甘城ブリリアントパーク [5]

よーし、アニメ放映中に一冊出して、お金稼ぐぞ~

20141130.jpg

…という甘い根性が見え見えの5巻です(笑)

メインのお話1本+ショートストーリーを3本の構成でした。ショートストーリーはつまらなかったです。お話の軸になるキャラクターを決めて、無理やり書いた感じがしました。『あとがき』でも、難しい…と書かれていました。相当、苦労されたのだと思います。,

一方のメインのお話はとても面白かったですね。ドタバタのコメディ形式を取っていますが、テーマは親子関係。他の家族関係の面倒を見ているうちに、自分の家庭環境を見つめなおすことになる……そんなありふれたテーマです。でも、書き手の技量があれば、素敵なストーリーになります。アニメ化に合わせた資金稼ぎとはいえ、良質な一冊に仕上がっていました。

もっとボリュームがあると言うことなしなんですけど。
2014-11-30(Sun)
 

シリコン型生産中

ガンガン、シリコン型を作成しています。こうやって並んだのを眺めると『やればこのくらいできるんだな…』と実感できます。メンドクサイんですけど(笑

20141129.jpg

今回の制作において、シリコン型の作成は必須ではありません。ですが、経験を積む上でこの作業をやっておく必要があると考えています。数をこなすことで積みあがる体験、一気にどれだけ作業できるか限界を知る、手際の良さが向上する…。メリットは沢山あります。

実際にやってみなければ分からないこと。それを体験することはとても貴重なことです。チャンスを逃すなんて勿体ないです
2014-11-29(Sat)
 

連休に秋葉原

定期運航、出張、連休などの要因が重なり、3週連続の秋葉原散策となりました。

20141127a.jpg

この日は、フィギュア関係の人と会うのが主目的。待ち合わせ時間を決めていたのですが、互いに早めに秋葉原にいたため、予定を1時間ほど早めて合流しました。昼食を取り、フィギュア関連の店を回り…、と気が付けばいつも通りの行動に(笑)

秋葉原駅前のボークスホビー館が、フルオープンとなったため、フロアをチェックしました。正直、ガッカリでした。これなら隣のラジオ会館の方がいいですね。それでも良いところを上げるなら、上層階(5Fくらい?)のフィギュア販売フロアが上質でした。品揃えもいいし、きちんとジャンル分けされているし、見本展示もよい具合。ゆとりある雰囲気は他の店ではないものでした。

20141127b.jpg
アニメはグダグダの出来でしたが、このフィギュアはよいものだと思います


その後、アトレの上で、スイーツを食べながら歓談。艦隊コレクションの様子を見せ合ったりしていました。

S:「これが、まともにプレーした艦これなのか…」

と、お相手の画面を見てしみじみ思いました(笑)。それと比べると、一日30分のプレー&Wiki読まない自分のスタイルだと、こんなもんかなーという感じ。せっかくなので、色々と役に立つ基本テクニックを伝授してもらいました。よく研究している人は違うんだな~とさらに実感しました。丁寧に教えてもらったし、これで多少はよいプレーヤーになれる!かな?


その後、軽く秋葉原内を散策して、お別れ。その後は一人に戻って秋葉原散策を続けました。九十九電機のホワイトボードもチェック。つくもたん、エライ歳を取ってます(汗)
20141127c.jpg

そしてコトブキヤに展示されていたガンダムが相変わらずかっこよかったです!
20141127d.jpg


2014年のアキバ散策 55日(+1日)
2014-11-27(Thu)
 

ニセコイ [14]

ここから話がまとまるのか!?

