まほうつかい

リフレッシュ期間に「まほうつかい」の完成版を仕上げることにしました。長いこと放置していたので、仮組みして様子を確認。

20140531.jpg

何となく…ノリで、ステッキの棒を曲げました。フクモト君には直線より曲線が似合うと思うんですよね~。さっさとホワイトニングを済ませて、塗装&マスキングに移りましょう~
2014-05-31(Sat)
 

OpenCDISCはdefine.XMLをどうやってチェックするか

OpenCDISCのトピック

続きを読む>>

2014-05-30(Fri)
 

そして仮完成

地道な表面処理をこなし、仮完成しました~~。

20140529.jpg

振り返ればちゃっかり3ヶ月もかかってようやくこの段階。できることなら、あと二週間でも、一週間でも早く完成させたかったですね。昨年と比べると1日だけ早い完成。あんまり進歩してませんが、24時間を搾り出すのは大変でした。

こうやって改めてみると「ここ直したいな~」とか「狙った方向になってるけど、イマイチなのん」とか、反省が出てきます。そもそも根本的のレベルが低い……という、致命的な問題もあります。どうしても気になるところを修正しますが、それ以外は放置です。『ちょっとの気に入らないことでやり直していたら、何時まで経っても前に進めない』。いつか、どこか、何かの映画で耳にした一フレーズ。

手が届いたことを噛み締めて、手が届かなかったことを意識して。両方を抱えて前に進むことで人間は成長してくのだと思います。立ち止まらずに前に…っと行きたいところですが、その前にしばらく休息を(w

一週間くらいガレキや原型製作から離れるリフレッシュを計画してます。
2014-05-29(Thu)
 

ニセコイ [4]

20140606.jpg

この巻の展開
・小咲と千棘の両方が10年前の約束を楽に話す
・千棘と楽が10年前に出会っていたことが解る
・小咲も10年前に楽と出会っていた……らしいが、千棘の父の発言を厳密に解釈すると「るり」かもしれない
・第三の鍵の持ち主が登場する

ハイスピードで展開したところで、引き伸ばし用の新キャラ投入…といったところで終了しました。話を盛り上げる意味では、新しい候補を加えるのはアリだと思います。が、同時に収集がつかなくなるとか、新キャラ投入がマンネリの原因になるとか、いいことばかりではありません。

※ネタバレすると鍵の持ち主が増えるのですが…

引き伸ばすか、短く終わらせるか…の判断の分かれ目になった巻だと思います。結論は、引き延ばしですが、これが駄作への基点か、名作への基点になるかは、その後の展開次第ですね。
2014-05-28(Wed)
 

違う視線

20140527a.jpg
アキバは自分の知らない驚きに溢れている---


ということで、秋葉原に帰還しました。今回は一人で歩かずに二人で歩く秋葉原散策となりました。珍しいパターンです。や、団体行動もできますよ?

お昼ごはんを食べてから、歩行者天国を横目にターゲットをフィギュア関連の店に絞り込んで移動。ガレキ製作用の道具を買い足しながら(というか、付き合わせた)、色々と見て回りました。これが面白いんですよね。

マンガの店に入れば、「どれが面白い~」とか話せますし、何気なく入店したドールの店で「何、このレベルアップ感…」と二人して驚いたり、ネタ系Tシャツの店であれやこれやと冷やかしつつ、自分の水準が下がっていることを再確認したり(笑)

自分には何の変哲もない「いつも通っているお店」でも、お相手さんから見ると「おっ?」と感じるものがある。それについていくと、「あれ?こんなのあったっけ?」という発見が…。自分一人では、見つけられないものを教えてもらって、それを見て学んだり、驚いたり。それも一つ二つじゃなくて、入る店につき発見が一個くらいのペース。

二人歩きの秋葉原には、一人歩きとは違う味があるってことがよーーーくわかりました。もちろん、お相手の器量によるところも大きいですし、今回はそれにも恵まれました。感謝、感謝です。


っと、面白いこともありましたよ。まずはコトブキヤのイベントフロアで刃牙の展示が行われていました。えーと、ネットの界隈で言うところの有名なギャグマンガですね。基本、フィギュアや原画の展示がメインなのですが、プロテインも展示されていました。アキバでプロテインっすかーー!
20140527b.jpg

20140527c.jpg
プロテインのパッケージとしてはアリかもしれません(?)

