ワンダーフェスティバル2012夏 反省会

自分の立ち上げたディーラーとして初参加になったワンダーフェスティバル2012夏。振り返ってみると、とても楽しいものでした。

20120731.jpg

整理して列挙すると…

良かったこと・続けていきたいこと
 ・無事に参加できた
 ・展示台、頒布品の梱包等は初参加にしてはそこそこ(と思う)
 ・ブース内の設備に過不足なし(自分が困らない)

悪かったこと・改良したいこと
 ・中古島の真ん中の配置はキツイ(精神的な意味で)
 ・作品の見せ方が不十分。キャッチーで適度な主張が必要
 ・造形力

嬉しかったこと
 ・お買い上げいただいたこと
 ・写真を撮っていただいたこと
 ・作品を見ていただいたこと
 ・「カワイイ」という感想
 ・クスッと笑っていただけたこと(爆笑も含む)


会場に行く前から、ブースの位置がガレキ向けではないことは分かっていました。実際に予想通りの場所でした。当初の予想は『アッカリーン』を遥かに凌ぐ存在感の無さのまま閉会……というシナリオ。そりゃまぁ、朝から凹んでいました。

が、売れ方や写真撮影が極端に少なかったかというと、そうでもありませんでした。出足は遅かったのですが、終わってみれば、分相応の売り上げに、分相応の反応。身の丈に見合った結果でした。これは、中古屋の群れの中から当ブースを見つけ出すお客さんの目が凄かったからだと思います。

中古島だからガレキに興味のある人は少ない。しかし、やってくれば目を留めざるを得ない(そこしかないから)。プラスとマイナスが相殺していたのかも…と思います。が、周囲が中古屋さんだとディーラー同士で会話が成立しません。誰とも交流できなかった点は、物凄く寂しかったです。次は片隅でいいから、ガレキエリアに行きたいですね。


閉会後の会場を歩くときの気分は格別でした。分相応の結果とはいえ、総合的に見て圧倒的な実力不足を痛感。でも、気分はとても穏やかで、晴れやかでした。今はオリンピックの真っ最中。冬のオリンピックが舞台の映画「クールランニング」で、こんな台詞があります。

 「金メダルは素晴らしい。でも、メダルより尊いものがある。ゴールすれば分かる」

売上・人を引き付けることは素晴らしいコトです。でも、それより尊いものがあります。ゴールすれば分かる。

他のディーラーさんの作品からもらった刺激。「頑張ってくださいね」という言葉をかけてくださったお客さん。ブースを訪ねてくれた他の原型師さん。写真を撮影してくれた人。足を止めてくれた人。楽しくお話できた人。買ってくれた人。「これって自分で色を塗るんですよね~。う~~~ん…」と悩んだ人。ブースを手伝ってくれた友人。その全てがあって、私のワンフェスは成立しています。

目もくれずに通過していった人でさえ「どうして反応してもらえなかったのか?」を考えれば、自分の足りない面を教えてくれます。無駄なものはない。泥人形も、神造形も、あの会場になければ、私の夏のワンフェスはありえなかったでしょう。願わくば、自分のブースが他の人にとってそうであれ。


間借りのディーラー参加から、独立ディーラーとしての参加へ。雪が積もっていた2012年の2月。「次のワンフェスではボクのブースでお会いしましょう!」と別れてから季節は巡り、時は盛夏。168日間に及ぶ挑戦の旅は終わりました。2度目のワンフェス参加はどんなものか。それは分かりません。でもきっと、ゴールすれば分かる

どうしようもなく未熟ではありますが、また新しいスタートを切りたいと思います。当日お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
2012-07-31(Tue)
 

