塗装終了

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

筆・エアブラシによる塗装を終了させました。兜と槍を筆で塗装、その他のパーツをエアブラシで塗装しています。

20160531.jpg

後は組み立てるだけ。次回で完成となります!

五月の秋葉原

カテゴリー: アキバ

レポートが遅くなりましたが、五月半ばに秋葉原を訪問しました。幸いにも天候に恵まれました。

20160601f.jpg

いつものように散策したわけですが、今回は神田明神まで足を延ばしました。お正月にお参りをして以来、ずっとご無沙汰でした。信心深いわけではありませんが、適当な感覚でお参りしちゃうんですよね…

20160601b.jpg

天気が良いと脚も軽やかになるもの。普段はいかない裏路地まで歩きました。で、歩けば何かを見つけられるものでして、こんなカフェを発見。秋葉原らしからぬ、スタイリッシュでモダンな店構え。昨年に営業を開始した「QLQLカフェ」です。何が面白いって、360度のフルビューポートレートが撮影できる点ですね。個人的には純粋にカフェとして利用したいところですが…

20160601c.jpg

いつも通り、PCパーツ・ゲーム・漫画・ライトノベル…といったジャンルのお店を巡回。印象的なのは『おそ松さんバージョンのanan』でした。「アンタ、いつもはananなんて売ってないでしょ!?」というお店で取り扱われていました。いえ、ソフマップなんですけどね。恐るべし、おそ松さんです。

20160601d.jpg

九十九電機前のホワイトボードも欠かさずにチェックしました。
20160601e.jpg


2016年の秋葉原散策:18日(+2日)

磯部磯兵衛物語 [二]

カテゴリー: 雑記

やっぱ、面白いわ。コレ

20160527.jpg

気に入ったお話は
 ・拙者の骨が折れまして候
 ・宮本武蔵の逆襲2で候
 ・文字通りの井戸端会議で候
 ・奥義は誰にもマネできないで候
でした。ダメな人のダメな発想が出てくるネタが好きみたいです(笑)。次の巻も買ってきます!

制作に戻る

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

一時期、複製作業に没頭していました。ここいらで、本筋に戻ります。完成見本の作成途中でしたからね。

20160525.jpg

無事に表面処理は終了し、ホワイトニングまで進めました。武具(兜と槍)はシルバーで塗装します。金属色は隠ぺい力が極めて高いため、ホワイトニングをしていません。グレーサフそのままを利用します。一方、フクモト君本体はきちんと白い下地を作成しました。淡いオレンジ色で仕上げる想定です。そうなると、白の下地は必須です。

次はエアブラシでの塗装ステップ。久方ぶりの作業なので、不安です。この手の作業は経験で技術が容易に上昇します。すなわち、ちょっとでもサボると、一瞬でダメになる……ということ。うーん、ますます不安になってきました (;´・ω・)

ニセコイ [22]

カテゴリー: 雑記

万里花編、完結。

20160521.jpg

21巻からの続きもの。家を継ぐために、親が指名した人物と結婚することになった万里花。彼女を助け出すために、楽・千棘・鶫・小野寺たちが奮闘します。


話は完全にムチャクチャです。何しろ『万里花とは恋人にならないが、結婚は潰す』ですからね。そんな話があるかいな(笑)。ともあれ、無事に万里花を結婚式会場から連れ出します。そして、結婚を画策していた万里花の母親も"折れます"。好きに生きなさい…と。そして、万里花は病気の治療のためにアメリカへと渡っていくのでした。

万里花の治療には2年が必要…という設定で、とりあえずのところは話から退場。とはいえ、「実は半年で治療を終了させた」とかいって強引に(恋の)戦場へ連れ戻すことも可能でしょう。あんまりやって欲しくない展開ですが。理想的には、最終話や"その後"の話に彼女を登場させると美しい幕引きになると考えます。


これでニセコイのメインストリームは小咲と千棘に絞られました。まともにいけば「千棘」エンド……小咲にずっと寄せていた想いがニセコイで、偽物の恋人が本当になる……になると予想。果たしてどうなるでしょうか?

