平日に帰還

カテゴリー: アキバ

ヌルっと平日に秋葉原に帰還しました。たまにはこういうこともあります。

20150530b.jpg

軽く街の空気を味わって、行きつけのカレー屋さんで食事。店員さんと楽しい会話をしてから電車に乗りました。何気ない一時。街の中に溶け込んで、街の一部になったような気がして、素敵でした。特別なことじゃなくても、日常の中には素晴らしい輝きがあります。秋葉原はEveryday Magicに溢れた場所なんですね。私にとっては。


巡回コースの九十九電機前のホワイトボード
20150530a.jpg
新作ゲームに合わせたネタでした。こういう作風もいけるのか…。そういえば、イカ娘とコラボしてるんですよねー。これ


2015年のアキバ散策 20日(+1日)

型できました~

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

久しぶりのシリコン型作成。無事にできました。この写真に移っている青いブロック、フィギュア製作をしている人たちからの評判はすこぶる悪いです(笑)。私は愛用していますけれど。

20150525.jpg

きちんとテープで目張りをすると、それなりに使えるんですけどね~。やっぱり評判イマイチですね~

臨床試験データは誰のものか [20]

カテゴリー: CDISCラボ

Drug trials firm to challenge plans for greater transparency over results

臨床試験データ公開(正確には、データ公開を求めるために、過去の臨床試験の登録を求める模様)のアクションに対して、法廷に訴えた企業がある…というニュースです。臨床試験データ公開では、公衆と企業間での駆け引きがあります。その落とし所の一つは『これから実施する試験データは公開の対象・過去試験データを問わない』というもの。その壁を破ろうとした機関に対して、企業が法廷での争いを挑んでいます。

理想的な情報公開を求めて話がこじれるか、現実的に得られる成果を確実に手にするか。データ公開を求める側にも戦術が求められるのでしょうね…

気になるのは「公開時のフォーマットはCDISCなの?」ってことなんですけど。

ドボン

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

オリジナルのフクモト君のシリコン型を制作しています。いえ、突然ですけどね。やる気が出たので。久方ぶりの作業。参考書を片手に手順を確認しながらやっています。粘土埋めがちょっと楽しかったです!

20150523.jpg

進撃の標準

カテゴリー: CDISCラボ

FDA Recommends Use of LOINC Data Standard

FDAがLOINCをオススメするよ!という方針を打ち出したお話。記事の中にはSDTMが登場します。
当サークルは、LOINCへの理解が甘いです。よく分かっていません。が、この記事を読む限り、今の段階から勉強を始めておいたほうが良さそうです。他の勉強も足りてないのにどーしたらいいんでしょうかね…(汗

迷いと悩み

カテゴリー: 原型製作#15

ゆっくりですが、カタチを構成しています。足元から作ると「やりやすい」ことを利用して、下からスタート。

20150521.jpg

色々とやりたいことがあり、造形に注ぎ込めるリソースが極端に少なくなっています。そのためペースは超絶スロー。ですが、迷いは少ないです。悩むことは多いですが。

この2つ。類似した言葉です。しかし、自分の中では明確に使い分けています。「悩み」は「解決するべきポイント・問題が分かっていて、その解決方法を考えている状態」。「迷い」は「問題の所在が分からない状態」。迷いの方が、よりモヤがかかっています。視界がクリアなのは、これまでの経験によるところが大きいと思います。

日本のCDISC対応の報道

カテゴリー: CDISCラボ

日本当局がCDISCを求める…という報道です。ニュースになる程度には注目されているようです。

Japan to adopt CDISC clinical data standards from October 2016

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 10.5

カテゴリー: 雑記

考えながら話しているせいか、由比ヶ浜の言葉はところどころたどたどしい。けれど、その分、彼女の奥底にある言葉なのだと思う。照れたように笑って顔を逸らして濁した言葉のように、誤魔化したい感情もたぶんあるのだ。

20150518.jpg

…ということで(?)『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 10.5巻』です。表紙は一色いろは。通称、いろはすです。いや~、作品の後半になって登場した割に、人気が出てきたキャラクターですね。

