ワンフェス申し込みで気が付いたこと

今後の自分のためにメモ

版権申請では、販売アイテムの詳細を登録する
この作業は、新規作品・再販作品・展示作品のいずれにも適用される

 ・新規アイテムの場合、各種情報を入力する
 ・再販アイテムの場合、過去の履歴から入力情報を引用できる
 ・展示アイテムの場合、過去の履歴から引用できない

過去の情報が引用できない=本申請時の写真も引用できない。言うまでもなく、展示していたものを販売する場合には『新規アイテム』扱いとなる。過去に販売したものを「展示」のみに切り替えたときも、過去データを参照することはできない。個人的には『展示』を繰り返す場合に過去データを引用できてもよいと思う。

「販売」と「展示」のコンビネーションに対応するのは大変そう。「展示→販売」とか「販売→展示→販売」というフローをたどった際、正しく処理するロジックを組む必要があるからだ。結構、ややこしい。このあたり、慎重にシステム設計しているんじゃないかと推察
2015-03-13(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