型が壊れそうな時

一つだけ出遅れた胴体の複製。星取表はこんな感じです。

胴A:◎◎◎◎◎ ◎◎◎◎◎ ◎
胴B:◎◎◎◎◎ ◎◎◎◎◎ ◎

T:「圧倒的ではないか、我が軍は」

恐ろしいほど結果がついてきました。ただし、型の取り方を間違えたため、シリコンがちぎれそうな場所が出ています。対応方法は2つ。

1. 複製品の取り出し方を変える(→弱いところを保護するように)
2. ちぎれかけた場所をシリコンで補強する

後者はとある原型師さんから教えてもらいました。シリコンが千切れそうなら、シリコンで繋いでしまえばいい…。言われてみればその通りです。自分では思いつかないけど。

20110703.jpg

少量のシリコンと硬化剤を混ぜて材料を用意。それをつまようじの先に載せ、傷口に塗り込むようにしました。その後は一日ほど放置。見事にシリコンが結合して、複製の支障がなくなりました。残る複製はあと4回。最後まで持つかは神のみぞ知る世界です。
2011-07-05(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