イメージが切り開く未来

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

S:「今年の2月が29日まであることに今日気づきましたー」


皆さんお元気にお過ごしでしょうか。TKD+SMZのSMZです。

かなりのカオス状態に陥っていた原型製作。このままではダメだということで、整理を進めました。

・なぜか2つあった頭部は1個にする
・なぜか4つあった腕は3個にする
・掃除機はないけれど、ぞうきんで部屋を掃除する
・頭部をもうちょっと何とかする

まともに造形しているのは、最後の4つ目だけですね。なんじゃこりゃー

20120229.jpg

それで「何とかしてみた」状態の頭部です。まだまだ雑ではありますが、これをベースに先に進めそうな空気を漂わせ始めました。『進めそう』ってところがミソです。ポジティブなインプレッションを与えてくれるのは大切ですから。

できないっ!(><;) って思うと本当に作業が止まります。本当にできるかどうかは問題ではありません。『なんとかできるっ』と思えると、本当になんとか形になってくれます。実行不可能だからできないと思うのか、それともできないと思うから実行不可能なのか。どちらの対応関係が正しいのかは分かりません。が、私が信じている因果律は後者です。

だって、そう考えないと原型製作なんてやってられないですから(w

ワケが分からないよ

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

適当に粘土を捏ねていたら、なんだかカオスな状態に…。期限に迫られていないだけで、ここまで自由にやるもんですかね(w

20120228.jpg

頭が二つに腕が四本、ばらした小物に、モザイクをかけないとグロすぎる謎の物体26号。どうやってまとめたものか不安になってきました。風呂敷を無制限に広げるのはよくないですね。適度なコントロールをしていかないと…。あ、「フキフキするよ」も横に転がってます。写真に写ってないですが。

こんなふうに気軽に触れる時期が続くのは楽しいですが、ちょっと頭が痛くもあります。

だって、アトリエに俺の居場所ないしね!

ご飯を食べるときは床起きで、お茶を飲むときは立ってます。しかも掃除機が壊れたもんだから、作業エリアが粉塵災害に見舞われています。……ホント、何とかしなくちゃね~

会議するよ

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

原型製作で最も大切な能力は、手先の器用さではなく、観察眼です。

 作ったものを見る→理想形とのズレを認識する→補正するために手を動かす

これが加工の段階で起きています。理想形が頭の中に描けるか…という点は大きな問題です。しかし、それは見本とか元絵があればある程度カバーできます。すると、次はズレを認識できるか……というポイントが壁になります。

ズレの認識には2つのレベルがあります。
 ・細かい箇所でのズレ
 ・全体的な印象のズレ

この2つは相互に関係しています。細かいところを必死に直しても、全体がよくなる保障はありません。技術も経験も観察眼も持っていないドロ人形の原型師ができることは、ひたすら眺めては手を動かすことです。愚直なほどに。


で、前髪を雑に作ったところで眺めなおしてみました。

T:「で、どこを目指しているわけ?」
S:「侍成分が足りない」
T:「いや、だから何を作るか決めるべきだと何回言えば(以下略」

なんとなく顔が気に食わないということで、目の形と鼻の位置を修正。その修正後の形が変なので、元の形に戻しつつ加工して、顔の形も変形。だいぶワケが分からない状態になってきました。連日、睡眠時間を削って粘土を削っているのもあって、精神的にかなりキテます

20120221.jpg


このままでは迷走するだろうということで対策を協議。

S:「作っているキャラに似ているものを探してはどうでしょう?」
T:「誰が探すんだよ?」
S:「じゃー、適当に作るよ」
T:「製作の方向性が分からなくなるんじゃね?」
S:「っつーかディフォルメだからなんでもイイよーなきがしてきた」
T:「なら、キャラを示す記号があれば、それっぽくみえるんじゃね?」
S+T:「じゃあ、なんでもよくね?」

最悪な結論に(笑)。もうちょっと頑張って手を動かします。思うところはあるのです。へっぽこ原型師見習いは辛いです!