10.5巻を一言でまとめると『読まなくても大丈夫だ。問題ない』です。

何気ない日常の一コマでさえ、思い出になるのかもしれない…というコンセプトがあるので、話自体が地味になってしまうんですね。アニメ化前の宣伝と売り上げ確保の目的で書かれた……という背景もあるでしょう。このシリーズを贔屓にしていますが、その立ち位置をもってしても、『読まなくていい』という評になりました。我ながら、シビアな見方ですけれど。

顔の制作

カテゴリー: 原型製作#15

指の怪我を気にしつつ、顔の整形を行いました。このパーツは数か月前から準備していたもの。まとまった作業ができないなら、その範囲でできることをしましょう。

20150515.jpg

相変わらず難しいです。上達している気がしません。本当にそうなんだろうなーと思います。RPGで言えば、レベルアップにつながらない経験値アップでしょうかね。そういう時もあります。気長にいきましょう。

負傷

カテゴリー: 原型製作#15

久しぶりに指を怪我してしまいました。関節炎っぽいです。指を曲げると痛い、指先に力がかかると痛い(キーボード入力がツライ)、指の腹をさするだけで痛い…という状況です。

20150511.jpg

だましだまし制作をしていますが、30分触れたらいいところ。しばらくお休みかなぁ~

The rise of PDUFA VI

カテゴリー: CDISCラボ

PDUFA VIの審議が始まります。会合が2015年の6月に行われるようです。
記事

興味深いのは、時期を同じくして別の法案が姿を見せていることです。21st Century Cures Actという名称です。

この中にCDISCという単語はもちろん登場しません。しかし、当局レビューの流れを作るようにする・データを再利用できるように・レポジトリを作成するように…といったキーワードも登場します。現在のPDUFA Vと大きな意味で整合が取れています。CDISCのようなデータ標準の利用が否定されることはないんじゃないかな~と思う次第。


参考記事
Regulatory Focus
Regulatory Focus

さぁ、作ろう

カテゴリー: 原型製作#15

T:「ま~たゴミ作るの?」
S:「まぁな」

20150505.jpg

ということで、新作の制作に取り掛かりました。自分の作る作品の質の限界が見えてくると「ゴミを生産する」という指摘を否定しなくなりますね。いや、だってゴミでしょ(笑)

まーそうはいっても、何事も練習です。最初は誰もが初心者で、上達するには努力と鍛錬が必要です。なら、その過程にあるゴミを嘲笑ってはいけません。ゴミを量産する中で、素晴らしい実力を持った人が生まれるのですから。まぁ、このサークルからはゴミ量産機が生まれるだけな気もします(笑)

今回も上手・下手・超下手くそはさておいて、楽しんでいく予定です。何か物を生産するって、それだけでワクワクするもの。そういう純粋で始原的な感情を大切にしていきましょう!

完成

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

フクモト君シリーズの新作「そうりょ」が完成しました。「ゆうしゃ」「まほうつかい」の仲間になります。冒険の旅の助けになる……かは微妙ですが(笑)

20150503.jpg

次は複製ですね!

祭囃子

カテゴリー: アキバ

約二週間ぶりの秋葉原散策。神田祭が行われていて、超絶カオスな街でした!


2015年のアキバ散策 19日(+2日)
read more...

完成間近

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

原型が順次仕上がってきました。大したパーツ数ではないですが、時間かかってしまいました。完成しないより、ずーーっとマシですが。もっと早く完成させられれば、さらに良かったですね。

20150501.jpg

次回で完成のご報告の予定です

気に食わないので…

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

模様を作ること数時間。『コレじゃなくね?』という疑問が生じたため、やり直すことに。彫った模様を埋めました~

20150429.jpg

こういうBack&Forthは常につきまといます。ですが、これは失敗ではなく前進。何事もやってみる。そして、おかしいと感じたら修正する。人生の大抵のことはそういうものです。良くない結果を恐れるあまりに、何もできない方が遥かに勿体ないです。気軽にやってみる精神は若さであり、人生にとって必要なことです

ニセコイ [17]

カテゴリー: 雑記

肌色率高めだぞ、オイ。

20150428.jpg

前巻の続きネタ+羽の長めのお話+修学旅行という構成でした。温泉やら、お風呂やらが登場し、肌色の登場箇所が多いです。アニメならサービス回確定です(笑)

本筋とは無関係ですが、鶫の話はなかなか良いものに仕上がっています。鶫は、千棘を慕い、そして護衛しようと努めるヒットマン。どうして彼女が千棘を慕っているのか、真摯な姿勢の根源はどこか…というお話です。おそらく一番のお話でしょう。それを踏まえて表紙に彼女を持ってくる当たり、仕掛け人は良く分かっていると思います。はい。

(RDF/)OWL Cafe

カテゴリー: 雑記

五月の風薫る大型連休。一昔前にはやっていた「フクロウカフェ」に行ってきました~~
read more...

