雨と皐月と秋葉原

季節外れの台風が来ている中、定期巡回に言って参りました。五月なのに雨模様というのは勿体ないですね。

20110531b.jpg

今回の発見

[1] リアルキュウべぇがいたジーンズメイトがいつの間にか閉店。オープン当初から「秋葉原で服飾の店は流行らない」と言われていました。予想通りと言うか、あっさり頓死したというべきか…。表通りのAOKIは大丈夫でしょかね…。

20110531a.jpg

[2] 閉店後長らく放置されていた「コンピューター館」の解体が始まりました。お隣のビルは解体済みで今は駐車場。二つの土地が合体するとかあるのでしょうか?アキバの象徴がまた生まれ変わろうとしています

[3] 駅前のダイビル近くに新しいビルが建ちます。二つほど。このうちの一つには、ラジオ会館にあるボークスが入ることになっています。これは楽しみかも

[4] シュタインズゲートの看板が目立ちました。アキバが舞台だけに売り込み攻勢をかけた??

[5] 裏通りの「イオシス」の前でピッコロ大魔王とキュウべぇの格好をした店員さんを発見。特にキュウべぇさんがキモかったです(w


どうせだから晩御飯を食べていくつもりでしたが、午後5時半を回ったところから雨脚が強くなり断念。いくらアキバ散策が好きといえども「これはキツイ」と言いたくなるほどでした。あの雨ではねぇ~

T:「台風って分かって行ったおまえが言うなーーー!」


2011年のアキバ滞空日数:30日(+1日)
2011-05-31(Tue)
 

シリコン型

無事にシリコン型が取れました~。パチパチ

シリコンが固まらないのではないか、原型が取り出せなくなったらどうしよう、気泡が入ってはいないだろうか…。心配の種は尽きませんでした。でも、なんとか作業は無事に終了。終わってしまえば「次もきっとうまくやれるよ」と言えるだけの自信がつきました。

20110529.jpg

写真はシリコン型の様子。初めて作ったので、出来がいいのか悪いのかは不明です。更に、最も重要な要素である「レジンが流れて複製ができる」ことは未確認です。一つの山を越えたのですが、肝心なところに至っていません。

次はレジンを流し込んで複製をしてみたいと思います。うまくいくかな?
2011-05-29(Sun)
 

型は取れるのか

型取りに初挑戦中です。まずは片面の処理に無事成功しました。よかった、よかった。
続いて逆の面の型どりに入りました。

手順は
 1) 粘土を除去
 2) 離型剤を塗布
 3) シリコンを流し込む
こんな感じですね。

粘土を丹念にはぎとり、念のためにアルコールをしみこませた綿で掃除。アルコールと言っても、冷凍庫にあったスピリタスを水で割ったものです。離型剤にはメタルカラーを使用。透明な離型剤を使うと、どこを塗ったのか分からなくなります。だったら、色つきの塗料を塗ればいいだけのことです。

準備が整ったところでシリコンを流し込んで作業終了。相変わらず気泡が大量に入りました。でも、外枠の隙間からシリコンが漏れることはなし。学習と経験の効果が出たのでよしとしましょう。

20110527.jpg

そうそう、スピリタスで50%エタノール、75%エタノールを作りましたが、75%のがおいしかったですね。

T:「普通に飲んでんじゃねぇよ!ハゲ!」
2011-05-27(Fri)
 

Dive Into The Whole New World

いよいよ複製作業に取り掛かりました。といっても、やったことがない作業なので慎重に進めることにしました。
まず、4月頭にプロの複製を見に行った様子を思い出しながら道具を揃えました。

材料として
 ・型取り用の油粘土
 ・シリコン+硬化剤
 ・ゲート確保用のプラ棒(部屋の中から調達)