そして、絶好調!Tsukumo Ex.館前のホワイトボード。昔はイチ押しの製品に引っ掛けたネタ、季節に合わせたネタでしたが、作者の趣味になっているだけような…(笑)。艦隊これくしょん、流行ってますよね~
20140527d.jpg


2014年のアキバ散策 24日(+1日)
2014-05-27(Tue)
 

靴に苦戦

形を固めていなかった靴を作りました。正直、ワケワカランです。

20140523.jpg

ごく普通の靴…それこそ、社会人から高校生まで履いているような何の特徴もないものです。それに苦戦しました。よくよく考えると、靴を作るの初めてなんですよね。これまでを振り返ると、黒ニーハイ→ブーツ→白ニーハイ、ときました。ニーハイ好きなのか、俺は。

なんとなく形になっていますが、修正すべき点が多そうです。靴底をぺったんこにするか、ヒールをつけるか…の選択もありますし。自分はぺったんこ靴底が好きなので、そっちにしてますけどね。
2014-05-25(Sun)
 

いくつか完成

およそ半分のパーツが完成しました。

20140521.jpg

…といっても、靴を造形していないし、原型の修正もしたいし。っつーか、頭がでかいというか、肩が下がりすぎというか、とくにかく修正したいし。なので、完成といってもあまり意味がありません。原型を修正するための下準備と呼ぶべきでしょう。

早いところ片付けなくちゃ
2014-05-23(Fri)
 

日本語入りのXPTファイルをOpenCDISCでバリデートする

ちょこっと考えてみました。

続きを読む>>

2014-05-22(Thu)
 

アキバでお仕事

秋葉原でお仕事よ!ヘイヘイ!!

ワンフェス用の原型製作に諦めをつけて、秋葉原へ帰還しました。真面目にお仕事関連の移動です。前日入りしたので、アキバの夜景を楽しみました。こんなオシャレなビルが建つ街だと、10年前には想像もできなかった。
20140521e.jpg

秋葉原には足しげく通っています。しかし、夜の食事を街中で摂るのは稀。今回は、滅多に食べる機会がなさそうな夜のカレーコースを楽しみました。

20140521a.jpg
まずは、秋葉原限定ビールでスタート。普通のビールより、味が濃い印象。それほど冷えていない方がおいしいです。

20140521b.jpg
続いてサラダをつまみ

20140521c.jpg
がっつり野菜沢山のカレーを食べました。仕上げに生姜とはちみつのシャーベットもいただきました。これで1980円也。

っと、買い物もしました。ガレキ関連で塗料・サフ・シンナーを補給。更にゲームも一本仕入れました。最近はなぜだかゲームを良くプレイしていて、一か月に一本以上のペースでクリアしています。例年のペースだと3か月で2本くらいのペースなんですが、今年は倍以上のピッチです。

後は、マンガにラノベ…と行きたいところですが、自重。アトリエには未読のマンガが数冊、ラノベも一冊あります。これ以上、積み上げても…と。まぁ、「ニセコイ」と「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」を買ったんですけどね!

T:「普通に買ってんじゃねーか!」


翌日は東京の友人と食事会。これまたおいしいお店でウニの炙りやら、牛ステーキやらをワインと一緒に食しました。うまかった!
20140521h.jpg

腰を据えて秋葉原を散策すると、新たな発見があります。裏通り、まんだらけビルの斜め向かいに新しいビルが開業。一階にローソンが入り、コンビニエンスストア事情が変化しました。秋葉原といえば「ファミリーマート」が多く、外れに「セブンイレブン」、駅前に数店舗…というイメージ。ローソンが目立つ場所にできたのはちょっと驚きでした。また、秋葉原の秘境こと千代田海藻の跡地にもビルが新築されています。こちらのオープンも間近。

