シリコン型2つ目

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

間を開けずに2つ目のシリコン型の作成に着手です。ぎこちなかった作業もこなれてきました。慣れたころに終わってしまうのは毎度のことです(笑)

20151019.jpg

シリコン型作成時に、昔のシリコン型をかさ増しのために再利用しています。今回は目測を誤り、「かさ増しのシリコンが埋没しない」結果となりそうです。複製に支障はありませんが、見た目に恰好が悪いです。もちろん、目測を誤った過去がずっと目に見えるという屈辱感もありますね(笑)

「あぁ、このときはしくじったな~」という未来への教訓を残しつつ、作業を進めていきます。正直、このペースでワンフェスに間に合うのか不安なんですよね…。ここのところ本当に時間がないので。

カテゴリー: アキバ

夕方の空気が寒くなってきました。そんな中、定期の秋葉原散策に出かけました。

20151028a.jpg
珍しく歩行者天国に参加。しかし、あいにくの強風に見舞われたため寒さが身に沁みました。風さえなければ過ごしやすい一日だったと思います。道行く人たちも「寒い」を連発していました。

そんな中、ベルサール秋葉原では「高知 ×鳥取 まんが王国会議 in AKIBA」が開催されていました。声優さんのイベントや物販などのイベントです。といっても目に付いたのはご当地キャラのカツオにゃんこ。子供たちに抱きつかれまくっていました。

20151028c.jpg
写真が取りにくい…


その後、コトブキヤにも足を延ばしました。最上階のイベントスペースで何かやっていそうだったので突撃。黒執事をモチーフにしたハロウィン展示でした。大量の女性ファンに占拠されていると思いきや、予想に反してのんびりした雰囲気でした。

20151028d.jpg
室内はハロウィン的な雰囲気を出しつつ、黒執事の贅沢で耽美的な雰囲気の展示。もちろん、その中には抱き枕があったり、フィギュアがあったり、グッズが置いてい合ったりと、販売促進&宣伝要素もあるわけですが(笑)

20151028e.jpg
それにしても丁寧に組み上げられたセットでした。黒とオレンジはハロウィン的なカラーリングですし、黒執事ともよくマッチする色合い。非常によいチョイスでした。Book of Circusが更に雰囲気を盛り上げているのもありますね!

20151028g.jpg
フィギュアの中では、これが良かったです。なんといっても鎌の柄の造形がすごいですね。人間の骨標本になっていますから。敢えて弱点を上げるなら、コートの裾。皺の数が減り、ペタンとした印象を受けます。他の部分には皺がしっかりと入っているので、ここだけ淡泊に見えます。思い切った動きをつけてシャープな造形にするとか、他の部分のシワを控えめにしておくと良いのかもしれません。とはいえ、どうしてもこういう絵にならざるを得ません。難しい題材です。

20151028f.jpg
こんな展示もありました。限られたスペースを工夫していました。


最後に、九十九電機前のホワイトボードもチェック。艦隊コレクションの影響でしょうか。もはや、ここが何を取り扱っている店なのか分かりません。「つくも」と大きく書いてありますが、間違いなくこれは魚です(笑)
20151028b.jpg

夕方、日が落ち切ってから早めの夕食を食べて引き揚げ。いよいよ冬の到来を感じさせる帰還となりました~。


2015年のアキバ散策 44日(+2日)


追記:今回はこんなところにも行ってみました。秋葉原ではないですよ
20151028h.jpg

一つ完成

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

先日、着手したシリコン型が無事に完成となりました。パチパチ~

20151017.jpg

古いシリコンでカサ増しを行いました。コスト削減→頒布価格を抑える……という図式を狙っています。けれども、絶対的なシリコン消費量の増加を抑えるのは至難の技かもしれません。ま、それでも『諦めたらそこで試合終了』です。結果よりプロセス、努力を重視して頑張ってみようと思います。

次は2つ目のシリコン型制作です


新作完成!

