骨組み

全身を作るために骨組みの作成から着手。前作の「中野梓」では、この手法を用いてうまく行きました。今回もそうなる…保証はありません。けれども、過去に成功した方法がどこまで通用するのか知りたいですよね?なら、やってみるしかありません。いつやるの?今でしょ!

20140319.jpg

粘土を棒状(または板状)にして、アルミ線でつないでいます。アルミ線は0.8ミリを使用。関節部分を曲げてポーズを作るときにはラジオペンチを使っています。手でやると、関節の位置で曲がってくれませんからね(笑)

おおよそのポーズが決まったら、これに肉付けをしていきます。これが楽しいんですよね!その後が地獄ですけど。
2014-03-19(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