キュウべぇ [1]

自分で作ったキットを自分で組み立てです。胴体パーツの製作が間に合っていません。先に進められる表面処理だけ先行しておく予定です。

20110627.jpg

折角なので(?)一番最初に複製したパーツをかき集めました。シリコン型が新しいけれど、複製作業は初めて…という微妙な出来具合。まずは、離型剤落としから開始です。慣れた工程だけど、自分で作ったのを処理するのは妙な感じがします。
2011-06-29(Wed)
 

終わりと始まりと秋葉原

6月の最後の日曜日。秋葉原に行ってきました~。

20110626d.jpg

この日にアキバに行った理由は一つだけ。歩行者天国の試験施行期間の最後だから。再開の終わりと新しい始まりの境界線がこの日なのです。幸いにも、秋葉原の歩行者天国は継続が決定しています。

午後一時から歩行者天国をスタート。開始直後に自動車が取り残されてパトカーに先導されていました。こういうハプニングもあるのですねー。久しぶりの歩行者天国でしたが、前回と比べてマナーがすごく良くなっていて驚きました。自転車に乗る人はいないし(きちんと手押し)、馬鹿騒ぎする人もなし。コスプレしている人はいましたが、基本的に誰もまともに気にしていないし。やっぱりアキバは練度が違いますね。みなさん、大変よく訓練されていらっしゃいます。

20110626a.jpg

この二週間で変わったことは沢山ありました。ラジオ会館の店がおおむね撤退。かつては店の名前が連なっていた看板もすっかり寂しい状態に…(写真左)。そしてラジオ会館の中にあった店が移動する先として「旧ザ コン」を改装した「アキバカルチャーズZONE」の準備が進んでいました(写真右)。オープンは7月1日。新しい店舗ができるというのはワクワクするもので…。

20110626c.jpg 20110626b.jpg


この日に見つけたアキバらしいネタはこの写真。ダンボールに入れての投売り状態。よくある光景ですが…

20110626e.jpg

20110626f.jpg

「ご自由にお持ち下さい
LINEAGE IIのインストールディスクです
中身を抜いてディスクケースとして使ったり…
ディスクをマグカップコースターとして使ったり…」

もう、リネージュ関係ないよね



こうして今年前半も過ぎようとしています。
もっとも年越しを秋葉原で迎えたように、半年の具切れ目もアキバで越えるんですけどね(w

T:「もう、東京で働けばいいのに!!ワケが分からないよ」

2011年のアキバ滞空日数:35日(+1日)
2011-06-27(Mon)
 

シリコンに沈める

複製がうまくいかなくてやりなおしたQBさんの胴体。ようやくシリコンに沈める段階まできました。

20110625.jpg

手戻りしている時点で「左舷、何やってんの!」と言われても仕方がありません。でも、初心者にそこまで考えろというのも無理ですし、こうやって学んでいくことが大切なのですよ。きっと。

前回の失敗があるだけに、今回の型が良いものか、非常に興味があります。シリコンの流し込みも手慣れてきました。「早く固まってくれないかな~」と、次のステップが待ち遠しいです。
2011-06-25(Sat)
 

変則技

ここまでの複製星取表~~

耳:◎◎○◎◎ ◎×◎◎× ×◎◎◎○ ◎◎◎◎
胴:×××
頭:×◎△◎◎ ◎◎◎◎◎ ◎◎◎◎× ××◎◎◎
尾:◎×××◎ ◎×◎◎◎ ◎◎◎◎◎ ◎◎×◎◎

途中で頭が完全に取れなくなりました。空気の抜け道か、レジンの入りが悪いはず。透明シリコン越しに様子を眺めると、「レジンの流れ込みが悪い」と推測。流れ込む口を広げたところ、うまく回復しました。さすが透明シリコン。目標の15個の複製も達成して一安心

複製にも慣れてきたので色々遊んでいます。中でも最高に面白いのが、A液とB液を均等に混ぜないという遊びです。


本来は1:1で混合します。この配合比率を微妙に変えることで、硬化時間を飛躍的に伸ばすことが可能です。15分で固まるものを15時間まで拡大できました。そして硬化時間の延び方はリニアではありません。どんなに配合比率をいじっても、レジンが固くなり流動性が失われる時間はあまり変わらないのです。

液体からゲル状へ。ゲル状からエポキシパテのような状態へ。この固まりゆく時間が伸びていきます。反応が遅い分、発生する熱量も少ないです。ある程度まで固まったら型から取り出して、放置状態で完全硬化を待つこともできました。

もちろん、誤ったやり方ですので推奨はできません。でも、これってうまくコントロールできれば裏技的に使えないかな~などと思ったり…

2011-06-23(Thu)
 

