アリス・キャロル Dual Mode [46]

カテゴリー: 製作記

マスキングを終えて、塗装をしました。リタッチをして再修正してあります。縦方向の縞を作る時のマスキングですが、横方向のそれと比べて精度が高くなりました。予想通りの展開。

20101201.jpg

こうして見ると、思った以上に青が強く出てしまいました。とはいえ、横の紫の線もかなりはっきりしています。色をくっきりと塗り分けるスタイルなので、これはこれでよしとすることにしました。「色を落とすと、またマスクするのが面倒くさい」という大きな理由があることは言うまでもありません

青系の調色がイマイチだったのは次への反省点と言えます。曲りなりにも、こんな色が作りたい!という方向へ色を持って行きました。それでこの結果なのですから、そもそもの発想が不十分だったことになります。ホワイトを混ぜてソフトにすればよかったのか……違う着地点を目指すべきだったのか……それとも、下地の影響を読み切れなかったのか……。

思い当たる節は沢山あります。これから組み立てるキットを通じて、その答えを見つけられるようになりたいと思います。
前ページ | | 次ページ

ぶらっと

URL | [ 編集 ] 2010/12/01(水) 08:46:34

塗料皿の中で調色している時と、塗装して他の色と隣りあった時と、色の見え方って変わりますよね。
同じ色が背景色によって違って見える「目の錯覚」という画像もたくさんありますし。

我が家も昨夜、勘助の着物のストライプで同じ罠にハマってました。
単色で見るのではなく、重なる3色のバランスで調色するように気を付けたのですが、実際に塗り終わると微妙。(^^;)
面倒でもプラ板などで試し吹きした方が良いのでしょうね。

SMZ

URL | [ 編集 ] 2010/12/01(水) 22:22:45

む~~。なるほどです。奥が深い!

プラ板に塗るのも、厳密には再現できない…という人もいるみたいですね。白いタイルなんかに塗ると、再利用できて経済的かもしれません。でも、そうするとキットと違うから参考程度なんでしょうか…

今のところは、うまくいかないから楽しいのだ!と思うことにします(w











管理者にだけ表示を許可する
http://doubledealer989.blog74.fc2.com/tb.php/558-1b2fd2db