新作を作ろう

終わったことにできることはありません。うまくいこうと、失敗しようと、前を向かなければなりません。新たなるカタチに挑みましょう。

20160629.jpg

…ということで、粘土を盛り付けました。土台となるコア部分の作成です。とても雑な塊ですが、最初はこんなもの。ここを足掛かりにしていきます。
2016-06-29(Wed)
 

完成

ブタの上にキャラを乗せる……誰もが思いつくありふれた組み合わせですが、完成しました。

20160627.jpg

それでもお気に入りだったりします(笑)。こういう「のほほ~~ん」としたのが好きなんですかね。苦労したせいもあってか、愛着はあります。

さて、これはこれでお終い。次の作品に向かいましょう
2016-06-27(Mon)
 

磯部磯兵衛物語 [四]

世界に誇れない系 浮世絵ギャグ漫画

20160625.jpg

磯部磯兵衛の四巻を読みました。押しなべて面白かったです。『対決』のお話が特に良かったですね。

 宿題をサボった磯兵衛 vs. 学校の先生
 磯兵衛の母上 vs. 学校の先生
 磯兵衛の母上 vs. お北ちゃん(葛飾北斎)
 磯兵衛(宮本武蔵) vs. 大八

こうやって整理すると、幽霊系サブキャラが面白いのかな~と思えました。さて、次は五巻でござ候
2016-06-25(Sat)
 

芝生、作ってみました

雑ではありますが、芝生を作りました。出来はともかく、何もないよりはずっといいでしょう。

20160623.jpg

後はこの上にブタとフクモト君を乗せれば完成。次回で完結となります
2016-06-23(Thu)
 

ジオラマを作ろう

フクモト君とブタのコラボレーション作品。木材のベースに固定するのですが、むき出しの木というのもかわいそうな気がしてきました。そこで、せめて草原か牧場にしようと、簡単なジオラマを作ることにしました。

この手のことをしたいなら、鉄道模型用のセットが便利です。どこでも買えますし、作り方もあちこちで紹介されています。大層なものを作りたいわけではないので、1000円以下で以下のアイテムを購入。瓶は100円ショップで仕入れたものです。
20160621a.jpg

まずは、紙の上でテストしました。糊を塗りつける量を変える・茶こしを使って振りかける・霧吹き機を使って糊を上から吹き付ける……など、色々試してみました。
20160621b.jpg


大体のところを並べると

 1. 糊をたっぷり塗ろう
 2. 茶こしはなくてもOK
 3. 霧吹きを使うくらいなら、2倍で薄めた糊を垂らす
 4. 乾燥は約半日くらい

…という結論になりました。あんまり道具とかいらないみたいです。これはお気軽で助かりますね~
2016-06-21(Tue)
 

組立開始

塗装を終えた部品を組み立て始めました。ここで大きな事故にしたくないので、ゆっくりと一つずつ

20160619.jpg

とりあえず、ブタは完成。フクモト君は一部完成といったところです。のんびり行きましょう。
2016-06-19(Sun)
 

変わるもの 変わらないもの

またもや仕事のために秋葉原へ帰還。いえ、秋葉原で仕事してるわけじゃあないんですけどね (;´・ω・)

季節はすっかり夏。青い空が眩しい…
20160617b.jpg

今回はお昼を『オレンチ』で食べました。お店は末広町の駅を上野方向へ少しばかり入ったところです。夜には結構、行ってるんですが、お昼は初めてです。
20160617c.jpg

メニューはこんな感じです。メインは汁物。それに、おにぎりが2つ。汁物の陰に隠れていますが、お肉をみそ焼きにしたものが添えられています。これがご飯とよく合います。小皿には、ポテトサラダと明太子・味付け卵・茄子のお浸し。こちらは口直し用でしょうかね。かなりボリュームがあって、850円。冬場には汁物の暖かさが身体に染みそうです。今は夏真っ盛りですが。
20160617d.jpg


今回のお仕事はかなりの盛り上がりを見せました。頑張ってやって良かったな~と、満足。そして、翌日に短時間ではありますが、秋葉原散策をしました。そして、思わぬものを発見。
20160617e.jpg

ここは秋葉原の一角。歴史を感じさせる民家があった場所です。夏場なんか、ガレージで焼肉パーティーとかしてました。そのお宅が取り壊されたのです。そして、隠れていた『花房神社』が姿を見せていたのです!!!

