Define.XML 2.1.0 Draft

なんかよく分からないけど、合法的に入手できたので読んでみました。ドラフト版ということで、これから修正が入るでしょう。そうでないと困ることがありそうなんですが…。さて、そんなこんなで2016年に読んでおきたいCDISC標準をギリギリで読み切れました。来年も引き続き小さな努力を重ねていきましょう。
2016-12-31(Sat)
 

磯部磯兵衛物語 [九]

久しぶりの磯部磯兵衛です。

20161229.jpg

九巻は、徳川埋蔵金を探す長編が収載されています。たま~に、こういうのありますね。でも、一番面白かったのは「エロジジイと誘拐犯で候」でした。

葛飾北斎が亡くなった際に、その魂は孫の「おきた」に乗り移りました。葛飾北斎は、幼女の体で芸術活動に勤しんでいます。といっても、描いているのは春画。傍から見れば、『幼女が春画を描くのは変』ということになります。誰かに無理やり描かされているのではないか?それは子供の虐待ではないか?…そんな風に考えた「大八」は、彼女を保護しようとします。
一方、磯兵衛は「おきた」と「葛飾北斎」の事情を知っています。純粋にエロ目的で、おきたの描いた春画を欲しがっています。さて、大八と磯兵衛が鉢合わせしたらどうなるのか……と。

大八と磯兵衛の間でボタンが掛け違えられ、それでも成立する会話。良く練られた仕掛けで大変楽しめました。この一話があっただけで満足です(笑)
2016-12-29(Thu)
 

CDISC/Malaria-TAUG

20161227.png

大体の感想はこんな感じです。言うほどヒドイ出来じゃあないんですが、「オイオイ、大丈夫?」と言いたくなる箇所が多かったです。
2016-12-27(Tue)
 

サークルの活動状況

「活動休止」と宣言したのが、10月の中旬。その際は3~6か月程度の活動休止期間を見込んでいました。が、ブログの更新はそこそこの頻度に戻っています。……ということで、現状を改めてまとめてみましょう。

(1) 造形活動
現在、活動休止中。活動再開時期は未定。ただし、新作の原型完成までは完了済み。冬のワンフェスで抽選漏れしてしまったので、しばらくはお休みが続く見込み。

(2) ブログの更新
不安定ながらも以前のペースに戻りつつある。

(3) CDISC関連
安定して活動中。というか、むしろ好調まである。サークル活動するならコチラの方が都合がいい。ネタは山ほどあるので、体裁を気にしないなら、コミケ出られるかもしれない…。しかし、このジャンルで出てどうするというのか (;´・ω・)

当初……10月ごろはかなり深刻な状況でした。まだまだ大変な状況には変わりありません。しかし、先が読めない中でも多少の余裕が出てきています。ちょっとしたキッカケ・大きな決断をすることで、グッと事態が変化することもあるでしょう。しばらくは、『できることをやる』という体制が続きます。地道にコツコツやっていくしかないですね。
2016-12-25(Sun)
 

のんのんびより [10]

『…あ、…アマゴの掴み取り』
『そんな教科はない!』


20161221.jpg

のんびりと田舎暮らしをしている子供たちが主人公。日常系のゆる~~~い作品、のんのんびよりの10巻を読みました。今回の季節は春…なのかな~と思います。ってか、春休み??

相変わらずののんびり作品ですが、今回はパンチ力のあるエピソードはなし。しみじみする話とか、ジーンとくる話とかあるんですが、今回はどれも平凡でした。それが、「らしさ」かもしれませんが。
2016-12-21(Wed)
 

FDA Study Data Technical Conformance Guide

10月にアップデートされていたので今更ながら読み直し。

大きな変更点はなし。FDAとPMDAの路線が分かれてきた箇所がありました。しかし、FDAはFDAで好き勝手なことを書いています。ここで「日米で整合性がー!」というのは、政治的に正しい立場なのか……と思いました。PMDAは日本のためにベストな選択肢を取るべきであって、『合わせるために合わせる』のは、長期的にも短期的にも日本のためにならないのかもしれませんから。

個人的には、文字列長のあるべき姿を理解し直せたことが大きなプラスでした。全ての周辺情報が同じ方向を向いているわけではありません。重要度もさして高くないでしょう。ですが、目指すべき方向はこっちかな~と。究極的にはDataset.XMLがベターなんでしょうけれどね(笑)
2016-12-19(Mon)
 

CDISC/Ebola-TAUG

もっとエボラ出血熱について熱く語ってもいいと思うの!