20141124.jpg

またもや新キャラ登場です。中国のマフィアを総べる女性、羽(ユイ)。彼女は楽の幼馴染で、姉とも呼べる女性です。彼女には幼いころの記憶があり、どうやら鍵とペンダントと約束の真相を知っている模様。「大切な人は誰か?」という質問に楽が答えを出したとき、知っていることを話すと彼女は約束するのでした。

……というのがこの巻のあらすじです。ぶっちゃけ『鍵を持つ女性がまた一人増えて、ハーレム拡充』です。ただ、この新キャラはハーレム要員でもあり、物語の流れを変える力を持つ存在でもあります。これで、話をまとめるためのピースが一通り登場した印象を受けました。というか、同じパターンで関係者を増やし続けるネタは完全に擦り切れています。まとめに入るにはちょうど良い流れ。まとめに入ってくれるとよいのですが…。
2014-11-26(Wed)
 

メイン作品も

シリコン型作成に着手しました。原型のままグダグダやっていても仕方ありません。サクサクと先に進めます。
一つの作品に腰を据えて取り掛かれるだけの実力はまだありません。今は数をこなして経験値を積むべきフェーズ。ずっと前から言ってますね、これ(笑

20141119.jpg

残念ながら、私は学習能力が遅い(学習曲線の立ち上がりがなだらかな)人間です。小さい頃からそうで、コツコツと続けて、他人より3倍くらい時間をかけて物事を理解してきました。不便ではありますが、『時間さえかければ理解できる』という経験は大きな力になっています。簡単に諦めない、理解のキッカケに敏感、推論を行うクセ……どれも使いようによっては素晴らしいこと。

『俺強ぇ~~!』な人生だったら、どれも身につかなかったと思います。与えられた土俵で戦うこと。それは自分にとって大切な宝物を見つけるための関門だとしみじみ思います
2014-11-25(Tue)
 

とあるブログのCDISC標準解説書目録

当ブログで勝手に作成したCDISC標準の解説文書のリストです。

SDTM関係
 AP標準 (16-Aug-2013)
 Device標準 (12-Apr-2013)
 PGX標準 [非公開] (31-Dec-2014)

治療領域別標準
 アルツハイマー (24-Jan-2014)
 喘息 (18-Jan-2014)
 Cardiovascular TAUG [非公開] (14-Nov-2014)
  (06-Jun-2012)
 Diabetes TAUG [非公開] (24-Nov-2014)
 Influenza TAUG [非公開] (01-Nov-2014)
 MS TAUG [サンプル] (22-Apr-2014)
 疼痛 (18-Oct-2012)
 パーキンソン病 (12-Jul-2013)
 PKD (26-Apr-2013)
 TQT-TAUG [サンプル] (16-Sep-2014)
 結核 (12-Jul-2012)
 Virology (28-Mar-2013)

Lab関係
 Lab Reference Model (06-Dec-2011)

Define.xml
 define.xml 2.0 [サンプル] (26-May-2014)

ADaM
 ADaM解説 (08-Sep-2011)

SHARE
 Share入門 (10-Jan-2013) 

FDAガイドライン
 Providing Regulatory Submissions in Electronic Format - Standardized Study Data (30-Apr-2012)
 CDER Common Data Standards Issues Document (20-Jan-2012)
 FDA PORTABLE DOCUMENT FORMAT (PDF) SPECIFICATIONS (14-Jun-2013)

ドラフト版ガイダンス
 Guidance for Industry 要旨
 Providing Regulatory Submissions in Electronice Format – Standardized Study Data要旨
 Study Data Techinical Conformance Guide 訳 [サンプル]
2014-11-24(Mon)
 

Webinarのメモ

個人的メモ

続きを読む>>

2014-11-24(Mon)
 

ちまちまと制作を…

シリコン型作成が落ち着き、複製に集中。その脇で完成見本制作を始めました。

20141117.jpg

まずは軸打ちから開始。先に全体像を出しています。この方法がいいという訳ではありません。単なる気まぐれですね。要は完成すればいいんですよ(w
2014-11-23(Sun)
 

臨床試験データは誰のものか [18]

2つほど関連記事を紹介。

続きを読む>>

2014-11-22(Sat)
 

シリコン型、一丁あがりっ

複製の脇でシリコン型の作成も同時並行~

20141113.jpg

写真のシリコン型の完成により、オリジナル作品のシリコン型制作が完了しました。後は、複製を繰り返すのみっ!そのあとで、版権物のシリコン型作成とか、オリジナル作品の完成見本を作るとか、まだまだ作業は続きますけれどね。

この一歩は小さな一歩だが、進捗上はやっぱり小さな一歩だ

です。や、現実なんてこんなものですよ(笑
2014-11-21(Fri)
 

ニセコイ [13]

これはいいお話!!

