Define.XML作成の基礎ステップ

Define.XML作成の基礎ステップ
Define.XML作成に必要なステップをメモ。Define.XMLを作成した場合、段階的にチェックをするとよい。以下に順を示す。

 1. XMLとして整合性があること
 2. スキーマに適合していること
 3. ビジネスルールに適合していること
 4. スポンサーが必要とする情報が掲載されていること

1. と 2. はそこそこのXMLエディターを用いれば点検できる。例えば、富士通社が公開しているDefine.XML作成ツールを使ってもよい。このツールにはスキーマに対するチェック機能が搭載されている。

http://jp.fujitsu.com/solutions/life/cdisctool/

3. をチェックするなら、OpenCDISCがよい。一部、不可解な動作をするものの、有用なチェックを実施できるだろう。

4. をチェックするなら、各スポンサーで考えるしかない。というか、特別な仕組みが必要だとは思えないが。メタデータレポジトリがあれば良いかも

以上は、極めて基本的……というより、XMLを多少なりとも知っている人にとっては、当たり前すぎて話にならないレベルの基礎知識。とはいえ、医薬品開発分野におけるIT知識はかなり遅れている。このくらいの情報からとっつかないと、回るものも回らないのが現状だったりする。
2014-05-16(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