秋葉原駅前にあった、秋葉原で最も暗くて、臭くて、汚い公園はすっかり綺麗になっています。夕方になれば、地べたに座って缶ビールを飲むサラリーマンがいて、相変わらずなんですが(w
20140521f.jpg

九十九電機の看板は絶好調。これを描いているスタッフさんを大切にしてほしいものです。貴重な人材です
20140521i.jpg


20140521d.jpg
ソフマップの巨大壁看板。ラブライブの看板が入れ替わっていました。真姫さんですよ。定期的に入れ替えて、最終的には全メンバーが登場するんでしょうね。えーと、にこ・エリ・スピリチュアル○○さんが、次の出番を待ってますね!


2014年のダライアスバースト another chronicle
darius.png
参考:ゲーム全体のコース図

秋葉原に滞在したので、プレイも豊富にこなしました。

1回目
Q → U → Z:道中で死亡 [Genesis]
Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]
A → D → I:クリア [Assult]

完全に開き直って、GenesisでQUZコースの修行モードに突入しました。これまでは勢い任せにクリアを狙っていました。結果、GTVに全く歯が立ちません。アプローチを変え、ゼロから自分なりのパターンを構築していくことに。…といっても、勢い任せでプレイしてきた成果は役に立ちます。少なくとも、Qゾーンはしっかりとした形ができています。むしろスコア稼ぎに走ってもいいくらい(笑)。実質的にUゾーンの戦い方を仕上げています。

2回目
Q → U → Z:道中で死亡 [Genesis]
Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]
B → E:道中で死亡 [Assult]
B → E → J:道中で死亡 [Assult]

なぜかアサルトでも修行を開始(w。こちらも基本コースから外れると、瞬く間に歯が立たなくなりました。うーん、このゲームは奥が深い…。QUZコースの修行では、Uゾーンの戦い方を調整中。Zゾーンに行けるので、こちらのパターン構築も行っています。軒並みやられてしまいますが…

3回目
Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]
B → E → J:道中で死亡 [Assult]
C → G → L:クリア [Assult]
C → G → L:クリア [Assult]

訳が分からないうちにアサルトで表捕鯨成功。初プレイでいきなりクリアしてしまいました。おかしいな、これが一番難しいはずなのだけれど…
20140521g.jpg


2014年のアキバ散策 23日(+3日)
2014-05-21(Wed)
 

ビブリア古書堂の事件手帳 [5]

「いや、俺も一緒に行けばいいじゃないですか」

20140516.jpg

4巻目で江戸川乱歩を題材にした長編。その後を受けた5巻は「最後の盛り上がり前の小休止」といったところでした。話を要約すると

『4巻の終わりで栞子さんに告白した五浦くん。二人は、無事にお付き合いすることになりました』です。うわー、短くまとまったよー(笑)。実際のところ、これが大事な部分。残りの重要なパートは、非常に分かりやすい王道なリベンジマッチの予告。本にまつわる謎解きエピソードがいくつか入っていますが、小粒ですし、リラックスしながらサクッと読めます。まぁ、こういう何気ない話中の人物が、最後で活躍したり、お助けキャラ的に登場したりするもんです。そういったメタな楽しみ方をしないと物足りないかも。

二人が付き合うことになりました~~が結論ですが、栞子さんの不安、五浦くんの素朴で真面目な回答のやりとりは秀逸だと思います。このタイミングでこの回答が来たら惚れるっしょ。ラストシーンで映像がバッチリ浮かんできました。サスペンスらしい幕引きも含めて。

いよいよ終わりが見えてきたこの作品。あと2~3冊で完結でしょうか。続きが楽しみです。
2014-05-20(Tue)
 

表面処理中

パーツの分割が終わったものから、サフを吹いて表面仕上げをしています。

20140519.jpg

表面処理が楽になるように製作段階から磨きこんだ甲斐あって、まずまずのペース。「何でもいいから作る」というレベルから、「先のこともちょっとは考えて作る」というレベルに進歩したんでしょうか(笑)

