WF2011冬 レポート

カテゴリー: イベント

ワンダーフェスティバル2011冬に行ってきました。何度かブログで触れていますが、なんとディーラーでの参加です。まずは「準備編」として前日までの様子から。


「準備編」

今回はワンフェスの前々日に原型師さんのお宅に到着。完成見本品の制作のお手伝い(マスキングや筆塗装・組み立て)や箱詰めを中心に作業を進めました。フィニッシャーをしていればどうということはないレベルですが、限られた時間でアウトプットをはじき出すのが思いのほか大変。時間があれば丁寧にやるところを、アクセルべた踏みでやるので怖い怖い。でも、やってみれば何とかなるものです。追い詰められると人間なんでもできるということでしょうか。

普段から別々の場所で作業している人間が一か所に集まると、色々な情報交換ができて非常に有意義です。シンナーの取りまわし方、筆の選択の違い、エアブラシ塗装時の塗料の希釈の考え方、目の書き込みのやり方、道具の洗浄、マスキングテープのしまい方など、3人集まるとそれぞれのやり方があるのが分かります。

どれが正しいってことはないのですが「こういうやり方もあるのだな~」と知るチャンスは、複数人が集結して作業する醍醐味です。他人のやり方を取りこむのもよし、自分のやり方を貫くもよし。いずれにしてもプラスです。LEDライトを使った作業環境や塗装ブースの設置は見習おうと思います。これまで青空塗装だったので。


<面白かった会話>
B:「ここの色って何色で(エアブラシ)塗装するんだっけ?」
F:「ん~、レシピだとコバルトブルーって書いてあるよ」
B:「え?あの使えないコバルトブルー??」
F:「使えない色かなー?」
B:「使えない色だよ。だってコバルトブルーって言いながら、紫っぽいし。使えないコバルトブルーだよ」
F:「でも、他の色ないでしょ」
B:「じゃあ、使えないコバルトブルーでやるよ」

……(ガサゴソ)

B:「あれ?使えないコバルトブルーってどこにしまったっけ?」
F:「使えないコバルトブルーは他の塗料と一緒にしまってあるでしょ」
B:「いや、使えないコバルトブルーないよ」

S:「どんだけ、コバルトブルー使えないんですか!」

お手伝いの成果があったのか、足を引っ張っただけなのか、乱入した側からは分かりません。とはいえ、原型師さん曰く、それなりに余裕を持って本番を迎えられたようです。


「当日編」

ワンフェス当日は6時に出発。一般参加者は既に行列に並んでいる時間です。この出発時間に合わせて起床すれば十分なのですが、初のディーラー参加でテンパってしまい起床は午前2時。意味不明に蒲団の上で正座して待っていました。

幕張メッセの駐車場に到着したら、荷物を搬入。かつては自分が並んでいた大行列を横目に会場入り。行列サイドからしたら、羨望のまなざしを向けるディーラー入場です。しかし、こっちに来ると睡眠不足とプレッシャーでガチガチ。自分が造った原型があろうものなら、緊張のあまり失神するんじゃないかと思います。

20110208a.jpg
駐車場に到着

20110208b.jpg
館内に移動

20110208c.jpg
ホールを突き進みます

会場に入ったら、ディーラー証を首からぶら下げて設営。ご近所さんときちんとご挨拶をするのはコミケと似ています。設営中に何やらやらかしましたが、余裕を持って設営を終了。ちなみにディーラー参加しても、トイレの行列は大変なものでした。一般参加よりマシですが、行列はできます。

設営終了後は他のディーラーさんにご挨拶回り。行き帰りの道すがら、他のディーラーさんの出展物を確認。手の込んだディスプレイに驚いたり、全く姿を見せないディーラーのブースにびっくりしたり、とワクワクの連続でした。10時に近づくにつれ、係員から自分のブースに戻るように指示。ディーラーダッシュするなとのアナウンスも連呼。

20110208d.jpg

そして10時にディーラーダッシュと共に開幕。拍手はディーラーダッシュの後に起こりました。……ぶっちゃけ見ていて危なっかしいので、走るのは止めるべきだと思います。歩いていけばいいじゃない。この様子だと開幕10分の隔壁によるホール隔離はなくならないと思います。

何度かブースを離脱して買い物したり、挨拶回りをしつつ、基本はブースにいて頒布作業をお手伝い。この作業はいつもやっているので手慣れたものです。午前中から新作が順調に売れていき(5分に1つの割合で売れていく)、お昼くらいに一休み。そこから、盛り返して15分に1個くらいのペースで売れて、12時45分過ぎに見事完売でした。買っていただいた方には本当に感謝です。そして売り切れで手に入れられなかった方には申し訳ないです。

午後は写真撮影や問い合わせの対応。作品に関する感想を伺ったり、再販のご要望もいただきました。全て原型師の方にお伝えしておりますので、ご安心ください。

そして午後5時に終了の挨拶。売上報告等の定型業務を終わらせて撤収です。


「ワンフェスの5時アナウンスはね、終了の合図じゃないんですよ。次のワンフェスの始まりのホイッスルなんですよ」

と強く感じました。

次のワンフェスには……何かやりたいと思います。それができるだけの確信も自信も技術もありませんが、挑戦だけはやります。こうなりゃ当たって砕けろ!だ。

どうせ倒れるなら前向きに倒れようぜ!
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://doubledealer989.blog74.fc2.com/tb.php/601-2bfe607a