ワンフェス お疲れ様でした

ワンダーフェスティバル2012夏 お疲れ様でした。

弊サークルのブースに貴重なお時間を割いて下さった方、写真を撮って下さった方、お買い上げ頂いた方に心から御礼を申し上げます。

サークルとして初参加となった今回のワンフェス。ベストを尽くしましたが、本題の造形も含めて至らない点があったと反省しております。それでも、みなさんにクスリと笑って頂けたなら、「カワイイな」と感じて頂けたなら、大変うれしく思います。造形を通じて皆さんと幸せをまた共有できるように頑張っていきたいと思います。願わくば、そう遠くない未来のどこかで。

繰り返しになりますが、最後に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。


サークル代表:SMZ


追記:
サークルの名刺デザインを始め、各種什器・展示物の製作サポート、更に遠隔地から当日の手伝いに来てくれたO氏。氏のサポートなしには、当サークルのWF参加は成立しなかったでしょう。末筆ながら、多大なる感謝の意を表します。
2012-07-29(Sun)
 

ワンフェス出品情報

(通常更新は下になります)
ワンダーフェスティバル2012夏に参加致します。お買い物のお済みのあと、暇つぶしや通りすがりの際に、ごらんいただければ幸いです。

ディーラー名:TKD+SMZ
卓番:5-16-09

頒布物
・ちびスバル(新作) 1000円 
20120805.jpg


・ディフォルメ ハクア(再販) 1000円 
20120705.jpg

・フクモト君27号シリーズ(新作) 各500円
   かっこいいオジサン
   しいられ 
   おうさま 
   ゆきのこ
20120630c.jpg 20120707a.jpg 
20120630b.jpg 20120724.jpg


※すべて未塗装・未組立のキットになります。完成品ではございません。
※原型製作:SMZ

-----------------------
2012/07/25 写真差し替え
2012/07/22 ちびスバル 完成写真追加
2012/07/19 卓番を追記
2012/07/16 写真を追加(◆をクリック)
2012-07-29(Sun)
 

ワンダーフェスティバル夏2012

ワンダーフェスティバル2012夏。当日になりました。ディーラーとして初参加のため、厳しい結果が予想されます。が、それはそれ。目一杯、楽しむつもりです。それでは会場でお会いしましょう。

Here comes A New Festival!!
2012-07-29(Sun)
 

ちびスバル [9]

ワンフェス直前。近衛スバルの製作記録です。実物は既に完成しています。写真はトップの案内エントリをご覧ください。

エアブラシの2回目の塗装が終了しました。ついでに、リタッチと筆塗りも完了です。

20120727.jpg

私はアクリル絵の具を使ってリタッチをしています。平たく言うと、普通の絵の具で細かい修正をしています。この道具を使っている理由はいくつかあります。

 ・失敗したときでも、エナメルシンナーでキレイに落とせる
 ・爪楊枝で軽くこすっても、塗料を落とせる
 ・嫌な臭いがない。水で扱える安心さ

最も重要視しているのは1番の性能です。やり直しが効くのはとてもありがたいもの。もっともエアブラシ塗装でラッカー系塗料を用いる必要がありますけれど…。
2012-07-27(Fri)
 

ちびスバル [8]

現在のペースで作業を進めると、完成がワンフェス開催に間に合いません。が、それはブログ上の話。現物はキッチリと仕上げています。運搬の準備も進めていて、会場で実物をご覧いただける予定です。

さて、写真はマスキング作業完了の図です。

20120725.jpg

小さく切ったマスキングテープを張り合わせています。ここでのポイントは2つ。

 ・よく切れるナイフを使うこと(歯を交換しておく)
 ・ほどよい大きさでテープをカットすること

後者は経験がモノを言うポイントです。初心者には、とにかくいろいろな形にテープを切り出して、一番フィットするものを使うという戦法をオススメします。大量に作れば、理想に近い形ができるはず。同時にマスキングテープの切り出し方の発見にもなり、経験を積めます。で、技術の向上にも繋がるはずです。

マスキングゾルを要所につけてからエアブラシ塗装に入ります!
2012-07-25(Wed)
 

ちびスバル [7]

