ちびスバル [4]

サフを吹き付けて、表面処理を進めています。

20120717.jpg

この段階では、表面の傷をなくすことが最も重要なタスクです。穴を見つけたら、盛り付けて、乾燥させて、磨く。そして、サフを吹き付けて、表面をチェック。これを延々と繰り返すだけの誰にでも出来る簡単なお仕事です。

が、これがなかなか終わらない作業なんですね。大きな穴はすぐに気づいて修正できます。中くらいの穴は、磨きを進めていくうちに気がつきます。小さな穴は、いつの間にか見つけます。もっと小さな穴が更に見つかり……とネバーエンディングストーリーへ突入。そんなことはしょっちゅうです。

表面処理を「いかに早く、そして仕上がりを美しく」して終わらせるか。フィニッシャーにとっては腕の見せ所の一つです。手を抜いても大丈夫な箇所と、手を抜いてはいけない箇所をすばやく見抜くこと。それぞれに必要とされる最小限の処理で済ませること。番手の大きなヤスリを上手く使って仕上げること。コツはそんなところだと思います。

時間が足りないときは本当に辛い作業です。手を抜くと仕上がりにダイレクトに響く、けれど時間を削るにはもってこいの工程。ごまかすべきか、つきつめるべきか。逃げるべきか、攻めるべきか。悩み多きフェーズです。
2012-07-17(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

TKD + SMZ

Author:TKD + SMZ
ガレージキット組み立て中級者
子育て初心者

2007年に友人の薦めでガレージキット組み立てを開始。その面白さに目覚める(w

2011年にお付き合いのあった原型師さんに薦められて、原型製作を開始。ワンフェスに参加しています。2017年から、活動を一時休止しております

ブログの大まかな内容についてはカテゴリーの「総合案内」をご覧下さい

カウンタ
ブログ内検索
月別アーカイブ