最近1年を見直すと、確かに成長の跡が見られます。でも、まだまだ不安定な進化です。ちょっとのことで後戻りしてしまう、確固たる実力と呼べるほどには身についていない…そんな感じ。もっともっと経験を積んで、時には振り返って、そうやって成長していきたいものです。

さて、続き頑張るぞ~
2014-05-19(Mon)
 

ニセコイ [3]

このタイミングで助けが来たら、惚れるってばよ

20140518.jpg

…ということで、「ニセコイ」の3巻を読了。ちょっと時間がかかりました。

この巻は、鶫と楽の関係に変化が出て、千棘と楽の間柄が進展します。基本設定では「楽と小咲」が相思相愛の関係にあります。千棘との距離を縮めておかないとパワーバランスが維持できません。冷静に考えると、小咲との関係をちょこっとずつ進めて、恋のライバル関係にあるキャラとの間のエピソードを稼ぐ…というのは、ごくごく自然な流れです。

それはさておき、鶫の初恋エピソードから千棘の過去の記憶へと続き、それが巻末のお話で上手にまとまっています。美しい流れでした。読んでいて気持ちよかったです。この後の巻で、またもや新展開になります。その前にしっとりした巻があって良かったな~と。緩急のつけ方が上手いんですよね、コレ
2014-05-18(Sun)
 

脚をばっさり

切り落としました。当然のように、かみ合わせがムチャクチャになっております(笑)

20140517.jpg

上手に分割できればよいのですが、毎回こんな感じです。紙ヤスリとかつかって修正すればいいんですけどね。前回のエントリの写真を見れば、元の状態には戻せます。……けど、面倒くさいんですよ!!

材料にファンドと呼ばれる石粉粘土を使っているのですが、乾燥に時間がかかります。パーツかみ合わせの調整はゆっくりとしか進みません。待ち時間に休憩するか、秋葉原に帰っちゃうか、別のパーツを仕上げるか…してます。でも、たまには「一気にやりたい!」と言うときもあります。でも、パテを使うと刺激臭があります。悩ましい。

あ、今回は待ち時間に休憩してます。はい
2014-05-17(Sat)
 

Define.XML作成の基礎ステップ

Define.XML作成の基礎ステップ

続きを読む>>

2014-05-16(Fri)
 

全体像完成

右手が完成したので、全てのパーツが出揃いました。様子を確認するために写真撮影。

20140513.jpg

難アリですけど、ここまで漕ぎ着けたのはまずまず。何が「まずまず」かって言うと、4月中旬~下旬ごろでこの状態だってことです。ワンフェスの本申請……このときまでに原型をほぼ完成状態にするのですが……は5月頭。その10日ほど前に、かなりのところまで完成させています。表面処理もそこそこ終わっていますし、簡単な分割も行っています。

今回は、完成までのスピードを重視しました。上手な人たちと比べると「だから何?」というレベル差があります。けれども、一年前の自分と比較すると成長しています。確実に速い。頑張った成果がちょっと出たよーな気がします。

パーツの干渉により靴が未完成なので、次は分割です。
2014-05-15(Thu)
 

WHO DRUG DICTIONARYの基礎

WHO DRUG DICTIONARYは薬剤の辞書。元は医療用医薬品のみを取り扱っていた。時代とともに拡張されて、市販品医薬品を追加したWHO DRUG DICTIONARY Enhanced、薬用植物のデータを取り扱うWHO DRUG Herbalが登場している。上の3つを組み合わせ、Combined Dictionaryと呼ぶことがある。

続きを読む>>

2014-05-14(Wed)
 

全パーツ完成まで

あと僅か!