道具として
 ・測量用の秤
 ・撹拌用の棒
 ・シリコンを取り出すためのヘラ(固め)
 ・ビーカー
 ・シリコン型を取るための箱
 ・固定用テープ(マスキングテープでもいい)
 ・使い切ったサフ缶(粘土を伸ばす棒代わり)

複雑な形の型取りは避け、もっとも単純と思われる「耳から垂れてるパーツ」をお試しで型取り。まずは、一回やってみて、全体の流れを把握です。全体像を掴んでから、各作業工程を見直そうというわけです。これはキット組み立てでも、原型製作でも採用している『学習法』です。個々の行程は後廻しにする。全体像を大きく理解することから入るアプローチですね。

で、今のところは片面の型どり中…。この先どうなることか、ドキドキです。

20110525.jpg

※※メモ※※
 シリコンは、原型を5mm以上の壁で取り囲むように流し込む
 非常に大雑把な目安:埋め込みたい体積を計算 → 1cm^3 = 1g のシリコンで計算(十分なSafety Marginあり)

※※メモ※※
 空気が入らないようにシリコンと硬化剤を混ぜるとよいが、どうしても空気は入る
 が、意識することで作業行程が変わり、空気の混入量は減らせる

※※メモ※※
 道具類のメンテは、シリコン硬化後にシンナーを使うとよい感じ
2011-05-25(Wed)
 

その向こうへ

原型製作を打ち切ることにしました。

仮組みをして、耳のリングもテストでつけて様子を確認。まぁ、こんなものかと思う面もあり、これ以上のアイデアが出てこないという面もあり。そんなわけで「複製」の作業へ移行する気持ちが固まりました。

 もうちょっと形を変化させた方がいいかもしれない
 もうちょっと磨きをしっかりさせた方がいいかもしれない

そんなことも考えました。でも、それは今、必要なことじゃあない。

ガレキ組み立てでも同じ場面に出会っています。もっと表面処理をするべきじゃないか、この塗装でよいのか……どこにも終わりのない作業は永久に進めることができます。でも、どこかで妥結して先に進まない限り、新しい事は学べません。

目の前の塊を最良のものに仕上げようと拘ると、数をこなして学ぶことができなくなります。持っている力を100%出すのが目的なら、それでもよいでしょう。でも、今の力を伸ばしたいなら、120%を最大出力にしたいなら、目の前の形を踏み倒して前に進むしかありません。


今、必要なこと。

それは「何もないところから自分で作り」そして「複製してキットを作り出す」という行程を体感することです。意味なんてなくていい、目的なんてなくていい、着地点なんかどうでもいい。知らないことを知る、体験したことのないことをやってみる。……それは、何よりも面白くて、楽しくて、ドキドキできることでしょう。


もっと上手になるために、この原型はここで打ち止めです。そして、とっても摩訶不思議な「複製」という作業に挑戦してみたいと思います。いや、ホントにどうやるのか分からないので手探りですよ。どうか原型が壊れませんように~~~
2011-05-23(Mon)
 

できんもんはできん

表面処理をしている過程で、キュウべえの脚先を造形できないかと考えました。絵によりますが、キュウべえさんの脚先は三つに分かれています。なんですか、犬とかネコの脚を想像してもらえればよいかと…(※しかし、3つというのが魑魅魍魎っぽいです)

3時間くらい格闘して結論にたどり着きました。

ぶっちゃけ無理だわ

できそうでできない。うまく作れる時もあるけれど、確率が低すぎました。全体をうまくまとめ上げるには実力が足りません。頑張ればできそうだけど、頑張ってもダメだった。できんもんはできん。やり方次第ではどうにかなるのかもしれません。でも、アイデアがない。逆さに振っても出てこないものは出てこない。

S:「ま、しゃーねなー(w」
T:「完全な開き直りモードに入ってるよな。ここ一カ月くらい」

20110521.jpg

そんなわけで、ぐちゃぐちゃになった脚先は再造形して綺麗にしましたとさ~。
2011-05-21(Sat)
 

