ぐるぐるぐる…

カテゴリー: 原型製作#8 オリジナル

オリジナル物の製作を進めています。本日は「ふろしきへいたい」の状態をご紹介。めでたく塗装が全て終了しました。

20131207.jpg

唐草模様の風呂敷に大苦戦。下地を緑で塗装しておき、筆で模様を書き込んでいます。このとき、絵の具の隠ぺい力が重要になります。白はとても弱い色なので、下の色が透けちゃうんですね。単純にホワイトを塗ればよい……わけではありません。

今回は、隠ぺい力を求めるために「ファレホ」という絵の具を使用しました。モデラーの間では定番の商品です。初めて使ったので私の感想をメモ。

 ・塗料の隠ぺい力が抜群
 ・筆塗りに適した濃度。容器から取り出したら、そのまま使える
 ・塗料の伸びが最高によい
 ・水洗いOK。気になるならラッカー塗料用のシンナーで追加の筆洗浄を行うとよい
 ・はみ出した部分を"つまようじ"で削り取る技が使える。ただし、塗料の食いつきが良いので、明確な意思を持って削る必要あり

ということで、かなり満足が行く結果でした。

塗りすぎたときのリカバリーに若干の難があります。いつも使っているリキテックスと使い分けていくのが良さそうですね。隠ぺい力を追求するならファレホ、微妙な色合い・修正必至な部分はリキテックス…という戦術かな
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://doubledealer989.blog74.fc2.com/tb.php/1326-5fe97477