壁に挑む

ハクアの素体作りが最終段階に入ってきました。最後に残されたパーツは羽衣。これを作ればなんとか形あるものが揃う……はずです。頑張れ俺、エル・プサイ・コングルゥ。

20110917.jpg

1) 針金で芯を作る
2) 小さく粘土を盛り付ける
3) 形を見ながら凹凸をつけていく

という手順にしてみました。パーツのどこかを握らないと粘土の盛り付けができません。つまり、複数回の作業に分割しなければ全体が作れないということになります。そんなわけで一気に造形することができません。ちょこっとずつ作業を進めています。写真の状態で3回目の作業です。

羽衣は一枚の布と考えられます。それなりに形を作ればよいと思いました。が、いざやってみるとディフォルメなら、「雲」のようにモクモクしている羽衣がいいように思えました。行き当たりばったりですが、「こんなものかな~」と諦めています。細かく調整していきながら、ふんわりモコモコした形ができるといいのですけれど…


T:「表面磨きも忘れずにね!」
S:「考えたくねぇなぁ…。その工程」
2011-09-21(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