ここで開き直る

いきなり表面処理仕上げに着手しています。

20110519.jpg

教科書的には、きっちりと造形が終わった後に表面処理へと進む……と思います。が、その辺は諦めてとにかく完成を目指すことにしました。というのも、これ以上いじったところで何かがよくなるとは想像できないから。「おかしいな~」とか「もっとこういう感じにならないかな」とか、思うところはあります。けど、改編後のイメージが曖昧で、手が動いてくれません。

なら!やることが見えていて、避けようのない作業に入ろうということです。手を動かすうちに何か見えてくるかもしれないし、見えてこなければ完成ってことにしてしまえ~!という勢いです。初心者が悩んでたって埒があきません。行動あるのみ。

それにしても細かい傷が多いです。こりゃ大変かも
2011-05-19(Thu)
 

作業が進まない理由は何か?

作業は進んでおりません。前回と比較するまでもありません。

20110517.jpg

作業が遅れる原因は3つ。

 1) 何をどう変化させるかアイデアがない → 動きが止まる

 2) 作業の進め方が悪い → 効率が悪い

 3) やる気がない → お話にならない

この中でも(2)は最も大切な要素だろうと思っています。実作業が上手に進めば、頭の中で思いついた形を即座に現実に落とし込むことができます。その結果を別角度から眺めて不自然な点を見つけだすことも容易になります。また、考える余裕ができます。

あんまりグダグダやっていると、最初に作りたかったイメージがどんどん曖昧になって、そのまま迷子になる危険性も増大。ついには時間とエネルギーを浪費した揚句に出来が悪くなります。ドツボ状態です。

結局、上手な人ほど、上手に作れるスパイラルに入る……というお話になります。初級~中級者がこのスパイラルに入り込むのが、"天使が降りてくる"という状態なのでしょう。ま~、初心者には気の遠くなる話。こちらは、地獄の底の砂をつかむまで潜ろうと思います。

そうそう、時間がないというのは調子のいい言い訳です。間違いなく(3)にカテゴライズされるべきでしょう。
2011-05-17(Tue)
 

夏の空気とアキハバラ

仕事のために秋葉原に帰還しました。決してシュタインズゲートの聖地巡礼をしたわけではないですよ。週後半の雨は上がり、夏を思わせる空。

20110515a.jpg

駅前から歩いてすぐの場所には「引っ越し先となる新しいラジオ会館」の準備が進んでいます。

20110515d.jpg

現在のラジオ会館にあるお店の全てがこちらに引っ越すわけではありません。いくつかは違うビルに移動しますし、これを機会に営業スタイルを変えるお店もあるようです。営業スタイルの変更というのは、例えばショールームに変更して、通販のみに切り替える…といったものですね。

この日の目玉と言えば、午前中に各所でできた大行列です。なんじゃいこりゃ??という行列が開店前からあちこちに…

20110515c.jpg

この行列の正体はこれ。「魔法少女 まどか☆マギカ」の同人誌を買い求めるための大行列でした。何も知らない人から見たら、有名人でもやってくるのか?それとも大きなイベントがあるのか?と勘違いできるレベルでした。

同人誌に興味はありますし、「まどか☆マギカ」も面白い作品だと思います。でも、行列に並ぶほど、魔女としてエネルギーもありません。『俺の妹がこんなに可愛い訳がない[8]』を買って、カフェでコーヒーを啜りつつ読書。相変わらず面白いですね。

今回は、前から気になっているお店に入ってみました。秋葉原の中にある京都お土産のお店「おこしやす」。ゴミゴミしたところに、こっそりとオープンしています。

20110515b.jpg

中は日本っぽい(京都だから当たり前だけど)ものが置かれています。お菓子とか扇子とか。海外から秋葉原を見に来た観光客をターゲットにしていると思います。地震の影響で観光客がグッと減ってしまったし、長持ちするのかな~…と、心配です。