まえへ すすめ

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

まずはすべてのパーツを出そうということで頑張っています~

20120225.jpg

パーツ数だけは増えてきましたが、状態はダメダメです。
 ・首の長さと位置がおかしい。もっとかわいくみえるポイントがあるはず
 ・肩幅は修正のポイント
 ・三編みはざっぱな位置を決めただけ。まるで造形になっていない

とまぁ、自分自身でこき下ろせる箇所が山のように(w。全体的なバランスを考慮すれば、さらに上積みで「ダメリスト」が出来上がります。でも、ダメなポイントがどんどん出てくるうちは問題ないと考えています。どこがダメか、どういう修正アイデアがあるか。これがあれば、その通りに手を動かしていけばいいだけです。結果的に「失敗!」ということがあっても気にしない。やり直せばいいんですから。

手詰まりになったときが一番苦しいんです。


気になるところを修正しながら、パーツを作る。作ったパーツと周囲のパーツをくっつけて確認&修正。そんな風にして泥人形でも最後まで行けばいい。ペダルをこぎ続ければ必ずゴールにたどり着けます。沢山の失敗と偶然の成功を重ねて、原型師見習いの日常は彩られていくのです。

髪の毛を盛り付ける

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

こんにちは~。インフルエンザ ダイエットにより3日で2キロほど体重が落ちたSMZです。フラフラしております。

何日かの作業を経て、前髪がつきました。まだボロボロだけど、最初はこんなものですよ。最終的にそれっぽくなればいいんだから、途中経過がうまくいかないのは気にしすぎちゃダメです。気ままにガレキです。

20120219.jpg

前髪を盛り付ける作業は大スキです。飽きないし、夢中になれます。形がイマイチなら修正すれば良いだけの話。どこをどう修正すればいいか、直感的に察することができているので気に入っているのでしょう。サクサク進むと楽しいじゃない?なら、その作業は好きになりますよね~。


T:「で、これは何になるの?」
S:「とりあえず女の子にする……つもり」
T:「そうしないとテンション持たないからね。むさいオッサンのフィギュアとか、心が折れるからね」
S:「ディフォルメだし、なんとかなると思うんだ。全身つくるのをまずはやってみる」
T:「多少のクズれはカバーできる……というところかね」
S:「初の男キャラもありかーー」
T:「短時間ですごく矛盾してるよ!?」

こんなんで大丈夫か不安ですが、頑張ります!

SDTMの勉強の仕方ガイド

カテゴリー: CDISCラボ

SDTM関連の文書の解説本を書いていますが、それらの関係には触れてきませんでした。今回はSDTM本体とその周辺部について超簡単に見直しつつ、ベストな勉強方法を考えてみました。

SDTMに関連する文書を図にすると下のようになります。
20120220.jpg

SDTM本体
まず、最も重要で外すことができないのがSDTM。2012年1月現在ではVersion 1.2が最新です。この文書はSDTMというデータ規格の方針や構想、構造の原理を示しています。この文書を読めば全てが分かる…わけではありませんが、これを読まないことには何も始まらないほどの超重要な文書です。
そして、SDTMを詳説したのがSDTM IG。これはSDTMに示された原則を適用した具体例を示しています。この文書の良いところは、実例が載っていて具体的であること。但し、原則を理解しないで実例を眺めても誤解するだけなのが要注意ポイント。300ページ超の文書で、全て読むにはそれなりの根性がいるでしょう。導入部分は必読ですが、詳細な事例は必要になった時に読む…くらいでいいかもしれません。
2011年12月にSDTMのAmendment(追加規定)が発行されています。SDTMを理解するには、このAmendmentの内容もチェックしておく必要があります。

SDTM拡張群
SDTM本体を拡張する規格が登場しています。既にリリースされているのがアルツハイマー専用の拡張パック。このブログでも解説本を出したNon Subject Data Implementation Guidelineも、この拡張パック群に入ります。拡張パックとして様々な規格が検討されています。今後、拡張パックの数が増えていくと予想されます。SDTMの拡張規格は、本体であるSDTMの原則に準拠しています。そのため、拡張規格だけを読んでも内容を理解するのは難しいでしょう。

