今回は余裕を持って…

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

リアル時間で10月8日。いよいよ本申請が始まりました。

20131027.jpg

…そして、そのとき原型は完成間近。

今回は驚くほどの余裕を持って原型が完成しそうです。残念ながら、出来栄えは相変わらずですけど…(汗。夏のワンフェスと比較して時間的余裕があること、製作そのものに慣れてきたこと、簡単な作品であることが成功要因だと思います。

こんな風にいつもココロに余裕が持てるスケジュールを実践できるといいですよね。いや、まぁ、ワンフェス的には『ギリギリで凌ぐ』という超絶ドM展開もアリです。けど、色々忙しい社会人ですし、ノミの心臓なので、余裕を持った進行がありがたいです。

T:「というか、実は心臓の動きが常人とは違うよね」
S:「そーゆー意味じゃないっての!」

とっとと磨き上げて、申請写真を撮影にもっていきます~~

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。[4]

カテゴリー: 雑記

おおよそ2週間に一冊のペースで読んでいます。このままだと原作が枯渇してしまうではないか…。

20131018.jpg

今回は「夏合宿」のお話でした。小学生の林間学校のボランティアをするものの、その中でクラスメイトから浮いた女の子を発見。彼女はちょっとしたイジメに合っていて、友達から孤立している状態。何とか彼女の状況を打破しようと高校生たちが頑張ります。

小学生のころは子供だけにイジメがあったかと思います。人間が集まればどうしてもそういう関係は生まれるでしょう。過去にそういった経験をしてきた高校生たちが、半分は自分たちのために、半分はその女の子のために奮闘します。最後は斜め下を行く解決方法にたどり着くわけですが…。

そのまま読むとすんなり通過してしまいますが、それぞれの登場人物の視点から、彼らの過去を踏まえて物語を読むと面白いんじゃないかと思います。

風TUEEEEEEEE!!

カテゴリー: アキバ

定期の秋葉原めぐり。台風が過ぎ去った翌日のため、結構な強さの風に吹かれました。そして忙しい散策となりました。

20131029a.jpg

まず駅に降りて床屋へ直行。頭の毛がうざったくなっていたのをバッサリ切り落としました。つづいてヨドバシアキバで買い出し。この2週間のうちにフロアの大改装をしていて、売り場の位置が完全に変わっていました。何がどこにあるのか全然わからねーーーっ(w。フロアをうろうろして何とか目的の資材を購入。大規模にデザインが変更されたので慣れるまで時間が掛かりそうです。

昼ご飯にカレーを食べて栄養補給。まんだらけに移動して中古のラノベを一冊補充。最近は中古の本を買うのが板についてきました。こう、地球にやさしい感じがいいですね。その足で今度はメロンブックスへ移動。先日発売された「アホガール」の2巻を買いつつ、他の漫画やラノベをチェック。歩行者天国を最大限利用して、チケットショップやら100円ショップやらを物色。

…と、かなり物欲にまみれていました(w


2週間のブランクというのはなかなか面白いもので、前作の散策と比較すると違いがかなり目立ちます。パッと見で気が付いたのは

・チャーハン屋があった裏通りの角地の取り壊しが終了した(隣接する建物が壊され、土地が大きくなった)
・アキバカルチャーズゾーンのワンフェスカフェ跡地にとうとうテナントが入った!!
・その横の空き地の工事が本格化
・ラジオ会館の建て替えが進み、建物の形が見え始めた
・末広パーキング跡地(芳林公園近く)のパーキングの建設は絶好調の模様
・Buy Moreが店舗改装をして、前面がガラス張りに

20131029b.jpg


こんなところです。ワンフェスカフェの跡地が一番の驚きでした。テナントが入ったと思ったら「ステージ」ですからね。上のフロアと被ってるんじゃないの?駅前のカラオケ店の上にもイベントスペースあるよ、被るよ!?とツッコミたくなる作戦です。箱の大きさが違っているから競争にならないのか、対象とするイベントのジャンルが違うのか、商業的な興味がつきません。できるなら長い期間の営業になって欲しいですね。

20131029c.jpg

日曜日と言えば歩行者天国ですが、5時に終了。冬の期間はたったの4時間のホコ天です。夕方の空気がヒンヤリとして気持ちよい秋葉原でした。次は二週間後。その時までしばしのお別れです。


今週のダライアスバースト another chronicle
darius.png
今回の成績っ!