2011年のアキバ滞空日数:29日(+3日)
2011-05-15(Sun)
 

全体と個

こーゆー作業は全体的なバランスと個々のディティールが大切……という屁理屈は分かるものの、それは理解・知識レベルでのお話。体得しているか、使いこなせるかはまるで別物です。

20110513.jpg

そんなわけで、パーツにパテを盛ったら、他のパーツもくっつけてみるのを繰り返しています。写真に撮ってみたら色々とヒドイ部分も見えてきます。でも、そこをピンポイントで修正できる技術はないのが辛い(w。

やれることからやっていきましょう。
しばらくは盛り付ける&ガリガリ削るの連続です。

2011-05-13(Fri)
 

どうすんだよ、コレ

オーバーホールの状態がグデングデンになって来ました。

20110511.jpg

前足を切り落として、再接合。思いついたことは迷わず実行しています。何かをやろう、何かを変えてみようという意気込みだけはあります。それが形に結びつかないのが問題だ(w

胴体部分は切り刻んだまま。この状態で放置するわけにはいかないので、整形と表面処理を進めます。それが終わったらとりあえずサフでも吹いて、仮組み。ダメさ加減をチェックしてみることにしましょう。初心者に立ち止っている時間はないです!
2011-05-11(Wed)
 

たのしさを つたえよう

今日も今日とて、キュウべぇさんを触っていると、ふと思うことがあります。

「ホント、下手くそだよなー」 と。作り方にしろ、完成度にしろ、アイデアにしろ。

20110509.jpg

原型師さんたちのブログやサイトを見ていると、「カワイイ!」とか「綺麗な形が出てる!」とか、いつも感動します。んで、その一方で自分は何をやってるのかな~と呆れます(w

最初から上手い人は稀だし、ガレキ初体験で上手な人は別方面で修業を積んでいるもの(例えばアクセサリーを作っていた経験があるとか)。それに対して、造形をするのは小学校か中学校以来という超初心者。そりゃまぁ、上手な訳がありません。しょうがないね!

…でも、それが分かっているなら「チラシの裏に落書きしておけよ!ネットに上げるなよ」と自己ツッコミが入ります。他人と比較されるような危険に身をさらす必要はありません。晒す以上は、"恥をかく"とか"批判される"のは受け入れにゃあならん……という考えですね。

それはそれでごもっともです。実際、そういう場面はあるのですが、必要以上にビビったり、失敗が明らかになるの恐れたりすると何もできなくなります。世の中にはきっとそういう人がそこそこの数いて、「原型作ってみようかな~。どうしようかな~」と迷っていやしないか。こんだけド下手くそがやっていれば、気軽になってくれるかもしれません。

それに『出来がどう』とか、『他と比べて上下を決める』とか、『イベントで売れる・売れない』という以前に、手を動かして物を作る行為は純粋に面白い……はずだと思います。


ワケは分からないけど、手を動かすと楽しい(だから、キミもボクと契約して原型師になってよ!)


そんな楽しい空気が伝わればいいな~と思いつつブログを更新しています。果たしてそれは上手くいっているのかどうか。そんなことを書こうとしているうちにすっかりつまらないエントリになってしまいました。今日のところはこのへんでお開きです(w
2011-05-09(Mon)
 

ちゅるやさん [10]

ちゅるやさん 完成しました。にょろ~~ん

20110506.jpg

ちゅるやさんを作成するのはこれで2つ目。二回目ともなると細かい出来が違ってきます。目立つのは制服の赤い線の入れ方。筆塗りをやってみたけど、ふにゃぁ~と線が曲がったのが前回。今回は同じ筆塗りでもきちっとした線を引けています。小さな歪みはどうしてもありますが、全体的にレベルが一段上がっています。

髪のグラデーションも入れたし、顔や腕・脚にもグラデーションがかかっています。見た目にはまず分からないのですが、これが立体的に見えやすくしてくれるんですよね。

出来具合はまぁまぁですが、まだまだ上を目指して頑張れるレベルです。丹念な仮組み・美しいグラデーション塗装・絶妙の調色・丁寧な表面処理・巧みな筆塗り……磨くべきスキルは山積みです。次も頑張ろう!