FDAからのコメント
SDTMに関する重要な文書として見逃せないのがFDAから発行されている意見書。定期的にアップデートされています。また、このブログでも解説書を取り扱っています。SDTM規格を策定する場合、FDAからのコメントが必ず考慮されます。つまり、FDAからのコメントは将来的にSDTM規格に反映される公算が高いと言えます。事実、Common Data Standard Issue(2011年12月版)とSDTM Amendment1の内容はリンクしていました。


…で、もしSDTM規格の勉強をしたいなら、次の順がいいと思います。

1. SDTM本体:最重要。これを読まなければ何も始まらない!
2. SDTM IG:興味のあるところをつまみ読みする感じ

まずはこの2つの資料で、SDTMの感覚を掴むのがよいでしょう。とりあえず読んだけど、いまいちピンと来ない場合は読み直しをオススメします。ある程度分かってきたら、他の文書に手を出すといいでしょう。

3. SDTM Amendment1:これを見て、何がどう変わったのか分かれば、あなたもSDTM通?
4. Common Data Standard Issue:より実際的な問題を知る上での補足になります
5. NSIG:Non Subject Dataの規格をアルツハイマー標準が参照しているので、ここから読むのがよいでしょう
6. その他の拡張パック:これはお好みや必要性に応じて

とまぁ、こんなところだと思います。

ちなみにこのブログの「CDISCラボ」のカテゴリでは、SDTMのコアになる文書の解説を出していません(むしろ周辺の解説本ばかり)。今後もコア部分の解説書を作成する予定はなし。マイナーな文書を狙い打っていきたいと思う次第です。

フキフキするよ [2]

カテゴリー: 製作記

原型製作の合間にキットも進めましょう~

20120217.jpg

ということで、つくもたんをコツコツと加工。表面処理が半分くらい終わりました。実物を触った印象では、マスキングを多用するより、ザクッと筆塗りを多用するのがよさそうに思えます。そうですね~、エプロンと肌色と、ニーソ、そして髪の毛がエアブラシでしょうかね……なんて、ぼんやりとイメージしながらヤスリがけをしました。

そうそう、きちんと軸打ちはするべきだと判断しています。これもいつかやらなくちゃ!

しかし、触れば触るほど、これだけ小さな原型をよく作るな~と思います。だって、手の先とか、足の先とか、「九」の字とか、ホントに小さいんですよ?自分なら、もうちょっと大きい原型で妥結すると思います。はい。


T:「いや、アンタも小さいQBの原型作ったでしょうが」
S:「ハッ!?」

ダウン

カテゴリー: 雑記

ども…、TKD+SMZのSMZです…。ワンフェスからアトリエに戻ってきて2日目にして、インフルエンザを発症しました。完全にダウンです。

火曜の夜に喉が痛くなり、翌日は発熱。それでも食欲はあるので、ご飯を食べようと台所に向かったところ、気分が悪くなってうずくまり。結局、この日には立ち上がることすらできませんでした。冷蔵庫はおろか、トイレにすら行けない状態。何も食べられなかったので、特に問題にはならなかったのが幸いでした。

翌日も発熱。一日休んだ甲斐あって、立ち上がれるようにはなりました。なんとか台所までたどり着き、買い置きのスポーツドリンク・カロリーメイト・冷却材を冷蔵庫から取り出して体勢を立て直し。が、外出はできず。ワンフェスで買ったガレキを宅急便で送ったまま受け取っていないことに気づいて焦り始めます。パーツチェックしたいぞー。

3日目も朝から発熱。この時点までは「ただの風邪でしょ」くらいに考えていました。でも、ただの風邪で熱が3日続く体質ではない。カラダも随分と動くようになったので、近くのお医者さんへ。10分程度でインフルエンザと判明。点滴で治療です。

