意外と役に立つもの

苦しんでいる素体作成。そんな中で、方眼紙と定規にお世話になりました。

20140921.jpg

方眼紙はフィギュアの実寸を図るときにとても役立ちます。曲面の長さを測定したり、実寸を調べたり、腕と体の比率をチェックするのにも使いました。こんなに役に立つとは思ってませんでした(汗)。

一方の定規ですが、こちらは測定には向いていません。曲面の測定には使いにくいです。むしろ左右の対称性をチェックする媒体として使いました。たとえば、『左右の肘の高さが同じか?』とか『膝の高さは同じか?』とか『ムネの膨らみのラインは左右で合っているか?』などのチェックです。左右の形の歪みを見つけるのに定規は最適な道具です。

長さを図る道具を基準に使い、作図のための道具を長さの測定に使う……思い込みとは違う使い方が便利なんですよね。
2014-09-23(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