ワンダーフェスティバル2014夏

未来に先回りして点と点をつなげることはできない。過去を振り返って初めて、点同士がつながって線になるのだ。

無事にワンダーフェスティバル2014夏が終了しました。改めまして……

 ブースにお越しいただいた方、ありがとうございました。
 写真を撮影していただいた方、本当にありがとうございました。
 お買い上げくださったお客様、心から厚くお礼申しあげます。ありがとうございました。

また、許諾を下さった版元のみなさま方に深く感謝いたします。

20140728a.jpg



当ディーラーのワンフェスを総括すると、総じて冬のワンフェスより良かった…となりました。何が良かったかといえば、雪が降らなかったことですね。降るわけないんですけど。ホテルからワンフェス会場まで予定通りの進行。当日のセットアップ、撤収タイミングも完璧でした。特に事故もなく、ディーラー的に得るものもありました。買い物もできましたし、多くのお客さんとお話できました。マイナスポイントが見つけられない、素晴らしい夏の一日でした。

当日版権物シリーズ

20140728c.jpg

今回は「ゆあ」、「中野梓」、「風紀委員長」 の3つが並びました。並べてみると、"明らかに最初に作ったフィギュアはぎこちない"のがよくわかりました。いえ、アトリエで並べる事ってあんまりなくてですね、こういう場は貴重なんです(笑。

ブースの位置に恵まれたため、多くの方に作品をご覧いただけました。まだまだレベル的にはダメダメなのですが、目を留めていただける程度には成長したのかもしれません。色々な方に見ていただいて、「ふーん…」とか「えー!?」とか反応してもらえるのがとても楽しかったです。人に見てもらうという行為が、非常に有意義で、自分のモチベーションに繋がることを身をもって学んだ一日でした。

次回も頑張って作って、何とか皆さんにチラリ程度にはご覧いただけるものを……、『あそこのフィギュアを見てみようかな~』と感じていただけるようなものを仕上げたいと思います。



続いて、当ディーラーの顔。『フクモト君27号シリーズ』。嬉しいことだらけでした。

20140728b.jpg

まず、ディーラー史上最高の『15アイテム』の持ち込みを達成。にぎやかな展示となりました。素晴らしい販促ポスターとブース場所に恵まれたため、非常によい売れ行きでした。まぁ、知り合いに買ってもらったというカラクリがあるんですけど(汗

海外の方の目にも留まり、お買い上げいただくという事態も発生。SMZは英語対応できるので、接客もバッチリ。ちなみに「かいぞく」と「おいもへいたい」が売れました。フクモト君、とうとう国際デビューです。

中学生~高校生と思われる二人組が、限られたお小遣いを工面して「フクモト君」を買ってくれました。こういうお客さんは嬉しいです。きちんと選んで買ってもらえるのも幸せですから。楽しんで組み立てて貰えることを願っています!

午後には小学校低学年くらいの女の子が「ゆうしゃだー!」とブースの前に張付き。そこから「まほうつかいもいる!えっと…」と、色々なフクモト君を見つけては、瞳をキラキラさせていました。自分で作る…という訳にはいきませんが、発見と驚きを体験してもらえたようです。これも嬉しかったです。素敵な夏休みの想い出の1ページになったら、どんなに素晴らしいでしょう。


予想外の頒布の結果、「おいもへいたい」・「かいぞく」・「ねこかぶり」・「クイズ王」が絶版、販売終了となりました。次回のワンフェスでは、これらの作品と入れ替えで、いくつかの新作を予定しています。お買い上げいただいた方、気になった作品があった方、買い逃した作品がある方、なんとなく立ち寄った方、前を素通りした方、ぜひ次回ワンフェスで当ブースにお越しください。お待ちしています!