1回目の塗装を終了しました。

20120723.jpg

この塗装では、マスキング不要の塗装をすべて片付けています。グラデーション塗装をして、コート剤を吹き付けたところで、作業は一旦終了。乾燥待ちとなります。残っている作業は、マスキング・エアブラシ塗装・筆による面相と塗装・組み立て……となりました。

そろそろ締め切りが近いので、手近な作業からドンドン進めていくことになります。最後はちょっと駆け足気味です!
2012-07-23(Mon)
 

ちびスバル [6]

ホワイトニングが終了しました。この段階になると、フッと気持ちが落ち着きます。そして、自分の造形のクソさ加減に絶望します。下手なのは仕方ないんですけどね…

20120721.jpg

ホワイトニングが終わったら、次は着色の準備です。設定資料やイラストを基にして、どの色を使うか指定していきます。同時にパーツの取り回し --- どの色を先に塗るか、どこをマスキングするか --- も考慮に入れて、塗装手順を確定させます。この下準備を念入りにやっておくのがオススメ。塗料を取り出した段階で行き詰ってフリーズ…なんてシャレになりません。みんな一度はやると思いますが(w、心臓に悪いイベントです。

自分の作ったキットを眺めると、"塗装を考えたパーツ分割だけ"はそれなりに出来ているんですよね…。造形はクソですが。もっと上手になりたいものです。
2012-07-21(Sat)
 

ちびスバル [5]

表面処理があらかた終了しました。写真はサフを吹き付け終わったパーツです。

20100719.jpg

まだ一つだけ表面処理が終わっていません。とはいえ、必要な処置を施すのに大した時間はかからないでしょう。表面処理が終わったら、パーツのホワイトニングにかかります。ホワイトニングは文字通り「白くすること」を指します。

表面処理が終わった段階では、写真をご覧の通りキットは灰色。この上に色を塗っても、灰色が邪魔をしてきれいな色にはなりません。ここで、白を上から吹き付ければ問題が解決されます。そこで「白くする」作業が必要になるんですね。

私がホワイトニングで愛用しているのが、タミヤの「ホワイト サーフェーサー」。他のメーカーのホワイトも試しました。でも、タミヤ製のホワイトの仕上がりに納得できたので、長く使い続けています。手軽に使えるので缶タイプなのもマル。もちろん、お好みに合わせてエアブラシでホワイトニングをするのもよいと思います!
2012-07-19(Thu)
 

ちびスバル [4]

サフを吹き付けて、表面処理を進めています。

20120717.jpg

この段階では、表面の傷をなくすことが最も重要なタスクです。穴を見つけたら、盛り付けて、乾燥させて、磨く。そして、サフを吹き付けて、表面をチェック。これを延々と繰り返すだけの誰にでも出来る簡単なお仕事です。

が、これがなかなか終わらない作業なんですね。大きな穴はすぐに気づいて修正できます。中くらいの穴は、磨きを進めていくうちに気がつきます。小さな穴は、いつの間にか見つけます。もっと小さな穴が更に見つかり……とネバーエンディングストーリーへ突入。そんなことはしょっちゅうです。

表面処理を「いかに早く、そして仕上がりを美しく」して終わらせるか。フィニッシャーにとっては腕の見せ所の一つです。手を抜いても大丈夫な箇所と、手を抜いてはいけない箇所をすばやく見抜くこと。それぞれに必要とされる最小限の処理で済ませること。番手の大きなヤスリを上手く使って仕上げること。コツはそんなところだと思います。

時間が足りないときは本当に辛い作業です。手を抜くと仕上がりにダイレクトに響く、けれど時間を削るにはもってこいの工程。ごまかすべきか、つきつめるべきか。逃げるべきか、攻めるべきか。悩み多きフェーズです。
2012-07-17(Tue)
 