2011-05-07(Sat)
 

でっかい子供の日

連休最後の祝日。トレジャーフェスタに行ってきました。当然の行動です。連休で余裕があったので、まずは東京に前日入りして秋葉原をフラフラ。

T:「もう完全に病気だよな」
S:↓
20110507b.jpg

El Shaddai発売と連動して、EDWINがイーノックモデルを発売しています。当然、秋葉原でも宣伝を打っていました。前日入り=夜のアキバを散策できるわけで、節電具合を撮影しました。

20110507a.jpg 20110507e.jpg
左が夕方。右が夜。右側は19時くらいの様子です。夜中の10時過ぎではないかと見間違えるほどの暗さ。街灯も一つ置きにしか点灯していません。それでもピーク時の消費電力は最大出力の85%に達する状態です。このまま夏場に突入したら正直マズイ…。ホントやばいよこれ。

20110507d.jpg
同時刻の駅前はこんな感じでした。ラジオ会館の電飾も全てオフ。そういえば、この夏にラジオ会館は閉鎖です。引っ越し先は中央に見える赤いビル。元々、石丸電気が入っていたビルだと思います。ほんの十数メートルのお引っ越し。6月には移動が終了してオープンするようです。


で、翌日は本来の目的であるトレフェスに一般参加。最近は在庫のガレージキット数を減らすのに必死になっているので、買い物ができないように午後からゆらりと見て回りました。

今回、一番ヒットしたのがこちら
20110507f.jpg
PCゲーム「恋と選挙とチョコレート」より森下未散(SNUFFKINGさん)

このゲーム、登場人物の名前が東京都江東区の地名から引用されています。で、江東区と言えば夏と冬にお世話になっている施設を有しています。ということで、個人的にこのゲームはかなり贔屓しております。立体化はポツポツとされているようですが、この未散はゲームからそのまんま抜け出てきたような素晴らしい出来栄え。そして好みにマッチしました。

ただ、このキャラクターは"魅力を感じないほうから数えた方が早い登場人物"(他のキャラの魅力が強いってことですよ)。値段的にも超OKだったのですが、ぐっと我慢してしまいました。原型を作っていなければ、間違いなく買っていたと思われます。いや~、ホントこれはよかったですよ。うん。


(感想)
・ぶっちゃけ、どのディーラーさんの作品も丁寧に作られていました。とても上手で、初心者の私からすればドン引きです(w

・周囲がこれだけ上手なら、初心者がへなちょこを晒して全体のレベルを下げたとしても、十分に希釈される気がしました。大きな海に多少の塩をこぼしても大丈夫みたいな感じさね。

・上級者は全体のレベルを上げる上で重要な存在。中級者は全体のバランスを保つ上で必須。初級者は間口の広さの確保と新規参入障壁を下げる意味で大切な存在なのだな~と思った次第。上手な造形ができる人にも、その途中にある人にも、始めたばかりの人にも、他の人にはできない役割ってのがあるんだな~と感じました。

2011年のアキバ滞空日数:26日(+2日)
2011-05-06(Fri)
 

懲りないんだなー、キミも

「代わりはいくらでもあるけど、無意味に潰されるのは困るんだよね」

…と原型が言ったかどうかは別として、キュウべぇさんのオーバーホールに着手しました。とりあえず、尻尾と耳と顔を修正してみることに

T:「それじゃあ、元の形はガチで無視じゃないか。ワケが分からないよ

20110505.jpg

材質がレジンに置き換わったことにより、急に手が動くようになりました。頭で考えるより先に何か作業が進みます。何をどうするかはその後で考えればいいこと。適当にパテを盛ってみる。見直して形をちょっといじってみる。いじりながらイメージを固めなおす。

(ボロボロだけど)最初に何らかの形があることで、やたら稚拙なキットを組み立てている感覚です。これは発見かも。原型製作初心者は一度レジンに起こしてみるってのもありなんでしょうか?