C → G → L:ボスで死亡
C → G → L:クリア
Q → U → Y:道中で死亡
Q → U → Y:ボスで死亡

久しぶりにオリジナルルートの捕鯨コースをやったところクジラさんに圧殺されました。ブランクがあったとはいえ不甲斐ない成績。気合いを入れて再度挑戦してクリア。失敗したら必ず取り返す。執念と怨念でクリアです。

続いて挑戦中のオリジナルEXルートへ。まず、Qゾーンを練習。まだ不安定な部分はあるものの、一機も失わずにクリアするパターンを見つけました。ボス戦に備えてパワーアップ状態も管理できています。ここまでは上出来。回数を繰り返してパターンを体に染み込ませるフェーズです。微調整もしたいですね。

Uゾーンも上手くなりました。これはQゾーンで死ななくなったのが好影響を与えているようです。ボス戦でダメージを受けてしまう悪い癖があります。ここは修正しなければ…。

そして最終ステージのYゾーン。ここで苦戦しています。敵の出現パターンが頭に入っていないので、それを覚えることから始めなければなりません。ボス戦ではかなり長時間戦えるので、ショットを強化して戦いに挑むのがポイントです。何かの拍子でクリアできそうな予感がしています。粘り強く戦っていきましょう。


2013年のアキバ散策 48日(+1日)

磨きまくれ

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

「一応の完成」を目指して最終段階。ひたすらパーツを磨いています。

20131025.jpg

…で、磨いているうちにかみ合わせが狂ってきたパーツがあります(笑。これは最後に微修正の予定。今は、とにかく無視、無視。表面の仕上げに注力です。さぁ、紙ヤスリを手に取れ!修行あるのみ!

臨床試験データは誰のものか?

カテゴリー: CDISCラボ

EMAのトップが発表した論文「Access to patient-level trial data - a boon to drug developers」が面白かったので、個人的メモ。

全文をこちらで読めます。
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp1310771#t=article
read more...

Speeeeeeeeeed!!

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

まるで手をつけていなかったパーツを仕上げました。髪の毛の一部が体の前に垂れかかっているので、その対応です。

20131023.jpg

大雑把な芯を作っておいたので、それにパテを盛り付けて、形を出してサフ吹き…。この作業を1日で終わらせました。朝作業→出社→夜作業→寝る→朝作業…で完成。忙しい中でスピードを出せたのがちょっと嬉しいですね。次は、磨く作業。このパーツを含めていくつかの部品が残っています。そいつらをやっつけつつ、原型完成までもって行きましょう~

無理矢理胴体完成

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

「仮」ですが、胴体を仕上げました。とにかく何でもいいから「完成」と呼べる段階まで持っていってます。

20131021.jpg

体積が大きいため時間がかかって大変でした。けれど、これが要のパーツ。やらないわけにはいきません。手・足・頭は胴体から伸びています。全体のバランスや他パーツとの干渉を確認する上で、胴体の完成がどうしても必要でした。なんとか関門を突破した…というところです。この先は、両足の調整、髪の毛の再調整、そして分岐した髪の造形が続きます。それらが終われば、一応の完成となります。もうひと踏ん張り、がんばるぞー!

久しぶりにダウン

カテゴリー: 雑記

「週末はトレフェス神戸!」ということで、友人に声をかけるなどして準備万端。が、声をかけた張本人がかぜで倒れるというサイアクな結果に終わりました。ホント、申し訳ない!!