胴体が完成に近づきつつある

いったん原型にまで後退した胴体パーツ。表面処理を終えて、様子を確認しました。

20110621.jpg

小さな気泡が見つかったのでパテを盛って修正。どんどん小さな修正になっているので、完成も使いでしょう。でも、自分の複製技術を考えるとここまで小さなところに拘らなくてもよくない?と思います。

気泡は入るし、シリコン型は痛んでくるし、複製の精度が低いのですね。ゆえに、局部において原型で頑張っても全てキャンセルされてしまいます。後は組み立てるときに復活してもらうしかない…。悪く言えば「後はヨロシクっ!」という感じです。

まぁ、後を任されるのは自分自身なのですけれどね(w
2011-06-21(Tue)
 

Windowsの日本語入力を速くする

最近になってしょーもないことに気がつきました。

・会社のPCでの日本語入力は素早い
・自宅のPCでの日本語入力は遅い

たとえば、Googleで日本語のキーワードを打ち込むときなんかに、レスポンスが恐ろしく遅いです。ただし、初回入力に限っての話。ちなみにブラウザのセッション毎にリセットされるようでした。前々から気になっていたのですが、なんだかんだで放置していました。

ふと気になって調べると、Microsoft IME 2007の動きが原因らしい。

ということで「規定の日本語入力システムを切り替える」作業をしました。やってみたら入力が速いのなんのって。こんなことならとっととやっておけばよかった…と後悔しています。

ちなみにIME2007自身に対するパッチも公開されています。こっちをやってみるのもアリですが、設定変更の方が楽でよいんじゃないかと思います。すぐにできますしね。
2011-06-20(Mon)
 

胴体は追いつける?

複製の状況はこんな感じです。赤字が追加分です。

耳:◎◎○◎◎ ◎×◎◎× ×◎
胴:×××
頭:×◎△◎◎ ◎◎◎◎◎ ◎◎
尾:◎×××◎ ◎×◎◎◎ ◎◎

安定してきたのはいいけれど、ここにきて耳の複製時に空気が混入する事故が発生。型がだいぶヘタってきているので、このミスは痛いかも。一方の胴体(やり直し)は整形を終わらせてサフを吹きました。傷があるので修正が必要です。

20110619.jpg

自分で複製して作成したレジンキットを組み立てているのだから、どうということはないはず。地道に頑張るぞい~!
2011-06-19(Sun)
 

毎日が出発点

空気の抜き方を調整しているうちに、複製が安定してきました。これまでの成績をまとめると…

耳:◎◎○◎◎ ◎×◎
胴:×××
頭:×◎△◎◎ ◎◎◎◎
尾:◎×××◎ ◎×◎◎

という結果に。

尾のパーツは最初こそ上手に複製できませんでした。でも、後半になると順調に抜けています。レジンの調合を間違えるとか、作業に手間取ってレジンが固まってしまうとか、余程のトラブルがない限り100%成功すると思えるレベルです。

ずっ~~~とこれが続くとありがたいのですが、10回くらい複製したらシリコン型にうっすらと白いモヤがかかってきました。レジンによってシリコン型が浸食されてきた証拠です。型が反れたり、食いちぎれたり、変形はしていません。まだまだ複製には耐えられますが、20回くらいで限界かな…と思います。あと10回はどうにか耐えてほしいですよ、ホントに。

一方で困っているのが胴体。シリコン型としては、これまでで最高の出来です。3面に分割する応用技に挑戦しつつも、気泡は少なく、型のかみ合わせもバッチリ。でもね、レジンが細かい場所まで流れないのですよ。


T:「だったら原型からやり直せばいいじゃない」
S:「真理」

20110617.jpg

そんなわけで、複製に失敗した胴体を足がかりに原型の分割をやり直しています。1日で分割~大まかな復旧作業は終了。後は表面仕上げと調整を残す状態になりました。果たしてうまくキャッチアップできるでしょうか??
2011-06-17(Fri)
 

複製失敗ル~ララ

シリコン型ができたら、複製してみたいわけです。やってみました。半分くらいうまくいきません

20110615.jpg

尻尾は途中で切れる。頭は耳先にレジンが回らないことがある(パテ埋めをしっかりすれば問題のない範囲ですが)。耳から垂れてるのは、型がずれちゃって肉厚な感じになる。胴体に至っては、空気が抜ける穴を作り忘れてレジンが流れ切らず。

…とまぁ、トラブル続きです。

型の悪さもあれば、手技の悪さもあり。知識・経験のないのが災いしているトラブルも多発しています。

型の粗悪さは仕方がないとしても、対処せにゃあなりません。透明シリコンのおかげで「型のどこを修正すればよい」か、かなりの精度で推測ができます。レジンの流れていく様子がはっきりわかるので、どこがネックか視覚的に分かるのですよ。

実に、初心者にはありがたい話です。

さて、空気抜きの修正とかに入りましょう。ちょっとくらい失敗したからって、すぐに諦めてたら何も進みません。
2011-06-15(Wed)
 

雨と太陽と秋葉原

先週と先々週に続いてまたもや秋葉原にいました。今回も仕事がメインです。いや、本当に仕事なんですってば!

