透明シリコンならでは

今回の複製にあたって、「透明シリコン」というちょっと贅沢なモノを使っています。ひとえに『レジンが流れ込む様子が見えると面白い。っつーか見たい』という気持ち一つでお金を支払いました。

実際にレジンが流れ込む様子は面白いものです。また同時に面白いのは「シリコン型の中に入っている気泡の状態も見える」ことです。

20110611.jpg

こちらがシリコン型のアップ写真。白くポツポツと見えるのが、シリコンの中に入り込んだ気泡です。どんだけ気泡が入っているんだよ!というくらい大量ですね。シリコン型には厚みがあります。ゆえに、厚みの部分に気泡がどれだけ入っていようが、複製に影響はありません。

この気泡を抜くには、真空状態で脱泡するのがベスト(水道の流水を利用とか)。そこまでする必要はないなら、細~~~~~~い糸を垂らすようにシリコンを流し込みます。素人のお遊びなので、後者の手法を使っています。もうちょっとシリコンの流し込みに慣れたら、もっと気泡が少なくなるかも!
2011-06-11(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