一気に複製

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

シリコン型を作成し、一気に複製作業を終了させました。ここは、一気呵成に攻め込むべき場面ですからね

20160523.jpg

複製したら、パッケージ作りも行います。インストラクションを作成し、印刷し、頒布できる状態にします。こういうどーでもいい作業こそ、ワンフェス前に終わらせなければなりません。いつやるの、今でしょ!

型制作快調

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

20160513.jpg

前回のエントリでご紹介した道具をフル活用してシリコン型を作成しています。制作は順調。すでにシリコンの硬化を待つ段階に入りました。嬉しいことに前のシリコン型より良い出来になりそうです。実際のところ、複製してみなければ良し悪しを判断できません。ここまでの手ごたえはいい感じ……というところです。それでも嬉しいものは嬉しいのですよ(笑)

突然の型作り

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

フクモト君の表面処理の最中に「シリコン型作成」を始めました。…というのも、フクモト君本体のシリコン型が壊れてしまったのです。当時は『そのうち作り直せばいいか~』くらいに考えていました。予想通りに思っているだけで何もしない状態に(;´・ω・)。大きなトラブルになる前に課題を片づけることにしました。

20160511.jpg
写真は型を作るときの道具一式。教科書まで入っています。作業そのものは単純ですが、様々な道具が必要とされます。

シリコン・型枠・目張り用テープ・カッターナイフ・古いシリコン・油粘土・ヘラ・のし棒・プラ板・秤・スポイト・プラ棒・計量カップ・ゴムベラ・計算機などなど

うーん、書き出してみるとかなりありますね…。これだけのものを素人が揃えるとなると、かなり大変だと思います。ガレージキット制作のハードルが高い理由を改めて認識しました。

本格的に表面処理を…

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

仮組を終え、本格的な表面処理に入りました。番手の大きなやすり(すなわち、目の細かいやすり)を使って磨き上げていきます。まずは、ベーシックバージョンである「兵士」の制作に着手しました。

20160509.jpg

何だかんだで苦戦しています。微妙に傷が残ってしまうんですよ…。経験的に『アレが原因なんだろうなー』と思うところがあります。まずは、その辺りから疑ってかかってみようと思います。

完成予想図

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

「ブタ+兵士」の仮組の様子です。何だか動きがあるカタチですね~

20160507.jpg

今回は一気に2つのフクモト君を組み立てます。

1つ目は、槍と兜を装備したフクモト君
2つ目は、ブタにまたがりつつ、槍と兜を装備したもの(写真)

いずれかがメインで、もう一つが派生形…というわけではないです。敢えて言うなら「ブタにまたがっているのがエクステンドバージョン」でしょうか。まぁ、それはどうでもよいですね(笑)。今回のように、似たようなキットを組み立てる場合、色違いで塗装できます。つまり、カラーバージョンを楽しめるんですね。中々ないことなのでワクワクしています。

東京ステーションホテル

カテゴリー: 雑記

ヨロズマートに行った後に、東京ステーションホテルへチェックインしました。たまには良いホテルに宿泊してみようかな~と。

いや~、素敵なホテルでした。接客サービスは極上。設備も新しい。東京駅に直結していて便利。ホテル館内には歴史的な資料も豊富。駅が隣なのに全く音がしない。ホテル内を散策するだけで十分に楽しいです!あ、部屋の天井も高かったです。

20160512a.jpg

東京ステーションホテルの見どころはいくつもあります。宿泊者専用のレストラン、松本清張が利用していた部屋、昔の東京駅の写真など。それらの中の一つが「アーカイブバルコニー」と呼ばれる場所です。東京駅の入口のドームを上部から覗き見ることができます。ホテル内に3か所あります。

基本はドームの上を眺めることですが、足元を見るのも楽しみ方の一つ。いつも自分が歩いている空間を上から眺めるのは何とも不思議なものです。
20160512b.jpg