秋葉原で目立った変化といえば、ラジオ会館のテナントの引っ越しでしょう。今年の夏に解体されることが決まっているラジオ会館から、店舗の撤退が進んでいます。フロアによっては「がらんどう」に近いところも。そして、引っ越し先の新しいラジオ会館が始動。こうやって変化し続ける街を見ていると『自分も変わっていかなくちゃいけないな…』という気持ちになるから不思議です。

20110613a.jpg

今回の散策は買い物からスタート。USB扇風機を仕入れました。節電が叫ばれている折、皆さん同じ事を考えるようです。秋葉原にUSB扇風機の多いこと、多いこと。どれを選ぶか迷うほどでした。最後は目の前にある在庫からランダムにチョイスして決めましたが(w

午前中に雨だった天候は午後に回復。一気に街に活気が戻ります。お店は呼び込みを開始、訪れる人も一気に増加。そして、街の片隅ではお茶を擬人化してしまった「静岡県の暴走」がゲリラカフェを展開していました。ゲリラカフェといっても、静岡茶の試飲会ですけれど。東京の水を使った割には美味しい緑茶が煎れられていたと思います。

20110613d.jpg

夕方には、前の会社の人と軽く食事をしながらお話をして散策を終了。雨上がりの直後には蒸し暑かった街も夕方には過ごしやすい温度に落ち着いていました。これからの散策は体力勝負になりそうな予感


2011年のアキバ滞空日数:34日(+2日)
2011-06-13(Mon)
 

透明シリコンならでは

今回の複製にあたって、「透明シリコン」というちょっと贅沢なモノを使っています。ひとえに『レジンが流れ込む様子が見えると面白い。っつーか見たい』という気持ち一つでお金を支払いました。

実際にレジンが流れ込む様子は面白いものです。また同時に面白いのは「シリコン型の中に入っている気泡の状態も見える」ことです。

20110611.jpg

こちらがシリコン型のアップ写真。白くポツポツと見えるのが、シリコンの中に入り込んだ気泡です。どんだけ気泡が入っているんだよ!というくらい大量ですね。シリコン型には厚みがあります。ゆえに、厚みの部分に気泡がどれだけ入っていようが、複製に影響はありません。

この気泡を抜くには、真空状態で脱泡するのがベスト(水道の流水を利用とか)。そこまでする必要はないなら、細~~~~~~い糸を垂らすようにシリコンを流し込みます。素人のお遊びなので、後者の手法を使っています。もうちょっとシリコンの流し込みに慣れたら、もっと気泡が少なくなるかも!
2011-06-11(Sat)
 

シリコン型作成の外枠は何がいいのだろう?

型どりをしていて悩んだことが沢山あります。その一つが『シリコンを流し込む時の外枠』をどうするか…でした。

当然ですが、外枠は型を取りたい原型より大きい必要があります。が、大き過ぎると無駄にシリコンを使うハメになります。使い古したシリコンを周囲に敷き詰めてカサを稼ぐ方法もあります。でも、外枠が無駄に大きいのはヤだなぁ…と。

これを解消にするには、可変長の外枠を使えばよいはず。例えば、レゴブロックを使った枠です。これなら大きな型でも崩れないし、形も自由自在。でも、レゴブロックなんて普通の家庭にあるとは思えません。少なくとも我が工房にそんなものはなし。

そこで目をつけたのが使い古したクリアファイルでした。これなら自由自在の大きさに加工できます。カッターナイフと定規と超基本的な作図能力さえあればOK。時間もかかりません。材料費もほぼゼロ。大きな型を取るには不適ですが(強度がないので)、小物なら十分に行けるのでは!?

