E4攻略 後編

カテゴリー: 雑記

ボス破壊モードに入ったので、編成を見直しました。採用されたメンバーは以下の6隻。

 秋月 Iowa 雪風 阿武隈 龍驤 瑞鳳

このメンバーだと最短ルートでボスまでたどり着けます。支援艦隊なしでボスに突入したところ、残りライフ41で攻撃が終わりました。これではダメだということで決戦支援艦隊を送り込む戦術を採用。その甲斐あってか、S勝利すら可能になりました。4回挑戦してボスにダメージを与え続け、とうとう最終形態になります。

いよいよ、最後のゲージ破壊……という段になり、道中の敵がグレードアップされました。それに気付かないまましばらく周回。当然、道中で大破撤退を強いられます。『なんか今回は運が悪いのかな…』と思っていたのですが、もちろん単なる勘違い。あるところで、『これって最終形態になってるんじゃない?』と疑い始めます。とすると、このままでは太刀打ちできないのではないか?と思案。メンバー構成を見直します。一戦多くなるものの、重量級のメンバーを揃えることにしました。

 麻耶 Iowa Italia 加賀 瑞鶴 龍驤

そして分かったことは、大破が連続するということ。7回トライして、S大破・Q大破・Q大破・S大破・S大破・Q大破・R大破という成績。制空値を650まで伸ばすも無意味。決戦支援と道中支援を出すものの、道中に支援は現れず(笑)。決戦支援は空振りに終わるため、資源消費が増えてきました。道中支援メンバーの装備を見直すものの、そもそも現れないので無意味。手詰まりになったところで『麻耶がほとんど対空カットインしない』ことに気が付きました。もちろん、装備は吟味してますよ?


「ダメだこいつ…早く何とかしないと…」


そこで、麻耶を解雇して秋月を投入。カットインが各段に増えることを確認します。ここで、思い切って元の編成に戻してみました。最短ルートを通るけれど、ちょっと火力が貧弱になる面子です。

 秋月 Iowa 雪風 阿武隈 龍驤 千歳

装備は以下の通り
 龍驤:烈風x3 彩雲
 千歳:烈風x3 艦攻
 阿武隈:主砲x2 甲標的
 Iowa:主砲x2 徹甲弾 観測機
 秋月:対空カットイン装備
 雪風:夜戦カットイン装備

この組み合わせで、道中支援サポートをつけてでテストをしてみました。で、この編成が大当たり。秋月の対空カットインと烈風の組み合わせにより、制空権を握ることに成功します。更に道中の戦闘回数が減ったせいか、支援艦隊もちゃっかり現れる始末。そのままボス戦にまで突入します。

……テストだから、決戦支援出してないよコレ(汗

どうなることかと思いましたが、阿武隈の連撃が決まりそのままボス撃破。詐欺にあった気分のままE4クリアとなりました。


所感:
この海域の攻略方法は概ね3種類あります。
 軽い編成で最短ルートを取る
 重い編成で中距離ルートを取る
 強力な編成で最長ルートを取る
おそらく、この中のどれかが『自分にとってベスト』の戦術になるのではないかと。私の場合は、一番上の戦術が正解だったようです。一般的に攻略には次の3ステップを繰り返すのがよさそうです。

 (1)どれかの戦術を採用する
 (2)その中で調整
 (3)戦果が上がらなければ別戦術へ

試行錯誤を戦術的に行えば、何とか攻略できると思いました。

E4攻略 前編

カテゴリー: 雑記

まずは輸送任務から着手。ゲージが2つあるという理由で丙を選択。

戦艦/正空/軽巡/駆逐x2/潜水艦の組み合わせで最短ルートが確定する……ということなので、試しました。すぐに潜水艦が轟沈されたので、この作戦は中止。代わりに航空巡洋艦x2/軽巡/駆逐艦x3の編成へ方針転換しました。その甲斐あって、今度はHマスで轟沈を連発するようになります。その対応として防空駆逐艦を導入。Hマスの突破率は50%程度に上がりました。