と思うくらい、アッサリ仕上がっていました。上の感想は冗談ではなく、割合マジメなコメントです。そうすることで、内容に厚みが出ますし、理解しやすくなりますから。急いで仕上げたんだろうと予想します。が、まだまだ伸びしろがあります。もっと育てていかなくちゃいけません、このTAUGは
2016-12-17(Sat)
 

マージナルオペレーション [6]

タイ編開幕

20161215.jpg

ニートが民間軍事会社へと転職し、少年兵を率いて戦う話です。1~2巻は中央アジアの戦場を舞台にしました。3~4巻は、日本を舞台にした話。そして、この5巻から東南アジア(タイ)が舞台となります。

少年・少女を率いて各地の紛争地域を渡り歩く民間軍事会社がある……。そんな噂が業界に広がり、『子供の兵隊を使い捨てにすれば同じように安く仕事を引き受けられるのではないか?』という同業者が現れます。彼らが目を付けたのはタイのスラム街の子供たち。格安で彼らを買取り、民間軍事会社へと引き渡すブローカーが登場します。

一方で、それを快く思わない人物も。彼らは不本意ながらも「子供遣い」の異名を持つアラタに、この事態の打開するよう依頼します(もっとも、アラタの部隊の存在が、この事態を引き起こしたので、依頼主としては複雑な心境のようですが)。お金目当てに依頼を引き受けたアラタですが、肝心の敵の姿がはっきりしません。さらに、昔の同僚(民間軍事会社所属)とも遭遇。その裏側には何等かの仕掛けがあるようですが……

と、ここでお話は終了。いい「引き」です。この巻はあくまで前フリ・伏線を設置しただけでしょう。次が楽しみです。
2016-12-15(Thu)
 

寒さに耐えるモチベーション

久しぶりの秋葉原散策レポートです。散策すらできない事情があって、久方ぶりとなりました。

20161213a.jpg

なんとか訪問までこぎつけたものの、多忙を極めたためにサラッと回った程度でした。それでも、足を運ぶだけで発見がありますし、心のリフレッシュになります。秋葉原は偉大なり

今回はヘッドマウントディスプレイの体験をしてきました。体験コーナーがあり、かつお店が空いていて、店員さんに余裕がありそうだったので。体験してきたのは「VIVE」というシステム。自然な操作感、手狭な環境でもセットアップが可能という優れものでした。背中にPCを背負うスタイルを体験しましたが、背中のPCはまったく気にならなかったです。

具体的な凄さは体験していただくしかないのですが、応用範囲が膨大な技術と言えます。

 ・寝たきりの人に装着し、自宅に設置したライブカメラ映像を組み合わせれば、自宅に帰った気分になれる
  (自宅にロボットアームがあり、遠隔操作を行うことも不可能ではなさそう)

 ・複数人で同じバーチャル空間にログインし、会議を行う
  (デモ環境では、バーチャル空間中のホワイトボードに字を書けました)

 ・漫画やアニメのキャラクターと出会える。映画スターやアイドルだってもちろん可能

 ・ヘッドホンを装着すれば、完全にバーチャル空間に入り込める
  (フィードバック機能付きグローブと連動させればもはや何でもあり)

 ・バーチャル空間中で手作業によるデジタル造形を行える
  (バカバカしい話ですが、バーチャル空間を一つのデバイスとして使える)

もちろん、完璧ではありません。小部屋程度のスペースは必要ですし、初期投資で40万円は必要。コード(各種ケーブル)が多いのが最大のネックでしょう。赤外線通信でカバーできればよいのでしょうけれど、電源の供給、デバイス重量の問題もありますから、そう簡単には解決しないかな…。とはいえ、ものすごい可能性を秘めた技術であることは間違いないでしょう。普及するまで数年はかかるとしても、世界の在り方を変えるポテンシャルはありそうでした。

さてさて、そうはいっても現実世界も大事です。秋葉原は冬のボーナス~クリスマス~お年玉商戦のまっただ中にあります。寒いので皆さん中々外に出てこないみたいですが(;´・ω・)。コミケみたいなモチベーションがないとダメですね

20161213b.jpg

夕方にも秋葉原を散策。地味にクリスマスイルミネーションがあってキレイでした。次は年明けか、年末か…ってところですね
20161213c.jpg


2016年の秋葉原散策:38日(+3日)

続きを読む>>

2016-12-13(Tue)
 

CDISC/PrCa-TAUG

三日ほどかけて読破。最初はともかく、読み進めるにつれて荒が目立ったTAUGでした。誤記は多いし、このモデリングでよいのかな?と頭を悩ませる構造もありました。そこそこのパブリックコメントが送られているようですし、きちんと改訂されるのではないか……と思います。いえ、そう思うのは私たちの自由でして、実際どうなるかはわからないんですが
2016-12-11(Sun)
 

CDISC/Asthma-TAUG

今更ながら、ようやく新しいバージョンのドラフトを読破

喘息標準はCDISCのTAUGの中でもピーキーな標準です。改訂されたとはいえ、相変わらずのトリッキーさは健在です。内容に凝り過ぎたせいなのか、誤記が大量にあります(笑)。原理主義的すぎるきらいがあるので、もうちょっと落ち着てもいいんじゃないかな~と思います。そういって説得が利く作成チームとも思えませんが
2016-12-09(Fri)
 

