ハクア ド ロット ヘルミニウム [3]

今回は自作ガレージキットの組み立て工程の様子です。紙やすりで磨いたり、軸打ちをしたりです。パーツのかみ合わせの調整のためにエポパテで隙間を埋めました。

20111201.jpg

以前のエントリでご紹介したライン(針金)を使い分けている様子が分かるでしょうか?

中央下にあるアホ毛のパーツには0.3mmの真鍮線。
右下にあるパーツには0.8mmのアルミ線と0.5mmの真鍮線。
左中央は0.5mmの真鍮線。

このような感じになっています。こうしてみると、一つのキットに色々な素材が使われていることが分かると思います。ガレージキットは色々な道具とアイデアと情熱の複合物ってことですね。
2011-12-01(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