Protegeのメモリ設定

Protegeのメモリ設定のメモ
メモリ設定を間違えるとソフトウェアの動作に大きな影響が出る。メモリ割り当て量が小さいと「メモリ不足」エラーで停止するし、大きすぎるとソフトウェアの動作が緩慢になる。経験的に物理的メモリ量の80%に設定するのがよい。システムメモリの余裕が100MB以下であると、Protegeのデフォルト設定値は大きすぎる。

Protegeの起動時のプロンプトを見ると、メモリ設定が分かる。

Starting Protege 4 OWL Editor (Version 4.1.0, Build = 231)
Platform:
 Java: JVM 1.6.0_18-b07 Memory: 2229M
 Language: en, Country: US
 Framework: Apache Software Foundation (1.5)
 OS: linux (2.6.38-8-generic)
 Processor: x86

この値をチェックした後に設定変更を行う。Protegeのバージョンにより設定方法が異なる。ソフトウェアから、File→Preference Menu->Protege.laxと辿り、

lax.nl.java.option.java.heap.size.max

というパラメータの値を変更する。これができない場合、直接Protege.laxファイルを直接編集すればよい。

参考:http://protegewiki.stanford.edu/wiki/Setting_Heap_Size
2014-07-06(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