ハクア ド ロット ヘルミニウム [4]

軽く表面処理をした後に、サフを吹きました。予想通りに傷やら穴やらが出現です。

20111215.jpg

写真だときれいにヤスリがけできているように見えますが、実のところ表面はボコボコです。いつも通りのことなので、落ち着いて溶きパテを塗って乾燥中。この段階でのポイントは、全体の大まかな印象をイメージどおりに持っていくことです。

細かい場所の造形は後でいくらでも調整が効きます。逆に「あれ?」と思えるような大きな間違いは後から修正が効きません。基本的な造形……例えばスジ彫りの状態や、表面の凹凸には注意しておくとよいでしょう。塗装することで印象が変わることもあるのですが、初心者の方はあまり気にしない方がいいです(経験を積むと、どこで手を抜いても大丈夫か分かってきます)

そして面倒くさいことに、この作業段階では、磨きにしても、パテ盛り付けにしても、パーツ全体を対象にしなくちゃあいけません。そのため、「磨く」という作業にしろ、「パテ盛り」という作業にしろ、何かと時間がかかります。コツコツやる根気が大切です!
2011-12-15(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