ネコって難しい

ゆあの頭の上に載せる予定のネコの塗装。いくらやっても猫っぽくなりません(涙

20130131b.jpg

あれやこれやと試すこと6時間。勢いでトラ猫にしました。これが大間違い。更に問題が悪化しました(w

トラ猫の模様はランダムなようで、規則性があります。規則の上に多少のバリエーションがあります。変化を自由につけられる分、塗っていてとても楽しいです。が、面倒くさい。おまけの猫なのに時間がかかってしまいました。しかも、出来具合は微妙だし…(w

結果には苦笑い。ですが、これも造形の神様の思し召し。一つの経験として自分の財産と思うことにします。それに、まだいじる時間はありますしね~
2013-01-31(Thu)
 

コツコツリタッチ中

エアブラシ塗装が終わりました。マスキングが少ないと実に早く進みます。そもそも、マスキングが嫌いな原型師。当然、マスキング箇所が極小になるようなパーツ分割をしています。残されたのは筆による仕上げ塗装…。が、その前にマスキングのズレで生じた塗装の修正をしなければなりません。

20130129.jpg

修正箇所はタカが知れているほどの数。ちゃっちゃっとやっつけちゃいましょうか!
2013-01-29(Tue)
 

塗装開始

なんとか表面処理を終わらせて塗装に入りました。

20130127.jpg

順調に作業が進んでいます。塗装の感覚がすっかり抜け落ちているのに苦戦しているのを除けば(汗。原型製作がうまければ、塗装作業も頻繁に行われます。そうすれば、塗装技術も上がりますし、腕の維持くらいはできます。つまり、塗装技術が未熟なのは、原型製作が未熟だということ。

ゴールは果てしなく遠いですが、『まだまだ上手になれる伸びしろが沢山ある』と考えましょう。ほら、また頑張ろうって気持ちになったでしょ?
2013-01-27(Sun)
 

マスク

ワンダーフェスティバル冬まで、残すところ2週間。毎日マスクをして生活しています。

20130126.jpg

当日に体調を崩しては困る…のはもちろんです。でも、その前の準備期間で倒れるのも困りもの。健康第一です。

風邪やインフルエンザを拾うのは人ごみです。…と考えると、会社・通勤・スーパーでの買い物・レストラン・秋葉原散策・公共交通機関などは要注意ポイントになります。一番安全なのはアトリエの中ですね。シンナー臭いのさえ我慢すれば天国です(w。

手洗いをする・暖かくする・ご飯をきちんと食べる・よく眠る。基本的なことを徹底的にしています。

で、いつぞやはワンフェスでインフルエンザを貰って帰ったので、今年はそれにも注意しようと思います。みなさんも健康には注意してくださいね!
2013-01-26(Sat)
 

終わりが見えてきた!

 2回目のヤスリがけが終わったところです。目立った箇所の修正は全て終わり。全体的に表面が滑らかになりました。綺麗な表面ができると「頑張ったなぁ~」と感慨もひとしお。作業が報われるのは嬉しいものですからね。報われるってのは大げさですが、結果が出るとやる気も出るってもんで(w

20130125.jpg

あと1~2回の表面処理をすれば、塗装に入れるでしょう!
2013-01-25(Fri)
 

2012/11/05にFDAで会議があったらしい 続き

2012/11/05にFDAで開催された会議の議事録が公開されました。

続きを読む>>

2013-01-24(Thu)
 

表面処理続いてます

コツコツと積み重ねる工程。前回のエントリからの変化は少ないです。

20130123.jpg

こればっかりはどうしようもないです。長く単調で代わり映えのしない道のり。昨日と似た今日と言う日をつないでいく地道さは美徳と考えておきましょう。大きな変化は小さな変化の積み重ねってこともあるんですから。

ところでこの写真。胴体がテカテカ光っているのが解るでしょうか?サフを厚く吹きすぎるとこんな風になります。あまりよくない事例なので、真似しないでください。この後、吹き付けたサフを全てこそぎ落とすレベルの表面処理を行う予定。そういう算段があってこその厚塗りなのです。
2013-01-23(Wed)
 

表面処理中!