点と点をつなぐ (その1)
楽しいこと、嬉しいことが沢山ありました。その中で「敢えて一番を選ぶ」とすれば、あるディーラーさんにブースにお越しいただけたことです。

SMZは、元々ガレージキットを買って組み立てていました。そして、完成写真をもって、キットを作った原型師さんにご挨拶をする活動をしていました。そんな中、写真の持ち込みに喜んでくださったディーラーさんがいくつかあります。その中の一つ『建速プロジェクト』の原型師さんが挨拶に来られたのです。お会いするのは数年ぶりでした。もちろん、顔をバッチリ覚えていましたよ!思わず「アーーーーッ!!」と声をあげてしまいました。

色々なお話ができました。このブログを時折見ていて、私がディーラー側に回ったのを知っていたこと。イベントでは、『建速プロジェクト』の運営があり、なかなか挨拶に来られなかったこと。私が作品を作るときに『建速プロジェクト』さんの作品から少なからず影響を受けていること。

写真をお持ちしたのは、何年も前の出来事。ですが、あの時から『造形』という糸で繋がっている…昔のワンフェスと今回のワンフェスという点が、線で結ばれていました。こんな素敵なことを体験しちゃったら、死ぬまで造形やめられませんよ

もう感謝・感激でした。……というか、本来なら私からご挨拶に伺うべきだったような気もしますね。

……アレ、ダメじゃん!俺!


点と点をつなぐ (その2)
このブログでは、CDISCという医療情報の標準を扱っています。このエリアで知り合った方にブースにお越しいただけました!フィギュアに造詣がある方なのですが、ワンフェス初参加とのこと。かなり遠い距離を移動してまでご挨拶いただいたことに深く感謝します。会場で素敵なものを見つけていらっしゃれば幸いです。これは、異種の点が繋がった瞬間でした。


点と点をつなぐ (その3)
『これからディーラー参加をしてみたいのですが…』という方から相談を受けました。私はディーラーとしての参加歴が浅いのですが、初心者だからこそできるアドバイスがあります。ということで、いくつか思いつくことをお話しました。参考になればいいな~、仲間が増えるといいな~と思います。そして、この『点』が、いつかどこかで結びつくのかもしれません。未来を予測して、点を配置することはできないけれど。


夜空に描かれる花火のように、一瞬でワンフェスが終わってしまったような気がします。楽しいことは短く感じるもの。つらいはずのワンフェスの準備期間も短く感じるもの(笑)。ちょっとだけお休みしたら、冬のワンフェスに向けて始動する予定です。また、半年後。雪のない幕張メッセで皆さんとお会いできるよう、精進を重ねていきます。

最後にもう一度。本当にありがとうございました!







ここから下には残念だったことを書いています。悪いことも、きちんと整理しなくちゃいけませんから。ネガティブな話題なので、閲覧時にはその点をご考慮ください。


















残念だったこと
ネガティブな話題ですが、残念だったことも書いておきます。


・机の下をくぐる
設営時に、近くのディーラーさんで、こういう人を見ました。これは危険です。ちょっと想像してみて下さい。

机の下をくぐる → 立ち上がる時に机に接触 → 他のテーブルを巻き込んで大惨事

なんて事になったらヤバイでしょ?自分のブースをひっくり返すだけでも泣いちゃいますよね?ワンフェスの運営もよく分かっていて、テーブルをくぐらないよう、ディーラー向けのガイドブックに記述されています。テメェは字が読めねぇのか!。そりゃ、島の真ん中で遠回りしないと外側に出られないこともあります。面倒くさい気持ちは分かります。でも、リスク管理をしっかりと行うべきです。…なんですけど、このディーラーさんは、正規の出入口の二つ隣。つまり、ブース一個分を移動すれば、出入口があるんですよ。ホント、呆れて注意する気にもなりませんでしたよ。どんなに造形が上手くても、こういう人にはなりたくないです。

(※このディーラーさんの名誉のために補足すると、お話した限りマジメな方でした)


・写真撮影のマナー
前回、『良くない』とブログで愚痴り、対策を施した結果、やや改善されました。…というか、マナーがいい人がほとんどなんです。みなさん、すごくわかっていらっしゃる。悪い人がごくごく一部。それも、悪気があってやっている人はいません。それだけに、こちらから注意喚起するべきか迷います。楽しい時間に水を差したくないような、ここでアドバイスしておけば後でいやな思いをしなくて済む……と考えればいいのか。もうちょっと工夫してみようと思います。まだまだ、できることがあるはずです。


・展示品に触る
毎回、一人います。というか、一人しかいませんよ、こんなヒドい人は。たぶん同じ人なんですが。どんな理由であれ、展示品に触れるのはご法度です。こういう人には(ワンフェス会場に)来てほしくない…のが本音です。とても簡単なルールすら守れないと、もう救いようがないですよね~
2014-07-28(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