い温度。日が沈んでからは寒さが戻りましたが、散歩には絶好の一日でした。3段を占拠する巨大なグラフィックボードが登場したり、3TBのHDDがいよいよ値崩れを見せてきたり、買い物的にもいくつかの見どころがありました。

でも、一番暴れていたのは「魔法少女 まどか☆マギカ」に登場する「キュウべえ」。魔法少女アニメには必ず登場するといってもいい、マスコット的な存在です。ただし、ものすごく胡散臭いので、ネットでは大人気。

20110301c.jpg

アルバイトの募集が、キュウべえによる勧誘になっているお店もあれば、

20110301e.jpg

「もう、ヤダ。こんなキュウべえ」
っていうものもあります。ちなみにこちらの白マネキンは、股間に「ソウルジェム」という張り紙があります。そんな展示をして大丈夫か?

20110301f.jpg

ちなみに左をアップにするとこんな感じ。マミさんがマミられています。子供泣くぞ(w


その他のイベントとしては、ガレキを友人に進呈。原型を作るっていう話をしたら「なら組み立ててみる」ということに。アキバで気に入ったガレキを見つけられたらそっちを…ということでしたが、手持ちのキットを譲る結果になりました。ちっとはフィニッシャー人口が増えるといいな~~

2011年のアキバ滞空日数:16日(+1日)
2011-03-01(Tue)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