20141120.jpg

ニセコイ13巻。これは素晴らしい出来でした。なんといっても「るり」のお爺さんのお話が一押し。サブキャラクターに最低限の設定を与えると名作ができることが多いのですが、これもその一つ。夏の爽やかな空と、ちょっとした寂しさが重なるラストは極上です。

このペースでいいお話を作ってくれるとよいのですが、肝心の本編が全く進まないのも困りもの。どうやってバランスを取っていくのか舵取りが難しそうです。どのあたりで終わりにするか、それともダラダラ続けるのか。作り手側の力量と決断が試されますね…
2014-11-20(Thu)
 

複製中~

日常生活の暇を縫って、複製を進めています。

20141111.jpg

今回の複製作業は大きな問題がありません。今のところは。失敗もするけれど、修正すればきちんと直ってくれます。作業の数をこなせば結果が出ます。何ともありがたいことです。ここから複製品が大量に出るので、複製した製品を無くさないよう、管理が重要になります。コツコツと袋詰めするだけですけどね!

単純作業だけれど、気を抜かずに行きます!
2014-11-19(Wed)
 

秋葉原

週末に秋葉原を散策することを……強いられているんだっ!!(←ネタ古い)

20141117m.jpg

中4日で秋葉原に帰還しました。この週末の東京は雲がほとんどない秋晴れ。そして、やたらと寒い週末でした。油断したら簡単に風邪を引きそうなくらい。日向はともかく、日陰に入ると風が冷たく、首を思わずすぼめるほど。道行く人の中には冬物のコートを着ている方がチラホラ。「11月の中旬だから早すぎるでしょう」と突っ込めない状態でした。私もネックウォーマーを装着して寒さ対策を取っていました。


アキバ巡回ですが、一週間経ってもやることは変わりません。まずはコトブキヤへ突入。どうも館内のフィギュアの再配置を行った様子でした。一方で、目新しいフィギュアはなくて残念でした。謹製の連装砲ちゃんを発見できたので、これで満足とします。
20141117n.jpg

連装砲と言えば、社会人の基本。「連絡」「相談」「報告」ですね。連絡と報告って被ってる気がしますけど。相談はFace to Faceで、残りはメールで完結に行うのが効率的かな~と思います。


続いて、裏通りを散策しながら冬物の装備を調達。店先に並んでいる商品をコツコツとチェックしていきました。あっちへフラフラ、こっちへフラフラしていたので、時間の割に前に進まない状態に。スマホ対応手袋・クッション・厚手の靴下などを仕入れました。秋葉原では季節ものの商品が必ず出回ります。季節に備える買い物には中々便利です。お試しで『アルミかけ布団』も買ってみました。どんな風に使えるのか、色々と試そうと思います。

20141117k.jpg
こんな自動販売機があるんですよね~

裏通りを抜けて御徒町方面へと繰り出し、折り返しのルートで2k540へ。お昼過ぎに行ったせいか、大変空いていました。活気がない…というとそれまでなんですが、買い物には最適でしたね。混んでいるカフェも入れそうでした。人が少ない時期の秋葉原+午前中のコンビネーションなら、人気スポットを体験できるかもしれません。
20141117l.jpg


その後、秋葉原の裏通りをゆったりと散歩。ふと立ち寄った路地でこんなPOPを見かけました(笑)。これ、いつの間に設置したんでしょうかね?
20141117q.jpg


UDX前ではフリーマーケットが開催されていました。今回は充実のラインナップ。お店の数が多く、いつも以上の盛況ぶりを見せていました。もっとも、秋葉原に訪れる人の数が少な目な時期なので、噛み合っていない感がハンパなかったですが…
20141117p.jpg


こんな風に秋葉原の周辺を散歩しながら買い物をすると、手持ちの荷物が増えてきます。あまり遠出ができなくなったので、仕上げにラジオ会館に立ち寄りました。透明シリコンをちゃっかり補給。更に荷物がずっしりと重くなりました。このままでは体力が持ちそうにないので、ここで秋葉原散策を終了。コンパクトに買い物に集中した一日となりました。内容を圧縮するとこんな感じになるんですね~