事の発端は土曜日。体がいつも以上に動かないな~~と、微妙な違和感がありました。この時点で熱を出していたようです。しかし、真夏でもランニングしちゃうほど暑さには強いため、多少の熱は気にならず。そのまま普段どおりの生活を続行。

午後に入ると徐々に体の動きが鈍くなり、耐えられずに布団でゴロゴロ。日曜日の朝に熱がいよいよ酷くなり、終日ダウンでした。熱以外にはこれといった症状はないので、助かってますけど。月曜日も調子がいまひとつなので、じっくり静養中です。

台風以来、急激に気温が下がったせいで体調を崩したんだと思います。今回は一般参加のイベントをスキップする程度で済みましたが、これがワンフェスだったらシャレになりません。年末には有明のトレフェス、コミケとイベントが続き、ワンフェスへとつながります。これを教訓に、健康管理に一層の注意をしたいと思います。


…ということで、もう一回寝ます~~

平行セカイ

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

ただいま作っているパーツを整理して並べました。

20131019.jpg

造形中、調整中、整形中、表面処理中、サフ盛付中、サフ吹き前など状態は様々。何か一つが完成することで、次のパーツの造形が進む。そんな玉突き連鎖になっているので、パーツも種々の段階に分かれています。

まずは、これらのパーツを全部完成状態までもっていきます。その後、修正箇所を探ってレベルアップを図る予定。もっとも、一度完成させたところで力尽きることがおおいのですけど(汗

小物色々

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

新作本体の周辺に置きたい小物の製作に入りました。

20131017.jpg

幸いにも大掛かりなモノはありません。「フクモト君27号」の製作をしているため、こういった小さなアイテムの作成は手馴れたもの。待ち時間や気分がどうにも乗らないときの取っ掛かりとして処理しています。概ねの形が出揃うまで、それほどの時間はかからないでしょう。

SHAREとCFASTは仲が良い

カテゴリー: CDISCラボ

CDISCの大本営(http://www.cdisc.org/)に面白い記事が掲載されました。
read more...

ばらばら事件

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

両足を分割しました。これでカラダの前面が完全にオープンなりました。

20131015.jpg

分割したのはふともも部分。ここはかなり断面積があります。切断にはエッチングのこぎりを使用しました。カッターナイフの刃を付け替えて装着します。あらかじめ切断部分に印を入れておき、後は地道にゴリゴリと切断していきます。

エッチングのこぎりの良いところはいくつかあります。
 1. 刃が薄いので、切断で失われる体積が少ない
 2. 多少の曲面でも刃がしなってくれる
 3. 切断面が美しい

最後のポイントは、切断面の仕上げ加工にとって重要です。綺麗に作業が終えられると、作業効率も上がりますので。

#腕くらいの太さなら、デザインナイフでいけるんですけどね~。

まだ夏じゃねぇか!

カテゴリー: アキバ

二週間ぶりの秋葉原散策。物凄く日差しが暑かったです。途中で芳林公園で休んだくらい。

20131013j.jpg

今回は仕事で東京に里帰り。それでもキッチリと秋葉原に戻りました。3Dプリンタの同人誌・ラノベやマンガやゲームのチェック、造形用ツールの補給などを一通り消化。その後はゆったりと町を徘徊です。

すぐに気がついたのは、ベルサール秋葉原で行われていた「ファンタジア文庫25周年祭」。一週間前に、全く同じ場所で「電撃文庫」のイベントがありましたね。
20131013f.jpg

ファンタジア文庫は、個人的にとても相性が悪いレーベルです。主な作品を眺めると、その間の悪さがよくわかります。

スレイヤーズ
 →「微妙なコレジャナイ感で、あまり好きになれなかった」

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
 →「働く魔王さまと被ってる?長文タイトルもどうよ…と、つい」

デート・ア・ライブ
 →「話がご都合主義すぎて…」

冴えない彼女の育てかた
 →「頑張って読んでみたものの、面白さが足りない…」

これはゾンビですか?
 →「入りがとっても面白かったのに、そこから萌えキャラ出てきてげんなり」

だから僕は、Hができない。
 →「ごめんさない。ガチでつまらなかったです」

甘城ブリリアントパーク
 →「これは生き残っている!!」

決して毛嫌いしているわけではありませんが、徹底的に肌に合わないものばかり。レーベルとしてきちんとした方向性を持っていて、その方向性が個人的趣向に合わないってことなんだと思います。集合イラストでは、知っているキャラが多いですし、見向きもしないってわけじゃあないんですケドね。