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

あまり無事ではないけれど完成しました~

20151101.jpg

パーツを組み合わせるときに不具合が発生してしまい、ちょっと傷ができてしまいました…。写真では分からないのですが、やってしまったなぁ~、と。冬のワンフェスに持ち込むので、冬らしいイメージで作成しました。フクモト君がスキーできるのかは分かりませんが(笑)

シリコン型も並行して

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

完成品見本の作成と並行してシリコン型の作成にも着手しました。今回はパーツが大きく、数も多くなりました。シリコン型を2つ作らなければなりません。

20151015.jpg

こうなると価格設定も若干高めにしないといけないのかな……と悩みます。儲けなんて最初から考えてもいないのですが、継続していくための最低限の価格設定をしなければなりません。お気軽に作れる価格と、組立の難度を維持するのって難しいですね。

とりあえず完成させて、価格のことは後で考えようと思います。今、やらなくても何とかなりますしねー

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 [11]

カテゴリー: 雑記

積んでいた本を一冊消化しました。俺ガイルの11巻です。

20151029.jpg

ザックリとまとめると『バレンタインデーイベントを実施。肝心な部分は次の巻へ続く』です。この一冊でどうにかなるわけではありません。むしろ、どうにもなっていません。そろそろこのお話も終わりに近づいていて、最後の大きなエピソードのために一冊まるごと前フリで終わらせた感じです。いえ、次で終わると決めつける理由もないのですけれどね。

次を読んでみないと何とも言えないですねー、これ

筆塗り開始

カテゴリー: 雑記

エアブラシ塗装を終えたので筆塗りに入りました。筆、アクリル絵の具、つまようじ、紙パレットなどを用意。

20151029_20151013203917abb.jpg

最近は筆塗りが楽しみで仕方がありません。エアブラシのようにきれいな塗装面を出すのは難しいのですが、、細かい模様を描いたり、色をブレンドする楽しみがあります。一度ハマると抜けられないんじゃないかと思います~~

平日にアキバ帰還

カテゴリー: アキバ

仕事の都合で秋葉原に帰還しました~~。急なことでカメラを忘れてしまいました(笑)

2週間ぶりに訪れた秋葉原に大きな変化はなし。九十九電機前のホワイトボードが「うまるちゃん」だったのが目新しいくらいでした。大きな休みでもなく、クリスマスシーズンでもなく、ボーナスシーズンでもなし。中途半端な時期だったせいかもしれません。

世の中的にはハロウィン→仮装行列……なのかもしれません。けど、アキバ的には「だから何?」といったところ。

いえ、秋葉原って一年365日、コスプレした人が通りにいますからね

201510141705.jpg


2015年のアキバ散策 42日(+1日)

エアブラシ塗装

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

表面処理が終わったので、エアブラシ塗装しました~。

20151027.jpg

ここまで作業して『ホワイトサフだけでは表面処理の精度が落ちる』ことが分かりました。程度は大きくないものの、不具合が出ます。

1. 表面処理が甘くなる
2. パテの色の違いを抑えきれない

一方で、塗装の食いつきは問題ないことも分かりました。結論は『場所に応じてホワイトサフのみの処理をしろ』ということでしょうか。まだまだ学ぶべきことがありますね

表面処理

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

ジワジワと表面処理を進めています。こちらのパーツもホワイトサフで作業を行っています。二回目の処理で、仕上がったパーツが2つほど。明らかにやり直しが必要なパーツが2つほど。

20151013.jpg

パーツが単純な構造であることを踏まえると『表面処理が下手過ぎて泣ける』レベルです。下手っす!ということで、数をこなして対応します。3回でも4回でも。壁を壊すまで挑み続けます。それが通用するのがガレキの世界。どんな人にも頑張っただけのご褒美が与えられます。理不尽な世界の中にある、理の通る世界ですね(いえ、実際のところかなり理不尽ですけど)

組み立て開始!