まずは側面をチェック。花房神社の回りは壁に囲まれています。その一部が剥がれ落ちて、下のレンガが見えていました。つまり、この壁、レンガを積み重ねた上からコンクリートを塗りつけている…と。
20160617f.jpg

正面にも回り込んでみました。目の前に新しいビルが建ってしまい、そのビルの室外機の風がモロに吹き付けます。もう、居心地悪いですよ。ホントに
20160617g.jpg

斜めから撮影するとこんな感じ。敷地は長方形なんですね。壁のレンガの様子は、こちらの写真でよりクリアに確認できるかと。
20160617h.jpg

背面からの撮影。こちらの壁も歴史を感じさせるレンガ造り。花房神社の裏側も見えます。それほど痛みもないようです。
20160617i.jpg

ちなみにこちらの跡地にはカプセルホテルが建設されるそうです。秋葉原のホテルと言えば、老舗のワシントンホテル、ハズレにあるドーミーイン、昭和通り側のアパホテルです。最近になって、ヴィアイン秋葉原・豪華カプセル安心お宿ができました。これに続いて、旧ドスパラに『アパホテル』が建設されます。それに加えてのカプセルホテル建設…。東京オリンピックを狙ったホテル拡充の流れが押し寄せているようです。

UDXビルの脇では、フリーマーケットが開催されていました。今回はかなり良かったです。二階では子供たち用の専門エリア。一回ではハンズオンセミナーが開催されていました。例えば、ミニ盆栽を作ってみようとか、廃材を利用しておもちゃを作ろうとか、そんな感じです。手を動かしてものを作るのは良いものですよ~~
20160617j.jpg


今週の九十九電機前のホワイトボード
6月6日にちなんで、キン肉マンネタでした。この完成度で、『6/6は九十九の日じゃない』ってのはどうなんですか(笑)
20160617a.jpg


2016年の秋葉原散策:24日(+2日)
2016-06-17(Fri)
 

精神を削る

細部の仕上げを行いました。とても疲れました…

20160615.jpg

行った作業は次の通りです。
 ・フクモト君の面相
 ・ブタの瞳塗り
 ・ブタの鼻の穴を根性で描く
 ・ブタのつま先の塗りを下書きなしで筆で一発勝負
 ・ブタの頬にパステル

それぞれの作業は短時間です。けれど、どの作業においても、独特の注意を必要とします。集中力を維持するのが大変でした。常に緊張している状態になります。これはキツイ……。ちょいとした休息が欲しいです。
2016-06-15(Wed)
 

塗装

表面処理を終わらせて、塗装しました。パステル系の色合いで仕上げています。

20160613.jpg

今回はシルバーを塗るのにエアブラシを利用しました。金属色はとても伸びがよい塗料です。そのため、筆塗りでも問題なくキレイに塗装できます。エアブラシでもキレイに仕上がりますけれどね (;´・ω・)

エアブラシを使う特別な理由はありません。本当に気の迷い……といった程度です。とにかく、塗装できたんで、仕上げに入ります。
2016-06-13(Mon)
 

磯部磯兵衛物語 [三]

高尾山で修行で候。

20160611.jpg

磯部磯兵衛物語の三巻です。この回は、磯兵衛の母が大活躍でした。話の中では母上と書いて「クソババア」というルビが振られることが多いです。が、この母上、腕っぷしは強いですし、行動力は凄いですし、天井から登場したり、何か訳のわからない能力を持っていたり。おそらくは、話の中で最強の存在です(笑)

そんな母上が面白い巻でした。次も買ってきましょう~
2016-06-11(Sat)
 

