ビブリア古書堂の事件手帳 [5]

カテゴリー: 雑記

「いや、俺も一緒に行けばいいじゃないですか」

20140516.jpg

4巻目で江戸川乱歩を題材にした長編。その後を受けた5巻は「最後の盛り上がり前の小休止」といったところでした。話を要約すると

『4巻の終わりで栞子さんに告白した五浦くん。二人は、無事にお付き合いすることになりました』です。うわー、短くまとまったよー(笑)。実際のところ、これが大事な部分。残りの重要なパートは、非常に分かりやすい王道なリベンジマッチの予告。本にまつわる謎解きエピソードがいくつか入っていますが、小粒ですし、リラックスしながらサクッと読めます。まぁ、こういう何気ない話中の人物が、最後で活躍したり、お助けキャラ的に登場したりするもんです。そういったメタな楽しみ方をしないと物足りないかも。

二人が付き合うことになりました~~が結論ですが、栞子さんの不安、五浦くんの素朴で真面目な回答のやりとりは秀逸だと思います。このタイミングでこの回答が来たら惚れるっしょ。ラストシーンで映像がバッチリ浮かんできました。サスペンスらしい幕引きも含めて。

いよいよ終わりが見えてきたこの作品。あと2~3冊で完結でしょうか。続きが楽しみです。
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://doubledealer989.blog74.fc2.com/tb.php/1475-47a786dc