なぜイベントに参加するのか

もうすぐワンダーフェスティバル。当サークルもやめておけばいいのに参加予定です。

社会人ともなると、それなりに時間が取りにくく、ましてや造形を始めて間もない素人レベル。原型製作から何から、めちゃくちゃ苦労してイベントに参加しています。睡眠時間が足りないのはデフォルト。シリコンやら、レジンやら、秋葉原で勉強するための交通費やら、財布にも厳しい状況です。

T:「最後のは違うと思うよ」

そこまでやらなくても…というツッコミは至極まっとう。それでもやっているのは楽しいからに他なりません。

では何が楽しいのか。

この時期になって感じるのは「準備作業が楽しい」ということです。例えば、ポスターを作るとか、インストを作るとか。その他にも、展示台を買ってきたり、ドキドキしながら複製したり。完成見本をfgにアップロードして反応があったり、なかったり。一個ずつ、地味な実績を積み上げて前へ進んでいくのは、経験値を積んでレベル上げをするRPGのような快感です。

お祭りは準備しているときが楽しいといいますが、そんな感じです。究極的に言えば、ワンフェスが始まった瞬間に"ワンフェスが終了"しています。

売れた・売れなかった、という結果も楽しみの一つです。売れなくて凹むことばかりですが(w、それはいつものこと。クヨクヨ悩むほどでもなし、反省の一材料に過ぎません。ワンフェスまで半月を切ったこの時期が、期待や不安をないまぜにできる一番楽しい時期なのでしょう。ゴールまであと少し。苦しいときが頑張るときだ。
2012-07-16(Mon)
 

夏の始まり

仕事の都合で、比較的長く秋葉原に帰宅することができました。夜のアキハバラを堪能できるのは素晴らしいことです。

20120714a.jpg

3連休の初日のアキハバラは天候が不安定。夜中に雨が降り、朝には晴れるも昼前には少しの雨。その後は、雲が多めの晴れとなりました。日が差すと完全に夏の暑さ。梅雨明けの近さを感じさせるものでした。

20120714f.jpg

まどかマギカの一番くじの発売日、コミックマーケットのカタログ販売と店頭が賑やかでした。駅前のゲーマーズでは、まどかのコスプレをした女性がうちわを配布するイベントも。うちわを持った人が街に散開する→暑いのでうちわを使う→あらゆるところでキュウべぇがいる……と抜群の存在感を発揮していました。

20120714b.jpg

20120714c.jpg

UDXビル脇では、恒例の青空市場が開催されていました。いつもより念入りに見て回りましたが、これといったヒット商品は見つからず。しかし、駅前のボークスで思わぬ収穫が。造形村から半量の透明シリコン・レジンが発売されていました。お値段は高めです。でも、保管場所が減ること、大量に仕入れて余らせるリスクを減らせる選択肢ができたのは素晴らしい。少量の透明パーツを作りたい時にもすごく嬉しいと思います!

20120714d.jpg


今週のコミケカタログ
先週の状態から確実に成長しています(w。夏といえばコミケ。その大きなお祭りに備えて、頑張っていきましょう~

20120714e.jpg

T:「その前にワンフェス頑張りなさいよ」
S:「ぐぬぬ」
T:「そのリアクションはおかしいって!(w」


2012年のアキバ散策日数:43日(+4日)
2012-07-15(Sun)
 

ちびスバル [3]

表面処理をとりあえず終わらせて、仮組みしました。

20110714.jpg

首を傾げるように組み上げるともっと可愛げが出るでしょうか。まぁ、それは最終的に変えられる部分なので、ここでは無視です。この段階では、パーツの噛み合わせ部分に隙間が出来ている部分をチェック。エポキシパテで隙間を埋める作業をしたら、パテが硬化するまで放置です。

この放置の間に休みたいところ。でも、待ち時間に複製作業をしなければなりません。ここに来て、やり残しに気づいてしまったので…(w
2012-07-13(Fri)
 

結核標準の解説

(当エントリの内容は、自己責任でご利用ください)