ま、それでも所詮は素人がお遊びで作った泥人形ってことには変わりませんけどね(w
2011-05-05(Thu)
 

ちゅるやさん [9]

塗装がすべて終了しました~。全てのパーツが出そろったところで記念撮影。

20110503.jpg

キット組み立てばかりやってないで、原型も触りなさいっ!!と怒られそうですが、その通りですね。いえ、原型モドキもこそこそ触っています。ちゅるやさんが完成したら、次のキット組み立てに手を出すと思いますが、原型製作記録にも舞い戻る予定です。

ということで、次回でちゅるやさんは完結となります~
2011-05-03(Tue)
 

予告通り!!

さて、隔週の秋葉原巡回。今回の目的は新しいPCを仕入れることです。これだけ東京アキハバラに帰ってくる機会があるので、出先で使えるような小さくて軽いマシンが欲しいのですよ。

20110502d.jpg

持ち運びといえばミニノートに限らず様々な選択肢があります。しかし、普通のチョイスではきっとツマラナイ。そこで、思いっきりクセのあるマシンにターゲットを定めました。一年ほど前に話題になった「Libretto W100」。

ノートパソコンと思わせる筺体にして、上下二画面分割。キーボードもタッチパッドもスティックもなし。どうやって操作するのか考えてしまうデザインです。画面の全てがタッチパネルになっていて、ソフトウェアキーボードが使えるという仕組みになっています。

発売から随分と時間が経っているので新品はなし。この時期は商品の入れ替わりが激しいので、アキハバラなら数台の在庫があるだろうと踏んで中古屋を回ってみました。思っていたよりも数が多かったので、びっくり。その中から、未使用品中古の商品をチョイス。普通の中古と比べた時の値段差が10%以下だったのと、表示より3000円まけてくれたのが購入のポイントになりました。


商品の準備に時間がかかるということだったので、待ち時間に散策~~

20110502e.jpg
ベルサール秋葉原では「PCゲームフェスタ」を開催。毎年この時期に、この会場でやっていますね。去年の今頃のブログでも報告していますし(w

20110502c.jpg
裏通りでは新しいPCパーツの店が登場していました。ここ数年はパーツショップが減少の一方でした。こうやって新しいお店ができてくれるのは嬉しい限りです。ちなみに前回のレポートで「(3回目くらいの)閉店を予告していたマジコン屋」は相変わらず営業していました。

20110502a2.jpg

某店のPOP。このお店はスタッフさんが絵が上手で、いつも感心しています。

20110502a1.jpg

気がつけば、PCを仕入れる目的のはずが定期巡回と同じ行程になりました。折角アキバに来たのだから、回っておかないともったいないというか、そもそも巡回のついでにPCを買ったというべきなのか…。

相変わらずの節電モードの街でしたが、連休に買い物をするお客さんも沢山みられました。こうやって経済を廻していれば東北地方にもいい波が響くと信じたいですね。

2011年のアキバ滞空日数:24日(+1日)
2011-05-02(Mon)
 

ちゅるやさん [8]

なんだか写真がものすご~~く大きくなりましたが、ちゅるやさんの途中経過です。

20110501.jpg

ブルーを塗り終わりエアブラシの塗装が終了。残すは赤い帯を入れたり、顔面を書き込んだりと細かい仕上げになりました。すぐに終わりそうに思えますが、制服の赤を入れる作業は相当な時間と集中力を要求することになるでしょう。ここから完成までの道のりは長い!

っつーことで時々上手に息抜きしながら、身をかわしながら、進めていきましょう~。にょろ~ん。
2011-05-01(Sun)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