T:「もっと早く来なくちゃだめだよー」
S:「動けなかったから無理なんすけどね」

と、そんな感じのここ数日でした。



こんな状態なので、原型を触るなんてのはできず仕舞い。代わりに脳内で「こんな原型作れたら楽しいだろうなー」と自由にイメージを作っていました。熱があると妙に妄想が進みますね(笑)。…で、点滴の効果もあり、臥せっている状態から静養モードへ移行。おとなしくしている分には大丈夫なので、自分の原型を眺めてみたわけです。どんなんだっけ~~。








orz


いや、もうね。中途半端なんですよ。中途半端さに絶望ですよ。

ひでぇなぁ、こりゃ。崩れたプリン?」という状態なら、それはそれで一つの味になります。なんていうんですか、ネタとして美味しいんですよね。体を張った芸としては十分あり。でも、そこまで酷くない。「頑張って作ったのは伝わるけど、可愛くはないですね~」的な印象。自分が買う側なら「これは買わないね。うん」と納得するレベル。

S:「ダメすぎる……」

今度は別の意味で熱が出てきたような気がするので、寝ることにします。はい。

ワンフェスのこぼれ話

カテゴリー: アキバ

ども!TKD+SMZの原型を作らない方、TKDですっ!(w

ワンフェスからアトリエに戻ってくるなり、「のどが痛い…」と言っていたSMZが、そのまま寝込んでしまったので、代わりにブログを更新してます。今回はワンフェスの前の日のお話です。

金曜日
20120216a.jpg

この日は仕事に関連してアキバに滞在しました。ワンフェスの荷物を抱えての移動で大変でした……。で、慰労も兼ねたワンフェス前夜祭を開催。一人で飲むつもりが、友人が急遽参加してくれました。

お店はいつもの「オレンチ」です。
20120216b.jpg

20120216c.jpg

20120216d.jpg

20120216e.jpg

20120216f.jpg

20120216g.jpg

20120216h.jpg

20120216i.jpg

20120216j.jpg

………と、食べまくってきた訳です(w

食事をしながら、夏のワンフェスに向けた新作についても相談。造形関係のプロの人なので、新作について指摘をもらいながら食事。しまいには紙ナプキンに絵を描きながら構想の甘さをチェックされました。このブログのやり方は”まずは手を動かして粘土をこねてしまう”ですが、「何らかの下敷きを作ってから始めた方がいい」というアドバイス。特に全体の流れを意識した方がよいと。

造形の経験が少ないので、上手くできるか分かりません。が、その辺りを意識してみましょう。QBさんの時も似たようなことをしてましたしね。


2012年のアキバ散策日数:11日(+4日)

勢いでやってみる

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

ども!TKD+SMZの売れない原型師の方、SMZですっ!(w

耳をつくりました~。初めて作ったのでおっかなびっくり(w

20120215.jpg

位置はもうちょこっと下がよかったのかな~とも思います。でも、なんかディフォルメ的な造形なんだし、多少のずれは許容範囲ということで。拘り始めると永遠に前に進めなくなりますしね(笑)。こういう見切りがいい(すぐに諦めるとも安易に妥結するとも言う)のが、数少ないストロングポイントなので、これからもそんなノリで。

なにしろ初心者は数を作って経験を積むしかないのですよ~
だから、テンポよく進めることも大切なのですよ~


T:「で、これは何になるの?」
S:「とりあえず男キャラ女キャラかで迷っている」
T:「ダメだこいつ……早く何とかしないと」

ワンダーフェスティバル2012冬 レポート

カテゴリー: イベント

改めてワンフェス2012冬 お疲れ様でした。落ち着いたところで、振り返りをしてみました。

20120214.jpg

<総合的に>
今回はブースに張り付いていました。ご一緒させてもらったディーラーさんの造形の出来が良くて、たくさんの方にご覧いただけたのだと思います。自分のは……「頑張って作りました」ってのは確かなんですけれど(汗、お恥ずかしい限りでした。すいません、次頑張ります。

ブースにいたらワンフェス楽しめないでしょう?って思われるかもしれません。でも、接客が苦にならないタイプなんで、十分に楽しみました。途中から調子に乗って「強いられているんだっ!」とか「隣のブースの前はα世界線なんで、β世界線に戻って下さい」とか、ネタ全開で遊んでしまいました。お越し頂いた方にも楽しんで頂けていれば何よりです。やっぱりワンフェスは楽しくないとね!