20140509.jpg

髪の流れが完成。右手も大まかな削り出しを終了。どちらも細部を仕上げて完成に至ります。そして、これらが完成すると、全パーツが揃います。残すは靴・服のスジ掘り・眉毛の作成。細かい修正、もしくはパーツ分割を必要とする箇所です。

ここまでくればあと一歩。表面処理作業を進めつつ最後のツメに入ります。
2014-05-13(Tue)
 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 [8]

現在の自分を苦しめるのは、過去の自分だ。
おそらく未来の自分を苦しめるのは現在の自分だろう。


…ということで、「俺ガイル」の8巻を読みました。今回は生徒会長選挙が舞台です。

20140508.jpg

学校の生徒会会長の選挙が行われることになったが、そこに立候補したのは周囲の悪戯によって、候補に仕立て上げられてしまった一年生女子。「彼女を選挙に落選させる」という依頼が、奉仕部にもたらされます。

相変わらず自分を犠牲にして目的を達しようとする比企谷八幡。一方で、そんなやり方に黙っていられない雪ノ下と由比ヶ浜。その対立のミゾは埋まらず、互いのやり方で依頼を解決することになります。与えられた時間はごく僅か。選択肢が少ない中、雪ノ下は自らが対立候補になることを選択。それでは「奉仕部」が消滅してしまう……と心配した由比ヶ浜も、自ら生徒会長に立候補しようと奮闘。

そして比企谷は、"自分が問題を抱え込む"ような二人のやり方に同意できず、裏から手を回すことになります。誰もが傷つかないはずだった選択。しかし、そのアイデアが実現したとき、裏にあった誰もが幸せになれたかもしれないもう一つのエンディングが…


邪道を行くダークヒーローがたどり着いたビターエンド。思いもよらない頼れる人脈を得たのに、「比企谷には生徒会が合いそう」というアドバイスがあったのに、振り返れば目の前にヒントはあったのに…。その捻くれた行動ゆえにたどり着く、必然的な『救いのない』結末となりました。

けれども、こういう失敗やつまづきがあるのが青春時代。それぞれが、互いを思いつつ、自分を貫きとうそうとする真っ直ぐさがあればこそ、この苦い結末がそれほど気にならないのでしょう。メタ構造的に考えると、この巻でこういったエピソードを持ってくる→最終的にはその上を行く展開がある……ということかもしれません。続く9巻で、奉仕部がどうなるのか、興味は尽きませんね。
2014-05-12(Mon)
 

やりたいことだけやる

…という作業の結果、左手ができました~

20140507.jpg

おおよその塊を作っておき、それを調整。徐々に加工して手を作ります。昔は一週間かかって、ロクな形ができませんでした。今では進歩して、2~3日で完成します。形もまずまず。もっともっと練習して、より早く、より複雑な形を作れるようになりたいものです。

さ、次は右手です。違う形状を作ることになります。きっと良い経験になるでしょう。
2014-05-11(Sun)
 

CDISC Webinarのメモ

重要な注意事項
個人的なメモ書きです。内容の正確性は保証しません。自己判断・自己責任でご利用下さい。

続きを読む>>

2014-05-10(Sat)
 

大きく、そして小さく

髪のパーツを製作しています。

20140505.jpg

バナナのフサを作る要領で作っています。これ以外のアプローチもあるのですが、いつもこの方法になってしまいます。ざっくりと盛り付けて形を確認。おかしなところを見つけながら、調整をかけています。

どのパーツでも『全体を作って雰囲気を確かめる』→『詳細を煮詰める』という手順がとてもよく馴染みます。細部をいじるうちに全体が変?と思えば、前のステップに戻って修正。このループを繰り返す間に、形が自然とできていきます。

ちなみに髪のフサ(バナナ)は作業を繰り返すうちに消滅します。じゃあ、「なんでフサを作るんだよ!?」と自己ツッコミを入れつつ、今日も修正。明日も修正。コツコツ積み上げていきましょう!
2014-05-09(Fri)
 

連休最後の秋葉原

トレジャーフェスタ・聖地巡礼と続いた後に、きっちりと秋葉原散策もしています。

トレジャーフェスタ会場を離脱し、聖地巡礼を終えてから秋葉原へ移動。現地に到着した時はすでに夕方でした。適当にお店を巡回してゲームを一本購入。その後に「オレンチ」へ行って、のんびり夕食としゃれ込みました。「オレンチ」は月に一度くらいの頻度でお邪魔している「野菜とワイン」のお店。ここの店員さんとは仲が良く、完成した原型写真やトレフェスの写真を見せて雑談。

