シリコン型を作る前に

写真のように原型を並べて様子を見ています。

20131113.jpg

ここでは、空気の抜き方・粘土への埋める順番・ゲートの位置を確認します。空気が下から上へと抜けやすい配置か、レジンが流れ込みやすい配置か、失敗したときにリカバリーする猶予があるかを確認しておきます。この事前準備はかなり効果があります。ということで、皆さんにオススメしたい方法です。仮に失敗しても、それを教訓に次の粘土埋めに活かせば、次はもっと上手になれます。確実に腕が上がりますよ~

この状態で複製作業がイメージできるようになると、シリコン型作成や複製作業が多少楽しくなります。
2013-11-13(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