ニセコイ [25]

無事、完結

20161125.jpg

前の巻で、主要な登場人物が天駒高原へと終結。始まりの場所を舞台に物語は幕を閉じてゆきます。

高原を探索するうちに、小咲と千棘は過去の約束を思い出します。楽にとっての『約束の女の子』は小咲。そして、その小咲に鍵を譲ったのは千棘でした。そして、いま、10年前と同じように、千棘は小咲に楽を譲ろうとしています。それに納得できない小咲は、千棘と直接会って話をしようと試みます。
ですが、その道中で小咲は楽と遭遇。そこで、小咲は楽の『気持ち』を知ってしまいます。小咲は楽に告白。しかし、それを楽は断り、千棘の元へと向かうのでした。そして、ついに楽と千棘は対面。物語は完結します。

……ということで、ニセコイのタイトル通り千棘ルートで終了。メインではないものの、万里花が活躍しているのも良かったです。
2016-12-07(Wed)
 

E5攻略 ゲージ破壊編

前回の攻略でスタート地点を入れ替えるところまで来ました。最後は一気に力押しです(笑)

艦隊の編成は前回と全く同じ機動部隊。このメンバーの中のPrinz Eugenと酒匂には『ボスに対して攻撃力が数倍になる』特典があるとのこと。まずは、その能力を確認するべく、ボスへ。

見せてもらおうか。艦娘の性能とやらを

…ムチャクチャな強さでした。航空基地は防空のまま据え置き、決戦支援も道中支援もなしのまま、ゲージをガリガリ削ります。最後だけ決戦支援を出したものの、その効果のほどが全く確認できないままボス撃破となりました。ま、クリアできればそれでいいんですけどね~

20161201.png

クリア後は、レアな艦娘を探しに行く余力もなく、そのままイベントは終了。ほとんどを丙作戦でクリアしたため、各消費資材の消費は1万5千程度でした。エコなイベントって素敵です
2016-12-05(Mon)
 

E5攻略 スタートギミック解除編

なんとかE4をクリアしたので、最後のE5へと取り掛かりました。このステージも、2つの海域がくっついた形式です。まずは、スタート地点を変更する仕掛けから取り掛かります。

解除条件は
・基地への空襲を「制空権確保して被害なし」で2回乗り切る
・A/C/G/HマスでS勝利

というもの。実際のところ、上記の条件には該当しないままギミックが解除されました。どうだったかは下で詳しく書きます。


さて、このステージでは連合艦隊を編成せねばなりません。機動部隊を組織しました。
 瑞鳳 Iowa 筑摩 利根 加賀 赤城
 秋月 金剛 Prinz 北上 酒匂 雪風
という編成。

航空基地の編成は次の通りです
 第一:飛燕一型 紫電改二 雷電 飛燕
 第二:紫電改二 紫電改二 52型 彩雲
 第三:21型熟練 紫電改二 紫電改二 彩雲

航空基地部隊を全て防空にセットして出発。数回は繰り返して出撃をしなければなりません。つまり、一発で全てをまとめあげる必要はなし。気軽ですね。で、結果ですが、次の通りでした。

 防空:優勢・被害あり  S勝利:ADGH
 防空:優勢・被害あり  B撤退
 防空:確保・被害なし  S勝利:G
 防空:確保・被害なしx2 S勝利:GH

…これでギミック解除です。よくよく注意してみると、CマスでS勝利してないんですよね(Cマスで「制空権確保」をしたけれど…)。攻略した当時の情報とはかみ合わなかったのですが、結果オーライ。いよいよ最後の突撃へと取り掛かります。
2016-12-03(Sat)
 

艦隊これくしょん 2016年11月実績

イベントがあった11月。その前の育成を含めると、こんな実績となりました。

1:皐月・Warspite・Prinz Eugen・利根・瑞鳳・長良
2:時津風・大淀・Libeccio・潮・暁・朝潮
3:酒匂・U-511・江風・初月・初春・大潮
4:Z1・まるゆ・神風・照月・Z3・那珂

レベル90到達:Warspite・Prinz Eugen・瑞鳳
レベル80到達:皐月・時津風
改装:長良・鬼怒・皐月・照月

月初めのメンテナスで鬼怒改二が実装されました。そこで、メンバーを長良→鬼怒へ変更。鬼怒の育成を行っているうちに他の艦娘が成長し、順次離脱。そしてイベントに突入です。イベントでは、瑞鳳が活躍してくれましたね。また、こっそり育てていた酒匂が大暴れもしました。そんなこんなで、月末にはメンバー総入れ替え状態。代わりに成長していない艦娘を投入したため、艦隊は一気に弱体化。演習では勝てない、通常海域でも撤退が連続する…という苦境に立たされています。

グッと耐えるしかないですね。
2016-12-01(Thu)
 
プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