20141117o.jpg
まだまだプッシュされている萌える城シリーズ


次回の秋葉原散策は3連休の予定。何もないのに3週連続秋葉原です。もっとも、その後3週間ほどの『秋葉原に帰還しない期間』があります。相殺していつも通りの頻度になるんですけどね。


2014年のアキバ散策 54日(+2日)
2014-11-17(Mon)
 

仮完成

表面処理を終わらせ、仮作成状態のリボンを装着しました。これで全体像が出ました。仮完成です。

20141103.jpg

この後、リボンの確定・髪パーツの分離・靴の微修正を行って、原型が完成となります。先は長いですが、ここまで来たってことにちょっと安心です。時には安息も必要なのですよ…
2014-11-15(Sat)
 

そうだ、シリコン型を作ろう

版権物に燃え尽きた感が出てきました。ならば、それは気分転換が必要なサイン。オリジナルのシリコン型作成作業へと舵を切りました。まったく、現実逃避は最強だぜ!

20141107.jpg

粘土にサクサクと埋めてシリコンを流し込み……のはずが、シリコンをケチり過ぎて、ギリギリの厚みになっています。複製するときに大丈夫かな…とやや不安です。以前にも、シリコンの厚みが薄くなってヒヤヒヤした想い出があります。

状況を鑑みるに、今回が最も危険なシリコン型です(汗

複製時は慎重な作業が要求されそうです。少量生産なので、2回複製に成功すればOK、5回複製できれば大成功ですが……。持つかな~
2014-11-13(Thu)
 

Healthcare Link User's Guide

セマンティックの話題が合ったので、簡単にメモ

続きを読む>>

2014-11-12(Wed)
 

秋の秋葉原

定例の秋葉原散策に行ってまいりました。季節はすっかり秋。中央通りの銀杏並木もそろそろ模様替えするでしょう。

20141111a.jpg

この日の東京は雨→晴→曇→雨という天候でした。天候が不調であることが分かっていたので、歩行者天国は中止。普通の秋葉原でした。天候と気温が下がったことで人出は少な目。この季節の秋葉原はそんなものです。


まずはゲームセンターに足を運び、ダライアスバーストを軽くプレイ。ここ数か月、楽しくプレーしています。修行というより、「クリアできればラッキー!」という軽いノリです。そして、クレーンゲームのプライズをチェックしました。

20141111b.jpg
まずは、テレビアニメ放映中「テラフォーマーズ」から、宇宙ゴキブリ。一色で済む作品です。が、これはこれで塗装がむつかしいんですよね。単調にならない工夫が求められます。頭や顔は表面のザラつきで差を作っているのが分かります。筋肉隆々なので、凹凸による陰影もあります。良いまとまりがあるのではないでしょうか。欲しくないですけど。

20141111g.jpg
続いて、ワンピースのトラファルガー・ロー。顔がうつむき気味なので、高いところに飾ると良さそうです。ボージングが大胆で、動きがあります。得物を活かしていますね。こっちのフィギュアは大人気。二人組のお兄ちゃんが、何とかゲットしようと悪戦苦闘していました。


続いて、コトブキヤで新作フィギュアのサンプルをチェック。数多くのフィギュアが量産されている「艦隊コレクション」でかわいらしい新作が紹介されていました。
20141111d.jpg

写真でうまく伝わりませんが、サイズが小さ目な割に、しっかりと特徴が出ています。
20141111c.jpg


その後、昼食をとりながら地元の人と会話。最近、秋葉原ではアフリカ系の外国人が数を増やしていて、言葉の壁に悩まされているとか。英語を話せる人ならコミュニケーションに困りませんが、アフリカだと何語なのかすら分かりません。国際化が進む中、課題は尽きないようでした。


お腹が膨れたところで、散策を再開。電気街秋葉原には、こんな商品も売られています。
20141111f.jpg
どういうルートで仕入れたのか分かりません(笑)。キノコを栽培したい人がどれくらいいるのかも不明です。ネタ半分で買っていく人はいるかも……です。