おっと、秋葉原散策も忘れていません。連休で人が多かったので、サクサクと回った程度です。漫画くらいですかね、買ったものと言えば…
20160512d.jpg

ちなみに九十九電機前のホワイトボードは「鯉のぼり」でした。可愛らしい絵でした。
20160512c.jpg

ヨロズマートに行ってみた

カテゴリー: 雑記

一時的なブームに終わるかと思いきや、そこそこ人気が続いている『妖怪ウォッチ』。その公式店舗、ヨロズマートに行ってきました。場所は豊洲のららぽーと内。連休の真ん中ということもあって、整理券をゲット。こちらの入場整理券を持っていると、指定時間枠内であれば店内に直行できます。

20160510a.jpg

お昼過ぎに行って、この時間帯の整理券でした。だいたい3時間待ちでしょうか?大人であれば、ゆっくりカフェで時間を潰すなり、お買い物するなり、時間を有意義に使えそうです。が、小さなお子さんはどうなんでしょう?お父さんが早めに来て、整理券をゲットして、家に一度帰ってから、家族を連れて再びららぽーとに移動……とかするんでしょうか?何、その無理ゲー?

整理券を入手した後に、昼食・買い物と過ごして16:00過ぎに再びヨロズマートへ。店内はこんな感じでした。ぶっちゃけ、小さなお店でした。基本的に親子連れが多かったです。

20160510b.jpg

20160510e.jpg
ジバニャンと記念撮影できるスペース。背景の道路は壁に描かれた絵です。奥行があるように見えるのは、絵と歩道ブロックの造形が見事に融合しているからです。上手に作っているな~と、感心しました。

20160510f.jpg
ウィスパーと記念撮影できる場所もあります。これを見て、立体でウィスパーを作るのは難しいな~と思いました。平面キャラだからこそ味が出るんじゃないですかね?

20160510g.jpg
商品の展示にも工夫がありました。ヒキコウモリはクローゼット…じゃない、ロッカーの中に展示されています。

ヨロズマートの目玉の一つは、こちらの大きなクッション。「とっても大きなぷにっとぬいぐるみ」です。お値段はたったの10584円たけーよ!!
20160510d.jpg

20160510c.jpg

こういうお店では

 子供:「これとこれが欲しい」
 お父さん・お母さん:「どっちかにしなさい!」

的な会話がなされます。お決まりのテンプレートですね。きっと妖怪の仕業です。で、実際にそんな感じの会話だらけでした(笑)。すれ違ったお父さんの『これ以上は買えない…』という呟きが印象的でした。


ヨロズマートでは、ちょっとしたカードを購入。その後は豊洲の海を見てのんびりと過ごしました。日陰に入れば、暑すぎず・寒すぎず。時折、船が目の前を横切り、遠くからスポーツを楽しんでいる人たちの歓声が聞こえる。犬の散歩、ランニング…色々な人たちが適度な間隔で通過していきました。
20160510i.jpg


結局そのまま夕方までグダグダしておりました。
20160510h.jpg


ちなみに晩御飯は秋葉原で食べました(笑)


2016年の秋葉原散策:16日(+3日)

表面処理中~

カテゴリー: 原型製作#17 オリジナル

洗浄が終了したパーツにやすりがけを行っています。地味ですが、一個ずつ、確実に。

20160505.jpg

数日間に渡る作業の結果、初回のやすり掛け作業が終了しそうです。となれば、次なる一手は仮組。これで完成予想形が見えるはずです。

磯部磯兵衛物語 [一]

カテゴリー: 雑記

地味に面白い

20160503.jpg

浮世絵風ギャグマンガ「磯部磯兵衛物語」です。画力に難はありますが、センスはいいです。主人公は立派な武士を目指すぐうたら青年。学校には行きたくない、春画を見たい……と、完全なダメ人間です。でも、悪い人間じゃあないんですよ。初めての連載のせいか、一巻では話の筋が確定していません。試行錯誤しながら、方向性を探っている様子が分かります。次の巻も読んで見て、肌に合うようだったら最新刊まで買ってみようと思います。