とりあえず、いくつかのパーツの表面処理が終わりました。ホワイトニングをしたところで作業終了。他のパーツが追いつくのを待って塗装です。他のパーツの進み具合は…まぁ、頑張ります(w

20130121.jpg

磨いて、サフを吹いて、パテを盛り付ける。そんな生活を強いられているんだッ!!
2013-01-21(Mon)
 

雪葉原

3週連続の秋葉原。今年は年初から絶好調です!!
20130119a.jpg

T:「ワンフェスの準備は?」


週の初めに降雪に見舞われた秋葉原。街の各所で雪が残っていました。つい上に載って滑って転んだりして遊んでました(w
20130119g.jpg

20130119h.jpg

20130119i.jpg

雪が残っていると底冷えしますが、いいこともあります。ライトに照らされた雪が溶け、そこに常緑樹の葉が落ちれば幻想的な坪庭が出来上がることも…
20130119j.jpg


夜にフリータイムができたので、友人を誘って「オレンチ」で夕食。色々と食べたのですが、主なところをご紹介。
20130119b.jpg

20130119c.jpg

20130119d.jpg

20130119e.jpg

20130119f.jpg

T:「ワンフェスの準備は?」


翌日には秋葉原をのんびり散策しました。平日に散策なんて久しぶりではないでしょうか?せっかくの機会なので、滅多にいけない場所へ足を運びました。神田明神横にある「神田の家」の限定公開です。
20130119k.jpg

20130119o.jpg

こちらの施設は「8」がつく日のみの限定公開。庭は無料で入れますが、建物内の見学は予約と500円が必要です。事前に電話をしたところ、予約は私だけ(w。おかげで、私が指定した時間に案内をしてくれました。材木商の家ということで、マンションが2つくらい買えるほどの高価な木材を使っているとか。その他、竹を四角に加工した細工や、四角く成長させた竹の利用、家主が着ていた服を再利用した戸など、シャレが利いた凝った作りが印象的でした。天井一つ取っても、専門家らしいこだわりが見て取れます。写真撮影不可なのが実に残念です。

帰りに立ち寄った神田明神では「神馬」がいました。かわいいポニーなんですけどね(w
20130119q.jpg


T:「ワンフェスの準備は?」


今週の絵馬
神田明神と言えば「痛い絵馬」です。既に100枚を超える痛い絵馬があり、全てをフォローするのは困難です。が、あまりにクオリティが高いものがあったのでご紹介。一つ目のはとても美しい作品でしたね。連載が取れるよう、願っております!

20130119m.jpg

20130119l.jpg

20130119n.jpg


2013年のアキバ散策 5日(+2日)
2013-01-19(Sat)
 

CDISC Webinarの個人的メモ

重要な注意事項
個人的なメモ書きです。内容の正確性は保証しません。自己判断・自己責任でご利用下さい。

続きを読む>>

2013-01-18(Fri)
 

仮組み完了!

週末に趣味でランニングをしています。ここ10年ずっと続けています。リストラされた後は精神的に走れなくなって、距離はグンと減りましたが…。さて、そんな週末ランナーが流行?の「フォアフットランニング」を試しています。

着地の仕方を変えるってことです。これをやってみるとなかなか感覚がつかめません。変な動きになって一人で困ってます。楽しくランニングできりゃそれでいいんですけど(w


20130117.jpg

さて「ゆあ」の仮組みをしました。このキットは前のお下げがポイントです。左肩とがっちり干渉します。首の傾き一つで干渉具合が変わります。この箇所を重点的に確認しましょう。組み立ての手順、パーツのはめ込みの順番、本番さながらに仮組みすることをオススメします。

続いては表面処理。ガツガツと進めていきましょう!
2013-01-17(Thu)
 

先組みするとこんな風に

結合しておくと便利なパーツを一体化しました。この状態にすれば仮組みの難易度がぐっと下がります。次の工程は、その仮組み。全体的な様子を把握すると同時に大きな修正箇所を洗い出します。ガレキの組み立ての基本は大きなところから作業を進めること。

20130115.jpg

-----------------------------------------------
ある大学で、こんな授業があったという。

「クイズの時間だ」 教授はそう言って、大きな壷を取り出し教壇に置いた。

その壷に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壷がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壷は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」 そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。 そして砂利を壷の中に流し込み、壷を揺りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。そしてもう一度聞いた。
「この壷は満杯か?」

学生は答えられない。一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壷はこれでいっぱいになったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壷の縁までなみなみと注いだ。

彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込むことは可能だ、ということです。」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこではないんだよ。この例が私たちに示してくれる真実は、大きな岩を先に入れない限り、それが入る余地は、その後二度とない、という事なんだ」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、教授は話し始める。 それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家族であったり、自分の夢であったり…。 ここで言う”大きな岩”とは、君達にとって一番大事なものだ。

それを最初に壷の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。

もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壷を満たしていけば、 君達の人生は重要ではない「何か」に満たされたものになるだろう。 そして、大きな岩、つまり、自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう。
-----------------------------------------------

これは仕事でも生活でも同じですね。大きな絵をきちんと描くこと。それができれば怖いものなんて何にもありません!

