やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。[10]

カテゴリー: 雑記

時間が経てば確実にそのあり方は変わる。
変わらないのは過去の事実だけだ。
それは縛り付ける重荷にもなるけれど、
繋ぎ止める杭にもなるのかもしれない。
踏み越えた一歩がせめて足跡になればいい。



お正月の持て余す時間を利用して一気に読みました。面白かった~

20150104.jpg

高校2年生の冬休みを終え、学年最後の学期が始まります。大学進学を控えた、文系・理系のクラス分け。もしくは海外留学という選択肢。短い高校生活の終わりが見え始めます。そんな中、重ねた時間の重み・数年という幅の短さを感じる比企谷。とある男子に想いを寄せるクラスメイトの依頼を解決しようと奔走する中、彼は少しだけ周囲の人たちとの距離を詰めるのでした…

終わってしまえば、どうということのない小さな事件。その中で、主要な人物を登場させ、話を作り上げた力量が凄い一冊でした。ここまで来ると「ナナメ下を行く問題解決」よりも、不器用ながらも真っ直ぐに生きる彼ら・彼女たちの行く末が気になります。完全にハマってますね(笑)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://doubledealer989.blog74.fc2.com/tb.php/1685-6d170c49