続いて、コトブキヤに移動し「千値練展」へ。ここでは立体ものに触れました。

20131013a.jpg

T:「ディ・モールト ベネ!」
S:「ベニッシモ!」


この展示の目玉はなんといってもこちらでしょう。女性のお客さんがどえらい盛り上がっていました(w

20131013e.jpg 20131013d.jpg

20131013c.jpg


新しくできた「アメコミ」専門店にも足を運びました。

残念ながらアメコミには興味がなく、勉強しにいった感じ。コミックとしてよりハリウッド映画の題材として認識しているので、ほぼ一般人と同じレベルでしょう。アメコミって絵が独特で、カラーで綺麗で…と眺めているだけでも楽しめるポイントが沢山ありますね。
20131013i.jpg


最後はUDXのテラスで流れる雲が茜色に染まる様子をボンヤリ眺めていました。なんだか雅なことをしてしまった…
20131013k.jpg


今週のダライアスバースト another chronicle
darius.png

鬼門のXゾーン。遂にクリア。
20131013x.jpg

O → S → X:道中で死亡
O → S → X:道中で死亡
O → S → X:道中で死亡
O → S → X:ボスで死亡
O → S → X:クリア
O → S → X:ボスで死亡
O → S → X:ボスで死亡
O → S → X:クリア

まず安定してSゾーンをクリアできるようになりました。山場は後半。画面が白く光りワープした後の敵のラッシュをどう凌ぐかでした。画面後方に張り付いて、ほぼ垂直に設置バーストを置くのが良いようです。

続いてXゾーンの道中で苦しみました。タツノオトシゴが登場する辺りが死亡多発ゾーン。画面下に斜め下向きの設置バーストを配置する方法にたどり着きました。グレートシング戦で、画面左下で耐える場面があります。まさにそんな感じです。また、ステージ前半に後ろから敵が攻めてくるエリアがあります。こちらも斜め下向きの設置バーストを利用。画面上から斜め下を向けると、受けるダメージ量が減るようです。ボス戦は、敵の動きにキッチリ注意していれば、問題ないみたいでした。


クリア記念にこんなルートもやりました。

C → F → J:クリア

実はZone Fのボス、ファントムキャッスルに一度も勝てていなかったんです。一度、諦めてから数ヶ月。練習の成果があるのか試したわけです。結果は一発でクリア。どうして過去の自分がファントムキャッスルに勝てなかったのか解らないくらいの楽勝でした。人間って地道に進歩するんですね~

続いて、ゾーンXクリアの勢いそのままに裏捕鯨ルートに挑戦。これが厳しかった!!

Q → U:道中で死亡
Q → U:ボスで死亡
Q → U → Z:道中で死亡
Q → U:ボスで死亡
Q:ボスで死亡
Q → U → Y:ボスで死亡

まず、Qゾーンそのものが難しいです。道中で殺されるのは当たり前。ひどいものでしたが、ボス戦にレーザー装備で挑むとボコボコにされることがわかりました。Uゾーンは比較的安定してクリアできます。ここでもボス戦にウェーブショット装備で挑むと勝ちにくくなることが判明。敢えて攻撃力を上げないのがコツっぽいことが解ってきました。

最終ゾーンのYとZには不明な点が沢山あります。まだまだ修行が足りないようで…

2013年のアキバ散策 47日(+3日)

有害事象とDispositionを考えてみる

カテゴリー: CDISCラボ

治験中に有害事象が発生し、被験者が試験を中止する場合があります。この一連のイベントをCRFで収集し、SDTMにまとめあげ、当局がレビューする上で、どんなことが問題になるでしょうか?今回のエントリでは、この小さなテーマを題材に色々な視点を取り上げてみます。最大の目的は多角的なもののを見方を知ることです。
read more...

