あーでもない、こーでもない

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

…とグダグダやっているうちに徐々にカタチが整ってきました。

20150425.jpg

ここまで来ると「表面の模様をつけようか…」とか、「追加でこんなパーツを作ってみようか…」という欲が噴き出てきます。全部やっているとネバーエンディングストーリーになってしまいます。数を絞って実装しましょう

臨床試験データは誰のものか [19]

カテゴリー: CDISCラボ

こんな記事もあります。USとEUでは臨床試験データ公開の考え方が違います。こういうコメントで事態が変わるのですかね。実際的には、このコメントを出させようとするロビー活動で物事が決まっている気もしますが…

WHO demands disclosure of all clinical trial results

サフ

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

別パーツが固まってきたのでサフを吹き付けて様子をみています。悪くない状態なので、これらのパーツの作成にはゴーサイン。気持ちがあるうちに仕上げたいと思います。一気呵成に攻めましょう!

20150423.jpg

神戸散策 [3]

カテゴリー: 雑記

神戸異人館散策シリーズの最終回です。

.
read more...

神戸散策 [2]

カテゴリー: 雑記

前回までのあらすじ

T:「オランダ坂を上る坂道。ケイデンスを上げた先に栄光はあるのか!」
S:「そんな話じゃないよ!?」

read more...

神戸散策

カテゴリー: 雑記

散策と言えば秋葉原…な、このブログですが、趣向を変えて神戸に遊びに行きました。行き先は異人館。ベタな観光です。

20150421b.jpg
read more...

さらに盛り付け

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

前回作成した核となるパーツに追加の盛り付けをしています。え?良くわからない?そうかもしれません

20150421.jpg

フクモト君シリーズはとても簡単な造形で構成されています。アイデアをどうつなげて行くか……という頭のハードワークが求められるんですね。そして、同時に『カタチを作る』ことを学ぶ良い教材でもあります。難しいカタチを作る練習にはなりません。けれども、原理的な構造・原則的な手順を身に着けられるんです。いえ、これって初心者にはありがたいことなんですよ?

PRAG vs PRMEAN

カテゴリー: CDISCラボ

A small consideration about terminology for EGTESTCD.

.
read more...

カタチを整えよう

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

コツコツと盛り付けた固まりをザックリと整形しました。ポルナレフを作っているわけではないですよ!

20150417.jpg

ここから全体の様子を見ながらカタチを複雑にしていきます。このプロセスが中々楽しいんですよ。ヌフフフフフ

Greeeeeeeeen

カテゴリー: アキバ

仕事の都合で、再び秋葉原へ。今度は泊まりのお仕事でした。まずは、ホテルで一泊。お仕事を済ませてから、散策です。

21050415a.jpg

この日の秋葉原は、雨→曇り→晴れと、時間の経過とともに天候が回復していきました。朝方の雨も非常に弱く、傘なしで過ごせちゃうくらいでした。気温は低め。この季節はこんなものですよ。
21050415b.jpg
read more...

モリモリ~

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

完成したベースにファンドを盛り付けています。ベースのフクモト君の完成度がやたら高いですね。つい、やりすぎてしまいました(笑)

20150411.jpg

一気に盛り付けると、乾燥させる時間がかかります。何度かに分けて盛り付けました。地層のように横筋が入っています。これが盛り付けの境目ですね。まずは荒く全体を出しましょう。細かい所は後から調整していきます。

新作行ってみよう~

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

フクモト君シリーズの新作を作るべく、ベースを作成しはじめました。サフを吹いてきれいになったことを確認したら、制作開始です。何ができるかは、お楽しみ

20150409.jpg

ニセコイ [16]

カテゴリー: 雑記

無難に全ヒロインの話を描き切っていました。

20150410.jpg

メインヒロインの千棘の話にボリュームがあり、その他のヒロインには一話ずつを割り当てた構成。メインの話が全く進んでいない……という欠点はありますが、無難に話を運ぶならコレしかない!という構成でした。宮本るりの話は毎回面白いのですが、この巻でも良いお話でした。サブキャラで良い話ができるってのも定番ですよね~

出来上がり~

カテゴリー: 原型製作#13 神崎未玖

ということで、無事に完成しました~。

20150405.jpg

いやー、立体物を作るのって難しいですね!