20141111e.jpg
九十九電機前のホワイトボードは「艦隊コレクション」ネタ。このボードを描いている人は、定期的に艦これのネタを扱っています。かなりの提督でしょう(笑)


20141111h.jpg
この週の目玉と言えば、このビル。ボークスのホビー天国です。しかし地下一階~地上二階までしかオープンしていません。地下と一回はレンタルボックススペース。地上二階はさしてやる気のないグッズ売り場。とても残念な状態に落ち着いています。お隣のラジオ会館の中のボークスの方がはるかに充実しています。徐々に売り場面積が増えるでしょう。ここは将来に期待しておくということで…


20141111j.jpg
三月兎が3つ目の店舗を出しました。その前に見事な連装砲ちゃんの大型フィギュアが。完成度が異常に高く、制作者の愛が感じられます。ちなみに店舗の中にはきちんと艦隊コレクション関連の商品がありました。看板に偽りなしです。同人のゲームや音楽を取り扱っているようでした。


20141111i.jpg
散策中に見つけた一番おもしろかったのがこちらの店舗。裏通りにあるお店です。営業時間に『雨天休業』と書かれています。この日は天気予報で降水がかなりの確率で予想されていたため、お休みでした。雨が降ったらお休みなんじゃなくて、雨の期待値が高いとお休みということらしいです。

電気街で取り扱う商品は水に弱く、かつ雨が降ると客足が鈍るといわれています。そのため、『雨の日には割引率が上がる』とか『店が閉まる』などという都市伝説があるくらいです。伝説じゃなくて、事実ですね。


2014年のアキバ散策 52日(+1日)
2014-11-11(Tue)
 

力尽きた感

髪パーツを分割しながら『顎と鼻の位置が悪い』『顔が長い(主に鼻より下で)』ということに気づきました。他は、もう妥結しちゃいます(w

20141105.jpg

それらを修正…なのでしょうけれど「もう疲れた」の一言で、自分の中で終了宣言が出せました。反省すべきは自分の見る目のなさ。何かやろうとしたのですが、手が届かなかったこともありました。手が届いたこともありました。なら、この原型制作で学ぶべきことは学んだのでしょう。

ここは踏ん張るより、先に進むところ。そんな風に思います。
2014-11-09(Sun)
 

Unified Code for Units of Measure / UCUM

Unified Code for Units of Measure / UCUM
システム間で「測定値と単位」の情報を交換できるように用意されたコード体系。特定の単位系(例えばSI単位)に注目せず、実世界で用いられている単位をカバーする。

単位のコードは、いくつかの問題を処理しなければならない。
・グリフ対応:Super scriptや大文字・小文字、イタリックといった表記上の規定をカバーしなければならない。特殊な記号が用いられる場合もある。これは表記上の工夫に過ぎない。
・データ交換の仕組み:単位の定義を正しく伝えるために、一定のルールを設ける必要がある。特殊文字を単位の定義に組み込んでしまうと、システム間でデータ交換ができなくなる。

「測定値と単位」に注目した規格には、ISO 2955-1983とANSI X3.50-1986がある。どちらのコード体系も、許容される文字を制限して、データ交換に耐えられるよう設計されている。ただし、タイポグラフィーを無視しているので、見た目にこだわるユーザーには満足いかない規格だ。また、全てのSI単位をカバーするわけではない。いくつかの不足分がある。対して、グリフにこだわった単位コード体系がENV 12435である。こちらはデータ交換に配慮していないため、Enforcementの観点からは無力である。

単位の定義は様々な機関により提唱されている(Bureau International des Poids et MesuresやISO)。しかし、それらの定義が現実に用いられる保証はないし、セマンティクスの観点から最適なわけでもない。UCUMは、現実的に用いられている単位をシステム間で自由に通信できるよう設計された単位のコード体系である(そのため、不恰好な単位体系やインテリジェントにデザインされていない単位もカバーされる)。

参考サイト:
http://unitsofmeasure.org/trac/
http://cdiscguru.blogspot.co.at/2014/04/using-ucum-units-for-cdisc-send.html
http://cdisc-end-to-end.blogspot.co.at/2014/09/the-meaning-of-unit.html
2014-11-08(Sat)
 

小物も作ろう

表面処理に終わりが見えてきました。とりあえず、最後のツメの段階に入ったようです。

20141101.jpg

上着に合わせるリボンの造形にも着手。とても小さいパーツなので、複製できるのか不安です。ま、何事もやってみるしかないんですけどね(w。命を取られるわけじゃあないし、気軽に突っ込んでいけばいいだけのことです。『案ずるより産むが易し』なんて言いますし。
2014-11-07(Fri)
 

トレフェス神戸

先日、トレフェス神戸に一般参加してきました!