レジン比較講座

カテゴリー: ツール

今回のエントリは「レジン」の比較研究です。
比較するのは「WAVE社製のレジンキャスト」と「ボークス社製のレジンキャスト」です。


1. お値段
WAVEのレジンキャストは2Kgで3000円前後(色によって異なります)。一方のボークスのキャストは2Kgで3500円程度。単価で考えるなら、WAVE社が有利です。

結論:WAVE社の勝ち


2. 製品群の充実度
WAVE社の有利な点は、種類の豊富さです。まず、硬化時間のタイプが2種類あります(120秒タイプと180秒タイプ)。更に、色が3種類(アイボリー・ホワイト・グレー )。都合6種類の中から選ぶことができます。多くの場合、アイボリーが利用されているようです。非常にまれなのがグレーキャスト。これまで買ってきたキットの数から計算すると、グレーの利用率は約1%です。ホワイトキャストはレジンに色をつけるときに使われることが多いですね。

お値段は「ホワイト>グレー>アイボリー」の順。一番高価なホワイトでもボークス社のレジンより安いです。


一方のボークス社も負けてはいません。こちらも硬化時間のタイプが2種類あります(120秒タイプと180秒タイプ)。色はホワイトと透明の2種類。更に、200g・500g・1Kg・2Kg・5Kgのセットを提供しています。購入量が調整できるため、レジンを余らせて捨てる・時間がたってしまい痛む・保管場所に悩む…という心配がありません。また、少量セットを買ってお試しするのもよいでしょう。ただし、量が少ないほど単価が上がるので要注意です。

まとめ買いすると単価が下がるように思えますが、10キロまとめ買いしてもWAVE社製のレジンが安く上がります。

結論:引き分け


2.5 WAVE社のホワイトレジンとボークス社のホワイトレジンは同じに見える?
答えは「ギリギリYES」です。

どちらも白く、パッと見た目ではほとんど気になりません。じっくり見ると違いが分かってしまいますが…。ボークス社製のレジンのほうがより白いです。カラーレジンキットの色をきちんと出したいならボークス社の製品がオススメとなります。普段はWAVE社のレジンを使っておき、足りないときにボークス社製の少量レジンを補給する…という手もあるでしょう(緊急避難的な方法なので、オススメしません)


3. 硬化性能
固まってしまえば、WAVE社とボークス社のレジンの差はほとんどありません。とはいえ、その過程に差があるように思えます。体感ですが、ボークス社製のレジンはゆっくりと固まり、WAVE社製のレジンは急激に固まる印象があります。

結論:気にすることはない(120秒タイプと180秒タイプの差の方が圧倒的に大きい)


4. 粘度
レジンキャストはちょっとばかりドロっとしています。WAVE社製のレジンキャストの方が、粘度が高いです。ボークス社製のレジンは比較的サラサラ。スポイトでレジンを計り取るとき、後片付けのときには、サラサラの方が便利ですね。また、狭い場所へのレジンの流れ込みがよさそうな気がします。大した差ではありませんが。

結論:気にすることはない


5. 収縮度
レジンキャストは硬化するときに収縮します。どちらのキャストも収縮します。しかしながら、ボークス社製のレジンの方が、収縮率が若干高い…と感じます。とはいえ、複製に悪影響を及ぼすほどではないでしょう。

結論:引き分け


<総括>
以上、総合すると「WAVE社製のレジンキャスト」と「ボークス社製のレジンキャスト」の性能・品質の差はほとんどないようです。差があるとすれば、お値段。この場合、「WAVE社製のレジンキャスト」が有利です。しかし、2Kg単位での購入となる点を考慮すべきです。あまらせて捨てるコスト、新鮮なキャストを使えるコストを考慮した上で選択するとよいと考えます。

また、ポイントカード加算や配送料、入手しやすさも抑えておきたいポイントです。ほとんど性能差がないのですから、周辺サービスで決めてしまうのも良いアイデア。また、イベント前はキャストが一斉に売り切れることがあります。自分が手に入れやすいキャスト(大量の在庫がある・近くのお店で扱っている・店員と顔なじみの店にある・24時間注文できる…など)を使うのが現実的な選択かもしれません。