何回やってみても、うまく行きません。ま、前回より良いものができればいいや、と思っているので、出来がイマイチなのは気にするところじゃあないです。かわいいフィギュアとか、カッコイイ作品は、才能と実力を兼ね備えた他の皆さんにお任せします。

今回の作業を振り返ると、それなりに変化がありました。進歩していくステップが見えかけた感じです。私のように立体造形のセンスがない人は、次のようなステップを踏むのかな~と

 1. 手順を身に着ける
 2. 作品をチェックする方法を学ぶ
 3. 試行錯誤を加える方法を学ぶ
 4. センスが磨かれる

ちなみに私は2の段階。そこに入った感じです。入ったばっかなんで、自分の作ったものをチェックできてないですよ(笑)。どうやってやったらいいか、これから勉強です。いや~、成長遅いっすねー(笑)

『才能ないからこれでお終い』って見切りをつけるのは誰にでも簡単にできること。結果が出るから楽しくて、続けられるのも当たり前。結果出なくても続けるってのが、一番難しいと思います。その状態でコツコツやれないと、その先はないんですけどね。やったから先があるって訳でもありませんが。

そんなわけで、また新しいものを作ろうと思います~!

組み立て開始!

カテゴリー: 原型製作#13 神崎未玖

いよいよ最終段階。組立に入りました。少しずつ組み上げていきます。

20150403.jpg

この写真は「頭+髪」と「手+腕」の結合を終えた段階です。腕と胴体は仮組状態。組み上げるときにはパーツ同士の干渉を確認したり、全体のイメージを確かめるために、仮組をします。これをやっておかないと、最後の最後で噛み合わなくなるんですよ(汗)

慎重にやっていくのがポイントです

春デース

カテゴリー: アキバ

仕事の都合で、一週間ぶりに秋葉原に帰還しました。仕事ですよ?

20150405a.jpg
時間的な余裕がなかったので、サクサクと散策。ベルトやら、靴下やら、電気街とさっぱり関係のない買い物ばかりしました。もちろん、ゲームやコミック、ラノベの新作をチェック。何だかんだで欲しいものが登場していました。急いで仕入れる必要はありませんが、忘れないようにチェックしなければ!

街を回遊していると、実物大?のクロスが展示されていました。良く作ったな~と感心しました。欲しいとは思わないですけど(汗)
20150405c.jpg

季節も進み、完全な春。ツクモex.前のホワイトボードも桜色でした。凝った構図ですね。こっそり「PCパーツ」の宣伝も入ってますし。
20150405b.jpg

仕事を終えた後、電車まで時間があったので、『オレンチ』で食事。
20150405d.jpg

お店の中も桜色でした。数日間限定のデコレーションだそうです。片付けが超絶大変だそうです(笑)
20150405f.jpg

色々食べました~。お腹いっぱい!
20150405e.jpg

20150405g.jpg


2015年のアキバ散策 14日(+1日)

顔の仕上げ

カテゴリー: 原型製作#13 神崎未玖

苦労しながら瞳の書き込みを終わらせました。つぎはパステルで頬をほんのりピンク色にします。

20150401.jpg

淡い色のパステルを削って、面相筆で軽く色を乗せていきます。強い色のパステルを使わずとも、このくらいで十分なようですね。制作者の好みにもよるでしょうけれど。何種類かの色を用意しておいて、淡い色から順にのせて、自分なりのスタイルを確立するとよいと思います。

さて、次から組立に入ります

面相

カテゴリー: 原型製作#13 神崎未玖

「面相」とは「顔のありさま」を指す言葉です。怪人20面相とか言いますよね。フィギュアの世界では顔を書き込むことを「面相」と呼ぶ事があります。「顔の書き込み」というより、簡潔に意図を伝えられるので、私も多用しています。

20150331.jpg

口・眉毛・アイライン…と書き込んで、いよいよ瞳の書き込みに入りました。まずは薄い色を使って下書き。この段階では気軽に作業しちゃってもOK。使っている塗料は水性絵具。はみ出したり、線がブレたら、爪楊枝で軽~く擦ってあげれば跡形もなく消えるんです。や、そういう風に作業しているからこそ…なんですよ。

思い返すと、この方法を確立するまでは大変でした。一発勝負を何回やったことか(汗)。度胸がつくという意味で、効果的でしたけど
| ホーム |