<お買い物>
お目当ての品が二つあったのですが、一つだけ買ってきました。作る時間があるとも思えませんが、それでも買ってしまう。そんな生活を強いられているんだっ!(w


<反省点>
QBさんは綺麗に売れました。買い手があるなら出し続けたいのですが、初めて作った型は脆くて、もう複製ができません。もうちょっと技術があればよかったのですけれど……。一方のハクアですが、こちらもお買い上げいただけた方がいらっしゃいました。これはもう本当にありがたい話です

"ディーラーの中の人"的にいいますと、今回のワンフェス参加で
 ・複製の取り方がうまくなった
 ・版権モノの処理を覚えた
 ・展示・物資の輸送を気にするところまでいった
という進歩がありました。

繰り返しになりますが、造形的には課題だらけです。それでも、自分が欲しかったモノをやりたいように作った点は大正解だったと思います。次も作りたいものをやっていくコンセプトは不動です。ステップアップの一段として「人型で全身」を考えています。何ができるかはさておき、好きなモノを面白おかしく作っていこうと思います。……その過程はえてして苦しいもんですが(w

ワンフェスお疲れ様でした

カテゴリー: イベント

ワンダーフェスティバル2012冬 お疲れ様でした。

お買い上げ頂いた方、写真を撮って下さった方、ご覧頂いた方に心からの御礼を申し上げます。

まだまだ実力がたりなくて、皆さんに納得いただけるものは作れていません。悩んだり、ワケが分からなくなったり。そんな作業の結果でも、みんさんに「カワイイな」と感じてもらえる点があったならとても嬉しいです。自分の作ったものが、誰かの笑顔を作る。それが別の人の笑顔を作って、回り回って目の前の人の笑顔が生まれる。そして、それが自分の笑顔に変わっている。そんなでっかい素敵な造形の「輪」の一部になれていたら……多少の不格好はさておき、とても価値ある一日だったと思います。


本当にありがとうございました。

進歩は遅いですが、懲りずに夏も頑張ろうと思います。モノを作るのは楽しい。その楽しさを皆さんと共有できるように日々苦しんでいこうと思います。

Here Comes A New Festival

カテゴリー: イベント

さぁ、ワンダーフェスティバル当日です!
今回も力いっぱい楽しみましょう。みなさんに素敵な時間がありますように。

Here Comes A New Festival!!

WF2012冬 出品情報

カテゴリー: イベント

(通常の更新は下へ)

夏に引き続き、WF2012冬に当サークルから出品致します。お買い物のお済みのあと、暇つぶしや通りすがりでごらんいただければ幸いです。


ディーラー:「ふらっと☆ぶらっと」さん (ご厚意により同居させていただきます)
卓番:8-14-03

頒布物
 ディフォルメ ハクア(新作) 1000円
 キュウべぇ(再販)     500円

※共に未塗装・未組立のキットになります。完成品ではございません。
※原型製作:SMZ


ディフォルメ ハクア (神のみぞ知るセカイ より)

20110212x.jpg


キュウべぇ (魔法少女 まどか☆マギカ より)

20110719.jpg
※「おまけ」として耳のリングが付属します(無理に使わなくても大丈夫です)


造形とは迷うことと見つけたり

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

胴体を乾燥に回している間に頭を作りました。

20120211.jpg

迷いの多い頭部です。まずは顔面をどのくらいリアルに近づけるかで悩みました。前作のハクアでは、ディフォルメの顔を作るにあたって『顔面を平面』に近づけました。立体にするなら、鼻筋があり、目の部分が窪み、目は曲面の上にあり、横から見たときに白目が見えるように作るでしょう。眼球を意識して、白目も曲面にするはずです。