Study Data Technical Conformance Guide

カテゴリー: CDISCラボ

2016年3月に発行されたSDTCGのバージョン3。当サークルでは、この文書を翻訳してきています。そのため、過去の自己資産を活かしながら読むことになりました。比較的、短時間で読み終えられましたかねー。連休の隙間にチョコチョコっと。

トラウベンモスト

カテゴリー: 雑記

ノンアルコールでおいしいジュースを探すシリーズ。今回は「トラウベンモスト」の白ブドウジュースを試しました。以前に赤ブドウジュースを試しています。あれはあれで良いものでした。

20160429_20160427202647f60.jpg

あいかわらず蓋は王冠です。一気に飲めということでしょうか?(笑)
赤ブドウジュースと同様、上品な味わいでした。落ち着いて飲めますね。食事に合わせるのは難しいので、食後にいただくのが良いんじゃないかと思います。


過去の履歴はコチラ
インビノ・ヴェリタス ビンセロ・ティント
シャメイ スパークリングジュース
ポミヨン
ペピネル
トラウベンモスト
ポールジロー2015
ポールジロー2014

インフィオラータ

カテゴリー: 雑記

神戸には異人館が立ち並ぶエリアがあります。その一角で「インフィオラータ」というイベントがありました。はずみで近くまで来ていたのでちゃっかり見学~。

20160430b.jpg

異人館に通じる道を封鎖して、芝生を敷き詰める。その上にチューリップの花びらで絵を描いたものです。天気が良い日なら、新緑の神戸の山並みを見ながら散歩できます。何てことはないんですが、歩くことが楽しいイベントですね。

上の写真では「絵って何?」です。きちんと撮影するとこんな感じです。分かりにくいかもしれませんが、中央にぬいぐるみのクマが描かれています。かなり大きな絵なので、見にくいです(笑)
20160430c.jpg

どうやら「KOBE」って書いてあるのは分かりますが、全体像が分かりにくい…
20160430d.jpg

そんなときは近くの高台にお邪魔します。ちなみにこちらの作品は神戸の風景をテーマにしている模様。っつーか、そんなこと言われても、どうしてそうなるのか分からないですね。
20160430e.jpg

20160430f.jpg


っと本来の目的はこちら。イタリアンレストラン「イオ ラシック」です。ランチコースで2500円。軽いランチのつもりが、一時間半近くお邪魔してしまいました。メインのお肉料理、パスタが素晴らしいお味でした。
20160430a.jpg


食後には異人館の一つ『パラスティン邸』で、一休み。異人館のカフェということで、コーヒー一杯600円。セブンイレブンなら6杯飲めますね。もう、発想が赤貧レベルです。結局、ビールを頼んで瓶からゴクゴク飲んでいました。遅めのランチビールです。ちなみにビールは700円でした。ココアも700円でした。ミックスジュースは800円です。そんなの絶対おかしいよ!

20160430k.jpg

さて、こちらのパラスティン邸、最後に住んでいたのがロシア出身のパラスティンさんだったので、この名前がついています。基本的にはカフェの営業をしています。ワンコと一緒に入店も可能。その点は素晴らしいのですが、カフェとしては3~5流でしょうか。珈琲を飲みたいのなら、スターバックスに行った方が良いと思いました。

20160430l.jpg

なら、この異人館は良くないのか!……と思われるかもしれません。実はそんなことはありません。カフェを利用すると2階の見学ができます。つまり、『入館料1000円未満の異人館、おまけで飲み物とかケーキも食べられるよ!』と考えるべきなのですね。なるほど、そういうのもあるのか。

一階がカフェになっています。こんな感じです。
20160430g.jpg

二階にはバスルームやお部屋がいくつか…
20160430m.jpg

20160430j.jpg

20160430h.jpg

20160430i.jpg

こちらのパラスティン邸では、結婚式の二次会なども行えるそうです。個人的には、パラスティン邸よりグラシアニ邸が良いと思います。こちらの方がサービスも味も各上。周辺には隠しキャラのように非公開の異人館(歴史機的建造物)が点在しています。ちょっとした小道に入って探検できる、ちょっとしたヴェネチア気分も味わえますよ!
| ホーム |