20110609.jpg

…そんんわけで、やってみました。今まさにテスト中。シリコンの壁が曲面になっちゃったけど、この程度ならなんとかなるかな~。
2011-06-09(Thu)
 

2つ目の型取り終了

無事に二つ目の型が出来上がりました~。パチパチ(自画自賛)

20110607.jpg

とはいえ、テストショットをしていません。複製できる状態の型である保障はどこにもないです。でも、ま、初めての複製なわけで、こうやって前進すれば嬉しい限りです。

前回の型作成では一つ失敗?のようなことをしました。今回の型どりでは、メタルカラーを離型剤代わりに使っています。このメタルカラー、シリコンに付着したまま放置しておくとシリコンに浸食するのですね。複製には全く影響しないものの、シリコンが緑色に染まります。透明シリコンの意義を失うほど色がつくわけじゃあないのですが、気になって仕方がありません。

そんなわけで、この型の製作においては離型剤(メタルカラー)をサクッと除去する工程を加えています。完全に除去していないので、この先どうなるかは様子見です。いや、色がつくことより、型として機能するかが大切なんですけどね。

さて、お次は最後の胴体パーツの型取りです。本当に3面取りするのだろうか…
2011-06-07(Tue)
 

空と水無月と秋葉原

先週に続いてまたもや秋葉原にいました。今回は純然たる仕事がメインです。さすがに自腹で連続というわけにはいきません。お財布の中身に余裕がなくなってしまいます。この日は「夏が来た!」と言わんばかりの陽気。見上げる空は気持ちのいいものでしたが、湿度が高めでクーラーが恋しい一日でした。

20100605a.jpg


<お買い物>
Bluetooth対応のマウス。最近は無線マウスが普及しています。でも、これだとUSB端子を一つ消費するんですね。無線マウスのレシーバーに幅があると、更に大変。PC側のUSB端子の配置によってはUSB端子が複数つぶれます。正直これは辛い。

そこで有力な候補にBluetoothが上がります。ドライバをインストールする簡単な準備をすればOK。本来、パスワード設定が必要なのですが、そのあたりは自動的にうまいことやってくれます。


<今週のさようなら>
中央通り沿いにある「古川電気」が閉店。5月末が最終営業だったようです。利用したことはありませんが、中をのぞいたことはあります。ウェブ上の店舗は継続営業しているみたいです。

20100605b.jpg


<本人>
中央通りに「まりあ ほりっく」の街宣車が登場。録音テープを再生しながら車がグルグル巡回していると思っていたら、声優本人がいました。ちとビビリました。そりゃ、いきなり目があったら驚くっての。リナックスカフェでイベントがあったのですね~。


<その他>
都内の公園で適当に写真を撮りました。折角なので…

20100605c.jpg
公園の中のアジサイ。梅雨と言えば、これにかたつむりが定番。

20100605d.jpg
ソラと水辺を散歩する親子。夏っぽくて、つい…


2011年のアキバ滞空日数:32日(+2日)
2011-06-05(Sun)
 

キミはいつもそうだ

QB:「シリコンを流し込むと、同じ場所から垂れ流す。ワケがわからないよ」

20110603.jpg

シリコンを流し込む作業を何回やってもシリコンが漏れ出してしまいます。が、それでも型どりを進めています。ちょっとくらい漏れても、大丈夫だ、問題ないということが分かって来ました。シリコンをちょっと多めにしておけば漏れた量くらいフォローできるし。

T:「それよか、漏れない方法を開発しろよ…」

写真の型はそれほど問題ないと思います(うまく抜けるかは別として)。残った胴体の型をどう処理するかが目下の問題。3分割しなくちゃいけないと思いますが、そんな応用技が成立するのか全く分かりません。複製に向かない原型を恐れることなく作ってしまうのは初心者だけに与えられた特権。いつの間にか、その権利を使ってしまったようです。

なんてこったい!(w
2011-06-03(Fri)
 

これで複製ができるようになった

型ができたので、試しに流し込みをしてみました。ここまできたらやるしかありません。

20110601a.jpg

レジンを適量作って流し込んだところ。硬化が進んでいるので、横に倒しても大丈夫。透明シリコンを使ったので、レジンが流れ込む様子や気泡が抜けていく状態、更には気泡が混じりそうかも目視できました。初めて作った型の中にレジンが流れ込んでいく様子にはちょっと感動。

ま、二度目以降は飽きてくると思いますが。

20110601b.jpg

型から複製したパーツを取り出しました。型同士の間に隙間があるので、羽がついてしまいました。
うーん、完璧にはいきません。

20110601c.jpg

不要な部分をへし折って、ナイフでバリを軽く取ったもの。原型を隣に並べて比較です。左の白いのが複製品、右側が原型です。

型取りはひどく大変でしたが、複製はほぼ一瞬。レジンを流し込んで、本を読んでいる間に自動的に完成してくれます。型が劣化していくので限度はありますが、これだけ小さなキットなら量産はそれほど難しくないような気がしました。


ということで、複製の初挑戦(テスト)は、成功といってよさそうです。ここまできたら残りのパーツも複製してしまいましょう。今度は肉厚のパーツになるから発熱が大変とか、型がずれるとか、シリコン型がやっぱり上手に取れないとか、トラブルは予想されます。が、前に進むしかありません。

もう何も怖くない!
2011-06-01(Wed)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