これをやるとまともな立体化になります。ディフォルメにするなら、鼻筋を抑えるとか、目を曲面にしすぎないとか、何か手抜き(凹凸の情報量削減)をするべきだろうと考えました。ど素人の意見なんで、まともに受け取らないほうがいいと思いますが、そんなことを考えたわけです。

フィギュアの元ネタは平面に描かれた絵なわけで、それこそ顔面を平面で作ってしまえばよかろうとも思います。が、それでは「頭部を作るという行為」の練習にならないような…

こんな具合で逡巡して、微妙に曲面の顔面になりました。よって、迷いの多い頭部というわけです。


S:「しかし問題の本質は、この頭で何のキャラを作るか…ということなのだが…」
T:「そこから迷ってるんかいっ!!」

立った!?

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

地道に新作の原型製作を進めています。今回は全身像を作ってみるコンセプトで進めることにしました。で、適当に作った足と、これまた適当に作った身体を結合したら、見事に自立しました。まったく意味のないことですが、なんか嬉しかったので撮影(w

20120205.jpg

フィギュアを製作するというのは、ぶっちゃけそれなりに敷居が高いです。このブログはガレキのフィニッシャーから始まり、最近は原型師として活動しています。今でこそ気軽に原型いじりをしていますが、フィニッシャーの時代には「原型を作ろう」と考えるたびに、その敷居の高さを感じていました。きっと、それが普通です。

圧倒的な才能もなければ、絶対的なセンスもない。ただ手元にあるのはガレキを数十体組み立ててきた経験のみ。そこで、原型製作をはじめるにあたって、ガレキ組み立ての上達の工程を再利用することにしました。

思い返せば、キット組み立てを始めた頃は「とにかく組み立てる」ことが目標でした。そして、エアブラシに手を出し、大きなキットに手を出し、グラデーション塗装に挑戦し…。そんな風にステップを踏んできました。原型製作でも、段階的に課題を設定して進めています。


ステップ1. まずは何でも良いから作ってみる
→ 作り捨て

ステップ2. 作るという行為を把握したところで、背丈にあったものを選ぶ
→ QB

ステップ3. フィギュアで最も多い、人型に挑戦する
→ まずはディフォルメ、上半身に限定
→ ハクア

ステップ4. 上半身から全身像へ
→ ただいま製作中

ここまでのシナリオはこんな感じ。

 ステップに必ず完成品を入れること
 前作の延長線上に次の作品を据えること
 新しいテーマを取り入れること
 最終目標を常に意識すること

これが、当ブログの製作活動の基本原則であり、グランドデザインであり、経営理念です。え?最終目標は何かって。それはヒミツということで(w

ワンフェス前だけどアキバ行ってくる

カテゴリー: アキバ

T:「ワンフェス直前に遊びにいって大丈夫か?」
S:「大丈夫だ。問題ない。」



これは本当の話で、ワンフェスの準備はすべて完了しています。複製も、完成品も、パッケージ製作も、全工程が終了。展示台まで送付しちゃうくらいの用意周到さです。ワンフェス前だというのに、イベントの準備に関しては何も書くことがないくらい超余裕ぶっこいています。

ブログのトップエントリには完成品見本写真とブース番号を掲載。こうしておけば、興味をもたれた方が事前にチェックできるはず。どうかみなさんが良い準備をできますように。

…ということで、秋葉原に帰ってきました。今年初めての歩行者天国です!
20120206a.jpg

冬の寒さ厳しい季節ですが、太陽の光が差せば気持ちのいい日曜日です。

まずは移転後のラジオ会館に足を運び、昨年のシュタインズゲート祭りで使われた人工衛星の実物をチェック。これがあのビルに突き刺さっていたんですね~
20120206b.jpg

が、誰が200万円で引き取るというのだろうか…。
20120206c.jpg

続いて九十九電機のビルに入り、つくもたんグッズの展示をチェック。ここにはワンフェスで販売されたガレージキットの完成品が飾られています。生で他人の作品を見られるので、足を運んで勉強です。その他で、街の中を一通り回って気になったのはこの2つ。