初夏を迎える

仕事の都合で秋葉原に数日間滞在しました。仮の職場とアキハバラを往復する毎日。…とはいえ、精神的に削られる作業が多かったので、秋葉原を堪能するわけにはいきませんでした。まぁ、ここに存在することに意味があるようなものですから、一向にかまいませんが(笑)

20160609a.jpg

仕事を終えてから軽く散策。本屋を中心に回ってみたものの、購読しているラノベの新作もなく、成果はありませんでした。接着剤と漫画一冊を買ったくらいです。あ、スポーツ用のメガネを買ったので、金額的にはソコソコいっちゃいましたね。

九十九電機前のホワイトボードもチェック。
20160609c.jpg

20160609b.jpg

これから先、秋葉原は閑散期に入ります。といっても、これは日本人を想定した時のお話。海外からくるお客さんにとっては、閑散期=お安く旅行できる期間。すなわち、6月の秋葉原は外国人が多めになるのです。異国情緒あふれる街……にはなりませんが、一風変わった雰囲気なら味わえるかもしれません。

といっても、一般の方から見れば、秋葉原そのものが異国ですし、他の街とは違う雰囲気なのでしょうけれど(笑)

いや、だってこんなのが道路脇で堂々と寝ていますからねー
20160609d.jpg


2016年の秋葉原散策:22日(+4日)
2016-06-09(Thu)
 

立て続けに完成見本作成

『やり使い』が完成したので、次はブタに乗っているフクモト君の完成見本を作成しています。

20160607.jpg

ざっとカタチを整えてサフ吹き。傷を埋めています。表面積があるので、時間がどうしても必要かな~と思います。気長にやっていくしかありませんね!
2016-06-07(Tue)
 

完成~

久しぶりの新作を完成させました。兜と槍を装備した勇ましい?フクモト君です。

20160605.jpg

フクモト君を使って「ゆうしゃ」 「そうりょ」 「まほうつかい」を作ってきました。こうなると戦士がどうしても欲しくなりました。戦士というより『槍使い』がしっくりくるかもしれません。でも、まぁ、勇者にはサポートの戦士が必要ですから(笑)
2016-06-05(Sun)
 

ARIA the masterpiece [3]

『とっても素敵なことなのよ 日々を生きてるっていうことは』

アリアの総集編、第三巻を買ってきました。原作を読んでいるのはここまでとなります。だって、読んだら終わっちゃうじゃないですかー。やだー。

20160515x.jpg

のっけの一言は、この巻に収録されている一話からの引用です。私にとっては、心に染みる一言です。実際には、この前には会話があります。

「立派な一人前になるにはどうすればいいですか?」
「楽しんでやることよ たったのそれだけ」
「…でも、それだけじゃ辛いときや悲しいときにはどうすれば?」
「そんなものは、より人生を楽しむための隠し味だと思えばいいじゃない
 自分の中で変えてしまえばいいのよ
 何でも楽しんでしまいなさいな
 とっても素敵なことなのよ 日々を生きてるっていうことは」

日常というのは退屈ですし、昨日と同じ今日、今日と同じ明日って感じで辟易とすることもあります。けれども、それはまっとうな生き方の一つでもあります。そして、これはこれで素敵なこと…と考えるだけで、人生が少しだけ輝くように思えるのです。楽しんで生きても、苦しんで過ごしても、ボーっとして過ごしても同じ一秒。なら、その一秒を楽しくすること、感謝することが大切なんじゃないでしょうか?心の持ちようで世界は変わるんじゃないかな…と

そんなことを考えるキッカケを与えてくれる、このARIAという作品は、私にとってやはり大切なものです。
2016-06-03(Fri)
 

春イベント

何とかクリア。

「天城」と「嵐」が仲間に加わるという想定外の出来事もありました。一番のクライマックスは狙って出した「照月」。イベント終了2時間前にゲットとか、テンション上がりますね(笑)。とはいえ、今回の様に長い(or 難しい)コースより、簡単で気軽に楽しめるイベントの方がいいかな~とも感じました。達成感とか、カタルシスとか、そんなものをゲームには求めていないので。気軽に誰でも楽しめるってのが大切だと考えます。

20160601z.jpg
2016-06-01(Wed)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