たまに突破できる所までは到達したものの、これは不安が残ります。そこで「戦艦2・軽空母2・駆逐艦2」から構成される道中支援を常に出すようにしました。これでほぼ100%ボスまで到達が可能に。索敵値に影響がないか確認しながら、大発動艇・ドラム缶を搭載しました。といっても、それぞれ一つずつを装備しただけですが。ボス戦でS勝利をすると、輸送量が38。5回のS勝利を重ねて一本目のゲージを破壊しました。

クリアメンバー
 秋月・阿武隈・雪風・如月・利根・筑摩

装備メモ
 輸送装備としてドラム缶1・大発動艇1
 航空巡洋艦に連撃用装備
 駆逐艦にカットイン装備もしくは連撃
 阿武隈に甲標的・主砲x2
 秋月には防空装備

今回も「丙!提督」

カテゴリー: 雑記

艦隊コレクションの秋イベント、今回もやっております。相変わらずのへたれっぷりを遺憾なく発揮し、丙作戦です(笑)


E1:止めておけばよいのに甲を選んでしまう。任務が「資源を一定量輸送」だったので、時間と手間をかけてクリア。初めて甲作戦に挑戦してみたけど『何コレ、メンドクサイ』という感想

クリアメンバー:榛名・五十鈴・如月・不知火・浦風・瑞鳳
装備メモ:大発動艇・ドラム缶(輸送効率を上げる) 彩雲・水上観測機(索敵値を上げるため)


E2:今度は乙作戦。しかし、大破が連続してなかなか進めず。時間が限られているので、丙作戦にあっさり切り替える。ボスゲージをサクサク削れたものの、最後の最後でボスのライフをゼロにできない。敵編成が外れってのがあって、それを克服できない味方の編成が原因です。つまりは私にやる気がないのが原因(汗)。決戦支援と航空支援を投入して4回目のボス撃破チャレンジでなんとか突破

クリアメンバー:五月雨・高雄・羽黒・秋月・飛龍・蒼龍

装備メモ:艦戦・艦攻(空母用に) 彩雲(索敵値)
決戦支援:駆逐2・正規空母2・戦艦2の構成


E3:ボスを弱体化するギミックがある……ということですが、その解除方法がとにかく面倒くさい。解除する時間はないので、丙作戦の一択。サクサクとゲージを削り、いよいよラストアタック。E2の経験からして、また苦労するんだろうな……と予測。実際にやってみたところ、決戦支援なしでクリア。しかも、ボス戦でダメージゼロの完全勝利。道中のダメージも全てゼロのパーフェクトゲームで終了。よほどE2で運がなかったのでしょうか…

クリアメンバー(機動部隊)
 金剛・羽黒・高雄・龍驤・蒼龍・飛龍
 大井・妙高・川内・雪風・五月雨・秋月

装備メモ:
 制空値450を目安に空母の装備を構成
 戦艦には『着弾観測射撃』ができる装備
 重巡洋艦には「連撃」を可能にする装備
 駆逐艦にはカットイン装備
 対空カットイン要員を入れる

20161125a.png

ということで、現在はE4に挑戦中。後戻りするのが大変そうなのと、装備に興味がないことから丙作戦です。ゲームにムキになっても仕方ありません。メンバー制限もなければ、多少の隙(装備がいい加減とか、レベルが低いとか)あっても何とかなるレベルってのはいいですね。気軽にワーワー言って楽しむのが一番です!

ニセコイ [24]

カテゴリー: 雑記

知ってしまった気持ちと、分かってしまった想い。そして決断を胸に物語は最終章へ。

20161123.jpg

最終巻の一歩手前、24巻です。物語はいよいよ佳境に入り、楽が千棘と小咲のどちらかを選ぶことになります。まぁ、タイトルが「ニセコイ」なんで千棘になるのは決まってるんですが(汗)

夏休みの前に天体観測をすることになった楽・千棘・小咲。流星群の夜に想い人に告白すると結ばれる……という話題の流星群。千棘も小咲も、この夜に楽に告白することを決意します。しかし、当日は台風がやってきて大雨に。借りてきた天体望遠鏡を片付ける際に楽が頭を打ってしまい、意識不明に。意識のない楽に向かって、小咲は温めてきた想いを口にします。そして、それを偶然、耳にしてしまった千棘。なお悪いことに千棘は「楽は小咲が好き」という事実も知ってしまいます。