2013-01-15(Tue)
 

レッツゴー秋葉原

週末の秋葉原に行ってきました。セマンティックウェブプログラムの本を皮切りに、DVD・ゲーム・シンナー・食料品と一気にお買い物。新年早々、散財です。これで景気が良くなるはずだ!(w

20130113a.jpg

この週末の目玉は「秋葉原祭り」です。秋葉原にあるお店…という条件でお店が並ぶ異色の祭典。会場内には神田明神のお神輿が飾られていました。

20130113a.jpg

20130113c.jpg

手作りシルバーアクセサリーから、PCパーツやアニメグッズが場内に陳列される中、目立っていたのが「自転車のホイールに自由自在に絵や文字を表示できるシステム」。LEDをスポークに張り付け、回転を考慮した点滅制御を行うことで、絵が表示されます。カラー表示対応、アニメーションも表示可能という頭が完全にイカれた仕様となっていました。マジで最高じゃねーか!!

20130113d.jpg

20130113e.jpg

シルバーアクセサリーのお店が秋葉原にあるの?と疑問に思われるかもしれません。実はこれがあるんです。といっても、御徒町方面に近い場所です。2k540というJR高架下のエリア。ここは手作り製品と職人による直接販売をコンセプトにしたとってもオシャレな一角です。

20130113f.jpg

20130113g.jpg

しかし腐っても秋葉原の郊外。ここには3Dプリンターを取り扱う変わったブースがあります(w。飛び込みでお邪魔して、2時間ほどおしゃべり。立体データのビジネス展開と今後の展望・秋葉原における消費行動・ワンダーフェスティバルへの出店・立体造形のデジタル化などについて、こってり話し合いました。ちなみに相手をしてくれたのは事理の方。しかも初対面。原型師=人付き合いが苦手という一般的なイメージをガン無視です。

再び秋葉原に戻り、KOTOBUKIYAの5階で開催されていた「おにあい」イベントを軽くチェック。販売グッズはしょぼいんですが、原画や設定資料を見られるのは、とってもナイスでした。

20130113h.jpg

T:「そこのフィギュアを作るしか能のない童貞の人」
S:「童貞とかありえないだろ。常考」
T:「そこでまともに返されたら、オレ馬鹿みたいじゃん!?」

そして中央通りでは「僕は友達が少ない」のトレーラーが走っていました。

20130113i.jpg



今週のポンジュース専用自動販売機
秋葉原の外れに愛媛県のみかん販売業者の建物があります。その脇にあるのがこの自動販売機。シャア専用ならぬポンジュース専門自動販売機。

20130113j.jpg

もちろん、メニューはポンジュースだけではありません。みかんジュース、温州みかんジュース、ミカン果汁と野菜ジュースをミックスしたもの、高級みかんジュースなど様々。みかんばっかじゃねーか!

20130113k.jpg

20130113l.jpg

ちなみにお値段は80円から。秋葉原エリアにある自動販売機の中で、最安値でジュースが買えます。もちろんポンジュースです。


2013年のアキバ散策 3日(+2日)
2013-01-13(Sun)
 

クドリャフカの順番

友人の厚意で借り受けている米澤穂信の作品を読んでいます。今回は「クドリャフカの順番」。

20121222.jpg

アニメ「氷菓」を見た手前、全てオチを分かっています。が、それでも引き込まれる面白さがありました。読み出すと止められないミステリとしての魅力。小説だからこそ引き立つ千反田えるの魅力。複数の話が交錯する構成。圧倒的才能に対する期待と絶望を絡めるホロ苦さ。

自信を持ってオススメできる作品です。いや、今月はいいものにめぐり合えました。
2013-01-12(Sat)
 

先組みしてください

「ゆあ」の作成ポイントは、いくつかのパーツを先に組み上げてしまうこと。左右の腕など、複製の都合で切断しています。こういうのは真っ先にくっつけてしまいましょう。他には、ネコの胴体と頭、髪のパーツなども同様の処理を行います。

20130111.jpg

パーツの数を減らすと紛失の危険も下がります。おそらくいい事しかないので、恐れずにやってください。先組みが終わった後に仮組み、そして表面処理が始まります。
2013-01-11(Fri)
 

SHAREとは何か?