フクモト君27号 2nd GIG - session 5

カテゴリー: 原型製作#8 オリジナル

原型完成しました。「ふろしきへいたい」と「おイモへいたい」です。

20131009a.jpg  20131009b.jpg

基本骨格は同じで、持ち物を変えてバリエーションを増やしました。こういうバリエーションの増やし方は、これが初めて。原型の製作モチベーションは上がりまくりでした。ちょっとしたアイデアでパターンが増えると、テンションが上がるんですね(w。

すでに原型が完成している「なまいきな新人」と合わせると、フクモト君シリーズの新作が3つになりました。ワンフェスには3つの新作を持っていければ十分だと考えています。つまり、これで冬のワンフェスに向けた原型製作は一段落です。とか言って、4つ目を作るかもしれませんが…

次はシリコン型を作成しなければなりません。気温が高いほどシリコンは固まりやすいです。寒くなる前に取り掛かりたいですね。

道具を大切に使おう

カテゴリー: ツール

気温が下がってきたので、再販品の複製作業をしました。やれることは早めにやっておくべきですから。

複製には「秤」が必須です。レジンは液体状態になっていて、A液とB液を同重量混合して固めます。同じ重さを量るために、秤は欠かせません。が、レジンの液体を被ったり、混合したレジンをかけてしまったり…と甚大な被害を受ける対象が、この秤です。まぁ、これが汚れます。

あまりに汚れると困ります。そこで、ジップロックで保護しました。サランラップを軽く巻いておくのがベストです。今回は手元にあった袋で代用しました。これで長持ちする…のか?

20131007.jpg

こちらのアイデアを「神聖マタンゴ帝国」さんが書かれている同人誌から得ました。同人誌って偉大です(w

両腕を切断

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

腕が邪魔をして、服の前面に盛り付けられません。ということで、両腕をばっさり切断しました。

20131005.jpg

切断したことで、腕の裏側が処理できるようになりました。そこを綺麗にしてから、再結合して……。再結合すると前と微妙に形が変わりました(w。全体の雰囲気は変わらないので、よしとしています。この切断作業により、襟も作れるようになりました。そして、今度は脚が邪魔になりつつあります。こちらも切断しないと、です。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 [3]

カテゴリー: 雑記

ダラダラと読み始めて、早くも三冊目。相変わらずの面白さ。

20131004.jpg
表紙の雪ノ下さんが可愛い件について

「奉仕部」にすっかり足を運ばなくなった由比ヶ浜さんが部活動に帰ってくるまでのお話です。ここから、話がぐっと広がりを見せるようですね。俺ガイルを読んでいて楽しいのは、心に引っ掛かる言葉を見つけるとき。この巻では『自分の正しさを何かに委ねることのどこに正しさがある』(正確な引用ではないかも…ですが)が気に入りました。

もっとも、巻頭の挿絵などを見る限り、この言葉は売りの一言ではないようです(笑

服をモリモリ

カテゴリー: 原型製作#10 中野梓

カラダの上に服を盛り付けています。服の厚みを適当に出しておおよその形を作ります。そこをベースに盛り付けと削りだしを使い分けながらシワを作る…という具合で進めています。

20131003.jpg

シワを作りすぎると印象が崩れるので、必要最小限に抑えるようにしています。気にしすぎて少なすぎるんじゃないか…とも思いますが、やり始めるとキリがなくなりそうで怖いんですよね(w。腕と脚が邪魔をしているので、おおよその形ができたところで、切断作業に入らなければなりません。

どうやら「製作→分割」のサイクルが繰り返されながら、完成に向かうみたいです。

米祭り

カテゴリー: アキバ

20131001d.jpg

本日の戦利品:
 紙やすり・サフ・カッターの替刃・ラノベ一冊・おかき(←!?)

