学習することを学習する

カテゴリー: 雑記

え~、最近、料理をしています。晩御飯のおかずを一品だけですが、自分で調理しております(汗)

『原型作りなさいよ~』というツッコミがあるのですが、せっかくの休止期間。別の事に体を動かすのは良いことではないかと。原型を作っていた頃にたびたび痛めていた手のケガが再発してしまい、どうにも作業再開できないという事情もあります。料理しちゃってる理由は、こっちがメインですね。

慣れない料理をするにあたって、まずは『簡単でもいいから完成させる』ことから入りました。ガレキを組み立てるのと同じです。原型製作と同じです。まずは完成させよう。お米を研ぐ・ご飯を炊く・余ったご飯を冷凍する・解凍して食べる……あたりから始めました。全然、一品作ってないですね(笑)その次は味噌汁を作るようになり、そこから発展して炒め物までできるようになりました。

火加減の調整・味付けの基本形・食材の性質・後片付け・効率的な台所の使い方・包丁を持つときのカラダの角度……学ぶことはたくさんあります。で、ちょっとずつプラモデル作りと似ているんですよね。

味付けの基本型は、どことなく調色の基本形に通じるものがありますし、
台所のスペースの使い方は、机の使い方に類似しています。
食材の性質は、材料の使い分けに近いかな~と

これらは『類似』しているだけであって、別物には間違いありません。きちんと味見する・香りで味を把握する・調整する…ってのができないとダメです。レシピを調べるというデスクワークも地味に大切です。調べものはともかく、味見とか香りを嗅ぐのはガレキにはありません。シンナーの臭いを嗅ぐのは全くもってオススメできない(w


徐々に料理の具合が分かってきたところで、ガレキ組み立てや原型作りを振り返ると、ここ一年くらい落とし穴にハマっていたように思いました。小さな視野でチマチマしすぎていたかな~と。コツコツと積み上げる点ではよくやっていたかと思いますが、ダイナミズムに欠けていました。もっとザックリと、ハイレベルで物を捉えていく視点が足りなかったな…と

良い機会なので、新しい視点を身に着けつつ、次の再開へのアイデアを蓄積できればと思います。今のところ、上手にお休みできているんじゃないかな…
| ホーム |