ごく普通のバイト君と店主さんなのですが「まどか☆マギカ」とか「エヴァンゲリオン」などが通じます。侮れないですね~

そのまま一泊し、翌日に再び秋葉原へ。
20140507xb.jpg

お店をぐるっと回りましたが、5日前の状態とほぼ同じでした。っつーか、一週間で変化するわけないですね(汗

それでも自分が気づかなかった世界を発見することができました。メイドカフェ発祥の地「キュアメイドカフェ」があるビルの広告ですが…
20140507xa.jpg
(「イメージキャラクター」ではなく「イメージガール」という表記に注目)

ラブライブバージョンに変わってました!キュアメイドカフェで「ラブライブ」をテーマにしたイベントを開催している……のを耳にしていましたが、こんなことになっているとはまるで気づかず。しかも可愛らしく出来上がってるし。そりゃ、入店整理券も飛ぶようになくなるでしょう。っつーか、ラブライバーすげぇな!

その後、フラフラと散策を続けましたが、前日の疲労もあって眠気に襲われたために撤収。カラダが辛かったのでグリーン車を使って大阪のアトリエに移動しました。フットレストがあると疲労度が違いましてね…


2014年のダライアスバースト another chronicle
darius.png
参考:ゲーム全体のコース図

ジェネシスで裏捕鯨をするのは無理かも……と悟りつつあります。ボス戦で10秒持たないです。その悩みが道中のプレイに迷いを生んで停滞モードに入りました。

Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]
Q → U → Z:道中で死亡 [Genesis]
Q → U → Z:道中で死亡 [Genesis]
Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]

G.T.Vでドリルミサイルを破壊しないと、爆風が邪魔をして敵弾を躱しにくくなります。すなわち、心の目で見える状態にするか、きっちり撃ち落とすしかありません。撃ち落とすには、サポートユニットの使い方をマスターした上で、敵弾の弾道を計算する必要があります。いずれにせよ、G.T.Vの砲撃パターンを把握するしかありません。これがかなり難しい。ギブアップするかも。

その他のプレイ

Q → U → Z:ボスで死亡 [Next]
A → D → H:クリア [Assult]


2014年のアキバ散策 20日(+2日)
2014-05-08(Thu)
 

トレジャーフェスタ

無事にワンフェスの本申請を済ませ、トレジャーフェスタに行きました。
あ、本当に本申請終えてますよ。本来の意味で。

特に欲しいキットがあるわけでもないため、ゆっくりと会場入り。12時過ぎに東京ビッグサイトに到着しました。
20140507a.jpg

会場入りした直後に友人から電話が入り、お食事会。友人は開場直後から参加していて、ちゃっかり買い物していました。世間話や積みキットの話をしながら食事。そして、別行動で再びトレジャーフェスタに参戦。

みんなが好き勝手に作りたいものを作って、勝手に持ち寄る。ただそれだけのことですが、そうやって出来上がる会場は幸せに溢れています。会場を歩き回る間、ニコニコが止まりません。巧い作品を見てビックリし、愛が溢れる作品を見て刺激を受け、思わぬ作品を見てドキドキ。まさにヘブン状態。にっこにっこに~

ざっと目を引かれた作品をご紹介

初音ミク
20140507b.jpg

20140507c.jpg

それぞれ別のディーラーさんの作品。上がATELIER HIROさん。再販ですが、良いものなのでご紹介です。下がArti【】Gateさんの「桜ミク」。他のディーラーさんでも初音ミクのキットがありました。未だに人気…というより、完全に定着し、そして愛されているキャラクターになりましたね。

スペースダンディから「ダンディ・ミャウ・QT」
20140507d.jpg
肌色率が高め中で異彩を放っていた作品。カッコよかったです!こちらもATELIER HIROさん

ドラゴン
20140507e.jpg

20140507f.jpg
北海道教育大学美術研究所さんのファンドで作ったドラゴン。サフとファンドの消費量がバカにならなかったとか。これはでかいドラゴンだ!