マジコンがないことを強調している看板と…
20120206d.jpg

一部使用済みネジ。一体どうしてこうなった?(w
20120206e.jpg

ワンフェスカフェにも行って、ワンフェスのカタログと次回ワンフェスの申込書を買ってきました。次回のワンフェスでは『再販』の定義が変更になります。また、広告を出す先も変更。物議を醸しそうですが、何がどう変わったのかをチェックしておく必要がありますね。


さて、カタログのチェックしますか~~(←既に買う気マンマン)


2012年のアキバ散策日数:7日(+1日)

ケイヤクしてよ

カテゴリー: CDISCラボ

(当エントリの内容は、自己責任でご利用ください)

CDISC標準の一つSDTMのAmendmentの解釈本を作ってみました。

Amendment SDTM 1.2☆SDTMIG 3.1.2(212KB)


※ファイルをダウンロード後、拡張子をPDFに変更してください。

地層を読む(第十一回)

カテゴリー: 雑記

え~~、久しぶりの積みガレキのカウントチェックの時期がやってまいりました。つい先日やったばかりのような気がします。そう思って、前回からの経過日数をチェックしました。やっぱり定期見直しの時期でした。時間が経つのが早くなったような気がします…。

で、今回の集計結果は次の通りっ!


2011年トレフェス → 残り1体(+1)
2011年WF冬 → 残り2体(-1)

2010年WF夏 → 残り1体
2010年WF冬 → 完全消化
2010年贈呈 → 残り1台(総合計にはカウントせず)

2009年譲渡・中古・HCGK01・HC有明 → 完全消化
2009年WF夏 → 残り1体

2008年WF夏 → 残り1体
2008年WF冬・中古・WHF有明 → 完全消化

2007年WF冬・WHF有明・クリカニ(春・冬)・WF夏・WHF横浜・ホビコン・WHF有明 → 完全消化
2006年WF夏・WHF有明 → 完全消化


前回と同じで残りは6体。でも、千石撫子を組み立てたのできちんと一つ消化しています。キット組み立て以外にハクアの原型と完成品を2つ仕上げているわけですから、手を動かしているって言えると思います。

…このペースでしか消化できないってことは、ワンフェスで買い物するわけにはいかないかなぁ~(汗

フキフキするよ [1]

カテゴリー: 製作記

原型製作と平行して、キットの組み立ても始めました。心に余裕があるうちは、色々なものに手を出しておきたいですから(w

20120203.jpg

まずはキットを洗浄して、表面処理を軽く進めました。まだ様子を見ている段階です。いろいろなパーツを触りなが情報を収集しています。組み立て時に厳しい部分はないか、表面処理が抜け落ちそうな部分はないか、塗装時に固定する穴をどこに開けるか、マスキングの手順は……等、総合的に調べていきます。

ガレキ組み立てには、絶対確実な方法がありません。どんなやり方でも完成させられますし、思わぬ落とし穴も出てきます。そんなわけで、組み立ての初期段階では、ルート設定とリスク対処の計画を立てるわけです。ドライブをする前にルートを決めて、道が混んでいたら迂回しようか……なんて考えるのと同じですね。

すでに起こった未来

カテゴリー: 原型製作#5 ちびスバル

S:「ワンフェスの終わりの合図は、次のワンフェスの始まりのホイッスルではない。
次のワンフェスに向けた準備の後半戦の始まりの合図である」

20120131.jpg

…ということで、次の次のワンフェスに向けて始動しました。ワンフェスの直前だというのに、何?この優雅なエントリは?(www

5つ目の原型製作。この程度では未だに経験不足です。写真に写っているいびつな粘土の塊が、この後どうなるのかは分かりません。でも、こまめに手を動かしてみようと思います。たとえきちんとした形にならないとしても、それが自分にとって偉大な一歩であることには変わりはありません。地道な研鑽、たまに起きる偶然を必然に変えられるように一歩ずつ前に進んでいきましょう。

…で、何のキャラを作ったらいいんですかね?


T:「今日のお前が言うなスレはここですかぁーー!!」
| ホーム |