いったんブレイク

上半身に一定の目処が立ったところで、組み上げて様子を確認しました。

20130429.jpg

私は粗体を作った上で、造形をします。このスタイルの是非はさておき…。この作り方だと、初期段階で大雑把な構造が確定されます。しかし、その後の作業で粘土が盛り付けられます。結果的に当初のバランスが崩れます。例えばスカートの厚みが原因で胴体のラインが変わると言った具合です。実際の服なら、重ね着したところでそうそうラインは変わらないでしょう。でも、粘土盛り付けだと影響が大きいのです。

予想通りにラインが変化していました。問題点は上半身の流れが変化したこと。面白いことに、これは前作の「ゆあ」でも抱えた問題です。二度も続けて同じ局面に向き合うと『何が原因でこうなるのか』予想がついてきました。おそらく造形プロセスに原因があります。

まぁ、原因論はさておき、目の前の造形を修正しなければなりません。

ちょっとした調整で問題が解決しそうなので、さっさと済ませてしまいましょうか。
2013-04-30(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