シドニアの騎士
20140507g.jpg
現在アニメ放映中ですね。メカ物が好きな人はチェックしていたんじゃないでしょうか。

オリジナル
20140507h.jpg
ATOMIC-BOMさんのオリジナルキット。これが出来が素晴らしくて…。特に顔の造形は美しかったです。こういうのが作れたら楽しいだろうな~。自分もやってみたいな~と感心しきりでした。

オリジナル?
20140507j.jpg
ゴメンナサイ。勉強不足で、オリジナルか版権ものか区別できませんでした。こういう作品も好きです。そして塗装が丁寧です。

古明地こいし・秦こころ(東方)
20140507k.jpg

20140507l.jpg
ULTRAZONEさん。こちらも鉄板コンテンツ、東方シリーズからの作品。初音ミクと同様、幅広いディーラーさんにより製作されていました。その中でも出来が良かったのはこの2つです。

ウィッチクラフトワークス
20140507m.jpg
今回のNo.1です。何といっても可愛らしい。『こういうのアリ!』と納得しました。複雑な形でなくとも、小さくとも、パーツ数が少なくとも、パッケージとしての完成度が高ければ素晴らしい作品になる…というお手本ですね。小抹香さん…だったと思います。


ホワイトブレスから「春日美乃」 (HAPPYFULLTHROTTLEさん)
20140507n.jpg
S:「!!!!」

今から10年ほど前に製作されたゲームのキャラクター。これを作る人がいるのか…と驚きました。食事のときに「キットを買うつもりはない」と発言していたのですが、これを買わないわけにはいきません。深呼吸して、周囲を見回して友人がいないことを確認。いえ、確認せんでもいいのですけど。ササッと買って振り向いたら、真横に友人がいました。

お前ら何なの?オレのファンなの?ストーカーなの?

…とまぁ、よく分からないオチが着いたところで、トレジャーフェスタ会場を離脱。なんだかんだで楽しいひと時でした。当たり前のことですが、イベントには行く価値があります。そんな単純なことに改めて気付いた一日でした。次のイベントも参加したいですね。一般でもディーラーでも。
2014-05-07(Wed)
 

今すぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!

第二回、聖地巡礼

続きを読む>>

2014-05-06(Tue)
 

AEドメインのEPOCHという名の地雷

有害事象ドメインにEPOCHというTiming Variableを含めることができる。このEPOCHがどれくらいの地雷原かメモ。

続きを読む>>

2014-05-06(Tue)
 

やりたいことしかやらない

腕の分割を終えたため、やれる事が増えました。

・腕を作る
・手を作る
・前髪を作る
・リボンを作る
・後髪を作る

この5つの作業の全てを終わらせなければ、原型は完成しません。そして、どれからやっても大丈夫。つまり、『その日の気分でやりたい作業をやる』という作戦が遂行できます(笑)

20140503.jpg

この作戦、裏から眺めれば「スケジュール観念なしの適当」です。けれども、やる気のある作業を行うので、手が止まる事がない……という強力な一面もあります。結局のところ、限られた時間の中で一定量の作業をこなせば原型が完成します。完成見本だって完成します。スケジュールの調整に重点を置くあまり、手が動かないのでは話になりません。「やれることをドンドン進める」のも一つのスタイル。

今は、このスタイルが自分のモチベーションにマッチしているようです。ならばそれで進むだけ。スケジュール管理も行いますが、参考指標と考えましょう。

あるときは「制限時間を設けて作業」
あるときは「ガチガチにスケジュールにしたがって作業」
あるときは「やりたいことをやる」

方法論は沢山あるほうがいいです。うまく組み合わせて行けばいいのですから。
2014-05-05(Mon)
 

