手戻りしたパーツのその後

カテゴリー: 手法

なんだか塗装した結果が芳しくなかったパーツのその後の顛末をまとめました。結論から言えば、きれいに塗り直しです。

こちらが「気に食わなかった出来」の状態です。
20120627a.jpg

上の写真のパーツに紙やすりをかけて塗料を落としました。そしてサフを吹き付けてから、ホワイト吹き→コート剤で保護をしたのが下の写真。このプロセスは30分ほどで終了しています。
20120627b.jpg

再びマスキングをして塗装しました。筆塗りで細部を調整しています。
20120701.jpg


…とまぁ、このようにガレージキットの組み立てでは塗装のやり直しが簡単にできます。というか、気に食わないからやり直すことが頻繁にあります。

初心者の方にとってエアブラシ塗装は敷居が高いものだと思います。失敗したらどうしよう…なんて迷っている方がいらっしゃったら、『ダメで元々なんだ』、『時間をかければやり直しが効くんだ』、そんな風に気軽に構えてもらえればよいと思います。

何事もなんてことはないのですよ!
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://doubledealer989.blog74.fc2.com/tb.php/929-4f06fd28