T:「なぜおかき!?」

20131001c.jpg

ベルサール秋葉原(通称:べるバラ)にて「萌酒サミット」というイベントがありました。ラベルに萌えキャラを据えた日本酒の販売イベントだと考えれば、概ね様子が伝わると思います。こちらのイベント、わずか100円で試飲がどっちゃりできるお得なものでした。

S:「もう全然、酔ってなんかないれすおーーーー!」
T:「飲んでるよ!!!!!」

20131001b.jpg

日本酒と言えば、米。米といえば、おかき・せんべい。純粋においしいおかきだったので、一袋買ってきました。パッケージには「女狐伝説」とあります。何のことだか分からなかったので、軽く調べてみました。まず、このおかきを作ったのは「茨城県筑西市」の根本製菓さん。

20131001f.jpg

そう言えば、茨城って「いばらき」らしいですね。「いばらぎ」って言って、地元の方に若干キレられたことがあります。自分の中では"荻原"と"萩原""ヨドバシカメラ"と"ビックカメラ""おすぎ"と"ピー子""コナン"と"工藤新一"くらいキャラが被っているので、イマイチ区別が付きません。

…っと、それはさておき、茨城県の筑西市のやや南西に牛久(うしく)という地域があります。

ここには「女化神社」があります。読んで字のごとく、女性に化けた神様がいます。この神社は京都、伏見稲荷の信仰を持ち込んだものだとか。稲荷といえば、お稲荷様……狐です。そして、伏見稲荷大社の主祭神です。正式には倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と言います。性別は不明ですが、女神とされています。この神様は穀物の神様です。

つまり、おかき→米菓→穀物→穀物の神様→お稲荷さん→地元にある神社→そこに伝わる「女化原の狐女房譚」→キツネをモチーフにした萌えキャラ……という流れなのでしょう。うむむ。考えられていますね。

※狐女房譚:猟師から助けたキツネが美しい女性になって、女房になる…というお話
※久慈郡にも「甚兵衛山のきつね」というお話があります。これも狐女房譚です
※筑西市が「安倍晴明」の生まれた場所である…という(マイナーな)主張があります。安倍晴明の出自の伝説として「葛の葉」があります。これも狐が嫁入りしてくるお話です。


20131001g.jpg

ほろ酔いで気持ちよくなったところで、気持ちの良い天気の歩行者天国をブラリと散策。ふと、東京アニメセンターで『恋愛ラボ』の展示があったことを思い出し、そのまま直行。相変わらずのやる気がない展示を満喫してきました。等身大パネル・アニメの設定画集・大きなタペストリー、そして恋愛研究の活動場所である生徒会室っぽい再現。いつもと同じで工夫ねぇな!!

20131001i.jpg 20131001h.jpg

20131001j.jpg 20131001k.jpg 20131001l.jpg 20131001m.jpg


アニメセンターにやる気がなくても、周囲にやる気があるのが秋葉原。アニメセンター入口にはこんな看板がありました。

20131001a.jpg

『弱い自分を好きになる』 特別公演&進学相談会

スーツに身を包んだ学生さんが真剣な面持ちで将来のことを相談していました。その脇を通り抜けて『恋愛ラボ』です。「だっきー」とか「マキオ」とか、何だかわからないけど物凄いザイアクカンを感じるんだ…。

でも、ま、いっか!(←ホロ酔い)

再び街へ戻り、同人誌やらゲームやら、そろそろパソコンを新調しようかな…とスペックと値段を確認したりと、ぐるぐる回遊しました。この時期の歩行者天国は夕方まで続きます。ちょっとした夜の散歩が歩行者天国の終わりごろには楽しめたり…

20131001e.jpg

ん~~、やっぱり秋葉原は最高です。


今週のダライアスバースト another chronicle
darius.png

C → G → L:クリア
O → S → W:クリア
P → S:ボスで死亡
O → S → X:ボスで死亡
O → S → X:道中で死亡

時間はかかったものの「W」をクリア。これまで何度かクリアしていますが、今回は"運ではなく実力で"クリアできた実感がありました。Wコースはこれにて終了です。次はXへの挑戦。Pゾーンから始めるルート(PSX)と、Oゾーンから始めるルート(OSX)があります。ショットの強化を考えると、Oゾーンスタートが圧倒的に有利。ということで、OSXコース制覇が次の課題。いよいよ、ダライアスバーストの全エンディング走破が迫ってきました。


2013年のアキバ散策 44日(+1日)
| ホーム |