CDISC標準の一つ、結核標準の解説を作成しました。素人の勝手なまとめですが、ご参考までに。

SDTM結核拡張 解説1
SDTM結核拡張 解説2
SDTM結核拡張 解説3

※ファイルをダウンロード後、拡張子をZIPに変更してください。
2012-07-12(Thu)
 

ちびスバル [2]

第一段階 表面処理の1回目を終えました。

20110712.jpg

この段階では、表面を一通りヤスリがけします。合わせてパテで大きな穴を埋めたり、パーツ分割ラインを消したり…といった地道な作業をこなすのが主な課題。全体をくまなく見て、どんな形をしたパーツがあるのか、どんな立体的な構造になっているのかを把握します。この知識が後からモノを言うので

次は仮組み。パーツ同士のかみ合わせ面の調整を、ここで本格的に見直します。
2012-07-11(Wed)
 

七夕な秋葉原

S:「秋葉原にいると、ワンフェスが終わったって気がするんですよ」
T:「この時期にその感覚はマズイって!」


7月では初の秋葉原散策。梅雨らしく雨でした。
20120709a.jpg

珍しく今回は買い物が目的でした。出先で使うために小さめのPCを探して街を徘徊。しかし、在庫がなくて買えないというオチに……orz。テンションがガタ落ちした状態でダラダラと時間を潰すコトになりました(w。たまにはこーゆーこともあります。

雨とは言え、秋葉原であることに変わりはなし。ソフマップ前、アニメイト前で「恋と選挙とチョコレート」のアニメ化記念のカードを配布。東雲皐月のレイヤーさんが綺麗な方で眼福でした。……が、このアニメの出来はかなり不安です。一応、見てみようかな~と思いますが。

20120709g.jpg


裏通りでは、チャーハン専門店「KIICHI」の店頭ポスターがリニューアルされています。今年の夏にお店を閉めるらしく、閉店商法を自ら謳っています。閉店商法といえば、秋葉原駅前には5年以上に渡り「本日が最終日の売り尽くしです!」と叫び続けているお店があります。マジコン屋然り、アキバで閉店を前面に出している店はだいたい終わりません。

20120709b.jpg

実は、こちらのお店は数日前に消防車が駆けつける騒ぎを起こしています。その影響でこの日は休業。むしろ頓死するんじゃないかという勢いです。

20120709c.jpg


リニューアルと言えば、イオシスのカレンダーも新しいものに。4月のカレンダーと比べると、作品の完成度がかなり上がっています。来月はどうなるのか非常に楽しみにしております。

20120709d.jpg


その他で目立ったところでは、タイガー&バニーの一番くじ。各店舗の店頭で販売していました。思ったよりお客さんが少ないのが意外でした。雨の影響もあったのでしょうか?
20120709e.jpg

夕方までブラブラして、今回の帰還は終了。次回は来週の木曜日となります。その日まで、しばしの別れです。


今週のコミケカタログ
お店の看板にデカデカと掲げられたコミックマーケット参加の告知。いくらなんでもデカすぎだ(ww
20120709f.jpg


2012年のアキバ散策日数:39日(+2日)
2012-07-09(Mon)
 

フクモト君27号シリーズ

フクモト君27号シリーズに新作を追加しました~。

ゆきのこ
20120707b.jpg

しいられ
20120707a.jpg

これまでにブログで紹介した4作品を、ワンダーフェスティバル2012夏で展示・頒布予定です。価格等は追ってブログに掲載します。
2012-07-07(Sat)
 

Haqua du lot herminium [6]

とりあえず完成しましたっ!ハクアの完成見本。

20120705.jpg

夏のワンフェス用です。卓がスッカラカンだと寂しいので、スペーサーも兼ねての展示用。台座の色は、涼しげな青色にしてみました。季節が夏なので(w

本来は原型を作る方に注力するべきで、完成見本に気合を入れる必要はないでしょう。が、かなり丁寧に作っています。元々フィニッシャーで、それが高じて原型師もどきをやっているのが当ディーラー。どう頑張って肩の力を抜こうとしても、組み立てを開始すると一所懸命になることを強いられてしまいます