関西で行われる数少ないガレキイベント。会場はいつもの通り、まったりした空気でした。12時過ぎに会場に到着し、サラッとみるつもりが、気づいたら2時間程度経過していました。いや~楽しかったです。

全体的な傾向として『初音ミク』、『ガールズ アンド パンツァー』、『蒼き鋼のアルペジオ』が目立ちました。鉄板ともいえるジャンルです。次点で、『のんのんびより』、『キルラキル』、『東方』といったところ。やはり時代はミリタリーなんでしょうか。

女性向けの作品では、特別な傾向はなかったように思います。強いて言うなら『うたの☆プリンスさまっ』に勢いがあったかも。『ソードアートオンライン』、『鬼灯の冷徹』、『艦隊これくしょん』も多いだろうと予想していましたが、こちらは数が限られていました。たまたまかもしれませんけれど。


以下、目を引かれた作品の写真をご紹介。

20141104a.jpg
見事な塗装

20141104b.jpg
動きがとても素敵でした。「ヤマノススメ」のひなたとあおいでしょうか

20141104c.jpg
雰囲気がとても良かったです。

20141104d.jpg
今回のベスト作品です。台座のお城が舞台、猫・狼・コウモリが雰囲気を高めています。廊下には扉があって、どの扉を選ぶかで、この先のストーリーが決まる…という構成になっています。廊下と扉は立体感を出すように計算された形状。幻想的で、ストーリーがあり、かつ立体表現を強調する技術があります。きわめてハイレベルな作品でした。こういうのがあるからイベント参加を止められません!

20141104e.jpg
ウィッチクラフトワークスから。コミカルでカワイイキャラを丁寧に仕上げています。上の作品が素晴らしいなら、こちらの作品は「かわいらしい」です。同時に楽しさも溢れている優秀な作品でした。


イベントの後は神戸の街を散策。旧居留地のちょっと洒落たカフェでランチを取り、中学生のバンド演奏を聴き、買い物をして、三宮の『秋葉原エリア』でウィンドウショッピング。最後はイタリアンレストランで美味しい食事に舌鼓を打ってきました。うん、なんか充実した連休って感じですね。
2014-11-05(Wed)
 

磨きの道

表面処理を淡々と進めています。心を無にして進めるのがコツですね(w

20141031.jpg

表面処理をしているときは写真のような感じです。細切れにした紙やすりを使ってどんどん磨いていきます。サフをこすり落とすように磨いています。見た目こそ汚いんですが、これでも表面はきれいに、滑らかになっているんですよ。一回目の研磨が終われば、後は作業量がグッと減ります。今は苦しいところ。頑張るところ。コツコツと積み上げていきましょう。
2014-11-03(Mon)
 

CDISC Webinarのメモ

重要な注意事項

個人的なメモ書きです。内容の正確性は保証しません。自己判断・自己責任でご利用下さい。

続きを読む>>

2014-11-02(Sun)
 

修正と造形

表面処理を進めるパーツがある一方で、未だに造形・修正を施すパーツもあります。他のパーツとの干渉調整が必要だったり、『どう見てもダメだろこれ』という自身の突っ込みがあったり(汗。そんな理由で、最後の最後まで粘り腰を見せる部品もあります。

20141029.jpg

問題は『どちらも大きなパーツである』ということ。この大物の表面処理が最後になるのはちょっと頭が痛いです。大きなものを先に片付けておく……もしくは先に手を付けておくと、後で楽になりますから。今回の作品は、構造的に「そうならない」タイプなんでしょうね。
2014-11-01(Sat)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