臨床試験データは誰のものか [4]

米国医学研究所(Institue of Medicine, IOM)の公式サイトで面白い記事があったので、メモ。
米国医学研究所は独立非営利の学術機関。政府から独立していながらも、医療に関するアドバイスを政府に提供している。この機関の公式サイト(http://www.iom.edu/)にて、「臨床試験データ公開」に関する研究が紹介されている。

研究の概要
http://www8.nationalacademies.org/cp/projectview.aspx?key=49578

Public Commentを求めるエントリ
http://www.iom.edu/Reports/2014/Discussion-Framework-for-Clinical-Trial-Data-Sharing.aspx

会議の案内
http://www.iom.edu/Activities/Research/SharingClinicalTrialData/2014-FEB-03.aspx

この機関は政策を決定するわけではない。臨床試験データを公開するにあたって、評価を行うためのガイドライン、枠組みを提供することが目的となる。例えば、"データ漏洩の危険性を評価するべき"とか"公開前の審査手続きは公平性を保つべき"とか"被験者の同意を得る際に配慮するべき"といった『考えるためのヒント』を列挙すると考えればいいだろう。

臨床試験データ公開が真剣に議論されている証左として、最近の流れを掴む意味で、このトピックは参考になる
2014-02-02(Sun)
 
臨床試験データは誰のものか [5]
なかなか刺激的なニュースがあったので、ピックアップ
[TKD+SMZの 気ままに更新、気ままにガレキ]  2014-02-20 07:59

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