こんな状態でワンフェスに全てのアイテムを間に合わせられるのか。一抹の不安はあります。が、それはそれ。自由気ままにやっていこうと思います。
2012-07-05(Thu)
 

地層を読む(第十二回)

結論はいつも一つ。

S:「積みガレキは一つとして減らない。何故だっ!」(ギレン・ザビ演説風に)
T:「原型ばかり作っているからさ」

予定では1つ減るはずだったのですが、未達の予定のままとなりました。おかしいな。ワンフェスカフェの作業エリアで、秋葉原らしく「つくもたん」を完成させているはずだったのですが…。うむ、ワンフェスカフェが閉店したのが予定外といったところでしょうか。

T:「そのりくつはおかしい」

< ただいまの在庫状況 >
2011年トレフェス → 残り1体
2011年WF冬 → 残り2体

2010年WF夏 → 残り1体
2010年WF冬 → 完全消化
2010年贈呈 → 残り1台(総合計にはカウントせず)

2009年譲渡・中古・HCGK01・HC有明 → 完全消化
2009年WF夏 → 残り1体

2008年WF夏 → 残り1体
2008年WF冬・中古・WHF有明 → 完全消化

2007年WF冬・WHF有明・クリカニ(春・冬)・WF夏・WHF横浜・ホビコン・WHF有明 → 完全消化
2006年WF夏・WHF有明 → 完全消化


残りは6個。何とかなりそうなんですけどね~。夏のワンフェスでも仕入れそうだし、先は長そうです。
2012-07-03(Tue)
 

SDTMの小ネタ / RFSTDTC vs RFXSTDTC

RFSTDTCとRFXSTDTCの違いについてサークル内で議論があったので、備忘録としてメモ。

RFSTDTC...治験薬の投与開始日。治験薬とは、臨床試験の対象となる薬剤を指す。例えば、Run-in Periodのプラセボは治験薬ではない。RFSTDTCは、--DY変数の計算元である。RFSTDTCを治験薬投与開始日とすることで、--DY変数の内容は「治験薬投与開始後のX日目」を示す。これはさまざまな場面で有用である。AEDYを例にする。上記の前提に立てば、治験薬投与開始後にどのくらい経って有害事象が発現したかを示すことができる。

RFXSTDTC...臨床試験で使用される薬剤の投与開始日。治験薬に限らない。導入期専用の薬剤も含める。臨床試験で、何らかの投与を開始した時点を知るには便利である。

図に描くとこんな感じ
20120702.jpg

※図中のRFXTDTCはRFSTDTCの誤記です
2012-07-02(Mon)
 

手戻りしたパーツのその後

なんだか塗装した結果が芳しくなかったパーツのその後の顛末をまとめました。結論から言えば、きれいに塗り直しです。

こちらが「気に食わなかった出来」の状態です。
20120627a.jpg

上の写真のパーツに紙やすりをかけて塗料を落としました。そしてサフを吹き付けてから、ホワイト吹き→コート剤で保護をしたのが下の写真。このプロセスは30分ほどで終了しています。
20120627b.jpg

再びマスキングをして塗装しました。筆塗りで細部を調整しています。
20120701.jpg


…とまぁ、このようにガレージキットの組み立てでは塗装のやり直しが簡単にできます。というか、気に食わないからやり直すことが頻繁にあります。

初心者の方にとってエアブラシ塗装は敷居が高いものだと思います。失敗したらどうしよう…なんて迷っている方がいらっしゃったら、『ダメで元々なんだ』、『時間をかければやり直しが効くんだ』、そんな風に気軽に構えてもらえればよいと思います。

何事もなんてことはないのですよ!
2012-07-01(Sun)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