臨床試験データは誰のものか [10]

ベーリンガーインゲルハイム社のデータ公開の記事。

http://www.pharmatimes.com/Article/14-05-13/Boehringer_makes_trial_data_commitment.aspx

公開された臨床試験データの分析計画を提出して第三者機関の承認を得ること、結果を公表すること、被験者の特定をしないこと、企業活動の妨害をしないこと、データを操作する環境のセキュリティを維持すること…といった諸条件をクリアすると、臨床試験データにアクセスできる仕組み。

同時に全ての臨床試験の結果を論文として公開するようだ。
臨床試験データ公開の背景をまとめたプレゼンテーション動画を閲覧できます。2013年末ごろの状況をまとめた内容のようです。当時の最新情報をよくまとめた良質な情報源です。

http://vimeo.com/user14227930/review/78341826/43a683b19f

ちなみにこちらのネタは「ティーカップのふちから落ちそうな、アレ」さんのブログから拝借。こちらのブログでもCDISC関連のネタを取扱っておられます。当ブログとは違う観点から記事を書かれています。良い参考になるかと。

※もちろん、私達と異なる意見もありますが、それはそれ。多様性って大事です。
2014-06-12(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