(当エントリの内容は、自己責任でご利用ください)

CDISC標準の一つ、SHAREの入門書を作成しました。素人の勝手なまとめですが、ご参考までに。

SHARE 入門1
SHARE 入門2

※ファイルをダウンロード後、拡張子をPDFに変更してください。
2013-01-10(Thu)
 

組み立て開始

「ゆあ」の組み立てを開始しました。まずはゲート処理。机の上はこんな感じです。ティッシュを敷いて作業をしています。これが意外と便利。机の上のゴミをまとめて捨てられますし、瞬間接着剤の出口をサッと掃除するのにも使えます。

20130109.jpg

ゲート処理が終わったら洗浄です。家庭用洗剤に数時間漬け込んで、歯ブラシでゴシゴシと擦るだけの作業です。バカバカしい作業に思えますが、実は重要なステップです。こんな単純な作業で、表面に付着した離型剤を落とせます。そうすれば、塗料が剥がれ落ちるリスクも下がります。回りまわって最後の仕上げで痛い目を見ずにすみます。

何事も面倒くさがらずに。コツコツ進めていきましょう。
2013-01-09(Wed)
 

やれやれだゾ [4]

完成しました~~。コレが何かはみなさんのご判断にお任せしましょう(w。ノリで作ってしまった原型。勢いだけは一流だと思います。勢いしかないんですけどね(汗

20130107.jpg

T:「やれやれだぜ…」
S:「Wryyyyyyyyyyyyyyyyy!!」
2013-01-07(Mon)
 

やれやれだゾ [3]

おおよその形ができてきました。早速サフを吹き付けて表面の状態を確認です。初めてサフを吹き付ける場合、なかなかサフが綺麗に乗ってくれません。最初は雑に吹いておき、繰り返して吹き付けることで綺麗な表面が得られます。

20130105.jpg

かなり雑な表面だったので、パテをこってりと塗りました。ここからは、表面処理→サフ吹きの繰り返し。それが終わると原型の完成となります。
2013-01-05(Sat)
 

なぜCDISCは活動しているのか?

ガレージキット(フィギュア)の製作・組み立てをメインに取り扱う当ブログ。その傍ら、CDISC関連の記事を細々と連載しています。インターネット上にCDISC関連のリソースはあまりないようで、2012年には「CDISC SDTM 標準」の3つのキーワードでGoogle検索の1位になるところまで来ました。一時的だと思いますが(w。

今回は『なぜCDISCが必要とされるのか』について、その背景をまとめてみました。

続きを読む>>

2013-01-04(Fri)
 

いつも ここから

元旦といえば秋葉原ですよね!
ということで、今年も新年は聖地からスタート。まず、恒例の神田明神にお参りです。

20130103b.jpg

20130103c.jpg

お昼前の神社はいつも通りの込み具合。参道脇に出店が並び、お正月らしい活気。天気もよくて気持ちがいい新年です。列に並んでお参りし、おみくじも引いて、恒例行事が終了。巫女さんは可愛かったですよ。しかーし、ここで巫女さんを超えるコスプレが登場しました。

20130103q.jpg

T:「俺には分かる!こいつは動物みたいな匂いがプンプンするぜーーーーーっ!」
S:「人間も動物だからね?」

この犬が超大人気。ご主人にご許可いただいて撮影しました。で、今年って戌年でしたっけ?違いますけど。

そうこうしているうちに、舞台では獅子舞が始まります。これが外国人に大うけ。「これどうすればいいの?」と戸惑いながらもお祓いを受けていました。で、子供にやると怖がって泣いちゃうんですよね(w。でも、みんな楽しそうな神田明神でした。

20130103t.jpg

20130103r.jpg

20130103s.jpg

お参りが終わったところで街へと戻ります。が、その前に神田明神の横にある『神田の家』を覗いてみました。こちらの施設は閉鎖されていることが多いのですが、元旦は一般公開されていました。中ではおしるこの販売と羽子板の展示。どちらもお正月仕様です。

20130103w.jpg

さて、街に戻るとそこは大行列。K-BOOKSの周りに行列ができ、Two-Topの前に行列ができ、Sofmapの前に行列ができ、KOTOBUKIYAの前に行列ができ、紙風船に行列ができ……ってアキバすげーな!。かくいう私もメロンブックスに並び、うっかり買い逃した(薄い)本を買ってきました。

20130103u.jpg

20130103a.jpg

UDX前では新年からフリーマーケットを開催。大晦日でも元旦でも通常運転なのがこの街ですね。今年もよろしくお願いします!

20130103v.jpg


2013年のアキバ散策 1日(+1日)

続きを読む>>

2013-01-02(Wed)
 

やれやれだゾ [2]

T&S:「あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします」

…と新年の挨拶をしながら、毎度通常運転の内容。新年一発目は原型製作の途中経過です。季節感とかないからねっ!

20130101.jpg

原型製作は若干の前進を見せています。盛り付けを進めながら、バランスをチェックしている段階。もう、単なる帽子です。工夫の余地は少ないですが、微妙な盛り付けの増減でイメージが変わります。ある程度の形になってきたのはOK。でも「もう一押し」足りない感があります。もうちょっと頑張ってみます!
2013-01-01(Tue)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