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

複製を終えれば、次は完成品の作成です。や、イルカ原型の複製もあるんですけどね(汗)。同時に二つはできません。かの聖徳太子は複数人の話を同時に聞いたらしいですけど。私だったら、『殴り合って一番強いやつから順に話せ』って整理するところです。どんだけ肉体派なんだよ。

20151007.jpg

今回の作業は大まかなパーツ分離、バリの処理、作業用のドリル彫り、接合時の位置決めなど。いつもこなしている一連の作業です。けど、書き出してみると多彩な作業をしているように見えますね…。実際のところ大したことないです。時間にして小一時間くらい…でしょうか。

次はパテ盛りと整形です

複製、一段落

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

数日間に及んだ複製作業が終了しました。時間がないところで作業するのはつらかった…

20151009.jpg

とりあえずの目標を達成。それができたからってワンフェスへの出店には手が届きません。それほどのわずかな作業です。しかし、千里の道も一歩から。地道に積み重ねていこうと思います。小さな努力を積み重ねる凡人、されど、積み重ねた量はそこそこある……そんなディーラーを目指していきましょう(笑)

複製開始

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

イルカxフクモト君の原型が完成しました。ここで作業は一段落。暑さも落ち着いてきた季節柄、複製作業に入りました。

20151001.jpg

といっても、複製しているのは別の原型です。前作の「スキー」(←正式名称未設定)と、「もんげーまゆげ」の再販分がメインです。ついでに新作開発用の土台もいくつか…。

今回の複製では、余っているレジンを使いました。幸いにも痛みがない状態で、複製状態は良好。レジンにも寿命があって、フレッシュなうちに使い切らなければなりません。牛乳みたいなものですね。古いのを使っても、いいことはありません。毎度のことながら時間がないので、今週はこの作業にかかり切りになりそうです。

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない

カテゴリー: 雑記

久しぶりのラノベの感想。ここ最近、時間がなくて読めていませんでした。腰痛になったタイミングで読破です。

20151005.jpg

主人公はごく普通の高校生男子と、アイドルの女の子。この小説の世界では思春期の子供に不思議な現象が起きる……という設定があります。その症状は、様々。何もないのに体に傷ができる・同一人物が二人に増える・誰にも見られない存在になる、など。量子力学をテーマにした説明がなされていますが、基本はファンタジーです。

今回は、主人公の恋人でありヒロインのアイドルが、その妹(こちらも売り出し中アイドル)と身体を入れ換えてしまう現象が発生します。その原因は、家族の不仲であり、アイドル同士の実力差であり。そんな心の葛藤を振り切ることで、現象は消滅します。この流れはいつも通り。

ほんのりと家族(主に姉妹・兄弟の関係)をテーマにしつつ、『家族とは!』という押しつけがましい点がなかったのが良かったですね。あくまで楽しいエンタテイメント。読み手のニーズをうまくとらえた作品だと思います。

ラスト表面処理……の予定

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

「イルカ×フクモト君」の組み合わせ、いよいよ最後の表面処理です。

20150927.jpg

…といっても、予定ですが(笑)。この後、サフを吹き付けて、表面の状態を確認して、OK判定が出れば終了となります。やってみなければ、最後まで見なければ、結果は分かりません。しかし、手ごたえは十分。これで原型は完成すると思っています。

まぁ、組立てみないと全体の表情が読めないので、作品としての完成は先になりますけどね。とりあえずの節目を迎えられそうです!

整形進む

カテゴリー: 原型製作#16 オリジナル

分割面の処理を淡々と進めています。ここまで来ればゴールは目の前。

20150925.jpg

…と、ここまで来て「この原型、様になっているのかなぁ」という根本的疑問に苛まれています。出来が良くなくてもかまいません。それなりに仕上がってくれれば、本当にありがたい限り。ただ、それも贅沢な望みです。わかっていますが、少しでも良いものを~という欲は尽きません。それが人間の業といえばそれまでですが。
| ホーム |