自分が立ち入る隙間はないと知った千棘は海外へ。そんな千棘を小咲と楽は探しに出かけます。逃げる千棘。追う楽。そして千棘は、全ての始まりの場所、天駒高原へと足を運びます。子供の頃、何があったのか、楽が再会を誓った相手は誰なのか。運命の場所に全員が集結することに……

と、この巻はここまで。ラストに向けて話を盛り上げています。悪くない終わり方だけに、中盤の引き延ばしの失敗が目につきますね。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

カテゴリー: 雑記

タイムトラベル物では、どういう設定になっているか鍵だと思う。

20161121.jpg

久方ぶりにラノベを読みました。「青春ブタ野郎」シリーズです。思春期症候群と呼ばれる摩訶不思議な現象が存在し、それに巻き込まれる青年のお話です。今回は「初恋の相手は、未来からタイムトラベルでやってきた人だった」です。

…とはいえ、その事情はちょっとややこしい。まず、初恋の相手は同じ時間軸では年下の女の子。心臓の病を患っており、先が長くありません。その彼女は運よく心臓移植を受けるのですが、ドナーは交通事故で命を落とした主人公(つまり、自分自身)です。このままいくと、主人公は死亡して話が終わってしまいます。や、話が続いてもいいんですけどね。

分かりやすく言えば、「主人公に命を助けられた女の子が、過去にタイムトラベルして、主人公を助けようとする」お話です。

うん、それはそれでいいのです。が「もし主人公を助けてしまったら、タイムトラベルする理由がなくなってしまうので、今ここにいないよね?」という疑問を持ってしまうと、あまり楽しめません。この場にいる以上、主人公が死なないと辻褄が合わないのです。

→「主人公の命を助ける」
→「ご都合主義的に、別の人(例えば交通事故に巻き込まれた別の人)から心臓を譲り受ける」
→「タイムトラベルする理由がなくなる」

ってなったら、話が破綻しますからね。シュタインズゲートでは、こういったことにならないように、『同じことが起きるが実際の状況は違う』という逃げ道を見つけますが…。

後編(青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない)に続くので、それに期待するとしましょう

人種データの収集方法の変更

カテゴリー: CDISCラボ

FDA Updates Guidance on Collecting Race, Ethnicity Data in Clinical Trials

という記事があります。これが次のSDTM IGに反映されそう。世の中、しっかり繋がってますよね~ (by T)

磯部磯兵衛物語 [八]

カテゴリー: 雑記

ブログ更新休止……と言いつつも、わずかなスキを縫っていきます。今回は磯部磯兵衛物語の八巻。ここまで来ると安定の面白さです。
20161103.jpg

この巻では「源光彦」という新キャラクターが登場します。真っ直ぐで純真、そしてひたむきな性格。しかし、何でも頭ごなしに信じるアホです(笑)。おそらく腕っぷしは一流なのですが、盲目的に他人を信じるため、さっぱり強く見えません。豪傑キャラなら、大八もいますね。こちらは『運』や『巡り合わせ』との相性が良くないキャラ。強さを十分に発揮できない原因が異なります。磯兵衛との掛け合いをするなら、源光彦の方がやりやすいかも。

#大八と源光彦が戦ったら、凄い勝負になるやもしれません

特に面白かったのは
 なつかしの大名行列で候
 巌流ぶりで候
 白熱!家庭訪問で候
 春画を愛する者たちで候
でしたね

艦隊これくしょん 2016年10月実績

カテゴリー: 雑記

先月の艦隊これくしょんの実績です。月初めの状態は次の通り

1:Pola・Warspite・Prinz Eugen・利根・瑞鳳・千代田
2:時津風・大淀・Libeccio・響・皐月・暁
3:酒匂・U-511・初月・潮・江風・大潮
4:朝潮・まるゆ・神風・照月・初春・那珂

主な成果は次の通りでした。

レベル90到達:Pola・千代田
レベル80到達:ベルヌーイ
改装:響・U-511・まるゆ・Warspite

ここ一か月でPola・ベルヌーイ・千代田を強化しました。順調にメンバーが仕上がってきています。これと並行して資源集めも実施。全ての物資が23万を超えました。これなら大型艦建造をしても、バランスを崩さないですかね。
| ホーム |