元気を貰う旅

ワンダーフェスティバルの本申請が近づいていますが、平日に秋葉原散策に繰り出しました。え?原型製作はどうしたのかって?
終わってますよ。色々な意味で

20140502a.jpg

今回はかなり変則的な動きをしました。まずは秋葉原へ直行し、ダライアスバーストの修行。それを終えると東京駅まで舞い戻り、違法解雇してくれやがった前のクソ会社の元同僚とお食事会。違法行為をした会社はゲロ以下ですが、元同僚との関係を大切にしています。駅前で食事をしながら情報交換。少しでも見聞を広げるためのお勉強です。

昼休みを目一杯に使ってお話した後は、再び聖地アキハバラへ帰還。

20140502e.jpg

まずはヨドバシアキバでサフと紙やすりを仕入れ、本屋で「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」と「こあくまメレンゲ」と「ニセコイ」をゲット。原型製作のストレスを買い物で解決しました。「こあくまメレンゲ」は「のんのんびより」と同じ作者が描いた短編です。「のんのん~」の原型とも言えるので、資料としてチェックです。

その後は、フィギュア・ゲーム・PCパーツの店を巡回。月末に新作ゲームが大量に出荷されたため、かなり賑やかな商品ラインナップとなっていました。ま、平日なんで人は少な目でしたけど。というか、平日にフラフラしてる自分のダメっぷりはどうなのん?(w

店頭で目を引かれたのがエアダスター。圧縮した空気を噴射することで、パソコン周りの埃を吹き飛ばす道具です。これを擬人化した商品を見つけました。アキバ系住人の可能性は無限大ですね。ここまで食い尽くすかっ!と思いました。というか、可愛いイラストをつけるだけで、ただのエアダスターにこの値段が付くのだから、いい商売なのかもです。

20140502b.jpg
それ、何ていうレーシングミク?的なデザイン。キャラデザインが被っちゃっただけなんでしょうけど

20140502c.jpg
本体はこんな感じ。これじゃあ、オフィスで使えないじゃないですかー(w


もう一つ見つけた面白い商品がこちら。

20140502d.jpg

えー、中に入っているシャルのフィギュアではなく、ケースそのものに注目してください。ソフマップ限定で発売されている、ソフマップならではのフィギュアケース。分かる人には分かるマニアックな設定を再現したケースです。正直笑いました。何だよこれ(www

夕刻まで街をグルリと回遊し、最後は行きつけのお店「オレンチ」にて食事。店員さんとささやかな会話を楽しみつつ、元気を貰って帰ってきました。面白いことはいつもこの街から。大切なことはこの街にある。そう思える場所があることにささやかな感謝を捧げます。ありがとう、そして、ありがとう


20140502f.jpg
おっと、恒例の『絵師100人展』が開催されていました。平日だと実に気楽に入れますよ~


2014年のダライアスバースト another chronicle
darius.png
参考:ゲーム全体のコース図

ジェネシスで捕鯨を目指してプレイ。倒せなかったものの、ボスまでたどり着けるようになってきました。道中が不安定ですが、徐々に前進。

Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]
Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]
Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]
Q → U → Z:ボスで死亡 [Genesis]

G.T.Vで死亡する主な原因はドリルミサイルを破壊するのか、爆発させるのかで迷っていること。無理やり前に出てみたり、破壊を諦めて回避に専念してみたり、どっちつかずの中途半端になったり…と、ゆらぎを見せています。この迷いを振り切らないことには前に進めないでしょうね…

C → F:ボスで死亡 [Next]
C → F → J:クリア [Next]
Q → U → Z:クリア [Next]
C → G → L:クリア [Gaiden]

他にも、色々と気ままに遊んでみました。ある程度の慣れが出てくると、楽しいですね~

2014年のアキバ散策 18日(+1日)
2014-05-03(Sat)
 

臨床試験データは誰のものか [9]

臨床試験データ公開のトピック

続きを読む>>

2014-05-02(Fri)
 

分解

長い間、胴体にくっついていた腕を分割しました。これで、届かなかった箇所の造形ができます。

20140501.jpg

次は腕~手にかけての造形。ここは難関でもあり、同時にとても楽しいところです。手はややこしい構造をしていますが、じっくり観察するとそれなりに形になります。地道に作っていきましょう~!
2014-05-01(Thu)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