コリコリ

カテゴリー: 原型製作#14 オリジナル

大まかなカタチを出し、表面をきれいに整備したところで、細かい模様の掘り込みに着手しました。

20150427.jpg

原型の下に見えるのが『けがき針』。「けがき」を漢字にすると「罫書」です。細い線を入れるときに使う針状の道具ですね。鉛筆で下書きをした上を丁寧になぞっていきます。土台は石粉粘土なので、それだけで傷がつきます。その傷をコリコリと削って、深い溝にしていきます。で、何かの模様ができる寸法です。

機械的な模様を仕上げるのはツライですが、自由曲線ならこの方法で十分。意外と大したことない手法でしょ?

その、うららかな平日は

カテゴリー: アキバ

連休の真っただ中、平日に秋葉原に帰還しました。これなら人ごみを避けつつ巡回できますから。この日の天候は「曇りのち晴れ」。暑すぎず、歩くには適していたと思います。

20150501b.jpg

到着して、まずはフィギュア関係をチェック。コトブキヤで、とあるフィギュアに目が留まりました。髪の毛の表現がとても繊細。細かい掘り込みで柔らかい感じがここまで出せることに驚きました。いくつかの新作フィギュアもありましたが、特に心に響くものはありませんでした。といっても、最近の製品はどれもこれもレベルが高いです。クオリティ的にはケチのつけようがありません。当然のように完成品だけでなく組み立て用の道具のチェック、不足資材の購入もしました。

20150501a.jpg

続いて、ラノベや漫画のラインナップのチェック。甘城ブリリアントの新刊が出ていましたね~。これは追々買うことにして、「あまんちゅ」の9巻を仕入れました。この作品、悪くはありませんが、それほど好きでもないです。今回は中古で賄いました。

フィギュア・マンガと来れば、その次はゲームやPCゲームを支えるハードウェアのチェックです。こちらは数件のお店をザザッと巡回。月末のゲームラッシュの作品を見ました。特に気になるものはないんですけどね~。ゲームを見ていたら、自分がゲームをしたくなったので、ダライアスバーストやアーケード版ツムツムをプレイ。ツムツムはルールが超絶分かりやすいので、外国人もプレーしていました。もっとも、プレイ時間は一分が目安という超絶短いゲームでもあります。速攻で終わってしまい、残念そうな海外の方でした。

ゲームセンターのクレーンゲームでもツムツムを発見。私にとってはこちらよりも、シドニアの騎士のプライズ品の方が気になりました(笑)中々よい出来だと思いますよ。いわゆる美少女フィギュアではありませんが

20150501e.jpg

20150501f.jpg

ハードウェア関連では、面白いアイテムがありました。ホワイトボード看板の九十九電機に『視線の場所を検知する』デバイスが展示されていました。やや雑ではあるのですが、きちんと視線に反応していたのに驚き。これを使うと、目でパソコンを操作することもできます。自分の視線を録画して、ゲームの実力を磨いたり、注意力散漫でないか確認するのも面白そう。お値段は30000円弱……だったと思います。

参考:http://www.tobii.com/ja-JP/eyex/

ちなみにホワイトボードは二枚でした

20150501h.jpg

20150501g.jpg

二週間ぶりということもあり、街中の看板が入れ替わっていました。しぶりんに俺ガイル。アニメばっかりです(笑)。来るべきBluRayの発売に備えての宣伝ですね。

20150501c.jpg

20150501d.jpg


最後は食事をして撤退。次の秋葉原散策は神田祭りと被ります。今年は「表」の年なので、派手になりそうです。


2015年のアキバ散策 17日(+1日)
| ホーム |